あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

7万社以上を徹底比較

コスパが最大化する

ネットリサーチ
一括見積もり

クオリティUPでより高いクオリティを、コストダウンで適正な価格で発注

  • 利用実績

    9万社

  • 利用満足度

    98%

簡単30秒

失敗しない業者選びのために!最適業者をご紹介

相見積もりで失敗しない
5つの鉄則

お電話でのお問い合わせはこちら

営業時間 平日 10:00~19:00

フリーダイヤル 0120-917-819

■ ネットリサーチ会社を探す際のワンポイントアドバイス

ネットリサーチ(アンケート・モニター調査)を行うメリットは、従来の郵送で行う調査や電話・対面調査に比べ、全国を対象に短期間で、大量のアンケート結果を得て、分析できることです。「調査規模や内容が、料金に見合っているか」「自社の目的に合った調査ができるか」「調査設計や専門的な分析など、サポートが充実しているか」「データや個人情報の扱いは適切か」などの観点から、自社に合っているリサーチ会社を選びましょう。調査にかかる費用は、調査内容や規模によってことなりますが、最低でも30万円以上、大掛かりで、調査企画から専門的な分析まで依頼すれば100万円を越えることもあります。また、モニター会員によって、アンケートの結果が変わりますので、どのような属性の会員がいるか、モニター会員をどのように管理していているか、なども忘れずに確認しましょう。また、リサーチ会社のプライバシーマーク取得の有無、システムのセキュリティー体制も、重要なポイントとなります。

ところで

ネットリサーチの会社探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 電話が鳴り止まない

    一括見積もりサイトだと電話が…

    一括見積もりをすると多数の会社から
    営業電話が鳴り続けて業務に支障をきたしそう

  • 見積もりを取っても不安

    業界事情や相場を知らない…

    適正な価格がわからないから
    見積もりを取っても不安

  • 情報だけを信じるのは不安

    どの企業が優れているのか…

    ホームページには良いことが書かれて
    いるけれども、実際の評判はどうなの?

そのお悩みをアイミツが解決
発注先選定を無料でお手伝い!

  • point.1

    相場情報をご提供!

    9万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内
    見積もりのポイントも教えます。

  • point.2

    コンシェルジュ

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート!

    御社の要望をコンシェルジュが
    ヒアリング、全国7万社以上の業者比較
    ・調査から
    要望に適した会社をご紹介。

  • point.3

    評判の良い会社に厳選!

    100万以上のクチコミから
    評判の良い業者
    に絞ってご紹介
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない3ステップ

  • 確認

    確認のイメージ

    希望条件、ご要望を
    お聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • 提案

    確認のイメージ

    業者選びのコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • 見積もり

    確認のイメージ

    直接商談も可能!スピーディ
    に見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

相談してみてわかる!アイミツが選ばれる理由とは?

大手から中小企業まで、話題の企業が続々利用中!

規模を問わず、数多くの有名企業様に
ご利用いただいているのには理由があります!

  • 利用料
    0

    ご相談は無料ですイメージ

    ご相談は無料です

    業者比較・紹介のための総合サイトとして広告収益を中心に運営。完全無料でのサービス提供を実現しました。

  • 満足度
    98%

    安心の満足度98%イメージ

    安心の満足度98%

    最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

  • 調査社数
    7万社

    プロによる徹底調査イメージ

    プロによる徹底調査

    最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

  • 会員登録
    不要

    スピード即日対応イメージ

    スピード即日対応

    原則、電話もしくはメールにて、即日対応いたします。手厚いサポートで発注の不安を解消します。

ネットリサーチ会社を探す

全国4,387社から、あなたにピッタリのネットリサーチ会社が見つかります。

“業者探し”のことなら
コンシェルジュに無料でお任せ!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono

業者選びのポイントをカンタンにご紹介

業者選びの具体的な進め方は、アイミツが誇る業界のプロにご相談ください

ネットリサーチの選び方ガイド

ネットリサーチの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。


ネットリサーチの選定ポイント

point.1モニター会員数

全体母数と必要なサンプル数、ターゲット設定をポイントに!

ネットリサーチ(アンケート・モニター調査)の利点は、従来の郵送で行う調査や電話・対面調査に比べ、全国を対象に短期間で、大量のアンケート結果を得て、分析できることです。正確で有効な調査結果を得るためには次のことを加味する必要があります。

  •  全体母数と必要なサンプル数

ネットリサーチ会社が保有している母数が多ければ、一般的な内容からニッチなテーマまで、幅広くモニター調査を実施できます。正確な結果を得るために必要なサンプル数は、設問数やアンケートの内容によって異なりますが、基本的な考え方としては、サンプル数は多ければ、多いほど精度が高くなります。一般的に300~500のサンプル数を対象に行なわれます。十分なサンプルが確保できるか、事前にネットリサーチ会社に確認をしましょう。

  •  ターゲット設定

性別・年齢・地域の以外にも、収入別や価値観(嗜好性)別、あるいは、ペットの有無や車の所有などのターゲットを設定することもできます。また、基本的なターゲット設定の他に、事前にスクリーニングの質問などによって、より詳細なターゲティングを行うこともできます。このスクリーニングの設問の提案力もネットリサーチ会社の力量が問われます。

 

point.2料金

10万円前後が一般的、設問数や対象人数によって大きく変わる。

ネットリサーチの料金は、基本的に実施するアンケートの設問数と対象となるモニター会員数で決まります。最小の規模で、設問数は5問から、対象人数は100人から実施でき、料金は、約10万円の業者が多く、規模や調査内容によっては、100万円を越えます。また、オプションとして、本調査の前に対象者を絞り込むスクリーニング調査や、調査全体の企画・設問の作成・調査後の専門的な分析などを依頼すれば、別料金が発生します。集計するツールやシステムの使用料金は、基本的に無償で提供される場合が多いようですが、念のために確認しておきましょう。

低予算のため、安く済ませたいからといって、少ない対象人数に設定し、様々なオプションを省いた場合、正確な結果が得られない可能性がありますので、注意したいところです。見積もりを依頼する場合は、調査の目的や得たい結果を事細かに伝えましょう。

 

point.3調査期間

設問数から対象会員数などにより、数日から数週間程度の幅があり。

アンケート実施から、回答データが納品されるまでの期間は、設問数や対象会員数によって異なります。設問20問、対象会員数300の場合、スクリーニング調査と本調査で3日、データの整理・チェックに1日、合計4日間で納品がされ、設問の作成や分析を依頼した場合には、さらに、2週間前後かかるケースが多くみられます。モニター会員がアクティブで優良な会員が多ければ、アンケートの収集もスムーズに進み短期間で良好な結果が得られます。ただし、あまりにも調査期間が短い場合には、データが正確で無いことも考えられますので、注意が必要です。

 

point.4どのような調査を行うのか?

年齢、性別、地域、など必要な結果を得られる調査をすること!

正確なアンケート結果を得るためには、調査の目的を明確にすることが、重要になります。すべての属性を対象に調査するのか、年齢、性別、地域、収入、既婚・未婚、あるいは、インターネットショッピングをする人、スポーツが好きな人などの特定の属性へ調査するのかを検討します。リサーチ会社にはそれぞれ、得意な分野や業界・テーマがあります。家電製品について多数の実績がある会社や、金融商品についてのWEB調査が得意な会社などさまざまです。自社が調査したい内容と過去に同じような調査実績がある会社に、依頼することをおすすめします。

 

point.5ネットリサーチ会社のサービス

調査企画や設問設定など、何を任せるのかを明確に!

過去にインターネットアンケートをした経験やノウハウが、自社に無い場合、単に調査を実施するだけではなく、調査全体の企画や調査後の分析を、依頼することが必要になります。その際には、どの部分をネットリサーチ会社へ依頼するのかを、あらかじめ決めておく必要があります。

  •  調査企画

「このようなデータが欲しい場合には、どのような調査が適切なのかわからない」という場合、調査する前の段階で、調査全体の企画を提案してもらい、調査の目的、方向性を明確にします。

  •  設問作成

正しい調査結果を得るための設問の作成を、依頼します。簡単な設問の文言の変更であれば、無料で対応してくれるケースもあります。

  •  専門的な分析手法

因子分析、クラスター分析、コレスポンデンス分析などがあります。リサーチ会社に分析を依頼することで、自社が意識していなかった問題点の示唆や、課題解決策の提案を受けられます。より正確な調査結果を得るために、各社の特徴・得意分野をしっかりと把握し、適切なサポートを受けたいものです。

 

point.6調査結果の信頼性

正確な結果を得るためにはモニターの信頼性が重要になる。

インターネットリサーチを行っても、アンケートに回答する会員・モニターの信頼性が低ければ、正確な調査を行うことができません。リサーチ会社がどのようにして、会員を募集し、管理しているのかをチェックすることも大切です。報酬やポイント稼ぎの目的のみで、なるべく多くのアンケートに答えようとする会員が多い場合や、それを助長させるような仕組みになっている場合は注意が必要です。不正・虚偽の回答への対策は万全であるかを始め、信頼できるアンケートの取得につながるか確認しましょう。

また、重要なポイントとして、「データ・個人情報の扱い方」があります。個人情報のデータに対しSSL暗号化通信が導入されているか、プライバシーマークの取得の有無も忘れずにチェックしましょう。

 


ネットリサーチのよくある質問

ネットリサーチについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

コンシェルジュ

Qモニターはどのように募集していますか?

Aインターネット広告やDMなどによって新規モニターを集めるのが一般的。

インターネット広告などによる募集、ダイレクトEメール、登録済みモニターの友人紹介等により新規モニターを募集するのが一般的です。
各リサーチ会社は、モニターの属性(性別・年齢・職業等)がかたよらないよう、様々な媒体でモニター募集を行ったり、募集の際のポリシーを定めたりするなど、広範かつ良質なモニターの確保につとめています。

Qモニターの属性にはどのようなものがありますか?

A年齢、性別、地域、職業、年収など一般的な項目は沢山ある。

各リサーチ会社がモニター登録の際に取得している項目は、年齢、性別、居住地域、職業、年収、住居形態などが一般的です。
それ以外にも、テレビ・インターネットの視聴時間、購読新聞、利用コンビニなどの細かい情報も取得しているリサーチ会社もあります。
これらの属性は、各社のWEBサイトで閲覧できます。実施を検討している調査に適した属性でセグメントができるリサーチ会社をお探しください。

Q発注から納品までの期間を教えてください。

A最短数日から、内容によっては数週間程度必要なケースも。

用意されているアンケート入力画面にモニターを誘導するだけの場合で2日程度、アンケートの構築・設問の作成・レポーティングまで含めたプランで1週間程度が目安となります。
設問数や回答率によって、納期は大幅に変動する場合がありますので、大まかなアンケート内容と、どのようなアウトプットを期待するのかを見積もり請求時にご提示ください。

Qどのような業務を発注できますか?

A簡易的なアンケートからレポートティングなども含めた幅広いプランまで。

お客様側で用意されたアンケート画面にモニターを誘導するのみの簡易なサービス(モニター貸し)から、調査内容作成・レポーティングを含めたリサーチ業務の全般的サポートまで、幅広いプランを用意しているリサーチ会社が多くあります。
予算や調査内容、お客様側で行うことのできる業務の範囲を、見積もり請求時にお知らせください。

Qアンケート内で画像を見せることは可能ですか?

A可能なケースが多いものの、画像の枚数制限、オプション料金、など確認が必要。

リサーチ会社の提供するシステムによりますが、可能な場合が多いでしょう。
可能な場合でも、画像の枚数の制限、オプション料金の有無など、リサーチ会社によって各種利用条件が異なります。お見積もり請求時に、アンケート内で画像を利用したい旨と、おおよその枚数をお知らせください。

Qネットリサーチはどのように活用できますか?

A新製品に関する調査からブランドの認知度など幅広い調査が可能。

ブランドに対する印象調査、マス広告の認知度調査、WEBサイトのサービス評価・ユーザビリティ調査等に幅広くご活用いただけます。
また、新しいものに敏感な層に対する新製品の印象調査や、高所得者層に対するニーズ調査など、調査対象(モニター属性)を色々な切り口で絞り込んだ上でのアンケートも、ネットリサーチならではの効率性を生かせる活用法です。

Qどのようなものが納品されますか?

A依頼業務によって異なるため、見積もり時にサンプル請求するのも有効。

納品物の形式は、どのような範囲の業務を依頼したかによって異なります。モニターの誘導(モニター貸し)のみの場合はモニター属性のデータ等、リサーチ会社のアンケートシステムを利用した場合は、モニター属性と調査結果のローデータ(CSVファイル)等、報告書の作成までを発注した場合は、ローデータに加えて集計されたデータ(グラフ等)がつくことが一般的です。
発注前に納品物のイメージを確認したい場合は、見積もり請求時にサンプルの提示を求めましょう。

Qモニターの回答に信頼性はありますか?

Aモニター属性のチェックを行い質を保つ努力はしているものの、モニターの質が大きく影響。

各社、IPアドレスのチェックや、モニター属性の定期的なチェック等により、モニターの重複登録・不正回答を防ぐ取り組みを行っています。
また、アンケートを回答し終わるまでにかかった時間が極端に短いものは無効とするなど、回答の質や信頼性を向上するための独自の取り組みを行うリサーチ会社もあります。

Qモニターへの謝礼はどのように行いますか?

Aポイントや現金などリサーチ会社から支払われるのが一般的。

モニターへの謝礼は、現金・ポイント・金券等により、リサーチ会社から支払われるのが一般的です。アンケートを実施するお客様がモニターに直接謝礼を贈ることはありません。また、謝礼分の費用はリサーチ料金の中に含まれている場合がほとんどです。

Q海外での調査は可能ですか?

A海外モニターが在籍、または海外リサーチ会社と提携していれば可能!

リサーチ可能な国・地域は、リサーチ会社によって様々ですが、海外にモニターを保有しているリサーチ会社、または海外のリサーチ会社と業務提携している会社であれば調査可能です。
なお、日本国内のモニターを対象にしたサービスとはリサーチ内容や金額が異なる場合がありますので、見積もり請求時に対象の国と希望する調査内容をご連絡ください。

関連カテゴリー


ネットリサーチのアイミツ利用事例「ネットリサーチ・アンケート・モニター調査」

どのようなネットリサーチ・アンケート・モニター調査業者を探していましたか?

細かいユーザー属性を見つけ出す必要があり、業者を探していた。

新規事業を始めるにあたってのユーザ調査を行いたいと思い、インターネットを活用した定量調査を依頼できる業者を探していました。実際にはかなり細かいユーザ属性を見つけ出す必要があり、アンケート対象となる母集団を数多く抱えている業者にお願いすることで、調査の組み立てを再検討したいと考えました。本来であれば、グループインタビューやデプス調査などを組み合わせたかったのですが、統計資料なども限りがある分野でしたので、該当者を探す作業から依頼できる業者を探したいと思いました。

アイミツを利用したきっかけ

大規模な調査であることから一括見積の出来るアイミツを利用

業者比較ができるアイミツのことは、インターネットニュースでサービス開始時にチェックしていました。これまではなかなか業者選定や見直しを行うチャンスがなかったため、利用できていませんでしたが、今回は大規模な調査であるため、複数調査会社にヒアリングをすべきと思い、アイミツを利用しました。実際に使ってみると、業者ごとの一覧表示や問い合わせ一括送信など、作業をするページも使いやすく、とても便利でした。

見積もり時に気をつけたこと、反省点

とにかく時間をかけて業者を選定、こちらからも多くのアイデア伝えた。

調査設計からお任せするしかなかったので、まずはこちらの新規事業のアイディアをお話しし、調査内容の企画提案を見積もり書と共にいただきました。結果として、2ヶ月ほど時間をかけて業者選定を行いました。ヒアリング時には実際の調査手法や調査ツールのデモを行っていただいたり、調査結果の分析に関してもこれまでの実績などを詳しく説明していただきました。後から気づいた反省点として、ネットリサーチの回答者が業者によって重複していることです。Yahoo!や楽天などのリサーチモニター回答者は重複そて登録をしていることがあり、1人のユーザが同じアンケートに対して、別の登録会社経由で回答してしまうことがあるそうです。

実際に発注してみた感想や気づき

費用は高くついたものの、次回からの大きな気付きを得られた。

最終的に3ヶ月以上かかる長めの調査を行うことになりました。アンケート設計から、回答者のリクルーティングと回答、その分析結果報告まで、一気通貫した調査をお任せしました。費用は高く付きましたが、調査の専門知識を持った担当者さんとお話することだけでもとても勉強になりました。次回より自社内で実施するときに注意すべきポイントなどもわかったと思います。


ネットリサーチの用語・基礎知識

ネットリサーチ・アンケート・モニター調査の基礎知識・基礎用語

1990年中盤に始まったネットリサーチは、比較的新しい調査方法で、現在、企業が行う調査として、主流になっています。インターネットを介して、モニター会員へアンケート調査を実施するため、短期間かつ、大量の回答を集められ、集計後のデータの扱いも簡便であることが特徴です。会員は、インターネットのサイトで募集が行なわれ、アンケートに回答した会員に対して、金銭的報酬・商品券・ポイントなどが付与されることが一般的です。調査実施の料金相場としては、設問が20問、実施サンプリング数が300の場合で、20~30万円で、専門的な分析、レポート作成は、別に料金が発生します。ネットリサーチで、調査に必要なN数(サンプル母数)は、300~500と言われています。アンケート実施後に行なわれる主な分析手法としては、消費者の価値観や潜在的ニーズを発掘するために用いられる「因子分析」や、市場における自社ブランドのポジションニングを把握する際に用いられる「コレスポンデンス分析」などがあります。「対象とする会員数が少なく、有効な回答が得られなかった」、「アンケートの設問が的確でなかったため正確な結果が得られなかった」などのトラブルが発生しないように、事前の準備を万全に行い、調査の目的を明確にする必要があります。

 

失敗できない“業者探し”
コンシェルジュに無料でお任せ!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono