無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2021年12月20日
更新日:2021年12月20日

PRを外注するときの成功のコツ・失敗例【2022最新版】

PR活動をしたいけれど「ノウハウがない」「業務を担える人材がいない」という場合は外注するのがベストです。全国にはPR業務だけを専門的に扱っている会社が沢山あります。外注を成功させるには会社選びが重要な鍵。今回はPRの外注に興味をお持ちの方に向けて、外注後に気を付けるべきポイントについて詳しくお伝えします。また、よくありがちな失敗例についてもご紹介。これからPRを外注する方はぜひ参考にしてください。

PRの依頼を成功させるには

PRを内製化せず外注に依頼する場合、確実に成功させたいところです。PRの依頼を成功させるには次の3つのポイントに注意してください。

得意分野を見極める

PR会社は沢山ありますが、得意分野は会社ごとに異なります。例えば、ファッション、美容、不動産業界など業界特化型の会社や、プレスリリース、海外向けPR、リスクマネジメントなど専門業務に強い会社なども。このような会社は、業界・業務別に必要とされるPRのポイントを熟知しているので、効率良く成果を上げる方法も心得ているでしょう。業界の専門家とのコネクションも多く、依頼すれば適切なPR施策を実施できます。得意分野は、ホームページなどの過去実績からも推測可能。自社業界での実績についても同じくホームページから確認できますが、詳細については問い合わせをするのが確実です。

メディアリレーションを確認する

PR会社はメディアリレーションを持ってますが、パイプの強さは会社によって異なります。PRの外注は、スピード感を持って成果を最大化できる会社に依頼できるかどうかが勝負です。そのためにはできるだけ多くのメディアとコネクションを持っている会社、または自社業界と相性の良いメディアに強い会社を選ぶのがベストでしょう。PR会社によって「雑誌・業界紙に強い」「テレビに強い」などそれぞれ特徴があります。各メディアと良好な関係を築くまでには時間がかかり、電話一本でPR対応してもらえるようになるには長い付き合いが必要です。一朝一夕にできることではないので、今すぐPRで成果を出したいのであればメディアに強みを持つ会社に依頼しましょう。どういったメディアに強みをを持つかは、実績でも確認できますが明確なターゲットがある場合は問い合わせ時に確認すると良いです。

料金目安を押さえる

PR会社に依頼する場合はその会社の料金目安も押さえておきましょう。PR会社も小規模から大規模までさまざまあり、大手と契約した場合は月額100万円以上になることも珍しくありません。もし、費用が高いと感じたら小規模会社かフリーランスに依頼することも選択肢に入れることをおすすめします。

外注先を選んだ後に気をつけるべきポイント

ここからは、実際にPR会社を選んだ後に気を付けるべきことをお伝えします。主に、担当者との情報共有、メディア連携、人材育成についてがポイントです。
PR会社にはプレスリリース配信やメディアリレーションなどのPR業務の一部から、完全代行型の会社など幅広く存在。PR業務全般を外注できる会社であれば、企画からPR施策実施、メディア連携、結果分析まで一括して依頼できるため安心です。また、自社業界に精通した担当者がいる会社を選べば、話も早く専門家へのコネクションも豊富で効率的でしょう。
しかし、外注後に全て丸投げしてしまうことは危険です。PR活動を行っていくことで新たな課題やヒントが見つかるかもしれません。状況に合わせて情報共有や軌道修正を行わなければ、自社の方針・目標とは異なった結果になる恐れがあるので注意しましょう。また、PR会社のメディアリレーションを活用することも重要ですが、長期的な広報活動を考えると自社でもメディアとの関係を構築していくことは大切です。PRの外注を通して、メディアとの関係やノウハウの取得に関しても意識すると良いでしょう。

担当者とのコミュニケーションをしっかりとる

PR会社と契約をしたら担当者とのコミュニケーションはしっかりとるようにしましょう。PR会社の社員はPRのプロですが自社の社員ではありません。PRの手法には精通していても、自社の理念や経営方針、新商品開発までの取り組みや熱意、今後の展望などを深く理解しているわけではないのです。
PRの本質はターゲットの心を動かすことにあります。そのためにはPR会社の担当者の熱意や人柄、専門性などは非常に重要です。外注時の確認はもちろん契約後も、自社の方針とズレが生じないように密にコミュニケーションをとりましょう。自社理念、PRの目標や克服したい課題などをしっかり共有した上で、プロジェクトを進めるようにしてください。頻繁に情報共有することで、進行時に発生する新たな課題や軌道修正にもしっかりと対応できるでしょう。

メディアとのコネクションを作る

PR会社はメディアとの有力なコネクションがあり、プレスリリース作成やメディア対応なども洗練されています。メディアに取り上げてもらうには関係構築が必要で、現状メディアとの繋がりがない場合にはPR会社に外注するのが得策です。しかし、長期的な広報活動や自社でのPR内製化を考えると、外部に頼るだけではなくメディアと関係構築ができる体制を作っておくと良いでしょう。メディアリレーションには、接点を作り継続的に関係を構築することが重要。プレスリリースや情報提供、企画提案など連絡を定期的に行うことで友好的な関係を目指すようにしてください。社会的背景やトレンドを加味した内容で、宣伝にならないように伝えるのがポイントです。PR会社を外注してできるメディアリレーションを最大限活用しましょう。

人材育成を視野に入れるならOJT型がおすすめ

PR会社選びにも関わることですが、将来的に内製化することを目指すなら人材育成もワンストップで行うのが得策です。近年は自社人材育成を兼ねたOJT型のサービスを提供している会社も多く、人材育成を目指す会社から人気を集めています。実際のPR活動を通じて研修を行い、短期間で即戦力を作りたい場合には最適。特にリソースの限られている会社で、効率良く人材育成を行いたい方、社内にノウハウを蓄積していきたい方は選択肢に入れることをおすすめします。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるPR会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

PR依頼の失敗例

ここからは、PR依頼の際によくある失敗例についてお伝えします。

ニーズの異なる会社に依頼してしまう

PR会社に依頼する際は、PR会社のタイプを見極めることが大切です。よくある失敗の一つは自社ニーズと異なる会社と契約してしまうケース。PR会社には「アドバイス・コンサル型」「現場作業重視型」「完全代行型」の3種類あり、アドバイス・コンサル型は戦略立案・コンサルティングを中心にサポート。現場作業重視型はメディアへの情報発信や関係構築に強く、メディアリレーションを重視する方に適しています。完全代行型は戦略立案から広報業務全体までワンストップで対応可能です。
大手は完全代行型で業務を請け負うケースが多いですが、小規模会社は業務や業界特化型というケースも多いです。PR会社のタイプを見誤ると、戦略立案に力を入れたかったのに現場作業ばかり注力されるなどミスマッチが生じます。まずは自社の課題を整理した上でニーズにマッチした会社を選ぶようにしてください。

想定より料金が高くなる

PR会社の料金体系は会社ごとに異なります。月額料金制のリテナー、プロジェクトごとの単発、タイムチャージ、成功報酬制などさまざま。また、同じ料金体系でもカバーする業務範囲は会社ごとに異なるため、実際に契約する際には料金と対応業務について詳細な確認が必要です。
ありがちな失敗例としてはタイムチャージ制で依頼して、想定よりも活動量が多くなり結果として想定より費用がかさんでしまうパターンです。PRは活動量に比例して成果が上がるとは限らないため、費用対効果が見込めないこともあります。その上予算オーバーとなると企業にとっても痛手でしょう。見積もりに曖昧な部分があると後から思わぬ出費が発生しますので、料金詳細について事前にしっかりと確認するようにしてください。

自社の目的とズレてしまう

PR活動の目的を明確にしておくこと、またPR会社の担当者および社内での共通認識を持っておくことは重要です。例えば、新商品のPR活動を行う際に、新商品が露出すること、新商品を通して企業ブランド価値を向上すること、新商品の背景にある社会課題を解決することなど目的はいくつか考えられるでしょう。しかし、PR会社とのコミュニケーションロスがあったり、すべてをお任せにしてしまうと目的がズレてしまう恐れもあります。PR手法が一流でも、目指すポイントがズレたら活動そのものの効果も半減するかもしれません。PR会社との情報共有はもちろん随時進捗を確認すると良いです。予め明確なKPIを設けておくことも忘れないようにしましょう。

PRを外注する際に気をつけること

PR会社に外注する際、失敗を防ぐにはPR会社の特徴やサービス内容、対象業界などをよく把握することが大切です。日本全国には180ものPR会社があり、小規模から大規模までさまざまな会社があります。ひと口にPR会社と言っても業務の守備範囲や得意分野・業種などは千差万別。成果を最大化するには自社ニーズに合う会社を選ぶことが肝心です。自社のニーズを明らかにするには課題の洗い出しもしっかり行いましょう。
また、料金体系についても注意が必要です。外注先選びの際は、予算の範囲内でサービスを受けられる会社を選ぶようにしましょう。PRは宣伝と違って売り上げに直結する活動ではありません。PRすれば必ず成果が出ると言う保証もなく、仮に成果が出たとしても結果が出るまでにある程度時間がかかります。そのため、費用面で無理がないようにすることは大切で、事前に詳細な見積もりをとっておくと失敗を防げるでしょう。タイムチャージ制や成功報酬制は想像以上に料金が増えることもあるので要注意です。
さらに、PRが上手くいくには担当者との連携も重要。PR会社と活動の目的を共有し、十分コミュニケーションを取りながら進めていくようにしてください。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるPR会社から貴社の要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

PRの外注先の選び方・ポイント

PRにおける外注先の選び方・ポイントを知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

PRの相場・費用

PRの相場・費用を知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたか。PRを外注するときの成功のコツ・失敗例に関する特集は以上です。PR会社の外注で成功するには担当者とコミュニケーションをしっかりとり、詳細な料金体系を把握することが大切。また、将来PRの内製化を目指す場合は、外注の機会にメディアとの関係構築、人材育成についても進めていくことが必要でしょう。全国には沢山のPR会社があり、多くの中から自社に合う会社を選ぶのは大変です。外注先選びでお困りの場合は、お気軽にアイミツまでお問い合わせください。PR会社に精通したスタッフがお客様のご要望をお伺いした上で、最適のPR会社をご紹介させて頂きます。

PR会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!