あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

7万社以上を徹底比較

コスパが最大化する

オフィス清掃
一括見積もり

クオリティUPでより高いクオリティを、コストダウンで適正な価格で発注

  • 利用実績

    9万社

  • 利用満足度

    98%

簡単30秒

失敗しない業者選びのために!最適業者をご紹介

相見積もりで失敗しない
5つの鉄則

お電話でのお問い合わせはこちら

営業時間 平日 10:00~19:00

フリーダイヤル 0120-917-819

■ オフィス清掃業者を探す際のワンポイントアドバイス

オフィス清掃・清掃業者とは、室内の掃除やゴミ出しなどに加え、ビル壁や共有部の清掃などを専門に手がけている会社です。日常清掃と定期清掃があり、双方を組み合わせることで清潔で快適なオフィス空間が保持できます。それぞれに得意分野(床清掃・ガラス清掃・外壁清掃・配管清掃・害虫清掃など)や提供していないサービスがあるので、依頼したい内容と合致している清掃業者を選ぶようにします。見積もりを取り寄せる際には、実際に訪問してもらい清掃の範囲や程度を確認しておくと、「言った、言わない」などのトラブルを防ぐことができます。器物破損が起きてもカバーできるよう、各種保険へ加入している業者だと、より安心できます。また、スタッフの質にも留意します。機密の漏えいやご近所からのクレームが起きないよう、教育体制がしっかりしたオフィスクリーニング業者に委託するようにしましょう。

ところで

オフィス清掃の業者探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 電話が鳴り止まない

    一括見積もりサイトだと電話が…

    一括見積もりをすると多数の会社から
    営業電話が鳴り続けて業務に支障をきたしそう

  • 見積もりを取っても不安

    業界事情や相場を知らない…

    適正な価格がわからないから
    見積もりを取っても不安

  • 情報だけを信じるのは不安

    どの企業が優れているのか…

    ホームページには良いことが書かれて
    いるけれども、実際の評判はどうなの?

そのお悩みをアイミツが解決
発注先選定を無料でお手伝い!

  • point.1

    相場情報をご提供!

    9万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内
    見積もりのポイントも教えます。

  • point.2

    コンシェルジュ

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート!

    御社の要望をコンシェルジュが
    ヒアリング、全国7万社以上の業者比較
    ・調査から
    要望に適した会社をご紹介。

  • point.3

    評判の良い会社に厳選!

    100万以上のクチコミから
    評判の良い業者
    に絞ってご紹介
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない3ステップ

  • 確認

    確認のイメージ

    希望条件、ご要望を
    お聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • 提案

    確認のイメージ

    業者選びのコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • 見積もり

    確認のイメージ

    直接商談も可能!スピーディ
    に見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

ご要望にあわせてこんな業者もご紹介

  • 業界最安値

    業界最安値

    オフィス清掃は地域・清掃内容・頻度などによって値段が決まってきます。既存業者で利用がある場合は、最安値価格の診断が可能です。特に2年以上契約見直しをしていない場合は、一度見直し検討をすることをオススメします。

  • スポット清掃対応

    スポット清掃対応

    オフィスの清掃は週1回、毎日など企業規模と掃除内容によってその頻度は変わりますが、定期的な委託が基本です。一方でワックスやエアコンの掃除など季節代わりなどに必要になってくるスポットの清掃は、それを得意とする会社に任せるのが良いです。

  • プライバシーマーク取得

    プライバシーマーク取得

    機密文章をセキュリティの観点から溶融処理対応してくれる清掃業者もいます。情報管理の重要度が叫ばれる昨今においては、オフィスのごみを処理する清掃業者の信用も図ったほうが良いでしょう。

その他の要望イメージ

入居者の就業時間中ではなく、深夜、ビルが無人状態の時間に清掃をしてもらいたいのですが、割増料金になりますか?/中華料理店です。1ヶ月に1回程度のペースで厨房の汚れを外部の業者さんに磨き上げて欲しいのですが、料金はどのくらいでしょうか?/駅前の商店街です。定期的に商店街全体の清掃をお願いしたいので、一度現場を見に来てもらえますか?/などなどオフィス清掃・清掃業者について、どんな些細なご質問も受け付けております。

案件・要望にあった優良企業に一括でお見積もりができます

オフィス清掃の優良企業

相談してみてわかる!アイミツが選ばれる理由とは?

大手から中小企業まで、話題の企業が続々利用中!

規模を問わず、数多くの有名企業様に
ご利用いただいているのには理由があります!

  • 利用料
    0

    ご相談は無料ですイメージ

    ご相談は無料です

    業者比較・紹介のための総合サイトとして広告収益を中心に運営。完全無料でのサービス提供を実現しました。

  • 満足度
    98%

    安心の満足度98%イメージ

    安心の満足度98%

    紹介企業数は業界No.1。2014年の満足度は、なんと98%。

  • 調査社数
    7万社

    プロによる徹底調査イメージ

    プロによる徹底調査

    最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

  • 会員登録
    不要

    スピード即日対応イメージ

    スピード即日対応

    原則、電話もしくはメールにて、即日対応いたします。手厚いサポートで発注の不安を解消します。

オフィス清掃業者を探す

全国1,794社から、あなたにピッタリのオフィス清掃業者が見つかります。

“業者探し”のことなら
コンシェルジュに無料でお任せ!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

コンシェルジュ
Kadono

業者選びのポイントをカンタンにご紹介

業者選びの具体的な進め方は、アイミツが誇る業界のプロにご相談ください

オフィス清掃の選び方ガイド

オフィス清掃の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。


オフィス清掃の選定ポイント

point.1清掃メニュー(日常清掃か、定期清掃か)の選択

どちらかだけでも、双方を組み合わせた形でも最適なプラン選択を!

来客者や従業員に気持ち良く過ごして頂くために、オフィスや店舗を清潔に維持・管理することは大切な業務の1つです。大手法人企業など会社が一定以上の規模になると、本来従業員が担当していた清掃業務も外注するケースが多くなります。大手清掃会社の中には、下請け→孫請け →さらに孫請け・・・と業務を丸投げしてしまう業者もいるようなので業界内評判、業者ランキングなどから業者比較を先にしておきましょう。仲介業者を通すことで中間マージンや雑費などが発生するため、実際に清掃をする下請け会社は利益が少なく、サービスの品質を下げる可能性も否めません。仲介業者に依頼し ない場合も料金体系、費用相場は事前に確認しておきたいところです。清掃メニューは一般的に日常清掃と定期清掃に分かれますが、どちらか一方だけではなく、双方を組み合わせることで清潔で快適なオフィス空間が保持できますので検討しましょう。

  •  日常清掃

利用頻度の高い場所を中心に、ゴミやほこり、汚れを取り除き衛生的な空間を維持します。トイレ掃除、床面清掃(掃除機がけ)、玄関清掃、ゴミ出し、エントランスのガラス拭きなどに必要です。オフィスや店舗の利用状況に応じて頻度を設定してください。

  •  定期清掃

主に床面や外壁、窓ガラスの保護のため、月1回~半年に1回程度行うことが多いです。日常清掃では落とせない汚れを専用の機材や洗剤などで落としていきます。共用の廊下、ガラス清掃、エアコンの分解洗浄、エアコンのフィルター、タイル洗浄など日々の清掃では対応しきれない箇所を中心に清掃しましょう。

 

point.2依頼しようとしている清掃範囲と合致しているか

得意分野をしっかりと確認して費用対効果の高いサービスに!

同じ「オフィス清掃・清掃業者」でも、室内の日常清掃だけを行うサービスや、高所での窓ふきを得意とするところ、パイプなどの水回りに特化した業者など、得意・不得意、その内容は多彩です。特定分野に限定した業者を選べば価格の安さとそれなりのクオリティが得られますが、複数の委託先を利用すると、逆にコスト高になってしまうかもしれません。業者一覧や評判ランキングを確認し、トータルでコストを抑えられるという視点で業者選びをすることをおすすめします。

長期的な視点を持ち、オールラウンダーにこなせる業者に一括して任せるのか、ニーズと頻度によって複数の清掃業者を組み合わせるのか、月額費用を事前にシミュレーションしておきましょう。また、日常清掃でも定期清掃でも、利用頻度によって価格が変わりますので、日々の利用状況などを鑑み検討すると良いでしょう。

 

point.3ニーズに合わせたカスタマイズが可能か

固有の事情に対応できるかどうかなど、ニーズに合わせたカスタマイズ性は重要。

幅広いオフィスクリーニングを行う業者の中には、汚れ具合や必要に応じて清掃項目や定期清掃の頻度を変えたり、社員のいない夜間や早朝に作業を依頼できたり、柔軟な対応をしてくれる業者があります。事務所に限らず、工場や倉庫などの固有の事情に対応できるかどうかも、重要な選定ポイントとなるでしょう。

さらに注意したいのが、費用体系の透明性です。オーダーであることを理由に、不当に高い費用を請求してくる場合がありますので、項目が細分化されている見積もりを取り寄せ、他社と比較してみるようにしましょう清掃業者一覧、業者ランキングなどから信頼できる業者の目星を先につけておくのもよいかもしれませんね。

 

point.4業者の信用性や保険加入の有無をチェックする

悪徳業者へのリスク対策として保険加入の有無は非常に重要!

オフィス清掃業者の作業範囲は、一般の人が立ち入ることのできないエリアも含まれます。やろうと思えば、データを流出させたり盗聴器などを仕掛けたりすることも可能です。「価格が安い、激安だから」「大手業者だから大丈夫」など、金額を始めとした安易な理由で選んだ業者が悪徳業者だった…なんてことにならないように、創業年の長さや取引実績などを参考に、信頼が置けそうな業者かどうかを確認するようにしましょう。悪徳な業者ぐるみでなくとも、従業員へのモラル教育という点からも気をつけたいポイントです。

また、故意はなくても、会社の備品を落としたり破損したりするケースが考えられます。損害賠償保険の加入の有無も、清掃業者選びの重要な確認事項です。

 

point.5あいさつや周囲への気配りなどができているか

周囲の通行人への対応が悪いと自社へのクレームにも繋がる、教育体制にも注意が必要。

清掃業者と長期的に付き合うのであれば、気持ちのいいあいさつを心がけているかなど、スタッフの教育体制にも留意したいところ。特にオフィスビル清掃では、周囲の通行人への対応が悪いと、自社へのクレーム、評判の低下につながりかねません毎回異なったアルバイトが清掃するのではなく、事情を把握した同じスタッフが手がけてくれるようなオフィスクリーニング業者を選ぶようにしましょう。

 

point.6フィードバックなどアフターフォローが行われているか

サービスの向上に繋がる、フィードバック体制の有無も見逃せないポイント!

清掃終了後、通信簿などの仕組みを利用した満足度調査を行っている業者なら、次回以降の作業に期待が持てます。最初からコミュニケーションをしっかり取ることも重要ですが、回を追うごとに成長・習熟可能なフィードバック体制の有無も、忘れずにチェックしましょう。クリーン、かつ友好的な業者との信頼関係で自社の負担を減らし、これからの展望を広げていきましょう。


オフィス清掃の費用・料金相場情報

アイミツでは独自調査やお客様の声からオフィス清掃・清掃業者における料金相場情報を集めています。清掃範囲やメニューなどによって大きく料金体系も変わる中で、何が必要なのか、どのようなサービス形態なのかを考慮し、自社に合った業者を見極めることが大切になります。

コンシェルジュ

オフィス清掃・清掃業者の相場

一回あたりの相場は2,000~5,000円、範囲や状態によっても変動する。

日常清掃の相場は、一回あたり2,000円から5,000円といったところですが、汚れの状態、作業面積、作業頻度、移動の必要な物品の数、建物の構造などにより単価は変わります。月額固定契約の場合は、週5回で5万円強くらいが相場です(東京・大阪・名古屋など地域価格差はあります)。また、その他の定期清掃については、以下の費用体系を目安としてください。

  •  床清掃 : 1メートル四方につき、200円(10畳換算で約3,200円)
  •  カーペットクリーニング : 1メートル四方につき、500円(10畳換算で約8,100円)
  •  ガラス・窓ふき : 10メートル四方につき、2万円から3万円(高所作業のゴンドラ費用を除く)
  •  外壁清掃 : 10メートル四方につき、7万円から8万円(同上)
  •  ゴンドラの費用 : 10万円~15万円
  •  トイレ清掃 : 1回6万円前後(備品補充含む)
  •  照明清掃 : 1基あたり600円~1,000円
  •  エアコン内部の清掃 : 1回3万円前後(喫煙室などを除く)
  •  貯水タンクの清掃 : 容量20t以下で8万円前後
  •  害虫駆除(ゴキブリ) : 1回3万円前後(喫煙室などを除く)
  •  害虫駆除(ネズミ) : 3万円~(生息場所によって駆除方法が異なります。)

 


オフィス清掃のトラブル事例

あとから追加料金を請求されたり、対応が悪かったりなどのトラブルは多く聞かれる悩みでもあるようです。ここでは当社が把握済みのオフィス清掃・清掃業者にかかわるトラブルの一部をご紹介いたします。思わぬトラブルを避けスムーズな発注・納品となるよう、ぜひアイミツにご相談下さい。

コンシェルジュ

後から別料金を請求された

事前打ち合わせで範囲など契約条件を明確に!

見積もりを安く抑え、現場で随時別費用を請求するケースです。見積もりの確認はもちろん、どの範囲まで行ってくれるのか、どの程度まできれいになるのかを、事前に打ち合わせておくようにします。
 

スタッフの態度が悪い

自社への悪影響を防ぐためにも事前にスタッフの属性について確認しておくこと。

あいさつや気配りの浅慮によるトラブルです。また、重い物が持ち上げられない、高いところに手が届かないなどの対応漏れを防ぐためにも、事前にスタッフの属性を確認しておきましょう。
 

大切な機器を壊されてしまった

万が一の物損などに踏まえて補償内容などの確認を。

清掃作業中に機器や備品を壊されてしまったというケースです。大切なものや触ってほしくないものは事前にきちんと伝えておくようにし、万が一物損が起きてしまった場合の補償内容などについても合わせて確認しておくようにしましょう。たとえ価格が安くても、保険に加入していない業者は避けた方が無難です。
 

逐一報告がない、報告が遅い

スタッフの問題行動など、事前に対応について考えておくこと。

何か問題があった際の報告がない、あるいは報告が遅いというトラブルです。例えば清掃中に物を壊してしまったのに報告がない、トイレ清掃中にトイレが故障しているのに気が付いたのに何の報告もないというようなケースです。これでは信頼して仕事を依頼することができません。事前に、スタッフ教育はしっかり行われているかを確認し、またスタッフに問題があった際の対応などについても事前に確認しておくと良いでしょう。
 

近隣から苦情がきた

事前に近隣への説明を行っておきトラブルを未然に防ごう。

清掃中の汚水が建物にかかった、清掃業者の車が邪魔などといったクレームが近隣から来てしまうというケースです。清掃業者に周囲への配慮を心掛けてしまうことはもちろんですが、外壁の掃除や窓ガラスの掃除など大規模な清掃を行う際は、事前に近隣への説明と挨拶をしておくと良いでしょう。
 


オフィス清掃のよくある質問

オフィス清掃についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

コンシェルジュ

Qオフィス清掃中に物損や事故が起きた場合の補償はありますか?

A万が一に備え保険加入している清掃業者がほとんど、事前に確認しておくこと。

万が一の備品の破損や清掃中の事故に備え、損害保険に加入している清掃業者が一般的です。
しかし、補償の内容は業者により異なるので、見積もり請求時に、その業者が損害保険に加入しているか、また、その保険で補償可能な範囲、認定方法などを確認しておきましょう。
損害保険に加入していない清掃業者は、価格が安くてもおすすめできません。

Q機密情報等の管理体制を教えてください。

A守秘義務なども踏まえたスタッフ教育がスタンダード、情報管理についても確認は必要。

多くの清掃業者では、清掃業務を行ううえで知り得た情報の漏洩や不適切な行動が起きないよう、スタッフの教育や守秘義務の契約を行っています。
見積もり請求時に、どのような情報管理を行っているかをご確認ください。
また、業者の取引実績、営業年数等も参考に信頼できる清掃業者の選定を行いましょう。

Q土日や早朝・夜間の清掃は可能ですか?

A柔軟な対応が可能なケースが多い、割高になる費用なども事前に確認しておくこと。

清掃業者により対応可能な時間帯は様々ですが、多くの場合、発注側の要望に柔軟に対応してもらえるでしょう。
しかし、清掃内容に制限があったり、費用が通常に比べ割高になる場合もありますので、見積もり請求時に、希望の清掃曜日・時間帯と清掃内容をお知らせのうえ、ご相談ください。

Q決まった清掃担当者に来ていただくことは可能ですか?

A定期的な清掃業務であれば固定のスタッフが派遣されることが多い。

日常清掃の場合、決まった清掃スタッフが担当する場合が多いでしょう。
効率的な清掃や、トラブル防止のために、毎回同じスタッフで清掃が可能な業者を選定することをおすすめします。
なお、清掃内容や時間帯により清掃スタッフが変動する可能性もありますので、どのような場合に固定の清掃スタッフが担当可能なのかを、見積もり請求時にご確認ください。

Q清掃内容を変更することはできますか?

A当初の見積もりから変更する場合には新たな見積もり・契約などが必要。

ほとんどの清掃業者で契約後の清掃内容の変更が可能です。
清掃業務を何度か行ってから過不足が見極められるケースが多くあります。
変更を行いたい場合は見積もりを請求しなおし、新たな清掃内容の提案を受けてください。
そのようなニーズにもスムーズに対応可能な清掃業者を選定しましょう。

Q日常清掃の場合は週何日から発注できますか?

A週一からの少ない頻度でも可能、柔軟な設定が可能な業者も多い。

週1日〜などの少ない頻度でも、日常清掃を発注できる清掃業者は多数あります。
ゴミ集め、トイレ掃除は週2回、掃除機がけ、拭き掃除は週1回などのように、清掃内容ごとに柔軟に清掃頻度を設定できる業者もあります。
見積もり請求時に、希望の日程、清掃内容をご提示ください。

Q定期清掃の作業状況の報告は可能ですか?

A書面や口頭による報告が一般的、しっかりと確認しておくこと!

ほとんどの清掃業者で定期清掃後に書面や口頭による報告が受けられます。
日常清掃で対応していない清掃内容になるため、見積もり内容と報告書を照らし合わせ、発注した内容が不足なく行われているか確認しましょう。
また、清掃中に設備の不具合などを発見した場合は、すみやかに報告を行うよう依頼しましょう。

Q除菌・消毒は可能ですか?

A扉・トイレ・シンク等の除菌が可能、害虫駆除、消毒なども可能な清掃業者も。

多くの清掃業者は日常清掃の範囲内で、扉・トイレ・シンク等の除菌が可能です。
また、害虫駆除、消毒は一部の清掃業者で可能です。
定期的に害虫駆除や消毒が必要になる飲食店などの場合は、それらの清掃が発注可能な清掃業者に、日常清掃を依頼すると、発注管理や清掃スケジュール調整がスムーズになります。

Qどのような作業が発注できますか?

A基本的な日常清掃がメイン、その他メニューは業者ごとに確認を。

日常清掃(掃除機がけ、給湯室・トイレ掃除・ゴミ捨て・デスク拭き)、カーペットクリーニング、床ワックス掛け、ガラス清掃、外壁清掃、害虫駆除・消毒、エアコンクリーニングなどが、発注可能な主な清掃サービスです。
清掃業者により得意分野や提供していないサービスがあったり、日常清掃に含まれる清掃内容が異なる場合があるので、見積もり請求時にご確認ください。

Q清掃時に出たゴミの処理はどのようにされますか?

A基本は発注企業側での処分となる、別料金で処分、引き取りなどが可能な場合も。

通常、日常清掃で発生したゴミは、発注企業側での処分となります。
オフィスや店舗の各ゴミ箱などにあるゴミを集約し、定められた集積所へ運ぶところまでが日常清掃の範囲となる場合が多いでしょう。あとは、事業ゴミとしての処分を行ってください。
なお、日常清掃以外の大掃除などを発注の場合は、契約内容により廃棄物の引き取りに応じられる場合がありますので、ご相談ください。


オフィス清掃のアイミツ利用事例「オフィス移転に伴う清掃会社変更」

どのようなオフィス清掃・清掃業者を探していましたか?

新しい賃貸ビルは借主負担で清掃業者を探すことに。

平日の早朝にオフィス清掃をしてくださる業者を探していました。オフィス移転前は賃貸ビルのオーナーが個室内清掃、廊下や給湯室などの共用部分に対して清掃業者を入れていたのですが、新しい賃貸ビルは借主負担ということで新たに業者を探すことになりました。当社は個人情報を取り扱う企業ですので、毎日清掃をお願いするため、セキュリティ面も気になるポイントでした。

アイミツを利用したきっかけ

過去に利用経験があり、今回も一括問い合わせを活用。

以前に、株主総会用のパンフレット印刷を行う際、発注業者を切り替える為にアイミツを利用していたので、今回もアイミツを利用して業者選定を行いました。清掃業者は対象地域があり、当社オフィスが対象地域に入っていることと予算が合うかどうかを確認しないといけません。一括問い合わせができるアイミツは当社総務部の業務効率化にとても役立っています。今回の清掃業者についても、まずはアイミツで問い合わせを行い、すぐに概算見積もりを送って頂くことができました。

見積もり時に気をつけたこと、反省点

とにかくコスト面を重視して業者選びを行った、先に提示することで進めやすく助かった。

オフィス移転のきっかけが家賃カットだったため、清掃コストにかけられる費用もかなり削減しており乏しく、正直見つかるかどうか心配でした。頻度を落とす、一部の箇所は社員自らが掃除を担当するなど、別のコストカット方法も同時に検討していたほどでした。しかし、アイミツで予算も先に伝えてみると、予算内でプランを提示してくれる業者が3社もあったのでこれには驚きました。反省点としては、見積もり時には提示されていなかった「段ボール処理」が別チャージであったことです。事業ゴミですので、当然と言えば当然なのですが、確認不足となってしまいました。

実際に発注してみた感想や気づき

同じ人が担当してくれるので、セキュリティ面も安心してお任せ出来ている。

清掃業者を決定し、早朝に掃除を行ってくださるのですが、以前の賃貸ビルと同様にほぼ同じ方がオフィススペースに入ってくださるので、セキュリティ面も安心してお任せしています。また、適宜模様替えや席の増加を行うため、担当者は掃除導線が変わり、ご迷惑をおかけしていると思うのですが、ゴミ箱の配置や分別方法などご提案してくださることでオフィス環境が快適に保たれているように感じています。コスト面だけを考えれば、自社社員で対応することもできますが、常に必要最低限以上の目配りを行っていただくことができていますので、導入して良かったと思っています。


オフィス清掃の用語・基礎知識

オフィス清掃・清掃業者基礎知識・基礎用語

一般的なオフィス清掃の項目としては、以下のようなものがあります。

<オフィス清掃の項目>

  •  日常清掃 :エントランス、会議室、給湯室、トイレ、ゴミ出し、床面清掃など
  •  床清掃 :フロアクリーニング、カーペットクリーニング、床磨きワックスなど
  •  ガラス清掃 :ガラスクリーニング、ブラインドクリーニング、喫煙室ガラスなど
  •  外壁清掃 :アルミパネル、花崗岩、塗装鋼板、タイルなど
  •  配管清掃 :トイレなどの水回り、貯水タンク、エアコン、エアダクトなど
  •  害虫清掃 : ゴキブリ、ネズミ、白アリ、ハエなど
  •  その他:オフィスチェア、エアコン・換気扇、パーテーションなど

 

エフロレッセンス

コンクリートの劣化に伴い、コンクリートの目地の表面にしみ出し結晶化した物質のことです。つまり、エフロレッセンスがあると言われたらコンクリート部分の劣化が激しいということになります。こうなってしまうと清掃だけでは期待する美しさが得られない場合がありますので、業者と十分に話し合う必要があります。
 

ドライメンテナンス

 床材の管理方法の1つで、専用の樹脂ワックスを多層塗布し、高速回転のポリッシャーを用いて磨くことで光沢を出し、汚れにくくします。コンビニエンスストアや大型量販店等で採用されています。
 

スカッフマーク

靴底のゴムがこすれて床に残った黒い擦り傷のことで、ヒールマークとも呼ばれます。
 

流下汚染

外壁洗浄業界の用語で、雨垂れのように壁にこびりついた汚れのことを指します。
 

失敗できない“業者探し”
コンシェルジュに無料でお任せ!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

コンシェルジュ
Kadono