失敗しない店舗内装の鉄板5ヶ条!工事発注時に「絶対外せない」5つのポイント大公開

レンガと白モルタルの壁

更新日:2017年10月26日 | 公開日:2014年11月05日

店舗内装を発注する際に注意すべき点をまとめます。
数多くの内装業者(内装工事・解体工事)がありますが、どの業者が良いのか分からないという声はよく聞きます。
内装業者を選ぶ際のポイントを5つ上げますので1つずつ確認してみてください。
一度、大失敗をした私が選んだ5項目です。是非ご覧になってみてください。

1.経験豊富な内装業者を選ぶ

ひとくちに店舗内装といっても、飲食店、雑貨店、洋品店など、店舗によって工事内容やお金をかけるべきポイントは変わってきます。
特に飲食店ならば水回りの施工方法、排煙をするためのダクトの適正な位置、設置するエアコンの数など、専門的なノウハウが必要です。

内装業者を選ぶ際には、自分が営業したい業種店舗デザイン経験が豊富な業者を選ぶようにしましょう。

2.現実的な店舗デザインを提案してくれる

おしゃれな店舗は魅力的です。
しかし、お店のイメージに見合っていない内装や、予算と見合わない内装デザインでは営業に支障をきたしてしまうだけでなく施工費用もかさんでしまいます。

費用や施工期間など、現実的な提案をしてくれる業者を見極めましょう。
営業の目的や店舗のイメージのすり合わせをしておくことが必要です。

3.売上や予算の目標を共有してくれる

初期費用を融資でまかなう場合は、開店後の売上から返済をすることになります。
初期費用が多額になればなるほど、その後の営業に支障をきたすかもしれません。
業者とのすり合わせでは、経営についても出来る限り共有し、適当な予算内でのデザインを提案してもらうようにしましょう

4.追加工事する場合などを想定する

実際工事をしてみると、思わぬ変更点が出てくることがあります。
いくら必要な工事といっても、多額な請求をされては開店前から頭を抱えることになりかねません。
予想外の工事がで予算がオーバーしそうなときには事前に相談するか、できるだけ低コストで済む方法を提案してくれるかなど、前もって確認しておくと良いでしょう。

5.イメージしやすい提案をしてもらう

店舗の内装工事を行ううえで必要な図面ですが、図面だけでは実際の店舗をイメージできないことがあります。
その際には、よりわかりやすいパース図やラフ画などでの提案をお願いしてみましょう。
仕上がりイメージをきちんと把握しておくことは、後々のトラブルを回避することにもつながります。

【まとめ】店舗内装の発注を失敗しないためには

如何でしたでしょうか。
店舗内装と一口に言っても考えることが沢山ありますね。
何にお金をかけるべきか?
メリハリを付けた経営のためにも、お金をかける所はかけ、削減する部分は徹底してかけないようにしましょう。

業者選びの前に一定の基本的知識を経て、業者と良い交渉・商談をおこない失敗のない店舗内装工事ができるようになるといいですね。

しかし、ひとつひとつの業者と話をしていくだけでも時間的にも体力的にも負担がかかってしまうかと思います。
そこで、日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」まで、お気軽にご相談ください。
全国の内装業者から、あなたに合った業者を選定し、担当のコンシェルジュがご紹介致します。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ