【驚くほどのコスト削減!】絶対に覚えておくべきDM(ダイレクトメール)発送の裏ワザ大公開!

更新日:2017年07月27日 | 公開日:2015年02月19日

「コスト削減」上司と「もう割引無理」業者の間で揺れる担当者の苦労

DM(ダイレクトメール)担当者の闇は深い…
出典ぱくたそ

レベル1【他社の安い見積りパンチ】

出典ぱくたそ

レベル2【料金別納郵便で出せば出すほど割引】

レベル3【大手配送業者の下請けに直接アタック】

これは本当に奥の手なのであまり大きな声では言えませんが、DM発送代行業者も奥の手として隠し持っているであろう手です。
それは、クロネコヤマトや佐川急便の下請け業者への直接依頼です。
実はDM発送代行業者は下請け業者ともつながりを持っている場合が多いので、お願いしてみると見積もりを出してくれる会社も多いはずです。
中間マージン分がお得になるので、見積もりをお願いしてみると送料ががグッと安くなることもあります。
ネットで検索してもなかなか下請け業者は引っかからないので、発送代行業者にそれとなく聞いてみましょう。
ただし、ここで聞いたことはご内密に。

【まとめ】値切りすぎにも要注意!

相手側も利益がある程度でなければ意味がありませんので、値切りすぎるとクオリティの低下やむしろ相手側からこれ以上は本当に無理と突き返させてしまう場合もあります。
相手のギリギリのラインはどこなのか、徐々に探ってコストを下げていくことが重要です。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください