業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

オンライン調査対応の優良業者

ネットリサーチ

最適業者がスグに見つかる

ネットリサーチ(アンケート・モニター調査)を行うメリットは、従来の郵送で行う調査や電話・対面調査に比べ、全国を対象に短期間で、大量のアンケート結果を得て、分析できることです。オンライン調査が可能な業者であれば、日本国内にとどまらず、世界にも枠を広げて活動することが可能です。また、アンケート配信後の回収率も飛躍的にあがることが期待できます。「調査規模や内容が、料金に見合っているか」「自社の目的に合った調査ができるか」「調査設計や専門的な分析など、サポートが充実しているか」「データや個人情報の扱いは適切か」などの観点から、自社に合っているリサーチ会社を選びましょう。調査にかかる費用は、調査内容や規模によってことなりますが、最低でも30万円以上、大掛かりで、調査企画から専門的な分析まで依頼すれば100万円を越えることもあります。また、モニター会員によって、アンケートの結果が変わりますので、どのような属性の会員がいるか、モニター会員をどのように管理していているか、なども忘れずに確認しましょう。また、リサーチ会社のプライバシーマーク取得の有無、システムのセキュリティー体制も、重要なポイントとなります。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

オンライン調査対応の優良業者 ネットリサーチ・アンケート・モニター調査業者一覧

8件中18件の業者を比較中

会社名
株式会社マーシュ
会社サイト
http://www.marsh-research.co.jp/
実績数
10,000~
モニター数
80万人
詳細を見る
  • グループインタビュー、会場調査などのモニターリクルートを得意とするネットリサーチ会社です
  • アンケート専用モニターは全国約80万人、首都圏約35万人、関西圏約13万人です
  • モニターリクルート実績No.1のノウハウで、専門スタッフが専任でお客様のニーズに沿って調査をします
会社名
株式会社クリエイティブジャパン
会社サイト
http://www.cjp.co.jp/
実績数
100~1,000
モニター数
13万人
詳細を見る
  • 他社では10万円かかるネットリサーチを4万円(500サンプル20問)にてご提供。
  • 格安ですが、セルフリサーチではありません。専任担当がアンケート設問を設計します。
  • 最短即日納品。急なリサーチ業務もお任せください。
会社名
株式会社クロス・マーケティング
会社サイト
http://www.cross-m.co.jp/
実績数
10,000~
モニター数
185万人
詳細を見る
  • インターネットを活用した170万人を超える国内最大規模のアンケートモニター調査を行います
  • お客様ごとに『オーダーメイドのアンケート画面』を用意し、信頼性の高いデータを収集します
  • 経験豊富な専任リサーチャーによる調査企画、アンケートデータの集計・分析といったサポートで安心です
会社名
MMDLabo株式会社
会社サイト
https://mmdlabo.jp/
実績数
100~1,000
モニター数
100万人
詳細を見る
  • 2006年にモバイル専門の調査機関としてスタートし、日本最大の調査発表をしています。
会社名
株式会社バルク
会社サイト
http://www.vlcank.com/mr
実績数
1,000~5,000
モニター数
366万人
詳細を見る
  • マーケティング課題の共有とリサーチ目的の明確化でリサーチデータが最大限活かせるようにサポートします
  • 課題抽出・共有からリサーチの企画・調査設計、実施、分析やご提言まで一連の流れを専門スタッフがサポート
  • 経験とノウハウを活かし、お客様の問題や目的に応じて様々なリサーチ方法をベストの組合わせでご提供します
会社名
GMOリサーチ株式会社
会社サイト
http://www.gmo-research.jp/
実績数
1,000~5,000
モニター数
2119万人
詳細を見る
  • 国内最大級、814万人超のモニターからスピーディーに回答が得られます。
  • 年間200件以上の海外調査実績専門チームがワンストップで対応します。
  • 「調査票のいらない調査」消費者のありのままの意識や購買行動を明らかにします。
会社名
アイブリッジ株式会社
会社サイト
http://www.research-plus.net/index...
実績数
100~1,000
モニター数
200万人
詳細を見る
  • モニター数ははすべて自社の会員で150万人を超え、業界最大規模を誇る高品質アンケートです
  • 地域、年齢、性別の偏りもないモニターの為、全国規模、レアモニターへの調査にご利用いただけます
  • 5問100回答までなら最短1~2時間回収最短1~2時間、1万円の簡単アンケートが出来るサービスです
会社名
株式会社ウェブレッジ
会社サイト
http://webrage.jp/
実績数
~100
モニター数
8万人
詳細を見る
  • 1

人気のキーワード

関連するカテゴリ

アイミツのコンシェルジュサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック

オンライン調査対応のネットリサーチ・アンケート・モニター調査会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 モニター会員数

    全体母数と必要なサンプル数、ターゲット設定をポイントに!
    ネットリサーチ(アンケート・モニター調査)の利点は、従来の郵送で行う調査や電話・対面調査に比べ、全国を対象に短期間で、大量のアンケート結果を得て、分析できることです。正確で有効な調査結果を… 続きを見る

  • POINT 2 料金

    10万円前後が一般的、設問数や対象人数によって大きく変わる。
    ネットリサーチの料金は、基本的に実施するアンケートの設問数と対象となるモニター会員数で決まります。最小の規模で、設問数は5問から、対象人数は100人から実施でき、料金は、約10万円の業者が多く、… 続きを見る

  • POINT 3 調査期間

    設問数から対象会員数などにより、数日から数週間程度の幅があり。
    アンケート実施から、回答データが納品されるまでの期間は、設問数や対象会員数によって異なります。設問20問、対象会員数300の場合、スクリーニング調査と本調査で3日、データの整理・チェックに1日、合… 続きを見る

  • POINT 4 どのような調査を行うのか?

    年齢、性別、地域、など必要な結果を得られる調査をすること!
    正確なアンケート結果を得るためには、調査の目的を明確にすることが、重要になります。すべての属性を対象に調査するのか、年齢、性別、地域、収入、既婚・未婚、あるいは、インターネットショッピング… 続きを見る

  • POINT 5 ネットリサーチ会社のサービス

    調査企画や設問設定など、何を任せるのかを明確に!
    過去にインターネットアンケートをした経験やノウハウが、自社に無い場合、単に調査を実施するだけではなく、調査全体の企画や調査後の分析を、依頼することが必要になります。その際には、どの部分をネ… 続きを見る

  • POINT 6 調査結果の信頼性

    正確な結果を得るためにはモニターの信頼性が重要になる。
    インターネットリサーチを行っても、アンケートに回答する会員・モニターの信頼性が低ければ、正確な調査を行うことができません。リサーチ会社がどのようにして、会員を募集し、管理しているのかをチェ… 続きを見る

オンライン調査対応のネットリサーチ・アンケート・モニター調査会社への発注にあたっての基礎用語

  • ネットリサーチ・アンケート・モニター調査の基礎知識・基礎用語

    1990年中盤に始まったネットリサーチは、比較的新しい調査方法で、現在、企業が行う調査として、主流になっています。インターネットを介して、モニター会員へアンケート調査を実施するため、短期間かつ、大量の回答を集められ、集計後のデータの扱いも簡便であることが特徴です。会員は、インターネットのサイトで募集が行なわれ、アンケートに回答した会員に対して、金銭的報酬・商品券・ポイントなどが付与されることが一般的です。調査実施の料金相場としては、設問が20問、実施サンプリング数が300の場合で、20~30万円で、専門的な分析、レポート作成は、別に料金が発生します。ネットリサーチで、調査に必要なN数(サンプル母数)は、300~500と言われています。アンケート実施後に行なわれる主な分析手法としては、消費者の価値観や潜在的ニーズを発掘するために用いられる「因子分析」や、市場における自社ブランドのポジションニングを把握する際に用いられる「コレスポンデンス分析」などがあります。「対象とする会員数が少なく、有効な回答が得られなかった」、「アンケートの設問が的確でなかったため正確な結果が得られなかった」などのトラブルが発生しないように、事前の準備を万全に行い、調査の目的を明確にする必要があります。