無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2021年12月20日
更新日:2021年12月20日

PRの自社対応、外注のメリット・デメリット【2022最新版】

PRや広報活動は企業イメージや商品の認知、好意度を向上させるために有効な手段です。しかし、PRを行いたいけれどノウハウがない、マンパワーが足りないという理由で自社対応できない企業も多いのではないでしょうか。その場合、外部に業務委託すれば専門人材にハイクオリティなPR活動を行ってもらえます。今回はPRの自社対応と外注でのメリット、デメリットについて詳しく解説します。

PRを自社対応する場合と外注する場合の違い

広報・PRは自社や商品・サービスを社会に広く紹介し、認知獲得や好意を形成するのに有効な方法です。おおまかな方法としては、自社内にあるさまざまな情報をメディアに提供することでニュースとして露出させること。メディア以外にも専門家・従業員・株主・地域社会など、幅広く社会と関係を構築していくことも大切なポイントです。

PRを自社で行う場合は、広報・PR担当者というポストを置くのが一般的です。担当者は、社内にあるPRの鍵となる情報の収集・整理、リリースの作成・発信、メディアの問い合わせ対応など幅広い活動を行うこととなるでしょう。また、企業によっては人員が少ないため担当者が数人しか確保できない、他の業務と兼務するといったこともあるようです。担当者の業務は幅広く、全てを対応するには負担が大きいことも考えられます。

一方、PRを外注する場合は、PR会社の担当者が広報・PR窓口として機能してくれます。自社では情報の収集・整理やPR会社から連携されるメディアからの問い合わせ対応、取材の調整などをすることがメインの業務となるでしょう。費用は発生するものの、担当者の負担が大きく軽減されるのは大きな違いです。また、PRのプロであるPR会社では、独自のメディアとの関係や専門家とのパイプ、PR戦略立案ノウハウなどが蓄積されているため、自社では実現できないPR活動も期待できるでしょう。

PRを自社対応した場合のメリット

前述した通り、PRは企業や商品・サービスを露出するためには有効な手段です。しかし、中小企業やベンチャー企業などでは人員も豊富ではなくPR活動は二の次となっている場合も多いのではないでしょうか。そういった方々に、改めてPRを自社対応する場合のメリットをご紹介します。

【PRを自社対応した場合のメリット】
・費用を発生させずにPR活動ができる
・自社にノウハウが蓄積される
・社内連携や共有が取れやすく業務がスムーズ


大きなメリットはやはり、費用が発生しないという点。PR会社に外注する場合、確実に費用が発生します。PR活動は、すぐには結果が出ないこともあるため、費用に対しての効果が薄いと感じる企業もあるでしょう。PR活動といっても、リリースの発信、SNS投稿など必要なものを精査すれば自社で対応できることもあります。自社でできる範囲のPR活動を進めることも重要です。
また、自社でPR活動を行っていくことで人材を育成したりノウハウを蓄積することが可能です。自社独自のメディアとの関係や専門家との連携も重要な財産となるでしょう。さらに、企業や商品をしっかりと理解した社員がPR担当として対応するため、情報の整理をスムーズに行えます。社内の各部署との連携も迅速に対応できるので、PRの目的や共有なども行いやすいでしょう。

PRを自社対応した場合のデメリット

PRを自社対応した場合のメリットがある一方で、デメリットも存在します。PR活動を検討している場合は、しっかりと把握し注意しましょう。

【PRを自社対応した場合のデメリット】
・社内の人手不足や担当者の負担の増加
・人材確保の費用が発生する
・ノウハウ不足のためPRが上手くいかない


PRを自社で対応する場合は、前述した通り担当者を置くことになります。人員の少ない企業だと、PR担当に人員を割くことになるため企業全体としての人手不足が進行するかもしれません。担当者が兼務することも考えると、負担が大きくなるのはデメリットと言えるでしょう。一方で、新たに人材を採用するとなると人件費などの費用が発生します。PRは会社の業績をすぐに向上させる業務ではないため、会社全体で考えると人材確保の費用は大きな負担かもしれません。
PRでは事前調査や戦略設計、メディアとの連携などが重要です。自社対応の場合、そういったPRのノウハウが不足しているために、なかなか結果が出ないということもあるでしょう。
PRは単に情報を発信していれば良いというものでもありません。より効果を出すのであれば、自社対応のデメリットもしっかりと把握し、プロであるPR会社への外注も検討すると良いでしょう。

PR会社に外注した場合のメリット

次に、PRを外注した場合のメリットをご紹介します。PRのために人員を割くことのできない企業や効果的にPR活動を実施したい企業は参考にしてください。

すぐにPRを始められる

PR活動は専門的な知見が必要とされる分野です。PRについて自社に知見がない場合は試行錯誤しながら進めなければなりません。専門人材を雇うとしても採用しなければならないため時間はかかります。その点、専門家が在籍している会社に外注すれば、間を置くことなくすぐにPR活動を進めることができるでしょう。

人手不足でも十分なPR活動可能

中小企業やベンチャー企業では最小限の人数で業務を回していることが少なくありません。常に人手不足の状態の中で新たにPR活動にリソースを割くのは大きな負担になります。その場合、PR活動を思い切って外注し、自社スタッフはコア業務に専念するのが効率的。現状の仕事区分、リソースを維持したままPR活動を行いたい場合は特におすすめです。

コスト削減につながる

PR会社に外注すると業務委託の費用はかかりますが、自社対応するよりも低コストで済むこともあります。自前でPR活動をする場合、広報専門スタッフを雇用する場合もあるでしょう。専門スキルを持った人材を中途採用するとなると、高額の給与を支払わなければなりません。また、社会保険や福利厚生などさまざまなコストがかかります。一人雇用するだけでも相当の費用になるでしょう。その点、PR会社に業務委託すれば提供されるサービス以外に対価を支払う必要はないため、長い目で見れば大幅なコスト削減につながります。

自社で人材育成する手間が省ける

PR会社に外注すれば自社で人材育成する手間を省けます。PR活動を成功させるには担当者にコミュニケーション能力、情報収集力、戦略構築力など高い能力が必要です。即戦力となる人材を育てるのは大企業でも簡単なことではありません。PR会社に外注すれば専門スタッフを育成する手間を省けるため、コア業務に専念できるでしょう。

PRを通じて客観的な視点を得られる

PRを外注すれば今までとは違う視点から会社を分析してもらえます。自社では気がつかなかった特徴や長所、隠れた広報素材などを見つけることも可能です。当たり前のようだったことも、第三者から見ればニュース性のある特別な事柄ということもあります。専門家のコンサルティングを受けることで、新たな広報戦略、経営方針を打ち出せる可能性があるでしょう。

ここでは、PR会社に外注すると多くのメリットがあることがお分かり頂けたかと思います。自社にマンパワーやスキルが足りない場合は、外注を検討することをおすすめします。ただし、外注にはいくつかのデメリットもあります。実際に依頼する際は以降の注意点を押さえておきましょう。

PR会社に外注した場合のデメリット

ここからは、PR会社に外注した場合のデメリットをご紹介します。

目的の共有ができないこともある

PR会社の専門スタッフは高いスキル・豊富な知見を持つため、依頼すれば効率的かつ戦略的な施策を提案してもらえるでしょう。しかし、自社の社員ではないため、少なくとも企業の根本理念や目標、サービスや商品内容などを完璧に理解しているメンバーではありません。そのため、依頼に際してはミーティングなどでPRの目的をしっかりと共有することが重要です。自社の目指す方向とズレてしまい、PR活動が的外れなものになる恐れがあります。

コストパフォーマンスが低下することもある

PRは広告とは違うため、必ずメディアに掲載されるとは限りません。効果的なPR活動ができなければ注目を集められない可能性もあるでしょう。しかし、外注する場合はどのような結果でも契約金は支払う必要があります。自社で内製化してPRするのと結果がさほど変わらないのであれば、コストパフォーマンスが良いとは言えません。

自社の人材育成につながらない

経験豊富なスタッフが在籍するPR会社を外注すれば、効果的かつスピーディーなPR活動が展開できます。しかし、外注している限りは自社で人材が育つことはありません。将来にわたって人材が育たなければいつまでも外注頼りになるでしょう。いずれ内製化を目指す場合は、人材育成について計画的に取り組む必要があります。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるPR会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

PRの外注先の選び方・ポイント

PRにおける外注先の選び方・ポイントを知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

PRを外注するときの成功のコツ・失敗例

PRを外注するときの成功のコツ・失敗例を知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたか。PRの自社対応や外注のメリット・デメリットに関する特集は以上です。PRについて自社にノウハウがない場合は外注すると多くのメリットがあります。特に慢性的な人材不足に悩んでいる場合、PRに新たにリソースを割くのは難しいため外注するのが得策です。外注すれば効果的なPR施策をスピーディーに展開できるでしょう。しかし、多くのPR会社の中から自社に合う会社を選ぶのは大変です。もし、外注先選びでお困りのことがあればお気軽にアイミツまでお問い合わせください。お客様のご要望を丁寧にお伺いした上で、最適のPR会社をご案内します。

PR会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!