あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

危険品倉庫を保有する物流倉庫会社9選

危険品倉庫を保有する物流倉庫会社

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、「価格」「実績」「輸出入」を基準に危険品倉庫を保有する物流倉庫会社・物流会社を厳選!

・危険品倉庫を保有する格安の物流倉庫会社
・危険品倉庫を保有する実績豊富な物流倉庫会社
・危険品倉庫を保有する輸出入に強い物流倉庫会社

の3つに分けて9社ご紹介します。
物流倉庫会社・物流会社選びで失敗しないためのポイントも解説。会社選びにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください!

アイミツ
物流倉庫会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)
目次
このページについて

1.危険品倉庫を保有する格安の物流倉庫会社3選

まずは、危険品倉庫を保有する格安の物流倉庫会社をご紹介します。

1- 1. 青翔運輸株式会社

青翔運輸株式会社
出典:青翔運輸株式会社 https://seisho-group.jp/

青翔運輸は埼玉県北葛飾郡に本社を構える物流倉庫会社です。運送事業・車両案内・倉庫事業を中心に業務を行っており、首都圏を中心に全国各地へサービスを提供しています。
本社営業所のほか茨城・野田・幸手・羽生の各営業所に倉庫を持ち、多様なニーズに応えられる体制を構築。このうち茨城営業所倉庫では危険物保管を行っており、危険品倉庫で石油類の保管を受付けています。クライアントの予算・ニーズに沿ったプランを提案してもらえるので、予算に限りのある方にも最適です。
荷物の保管のほかに輸配送・流通加工・情報システムなどもワンストップで対応しており、輸送部門との連携により輸配送では荷積みや荷下ろし、納品先への搬入や据付作業も行います。自社車両台数が豊富ですので定期だけでなくスポットにも対応可、自社の物流全体を格安で効率化、最適化したい方におすすめの会社です。

こんな人におすすめ
・自社の予算やニーズに応じた危険物保管プランを提示してほしい方
・保管や輸配送、流通加工、情報システムなどのワンストップ対応を希望する方
・危険物の物流全体を格安で効率化、最適化できる物流倉庫会社をお探しの方

予算感
要問い合わせ
設立年
1985年
従業員数
100-499人
会社所在地
埼玉県北葛飾郡杉戸町鷲巣110-2
電話番号
0480-38-1128

1- 2. みなと梱包運送株式会社

みなと梱包運送株式会社
出典:みなと梱包運送株式会社 http://www.minato-tpg.net/

川北産業は、石川県白山市に本社を構える物流倉庫会社で、日本海側最大の危険物物流会社として知られる、みなとグループの1社です。グループでは、倉庫・運送事業のほか、製造や請負・派遣業などのサービスをています。
倉庫の所在地は国道8号沿いの好立地。危険品保管のほかには恒温倉庫・低温倉庫・自動ラック倉庫なども完備しており、多様なニーズに対応できる会社です。海上コンテナのデバンニングにも対応。関東・中部・関西へほぼ等距離の立地にあることから、海運、陸運ともに絶好のロケーション。石川県に危険品を置くことでコスト削減を実現、本州の中心部にあることから国内輸送費も抑えます。
危険品倉庫では、一般的な危険物から温度管理危険物、医薬用外劇物など各専用倉庫を設置。危険品倉庫としては石川県内最大規模を誇り、北陸の危険物物流の拠点として機能しています。

こんな人におすすめ
・北陸の危険品倉庫を利用することでコスト削減をしたい方
・本州のほぼ中央にある危険品物流倉庫会社をお探しの方
・温度管理危険物、医薬用外劇薬物など保管できる倉庫をお探しの方

予算感
要問い合わせ
設立年
1967年
会社所在地
石川県白山市湊町レ37-73
電話番号
076-278-3470

1- 3. 株式会社山形パッケージセンター

株式会社山形パッケージセンター
出典:株式会社山形パッケージセンター http://www.y-pc.co.jp/

山形パッケージセンターは、山形県東根市に本社を構える物流倉庫会社です。営業倉庫・流通加工などの事業を展開しており、クライアントの様々な物流ニーズに応えています。荷役・保管・輸送・梱包及び据付までワンストップで対応することで無駄なコストを抑え、取引先・消費者のもとに商品を届けます。
営業倉庫では一般的な物資のほか危険品保管も取り扱っており、危険物、毒劇物倉庫も完備。そのほか低温倉庫、海上コンテナ受け入れなどにも対応しています。保管業務は先入れ・先出し・日付管理・ロッド管理などをコンピューターシステムで細かく管理。オンライン制御により無駄のない商品の保管・管理を実現します。方針として顧客満足度を重視しており、ニーズ・予算に沿ったサービスをご希望の方にはおすすめの会社です。東北エリアで危険品倉庫をお探しの方には最適の会社でしょう。

こんな人におすすめ
・危険物、毒劇物倉庫を完備している物流倉庫会社をお探しの方
・自社のニーズ、予算に沿った保管プランを提示して欲しい方
・東北エリアで危険品倉庫を持つ会社をお探しの方

予算感
要問い合わせ
設立年
1971年
会社所在地
山形県東根市柏原三丁目3番11号
電話番号
0237-48-1706

ここまで、危険品倉庫を保有する格安の物流倉庫会社をご紹介しました。

リーズナブルな料金の危険品倉庫をお探しの場合は、地方都市の物流倉庫会社を中心に探すのが得策です。地方にある危険品倉庫会社は、首都圏の物流倉庫会社に比べて料金も格安ですので、価格重視の方には適しています。

アイミツには全国の危険品倉庫を持つ物流倉庫会社の情報がございます。もし上記3社のほかに情報をお求めの方はお気軽にお問い合わせください。お客様のご予算に寄り添って、最適の物流倉庫会社を無料で紹介させて頂きます。

2.危険品倉庫を保有する実績豊富な物流倉庫会社3選

つづいては、危険品倉庫を保有する実績豊富な物流倉庫会社をご紹介します。

2- 1. 株式会社エクシング

株式会社エクシング
出典:株式会社エクシング https://www.exing.co.jp/

エクシングは、大阪府大阪市淀川区に本社を構える危険物取扱の専門会社です。危険物倉庫・危険物輸送の主力事業のほか車両マーキング・構内物流・ 建築機材レンタル・産地直送ギフトなどのサービスも提供しています。創業以来50年以上実績があり危険物輸送業務でも高い専門性を発揮。輸送から保管まで豊富なノウハウを持つ会社です。
危険物倉庫業務は全国展開しており関東・中部・関西・東部・中国・九州の6ブロックに設置。各現場で危険物に精通したプロフェッショナルが安心・安全な作業を行っています。国内貨物はもちろん海上コンテナの荷下ろし・保管デリバリーに至るまで一貫対応。自社倉庫内での中継・積み合わせによる優れた物流ネットワークが自慢です。また京浜島営業所は東京唯一危険物を取り扱可の保税蔵置場のため、東京・横浜間で危険物対応の保税倉庫をお探しの方には最適です。

こんな人におすすめ
・危険品倉庫、危険物輸送で実績のある物流倉庫会社をお探しの方
・東京・横浜間で危険物対応の物流倉庫をお探しの方
・国内貨物、海上コンテナの荷下ろし、保管デリバリーまで一貫対応してほしい方

予算感
要問い合わせ
設立年
1960年
会社所在地
大阪府大阪市淀川区加島1-37-56
電話番号
06-6499-2001

2- 2. 大和物流株式会社

大和物流株式会社
出典:大和物流株式会社 https://www.daiwabutsuryu.co.jp/

大和物流は、大阪府大阪市西区に本社を構える大和ハウスグループ傘下の物流倉庫会社です。全国各地に物流センターを設置・運営しており、建築・産業機器・アパレルの物流、海外物流、輸配送、搬出・搬入サービスなどを提供しています。1959年設立の歴史ある企業で、経験とノウハウに裏打ちされた対応、高い専門性・効率性を発揮したサービスは業界でも高評価。クライアントの課題解決を目指し、総合ロジスティクスソリューションを提案します。
物流センターは北海道から九州まで国内各地に配置。中でも仙台扇町は危険物倉庫として機能しています。危険物の中でも特に消防法の第4類危険物(引火性液体)の取り扱いを行っており、延べ床面積1,054㎡(319坪)を確保しています。協力会社とのパートナーシップにより高品質な物流システムを構築。業務遂行にあたっては高い現場対応力、企画開発力、グループ力を発揮しています。

こんな人におすすめ
・危険品倉庫、物流倉庫で実績のある会社をお探しの方
・第4類危険物(引火性液体)の危険品倉庫をお探しの方
・大企業の傘下にある物流倉庫会社に依頼をしたい方

予算感
要問い合わせ
会社所在地
大阪府大阪市西区阿波座一丁目5番16号
電話番号
06-4968-6355

2- 3. 日立物流ファインネクスト株式会社

日立物流ファインネクスト株式会社
出典:日立物流ファインネクスト株式会社 https://www.hitachi-transportsystem.com/jp/finenext/

日立物流ファインネクストは、東京都中央区に本社を構える物流倉庫会社で、日立グループの1社です。危険物倉庫・危険物輸送・工場内物流・輸出入物流などに対応をしており、危険物の取扱については業界でも高い実績を誇ります。
関東エリア最大級の危険品倉庫群を持ち、関東・関西・中部の3大都市圏に危険品倉庫(化学品倉庫)を設置。危険物取扱の上ではコンプライアンスを重視、消防法など遵守した運営には定評があり、危険物も安心して預けられるでしょう。危険物4類だけでなく、2類・5類の保管にも対応。また温度管理危険物、毒劇物などの保管も得意としています。各地の倉庫群の中でも首都圏ケミカルセンターは国内最大級の危険物倉庫を保有し、保税蔵置場・化粧品製造業・医薬部外品製造業などの許可証も取得しています。内陸へのコンテナバンニング、デバンニングにも対応をしており、1都6県への配送網を完備しています。

こんな人におすすめ
・危険品倉庫事業・危険品輸送で定評のある物流倉庫会社に依頼をしたい方
・危険物4類・2類・5類、温度管理、毒劇物の保管ができる会社をお探しの方
・保税蔵置場や化粧品・医薬部外品製造業の許可を得ている会社をお探しの方

予算感
要問い合わせ
会社所在地
東京都中央区京橋2丁目9番2号 日立物流ビル3F
電話番号
03-6263-2842

危険品倉庫を保有する実績豊富な物流倉庫会社の紹介をしました。

危険物は保管が難しく、取り扱いを一歩間違えば大事故につながるので、実績豊富な会社に依頼をするのがベストです。危険品倉庫を持つ物流倉庫会社でも、会社によって取り扱い可能な危険物の種類は異なります。

自社の危険品を扱える会社が見つからない場合、特殊な危険物・劇薬物を取り扱っている場合は、どうぞお気軽にアイミツお問い合わせください。全国の物流倉庫会社の中から、お客様のニーズに沿った会社を紹介させて頂きます。

アイミツ
物流倉庫会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)

3.危険品倉庫を保有する輸出入に強い物流倉庫会社3選

つづいては、危険品倉庫を保有する輸出入に強い物流倉庫会社をご紹介します。

3- 1. 株式会社築港

株式会社築港
出典:株式会社築港 https://www.chikko.co.jp/

築港は、兵庫県神戸市に本社を構える危険物専門の物流倉庫会社です。石油化学製品を中心に危険物の取扱を行い、倉庫保管・国際輸送・容器販売など危険物物流のトータルソリューションを提供します。
国内各営業所は保税蔵置場と密接な連動しており、港近くの立地は港湾輸送・保管にも大変便利。海外にも拠点を持ち、国際物流にも強みを発揮しています。
危険品取り扱いでは輸送から保管、安全管理、特殊作業までワンストップで対応。専用の危険品倉庫を用意しており、危険物取扱や毒劇物取扱など国家資格保有者が作業にあたります。危険物は第1類から6類までカバー。4類のみ対応という会社が多い中、横浜、名古屋、神戸で1~5類、神戸カルモ倉庫で6類の保管対応をしています。引火性液体・可燃性固体・自然発火性固体などあらゆる危険物の保管が可能で、専門家による安全性の高い作業は定評があります。

こんな人におすすめ
・港湾近くにある輸出入に強い危険品倉庫会社をお探しの方
・危険物物流のトータルソリューションの提供をご希望の方
・危険物第1類から6類までカバーしている物流倉庫会社をお探しの方

予算感
要問い合わせ
設立年
1924年
会社所在地
兵庫県神戸市中央区海岸通3番地 シップ神戸海岸ビル12階
電話番号
078-391-6671

3- 2. 内外日東株式会社

内外日東株式会社
出典:内外日東株式会社 http://www.nnt.co.jp/

内外日東は、東京都品川区に本社を構える物流倉庫会社です。危険物保管・危険物輸送をおこなうほか、航空・海運貨物取扱や通関、ロジスティクス、物流情報システムなどのサービスを提供しています。
危険物の輸出入に強く、保有している倉庫は危険物保管が可能な保税蔵置場。主な取扱品目は危険物2類の可燃性固体です。倉庫は全部で7部屋、各フロア面積は130~144㎡と広大。保税倉庫として使えるので外国貨物の点検も可能。輸送部門との連携で国内輸送はもとより、危険物輸出入も年間3,500件以上の取り扱い実績を誇ります。煩雑な危険物取扱に関する専門知識と高いスキルを持ったスタッフが各部門に配置され、保管、通関、海上・航空輸送、海外の内陸輸送にワンストップで対応。全て自社グループ企業内で完結できるので、リードタイム短縮とコスト削減を目指す方には最適の会社でしょう。

こんな人におすすめ
・危険物保管ができる保税蔵置場をお探しの方
・危険物取扱の専門知識と高いスキルを持つスタッフをご希望の方
・リードタイム短縮とコスト削減せる物流倉庫会社をお探しの方

予算感
要問い合わせ
設立年
1950年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都品川区東品川1丁目38番8号
電話番号
03-5460-9700

3- 3. 丸一海運株式会社

丸一海運株式会社
出典:丸一海運株式会社 https://www.mkc-net.co.jp/

丸一海運は、大阪府大阪市大正区に本社を構える物流サービス会社です。 海運物流の専門会社として輸出入業務・危険物混載・保管取扱​・通関などの​業務を行っています。
危険物の取り扱いとしては、危険物混載(MACCS)が可能。多品種小ロットが主流の時代で少量の危険品輸送にも対応しており、化学品を始め一般貨物の輸送にも柔軟に対応しています。仕向地は阪神港からは26ポート、京浜港からは14ポート。国際複合一貫輸送業者としてアジア・アメリカ・ヨーロッパに通じています。自社内にCFS(Container Freight Station)を兼ね備えた危険物保税倉庫も完備していることから、船会社のCFSのトラック横付け費用も必要としません。コスト重視の方にもおすすめです。
海運輸出入に強い危険品倉庫会社をお探しの方にはうってつけの会社でしょう。

こんな人におすすめ
・CFSを兼ね備えた危険物保税倉庫をお探しの方
・海運輸出入に強い危険品物流倉庫会社をお探しの方
・船会社のCFSのトラック横付け費用が負担になっている方

予算感
要問い合わせ
設立年
1951年
会社所在地
大阪市大正区三軒家西3-12-4
電話番号
06-6554-1581

4.物流倉庫会社選びで失敗しないためのポイント

最後に、物流倉庫会社選びで失敗しないためのポイントを簡単に解説していきます。

倉庫の立地をチェックする


物流倉庫を選ぶときは、最初に倉庫の立地について確認しましょう。どれだけ良いサービスを提供している物流倉庫会社でも、倉庫自体が遠ければ物流効率は悪くなります。

物流倉庫の理想的な立地はできるだけ自社の工場や取引先の近くにあることです。陸路で輸送をする場合は高速道路や主要道路沿いにあると便利です。海路や空路で輸送をする場合は、港や空港に近いかどうかをチェックしましょう。また緊急時の出荷にもすぐに対処できる場所にあれば、いざというときに便利です。

保管できるものを確認する


物流倉庫を選ぶ際は保管できるものを確認することも必要です。ひと口に物流倉庫会社と言ってもそれぞれに得意分野があるので、自社商品の取り扱いに長けた会社を探しましょう。

特に危険物は取り扱いが難しく、危険品倉庫を持つ物流倉庫会社でも分類によっては保管できないものもあります。中でも危険物第4類以外のものを預ける場合は、会社数が限られるので専用の倉庫を探さなければなりません。まずは取り扱い可の会社をリストアップして、その中からベストの会社を選びましょう。

保管面積を確認する


物流倉庫会社を選ぶ際は、事前に保管面積についてもチェックすることをおすすめします。重要なポイントは今だけでなく将来性も踏まえた上で倉庫を探すことです。

会社の事業拡大や売り上げ増加に伴い、取り扱うべき貨物量は増えていきます。貨物が増えた段階で倉庫を変えるのは本当に大変ですし、複数の倉庫と契約をするのも非効率ですので、必ず将来性も視野に入れた上で契約先を選びましょう。特に危険品は取り扱いに注意を要するので、保管面積は十分余裕のある倉庫を選んでください。

【まとめ】物流倉庫会社選びで迷ったらアイミツ


いかがでしたか。危険品倉庫を保有する物流倉庫会社の紹介は以上です。

今回紹介した物流倉庫会社は危険品の取り扱いでは定評のある会社ばかりです。ぜひ物流倉庫会社選びの際の参考にして頂ければと思います。

危険品倉庫を持つ会社でも、どのような危険品を扱えるかは会社ごとに異なります。また物流倉庫会社選びは立地やサービスなどさまざま考慮すべき点があるので、会社選びでお困りの方はアイミツご相談ください危険品倉庫の専門コンシェルジュがお客様のご要望を丁寧にお伺いした上で、最適の物流倉庫会社を紹介させて頂きます。

会社紹介は全て無料です。紹介をしても契約を無理におすすめすることはございませんので、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

物流倉庫会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

アイミツに貴社を掲載しませんか

危険品倉庫の物流倉庫会社のページを見た人はこんなランキングも見ています

危険品倉庫で物流倉庫会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

物流倉庫・発送代行とはサードパーティロジスティクス(3PL)とも呼ばれ、ネットショップやカタログ通販、卸売り行う事業者のかわりに、入庫、保管、出荷、返品対応などの一連のフルフィルメント業務を代行するサービスになります。最適な業者を選ぶためには、倉庫の立地や保管方法、作業オペレーション、対応システムなど確認する項目が多くありますが、物流、倉庫の専門業者に依頼することでノウハウを活かし、人件費の削減、保管の最適化を実現、経営効率を高めることが期待できます。近年は中小規模の通販事業者の拡大に合わせ、導入目安である最低出荷量300件を下回る、数件~十数件からの小ロット出荷量に対応する通販物流代行業者も出てきています。

物流倉庫会社が
最短翌日までにそろう