印刷会社をお探しですか? アイミツを使って手間なく最良の会社と出会いましょう

印刷の発注は初めてですか?
無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

更新日:2023年1月10日

チラシのマーケティング効果を上げるコツ【2023年最新版】

現在では、パソコンを活用することで簡単にチラシを作成できるようになりました。しかし、効果的に活用するには、作成方法のコツを把握しておくことが重要です。
そこでこの記事では、さまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、チラシ作成のコツについてご紹介!配布後の効果測定の方法についても解説していきます。

【関連ページ】
印刷にかかる費用・相場感や、あなたの目的別に印刷会社をお探しいただけます。

チラシをマーケティングに活かす方法とは?

ネットが普及した現代では、デジタル広告が盛んに配信されています。YouTubeでの動画広告や、TwitterやInstagramでのSNS広告など、さまざまな場面で目にすることでしょう。
一方で、今回取り上げるチラシはアナログ広告に分類されます。しかしアナログとは言っても、その効果は軽視できません。チラシを工夫して作ることで、効果的なマーケティングが可能です。ここからは、チラシの作成方法のポイントを3つご紹介します。

ターゲットを明確にする

チラシを作りはじめる前に、まずはターゲットを明確に設定しましょう。マーケティングの分野でよく耳にする基礎的なポイントですが、チラシを使った宣伝でも同様です。もしターゲットを設定しないまま作成を進めると、ターゲットとなる層に響かない内容になってしまう可能性が高いでしょう。
たとえば「高齢者向けのチラシなのに、小さい文字で作成してしまった」「20代〜30代向けのチラシなのに、古臭いデザインで作ってしまった」などの失敗を起こしてしまいます。狙っている客層に沿った内容やデザインのチラシを作るには、ターゲットの設定が欠かせません。年齢や性別、居住エリア、仕事など、おおよその情報をイメージした設定が必要です。

お得な情報で興味を惹く

お得感を伝えることを意識してチラシを作成するのも有効です。チラシを活用したマーケティングの弱点としては、「自分にとってメリットや興味のないチラシはすぐに捨ててしまう」という方が多い点にあります。それを防ぐには、キャンペーンやセールなどの情報を押し出し、読むメリットのある内容であることをアピールすることが重要です。チラシに直接クーポンを掲載してもいいでしょう。
チラシが捨てられずに保管されれば、何度でもターゲットの目に入るチャンスがあります。ふとした時に「問い合わせてみよう」「店舗に足を運んでみよう」と思い立ち、成果につながることもあるでしょう。

デザインで魅力を強化する

多くの場合、チラシではデザインが最初の印象を決めます。もらったチラシを毎回じっくりと眺めるという方は少ないのではないでしょうか。実際に、新聞の折り込みチラシを目にするのはわずか2秒だと言われています。そのような短時間で「読む価値がありそうだ」と思わせるためには、見た目のイメージにこだわることも重要です。
チラシは面積が限られているため、情報を絞り込んでアピールすることが求められます。そのため、文字だけでなく、写真やイラストを十分に活用してターゲットに情報を提供するようにしましょう。自ら写真を撮影することで、商品や店舗の魅力を自由にアピールすることもできます。また、ネット上のフリー素材で、商用利用可能な画像などの活用もおすすめです。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数ある印刷会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

集客に効果的なチラシデザイン

デザインが大切と言っても、クオリティの高いチラシを作るのは難しい感じる方もいるかもしれません。しかし、デザインを学んだ経験がない場合でも、法則に従ってチラシを作成することで効果が高められる可能性があります。チラシはいきなりパソコンで作りはじめるのではなく、実際のサイズの用紙を使っておおよそのデザインを決めていくのが一般的です。本項を参考に、チラシのデザインを具体的に考えていきましょう。

キャッチコピーに強みを盛り込む

一番伝えたい内容であるキャッチコピーは、チラシの目立つ箇所に配置します。また、キャッチコピーの作り方にもコツが必要です。ここでは、設定したターゲット像をもとに決める方法をご紹介します。
家計に悩む主婦層がターゲットであれば、安さやお得感をアピールしましょう。「キャベツ2玉が300円!」「5分でできる節約・満足レシピ」などのキャッチコピーが使えます。金銭的に余裕のありそうな住宅エリアに配布するチラシであれば「季節のオーガニック食材を10種類使用」などの文章が効果的です。
ターゲットにとっての課題解決やメリットになりそうな言葉を、端的に掲載します。また、具体的な数字を意識して盛り込んでもいいでしょう。

視線の流れに沿った見やすいレイアウトにする

キャッチコピーを考えたあとは、実際のレイアウト作りに入ります。ここでは、人がチラシを見るときの視線の動き方のパターンを利用してみましょう。まずは、デザインとして一般的である縦向きの用紙に、横書きで書かれているチラシだと仮定して考えてみます。この場合は、アルファベットの「Z」の形のように「左上・右上・左下・右下」の順で視線が動いていくはずです。
そのため、キャッチコピーや大切な情報は左上に配置し、左下にかけて商品や店舗情報の配置が必要です。最後に、右下に問い合わせ先やアクセスマップを載せれば、自然な流れでチラシを見てもらえる可能性が高まります。また、問い合わせ先などを最後に配置することで、アクションを促すことも可能です。

チラシの効果測定を行うには

チラシを作成して配布したあとは、その効果をチェックすることが欠かせません。どのエリアに何枚のチラシを配布したのかを記録しておくのがポイントです。問い合わせや購入・契約などにいたった数値と、ターゲットの住所を照らし合わせるなどの方法で効果測定を行いましょう。
配布した時期や曜日・日付などによっても効果が異なるため、各数値を細かくチェックして分析することが大切です。それらの数値をもとに、より効果が出せるよう作成方法や配布タイミングを改善していきましょう。とはいえ、本来の業務を行いながらそこまでの効果測定を行える状況にないという方も多いでしょう。そういった場合は、チラシの作成やチラシマーケティングの効果測定を得意とする会社に外注するのがおすすめです。

印刷の外注費用

チラシを作成するとして、印刷にかかる費用相場をご紹介します。

印刷費用の相場
種類 相場 備考
チラシ 1~3万円程度 ※A4、片面カラー、1営業日、5,000部、光沢紙の場合
封筒 5,000円~ ※長3、オフセット印刷、500枚の場合
名刺 600円~ ※片面、モノクロ、100枚の場合
パンフレット 2万5,000円~ ※A4、両面カラー、8ページ、 100部、光沢紙の場合
冊子 3万円~ ※A4、フルカラー、20ページの冊子100部の場合

印刷の費用相場をご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターをご利用ください。

【まとめ】チラシを活用したマーケティングはワンストップ外注がおすすめ!

チラシをマーケティングに活用する際の方法について解説してきました。チラシを作成する会社のなかには、配布後の効果測定まで請け負ってくれるところもあります。せっかくチラシを作成するのであれば、そのような会社を利用して効果的に成果をあげてみてはいかがでしょうか。

アイミツでは、チラシの制作・マーケティングの実績を持つ外注先をご紹介することも可能です。チラシについてお悩みの方は、ぜひ一度アイミツまでお問い合わせください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
チラシ印刷を依頼できる印刷会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
印刷の費用・相場

印刷会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連する印刷会社一覧