徹底した調査でわかるショッピングカート「おちゃのこネット」の実態

おちゃのこネット トップページ

更新日:2018年11月02日 | 公開日:2018年11月02日

アイミツではこれまで約700にのぼるショッピングカート(ECサイト構築システム)を取り上げ、それぞれの機能や料金についてご紹介してきました。そのなかでも近年利用者数を大きく伸ばしているのが、今回ご紹介する「おちゃのこネット」です。

「おちゃのこネット」はおちゃのこネット株式会社(兵庫県神戸市)が運営するショッピングカートです。2005年のサービス開始以来、1万人以上のユーザーに利用されています。
有料のショッピングカートのなかでは最安クラスの料金に特徴があり、公式サイトのインタビュー集などを見ても、ハンドメイドの印鑑や手作りのドッグフード、皮革工芸品など、比較的ニッチな商材を取り扱う中小規模のネットショップへの導入事例が目立つようです。

詳しくは後述しますが、「カラーミーショップ」などと並んで初めてネットショップを起ち上げる人には最適なツールの1つだと思います。

<総評> 「おちゃのこネット」は低コストでショップを開設できるツール。ただし…

「おちゃのこネット」の最大の魅力は手軽に導入できることです。
最安の「ライトプラン」は月額540円、一番人気の「ベーシックプラン」は月額3,240円で利用でき、いずれも初期費用や売り上げマージンは発生しません。予算の限られる中小企業や個人事業主も安心して利用できるのではないでしょうか。

ただその一方で独自ドメインの設定など、他のショッピングカートで無料が使える機能が有料のオプション扱いとなっており、プランによって登録できる商品数も限られます。ユーザーが増え、取り扱う商品や注文数が多くなってくるとやや物足りなさを感じることがありそうです。

最初は低コストで導入できる「おちゃのこネット」から始め、ショップの運営が軌道に乗ってきたら他システムへの乗り換えを検討するのも1つの方法かもしれません。

他のショッピングカートサービスと比べてどうなのか?

まずは料金の面から。前述のとおり「おちゃのこネット」は月額540円から始められ、初期費用や売り上げマージンは一切かかりません。
最安プラン同士の比較ではコスパの高さに定評のある「カラーミーショップ」(エコノミープラン:月額900円)をさらに下回り、業界最安クラスの水準にあります。初期投資を抑えたい人にはうってつけのツールではないでしょうか。

次に機能の面を見ていくと、デザインテンプレートや商品の一括登録、レコメンド商品の表示などが搭載されていて、ベーシックプランであればいずれも最初から利用できます。
基本機能では「MakeShop」や「カラーミーショップ」と比較してもまったく引けをとりません。

ただ、登録できる商品数については「カラーミーショップ」がすべてのプランで無制限なのに対し、「おちゃのこネット」はライトプランで100点、ベーシックプランで5,000点までに限られます。個人事業主など比較的小規模なネットショップへの導入事例が多いのも、このあたりに理由がありそうです。

これらをふまえて「おちゃのこネット」の具体的なメリットとデメリットを見ていきましょう。

1.「おちゃのこネット」の7つのメリット

まずは「おちゃのこネット」のメリットから。料金や機能、使い勝手など7つに分けてご紹介します。

1-1. 料金が安い

「おちゃのこネット」には登録できる商品数や画像容量、機能によって3種類の料金プランが用意されていて、いずれも初期費用は無料となっています。また、最安のライトプランであれば月額540円で利用できます。
楽天市場やYahoo!ショッピングのような売り上げに対するマージンもないので、「本当に商品が売れるか不安…」という人も利用しやすいのではないでしょうか。

1-2. テンプレートが豊富

他社のショッピングカートと比較しても「おちゃのこネット」のデザインテンプレートは非常に充実しており、「アーバンホワイト」「レトロフューチャー」「ガーリー」などテイスト別に400種類以上が用意されています。

いずれもプロのクリエイターによる高品質な作品で、契約プランによる利用制限はありません。撮影の手間が省けるのはもちろん、そのまま利用するだけで人気ブランドにも引けをとらないスタイリッシュなネットショップをカタチにできます。

1-3. 操作がわかりやすい

操作がわかりやすいのも「おちゃのこネット」の特徴の1つです。
「おちゃのこネット」の管理画面は「商品管理」「マーケティング」「運用管理」といった9つのメインメニューが色分けされていて、たとえば「受注管理」から「商品一覧」を選択すると、現在販売中の商品がサムネイルや商品番号ともに表示されます。掲載順の入れ替えもワンクリックで可能です。

さらに管理画面からドラッグ&ドロップの操作で各ページのカラムやヘッダ・フッタの構成を変えられるので、HTML・CSSの知識はまったく必要ありません。実際に「おちゃのこネット」を利用しているユーザーのブログを見ても、多くの人がこの点をメリットとして挙げています。

1-4. SEO対策がしやすい

管理画面から「マーケティング」→「SEO個別設定」と進むと、各ページのタイトルタグ、ディスクリプション、キーワード、キャッチフレーズをそれぞれ個別に設定できます。
売り上げを伸ばしていくためには検索エンジン対策は欠かせない要素であるだけに、この機能は嬉しいですね。

1-5. さまざまな決済方法に対応

銀行振り込みやクレジットカードはもちろん、PayPal、GMOペイメント、クロネコwebコレクト決済など15種類以上の決済方法に対応しています。
また独自の決済サービス「おちゃのこ決済」も用意されていて、支払いの形態に合わせて月額費用が無料になるキャンペーンを行っています。

1-6. アフターサポートが充実

電話での問い合わせは受け付けていないものの、オンラインマニュアルやFAQをはじめとするサポートサイトが公開されていて、利用プランを問わず閲覧できます。
さらに利用者専用の掲示板サイトがあり、操作方法や集客のコツを運営会社や他のユーザーに直接質問することが可能です。「webやシステムの知識に自信がない…」という人も心配いりません。

「おちゃのこネット」webマニュアル
http://www.ocnk.net/webmanual/

「おちゃのこ広場」(掲示板サイト)
https://www.ocnk.net/bbs/

1-7. セキュリティに強い

「おちゃのこネット」はセキュリティ対策にも配慮されていて、会員登録ページや注文入力フォームはもちろん、すべてのページをSSL化(暗号通信化)することができます。
自動変換機能も付いているので、一般的なURLであれば設定に時間がかかることも少ないはずです。

2. 「おちゃのこネット」の4つのデメリット

続いてはデメリットについてです。
月額540円から始められ、中小規模のネットショップを中心に1万人以上のユーザー数を誇る「おちゃのこネット」ですが、契約期間や細かい機能まで目を向けると、他社のショッピングカートと比較してやや見劣りする部分があるようです。具体的に4つに分けてご紹介します。

2-1. 契約期間の幅がやや狭い

「おちゃのこネット」の契約期間は1ヵ月または1年間のみとなっています。
年間契約の場合は12ヵ月分の料金を前払いする必要があり、1ヵ月契約の場合もクレジットカード払いの自動更新になるので、実質的には年間契約と変わりありません。

単価自体は非常に安いうえ、最初から継続的に使うつもりなら問題はありませんが、たとえば「カラーミーショップ」が3ヵ月・6ヵ月・1年から契約期間を選べるのと比べると、やや不満に感じる人もいるのではないでしょうか。

2-2. 独自ドメインが有償オプション

ショップオリジナルのURLを作成し、ショッピングカートを乗り換えた際も被リンクや検索エンジンの評価を引き継げる独自ドメイン機能。「おちゃのこネット」も独自ドメインに対応しているものの、初期費用として基本料金と別に6,000円がかかります。

2-3. プランによってはFTPが有償オプション

jpegやpdf形式のファイルをアップロードするためのFTPソフトも有償オプション扱いで、毎月1,000円の費用がかかります。
それほど大きな金額ではありませんが、商材によっては取り扱い説明書のアップロードなどで利用する機会が多いだけに、最初から用意されていないのはやや痛いところです。

2-4. 定期購入に未対応

アパレル商材を取り扱うネットショップなどではまったく問題ないと思いますが、「おちゃのこネット」には定期購入用の機能がなく、オプションサービスも用意されていません。

3.徹底調査でわかった「おちゃのこネット」を使うべき人・会社

ここまでご紹介したメリットとデメリットをトータルに考えると、「おちゃのこネット」はどういった人に向いているのでしょうか。

3-1. できるだけ費用を抑えたい人

初期費用・売り上げマージンともに0円で、最安プランなら月額540円から利用できる「おちゃのこネット」。できるだけ費用を抑えてネットショップを開設したい人にはおすすめのツールです。

3-2. 初めてネットショップを開設する人

掲載商品の入れ替えなどもワンクリックで完了するうえ、オンラインマニュアルやFAQ、利用者専用の掲示板などサポート体制も充実しています。
ネットショップを運営するのが初めてで、リテラシーの面で不安を感じている人も利用しやすいのではないでしょうか。

3-3. デザインやレイアウトにこだわりたい人

スタイリッシュなテンプレートは「おちゃのこネット」ならではの特徴の1つです。テイスト別に400種類以上が用意されているので、オリジナリティの点でも心配いりません。

デザインやレイアウトにこだわりたい人、たとえばブランドコンセプトに合った雰囲気に仕上げたいアパレル系ネットショップのオーナーなどにもおすすめできます。

4.徹底調査でわかった「おちゃのこネット」を使うべきでない人・会社

一方で以下のような人には「おちゃのこネット」はあまり向いていないかもしれません。

4-1. 比較的大規模なネットショップ

商品の一括登録やレコメンド表示などひと通りの機能は揃っているものの、登録できる商品数がベーシックプランでは5,000点、最上位のアドバンスドプランでも5万点まで限られ、実際の利用例を見ても比較的ニッチな商材を販売する中小規模のネットショップが大多数を占めています。

大量に商品を仕入れ、とにかくたくさんのユーザーに販売していきたい人は、無制限に商品登録できる「カラーミーショップ」など、他社のショッピングカートを検討した方がいいのではないでしょうか。

4-2. 健康食品やサプリメントを取り扱うネットショップ

こちらは「2. 「おちゃのこネット」の4つのデメリット」でご紹介したとおりです。
オプションを含めて定期購入に対応できる機能が付いていないので、健康食品や化粧品、サプリメントなどを取り扱っているネットショップはやはり他のショッピングカートを選んだ方がいいと思われます。

5. 3分でできる!「おちゃのこネット」への登録方法

続けて「おちゃのこネット」への登録方法についてご紹介します。「おちゃのこネット」では30日間のトライアル期間が設けられており、この間無料で機能や使い勝手を試すことができます。登録自体も特に迷う個所はなく、実際に試してみたところ3分程度で完了しました。

5-1. 公式サイトにアクセスして「新規登録」をクリック

まず「おちゃのこネット」の公式サービスサイト(https://www.ocnk.net/)にアクセスし、画面上部のメニュー右端の「新規登録」をクリックします。

5-2. メールアドレスを登録する

続けて表示される入力フォームにメールアドレスを入力します。
入力したら利用規約を確認し、「同意」にチェックを付けたうえで登録ボタンをクリックしましょう。

5-3. メールに記載されたURLをクリックして本登録

登録したメールアドレス宛に「仮登録のお知らせ」というメールが届きます。メールに記載されたURLをクリックすると、本登録用のアカウント情報入力フォームが開くので、上から順に希望のショップID、パスワード、ショップ名を入力しましょう。ショップ名は後から変更できるのでいったん仮の名前でも問題ありません。

入力が済んだら画面下部の「登録する」をクリックすれば登録完了です。管理画面が使えるようになります。

6. 「おちゃのこネット」の効果的な使い方

最後に「おちゃのこネット」の機能やサービスの効果的な使い方についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

6-1. テンプレートを活用する

繰り返しご紹介してきたように「おちゃのこネット」には400種類以上のテンプレートが用意されており、いずれもスタイリッシュに仕上がっています。デザイン面ではそのまま利用しても大手のネットショップに引けをとりません。積極的に活用しましょう。

6-2. 利用者専用の掲示板を活用する

利用者専用の掲示板サイトである「おちゃのこ広場」では、すべてのログが公開されているうえ、検索機能も付いています。オンラインマニュアルとあわせて利用すれば操作に迷った際もスムーズに解決できるはずです。
また、投稿を通じて運営会社側に機能改善の要望を伝えることもできます。

7. まとめ

いかがだったでしょうか。

有料版ショッピングカートのなかで最安クラスの料金と使い勝手の良さに定評があり、これまで1万人以上に利用されている「おちゃのこネット」。
テンプレートの種類も多く、できるだけコストをかけずにスタイリッシュなネットショップを作りたい人にはぴったりのツールではないでしょうか。

ただその一方、契約期間の選択肢が少なかったり、一部の機能が有償オプション扱いになっていたりするため、後悔しないためには他と比較しながらトータルでの費用に目を向けることも必要かもしれません。ショッピングカートを選ぶ際は今回ご紹介した内容をぜひお役立てください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
5万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ