「これを見れば誰でもできる」開封率をUPさせるDM(ダイレクトメール)キャッチコピー9箇条

文章をチェックする女性

更新日:2017年10月16日 | 公開日:2015年02月24日

ティーザーコピー(キャッチコピー)インパクトの重要性

DM(ダイレクトメール)を開封させるための秘訣を検索すると様々な方法がでてきます。
封筒の工夫や、プレゼントといった方法がある中で、特に重要視させるのがティーザーコピーと言われる誘い文句です。
この言葉がどのくらいお客さんの心をつかむかが、開封率を左右させると言っても過言ではありません。
今回はそのティーザーコピーを作る際のポイントと実例を紹介していきます。

1.論より数字で説得力UP!DM開封率を上げよう作戦

2.今DMを開けないとマズイという焦りをもたせて、開封率をUPする作戦

3.すべての答えはDMの封筒の中にある!作戦

4.定番だけど効く!誘惑キャンペーン作戦

5.希少性アピールで開封率を上げる作戦

6.疑問符を心に植えつけろ!作戦

7.隣の芝生は青い作戦

8.あえて否定してみよう作戦

9.普段考えているのと違うことを言われると気になっちゃう作戦

DMのキャッチコピーはお客さんとの心理戦

相手を知らずして立ち向かうことは、とても無謀です。
きちんと相手の心を理解し相手の心の動きを予想しながらキャッチコピーをつくることで、開封率は上がります。
まずは見て欲しい人は誰なのか、きちんと狙いを定めましょう。
「大勢の中の誰か」に向けられたDMは、なかなか開封に結びつかないもの。
ターゲットの年齢、性別、職種などを細かく分析して、「どのようなDMを作成すればターゲットは開封してくれるか」ということを考えていけば、より開封率が上がるDMを作成することができるでしょう。
いかに相手に読みたいと思わせるか。
お客さんとの心理戦となりますが、少しでも開封してもらえるDMが作成できるよう、今回の記事を参考にしてみてください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください