あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

食品分野の翻訳でおすすめの翻訳会社7選

食品分野の翻訳に強い翻訳会社

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、「価格」と「実績」「口コミ評価」を基準に食品分野の翻訳に強い翻訳会社を厳選!

・食品分野の翻訳に強い格安の翻訳会社
・食品分野の翻訳に強い実績豊富な翻訳会社
・食品分野の翻訳に強く口コミ評価の高い翻訳会社

の3つに分けて7社紹介します。
食品分野の翻訳で失敗しないためのポイントも解説。依頼先でお悩みの方は、ぜひ参考にしてください!

食品・飲料業界に強い翻訳会社の一覧もご用意しています。

アイミツ
翻訳会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)
目次
このページについて

1.食品分野の翻訳に強い格安の翻訳会社3選

まずは、格安で依頼できる食品分野に強い翻訳会社を紹介します。

1- 1. 株式会社プリモ

株式会社プリモ
出典:株式会社プリモ http://www.primots.com/index.html

プリモは、東京都目黒区にある翻訳会社です。主に英語やフランス語の翻訳を行っており、食品やエンジニアリング、土木建設、医療、繊維、広告、法務などの分野を得意としています。
翻訳の料金は、日本語から英語・フランス語への翻訳は原文400文字あたり6,600円(1文字換算16.5円)、英語やフランス語から日本語への翻訳が原文1,000文字あたり5,500円(1文字換算5.5円)とリーズナブルです。料金にはネイティブによるチェックが含まれているので、低価格でありながらも高品質な仕上がりが期待できます。文書のボリュームに応じて割引サービスが用意されているのもうれしいポイントです。
また、お客様の予算や希望の納期に応じてできる限り調整を行うなど、柔軟なサービス提供姿勢も魅力といえるでしょう。

こんな人におすすめ
・食品関連の翻訳を格安で依頼したい方
・フランス語に対応できる翻訳会社を探している方
・ネイティブによるチェックが可能な翻訳会社を希望する方

予算感
日本語→英語・フランス語翻訳:6,600円(税込)/400文字
英語・フランス語→日本語翻訳:5,500円(税込)/1,000文字
会社所在地
東京都目黒区駒場3-11-14駒場友和ビル4F
電話番号
03-3465-7707

1- 2. 株式会社ケースクエア アイミツパートナー

株式会社ケースクエア
出典:株式会社ケースクエア https://www.honyaku-service.com/

ケースクエアは、東京都世田谷区に本社を構える翻訳会社です。英訳・和訳に特化した翻訳サービスの運営を手がけています。
「高品質な翻訳を迅速に低価格で!」をモットーに業務に取り組んでいるのが特徴で、日本語から英語への専門文書の翻訳は1文字あたり10円から15円、英語から日本語への翻訳は1単語あたり10円で依頼が可能。食品関連や医学・医療・医薬、エネルギー・環境など幅広い分野に対応しており、食品関連では食文化や調味料、成分表示、製品説明書、栄養学の文献や各国の食品に関する規制、法律とさまざまな文書の翻訳を依頼することができます。
また、翻訳の対象となる文書内の一部を無料で翻訳するトライアルサービスも提供しているので、「一度試してから利用を検討したい」という方にもおすすめの会社です。

こんな人におすすめ
・格安の翻訳会社に依頼したい方
・食品関連の翻訳に強い会社に依頼したい方
・無料トライアルができる翻訳会社を探している方

予算感
専門文書の翻訳
日本語→英語翻訳:10円〜15円/1文字
英語→日本語翻訳:10円/1単語
※価格はすべて税抜
設立年
2006年
会社所在地
東京都港区南青山1-3-1
電話番号
03-3705-4161

1- 3. 株式会社LTO TRANSLATION SERVICES

株式会社LTO TRANSLATION SERVICES
出典:株式会社LTO TRANSLATION SERVICES https://ltotranslationservices.com/

エルティーオートランスレーションサービスは、東京都大田区にある翻訳会社です。食品メーカーや商社、大学などを取引先にもち、ネイティブ翻訳者による高品質な翻訳をリーズナブルに提供しています。
厳しい基準を満たしたネイティブ翻訳者が多数在籍しているのが特徴。原文の言語と翻訳希望の言語の双方のネイティブ翻訳者が業務を担当するので、正確でわかりやすい翻訳が可能です。料金は日本語から英語への翻訳は1ページあたり5,000円から、英語から日本語への翻訳は1ページあたり4,000円から。初回割引や定期注文割引といった割引サービスが充実しているほか、初回利用の方を対象とした無料トライアルを行なっています。
そのほか、最短で同日内もしくは翌日納品というスピーディーな対応も魅力といえるでしょう。

こんな人におすすめ
・食品分野の翻訳を格安の翻訳会社に依頼したい方
・食品メーカーとの取引実績のある翻訳会社をお探しの方
・スピード納品ができる翻訳会社を探している方

予算感
日本語→英語翻訳:5,000円〜/1ページ(訳文400字もしくは200単語)
英語→日本語翻訳:4,000円〜/1ページ(訳文400字もしくは200単語)
※価格はすべて税抜
設立年
2018年
会社所在地
東京都大田区下丸子4-27-2-1003
電話番号
03-6459-7149

食品分野の翻訳に強い格安の翻訳会社を紹介しました。

翻訳を希望する分量が多いほど「できる限りリーズナブルな翻訳会社に依頼したい」と考える方も多いでしょう。しかし、格安であっても食品に関する知識が乏しい翻訳会社に依頼してしまうと、専門用語などをミスリードしてしまうことも考えられます。

翻訳を外注する際には、価格だけではなく実績や得意分野などを確認し、依頼を希望する内容と照らし合わせながら依頼先を選ぶのがおすすめです。翻訳会社選びに迷った時は「アイミツ」までお問合せください。

2.食品分野の翻訳に強い実績豊富な翻訳会社2選

続いて、食品分野に強く実績が豊富な翻訳会社を紹介します。

2- 1. エヌ・エイ・アイ株式会社

エヌ・エイ・アイ株式会社
出典:エヌ・エイ・アイ株式会社 https://www.naiway.jp/

エヌ・エイ・アイは、神奈川県横浜市に本社を構える翻訳会社です。多言語翻訳サービス「NAIway(ナイウェイ)」の運営をはじめ、自然科学分野論文のトータルサポート、外国語動画制作、字幕・ナレーション翻訳サービスなどを手がけています。
「NAIway」は食品関連を含むさまざまな専門分野の翻訳に対応しているサービスで、それぞれの分野に精通した翻訳者が質の高い翻訳を行なっています。20年以上にわたる翻訳実績をもち、過去10年で新規で取引を行なったクライアント数は約1万社にのぼります。
英語や中国語、韓国語といった主要な言語にくわえてドイツ語やロシア語、アラビア語など50以上の言語に対応しているので、マイナーな言語への翻訳を希望する場合にもおすすめできる会社の1つです。

こんな人におすすめ
・実績豊富な翻訳会社に依頼したい方
・食品分野の翻訳が可能な会社をお探しの方
・マイナーな言語への翻訳を行いたい方

予算感
ビジネス文書(日英翻訳):2万8,000円~(税抜)
設立年
1995年
会社所在地
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-21-1 ダイヤビル5階
電話番号
045-290-7200

2- 2. 株式会社福大

株式会社福大
出典:株式会社福大 https://www.fukudai-trans.jp/

福大は、福岡県福岡市に本社を構える翻訳会社です。多言語翻訳サービスをはじめ、他言語DTP・デザイン、映像翻訳サービス、webサイト翻訳・製作、ローカライズ・ローカリゼーションなどの事業を手がけています。
1999年の創業から20年以上にわたって翻訳業務を行なっており、多くの大手企業や学校法人、官公庁の案件を請け負ってきた実績が豊富です。環境翻訳・食品翻訳から観光・インバウンド翻訳など幅広い分野の翻訳が可能で、食品翻訳では商品規格書や食品成分表といった文書に対応しています。
修士や博士号をもつスタッフが多く在籍しているのも強みの1つ。各分野の専門家が翻訳を担当することで高品質を実現しており、利用者からは「納期管理、クオリティとも大変信頼できると感じた」「翻訳料金が良心的で、翻訳も正確なもので、大変助かっています」といった声が寄せられています。

こんな人におすすめ
・実績豊富な翻訳会社に依頼したい方
・修士や博士号をもつ翻訳者による翻訳を希望する方
・食品分野の翻訳に対応している会社をお探しの方

予算感
食品翻訳(日英翻訳): 1,000円~1,400円/原文100文字
設立年
2010年
会社所在地
福岡県福岡市南区若久団地8-1
電話番号
092-559-3001

食品分野の翻訳に強い実績豊富な翻訳会社を紹介しました。

ひとくちに「食品分野」といっても、その内容は生産や流通に関するものから成分、栄養、食文化についてまで多岐にわたります。そのため、翻訳会社の実績を確認する際には「食品分野の翻訳に強いかどうか」だけではなく、「食品分野の中でどのジャンルに精通しているか」まで確認しておくと、さらに精度の高い翻訳の実現が近づくといえるでしょう。

アイミツ」にご連絡いただければ、食品分野に強い翻訳会社のなかから複数の会社の紹介が可能ですので、お気軽にご利用ください。

アイミツ
翻訳会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)

3.食品分野の翻訳に強く口コミ評価の高い翻訳会社2選

続いて、食品分野の翻訳に強く、口コミ評価の高い翻訳会社を紹介します。

3- 1. 有限会社ワールド翻訳サービス

有限会社ワールド翻訳サービス
出典:有限会社ワールド翻訳サービス https://www.worldts.com

ワールド翻訳サービスは、茨城県牛久市に本社を構える翻訳会社です。論文翻訳と英文校正を中心とした事業を手がけています。
優秀な翻訳者が在籍しているのが強みで、マンパワーによる作業を行うことで専門性の高い文書や重要な文書の高品質な翻訳を実現。国立医療品食品衛生研究所や秋田県総合食品研究所をはじめとする研究機関や民間企業、大学などとの取引実績があります。80.8%という高いリピート率を誇り、過去の利用者からは「依頼に対するレスポンスも早く、好印象だった」「専門分野に近い翻訳スタッフが担当してくれるので、内容に関しても深く考察してもらえる」といった評価を獲得。
翻訳後に品質管理者がチェックを行うことはもちろん、ネイティブ校閲者によるリライト、品質管理社による再チェック・最終調整を経て納品するなど、品質管理に注力する姿勢も魅力です。

こんな人におすすめ
・口コミの評価が高い翻訳会社を探している方
・食品関連の論文翻訳に強い会社をお探しの方
・品質管理を徹底している翻訳会社に依頼したい方

予算感
論文翻訳
日本語→英語:4,900円〜/訳文150単語・ネイティブチェック込
設立年
2002年
会社所在地
茨城県牛久市ひたち野西3-12-2 オリオンピアA-5
電話番号
029-870-3307

3- 2. ブレインウッズ株式会社

ブレインウッズ株式会社
出典:ブレインウッズ株式会社 https://www.brainwoods.com

ブレインウッズは東京都渋谷区に本社を構え、京都府京都市に支社を置く会社です。翻訳サービス、通訳サービスにくわえて映像翻訳・字幕・吹き替え、多言語デザイン、人材派遣・紹介などの事業を手がけています。
「納品後すぐに使える翻訳」をモットーにサービスを提供しているのが特徴で、専門分野ごとにチームを組んで丁寧に翻訳を行なっています。流通・販売翻訳の一環として食品分野の翻訳も提供しており、食品やビール、ワイン・ウイスキーなどの酒類に関する翻訳が強み。過去の利用者から「前後の文章とのつながりや、背景まで考慮した質の高い翻訳に満足している」「納期をしっかり守ってくれるので安心して任せられる」といった好評の声が寄せられていることからも、質の高いサービスを提供する翻訳会社であることがうかがい知れます。

こんな人におすすめ
・口コミの評価が高い翻訳会社を探している方
・食品だけでなく飲料関連に強い翻訳会社に依頼したい方
・専門分野のチームによる翻訳を希望する方

予算感
日本語→英語翻訳:10~23円(税抜)/ 1文字
設立年
2000年
従業員数
30-99人
会社所在地
東京都渋谷区神宮前4-7-6 成和ビル2F-4F
電話番号
03-3405-7877

4.食品分野の翻訳で失敗しないためのポイント

最後に、食品分野の翻訳で失敗しないためのポイントを解説します。

丁寧なヒアリングを行っている会社を選ぶ


食品分野の翻訳を依頼する際には、「何を目的にどのような人を対象にして翻訳するのか」などを、担当者が丁寧にヒアリングしてくれる会社を選ぶことがポイントです。食品に関する文書は、読み手が一般の人の場合もあれば、専門家の場合もあります。どのような相手に向けた文章なのかによって、文体や言葉の選び方は大きく異なります。

事前の打ち合わせで依頼内容の背景を綿密にヒアリングし、最適な翻訳スタッフを選定してくれる会社であれば、理想どおりの翻訳が期待できるでしょう。

チェック体制が整っている会社を選ぶ


翻訳会社選びでは、翻訳後のチェック体制の確認も大切な要素です。急ぎの案件であればスピーディーな納品も魅力の1つですが、文書にミスが多く、修正に多くの時間や手間がかかってしまうようでは本末転倒です。

2重、3重でのチェックを行っている会社では、翻訳の正確性はもちろん、内容の整合性のチェックを行なっていることもあるので、安心して依頼ができます。価格や納期のスピードだけではなく、品質にも着目して翻訳会社を選びましょう。

食品分野の実績が豊富な会社を選ぶ


食品分野のなかでも、その内容は生産や料理に関するものや食文化、成分、栄養など多岐にわたります。そのため、「食品分野に強い翻訳会社」をうたっている会社であっても、希望の翻訳が叶わないケースも考えられます。

翻訳会社を選ぶ際には、単に「食品分野の経験が豊富な会社」を探すのではなく、さらに細分化して「どういったジャンルを得意としているのか」を確認しておきましょう。依頼前に無料トライアルができる会社もあるので、一度相談してみることをおすすめします。

【まとめ】翻訳会社選びで迷ったらアイミツ


この記事では、食品分野に強い翻訳会社を紹介するとともに、食品分野の翻訳で失敗しないための3つのポイントを解説しました。

ひとくちに食品翻訳といっても、栄養学などの専門的な内容から日本の食文化の紹介まで、その内容は多岐にわたります。翻訳会社を選ぶ際には、見積もりの段階で実績や専門知識を確認し、依頼内容にマッチした1社を選ぶようにしましょう。
とはいえ、数ある翻訳会社のなかから、自社のニーズに適した1社を探し出すのは容易ではありません。翻訳を検討している方のなかには「会社の選び方がわからない」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

そんなときは、「アイミツ」へお気軽にご相談ください経験豊富なコンシェルジュが、あなたの要望をうかがった上でおすすめできる翻訳会社を紹介します。

翻訳会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

食品・飲料業界に強いで翻訳会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

多くの翻訳会社の中から翻訳を依頼する会社を選ぶ際に最も重要なことは、翻訳の特性に合致したカテゴリーを得意とし、実績のある翻訳会社から選ぶことです。翻訳会社はどんな内容のものでも高いクオリティで翻訳対応できるわけではなく、得意不得意があります。これを見極めることが最も重要です。また、通訳の場合は、求めているレベルの通訳者がその通訳会社にいるかどうかが重要になります。同時通訳が必要であるにも関わらず、逐次通訳のレベルの通訳者しかいないのでは業務に支障が生じてしまいます。特性が合致する翻訳・通訳会社を選び出し、その中から少しでも高いクオリティを確保でき、かつ信頼性や費用効率が高い翻訳・通訳会社を見極めていくことが、求める理想的な翻訳、通訳に繋がっていくでしょう。

翻訳会社が
最短翌日までにそろう