あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

リサーチ会社10選!調査会社選びのポイントを解説

スマホからオンライン調査に回答する人

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、「価格」「実績」を基準にオンライン調査に強いリサーチ会社を厳選!

・オンライン調査に強いリーズナブルなリサーチ会社
・オンライン調査の実績が豊富なリサーチ会社
・企業リサーチが得意なリサーチ会社

の3つに分けて10社紹介します。
オンライン調査で失敗しないためのポイントも解説。リサーチ会社選びでお悩みの方はぜひ参考にしてください!

アイミツ
ネットリサーチ会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)
目次
このページについて

1.オンライン調査に強いリーズナブルなリサーチ会社5選

まずは、オンライン調査をリーズナブルに提供するリサーチ会社を紹介します。

1- 1. 株式会社ネオマーケティング

株式会社ネオマーケティング
出典:株式会社ネオマーケティング http://www.i-research.jp/

ネオマーケティングは東京都渋谷区に本社を置き、大阪と仙台に営業所、沖縄の2ヶ所にマーケティングラボをもつ会社です。ネットリサーチやLINEリサーチといったオンライン調査にくわえて、グループインタビューなどの調査サービスを提供しています。
「マーケティングリサーチの価値を最大化するパートナー」として、一歩先を見据えた提案を行なっているのが特長。リーズナブルな料金を実現しているのも強みで、オンライン調査は約5万円から利用が可能です。追加オプションによって費用が高額になるケースもあるなかで、分析に必要な集計が料金に含まれているのも嬉しいポイントだといえます。
また、お客様の課題を理解した調査企画の提案はもちろん、回収したデータはシステムと目視の双方による確認を経てから納品するため、不正回答が発生しやすいオンライン調査でも高い正確性を発揮しています。

こんな人におすすめ
・オンライン調査対応のリサーチ会社をお探しの方
・リーズナブルにオンライン調査を実施したい方
・正確性の担保されたリサーチ会社に依頼したい方

予算感
オンライン調査料金例:約5万円〜
設立年
2000年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都渋谷区南平台町16-25 養命酒ビル
電話番号
03-6328-2881

1- 2. アイブリッジ株式会社

アイブリッジ株式会社
出典:アイブリッジ株式会社 https://freeasy24.research-plus.net/

アイブリッジは大阪府大阪市に本社を置き、東京都品川区にオフィスをもつ会社です。マーケティングリサーチ、メディア運営、コンテンツ企画・開発、ECサイト運営などの事業を展開しています。
マーケティングリサーチの分野では「リサーチプラス」という名称でサービスを展開しており、「通常リサーチ」「簡単アンケート」「地図連動リサーチ」といったオンライン調査に対応。なかでも「通常リサーチ」は、設問5・100サンプルの場合は4万円でwebアンケートを実施することができます。画面作成費用やモニターへの謝礼、単純集計表・ローデータのダウンロードが料金に含まれているので、格安のサービスといえるでしょう。
また、160万を超えるモニターを擁しているのも魅力のひとつ。全国をカバーするだけでなく、出現率の低いモニターのの抽出にも対応しています。

こんな人におすすめ
・費用を抑えてオンライン調査を実施したい方
・160万人を超えるモニターを有効に活用したい方
・オンライン調査対応のリサーチ会社をお探しの方

予算感
オンライン調査料金例:4万円(設問5・100サンプル)
設立年
1999年
会社所在地
大阪府大阪市福島区福島 6丁目13-6 森山ビル

1- 3. 株式会社アスマーク

株式会社アスマーク
出典:株式会社アスマーク http://www.marsh-research.co.jp/

アスマークは東京都渋谷区に本社を置き、青森や大阪、福岡に事業所をもつ総合リサーチ会社です。ネットリサーチやCS調査、MROCなどのオンライン調査のほか、グループインタビュー、会場調査といったオフライン調査を提供しています。
特長としてあげられるのは、「早い・安い・高品質」を兼ね備えたオンライン調査を提供していること。調査票の確認・修正・提案はもちろん、画面作成や基本属性でのスクリーニング、チェック済みのローデータ納品までが含まれていながらも、設問5・100サンプルのアンケートを4万円から依頼することができます。
また、無料の集計ツール「Analysis」による分析が可能となっているほか、オプションとして集計・グラフ作成、分析・レポート作成、条件絞り込みのスクリーニングを提供しているのも魅力です。

こんな人におすすめ
・オンライン調査対応のリサーチ会社を探している方
・費用を抑えてオーダーメイド型のオンライン調査を利用したい方
・オンライン調査をフルサポートできるリサーチ会社に依頼したい方

予算感
オンライン調査料金例:4万円〜(設問5・100サンプル)
設立年
2001年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都渋谷区東一丁目32番12号 渋谷プロパティータワー4階
電話番号
03-5468-5101

1- 4. 楽天インサイト株式会社

楽天インサイト株式会社
出典:楽天インサイト株式会社 https://insight.rakuten.co.jp/

楽天インサイトは東京都世田谷区に本社を置き、大阪府大阪市に支社をもつマーケティングリサーチ会社です。ネットリサーチやアクセスログサーチ、MROCといったオンライン調査のほか、グループインタビュー、会場調査、海外調査などのサービスを提供しています。
ネットリサーチは、設問10・100サンプルのwebアンケートを8万2,000円とリーズナブルに利用できるのが特長。ローデータや単純集計表、クロス集計表、調査画面の納品が料金に含まれています。また、専任スタッフによるスピーディーかつ丁寧なサポートに定評があるほか、集計ツール「楽クロス for Web」が利用できるのも嬉しいポイント。さらに220万人という業界最大級のモニターパネルを保有しているため、ニッチな調査に対応できるのも魅力といえます。

こんな人におすすめ
・オンライン調査対応のリサーチ会社をお探しの方
・国内最大規模のモニターパネルをもつ会社にオンライン調査を依頼したい方
・リーズナブルでスピーディーなオンライン調査を実施したい方

予算感
オンライン調査料金例:8万2,000円(設問10・100サンプル)
会社所在地
東京都世田谷区玉川一丁目14番1号 楽天クリムゾンハウス

1- 5. 株式会社クロス・マーケティング

株式会社クロス・マーケティング
出典:株式会社クロス・マーケティング http://www.cross-m.co.jp/

クロス・マーケティングは東京都新宿区に本社を置き、大阪と名古屋に営業所をもつマーケティングリサーチ会社です。グループインタビュー、ホームビジット、会場調査などのオフライン調査にくわえ、オンライン調査、グローバル調査、データ集計といったサービスを提供しています。
オンライン調査はリーズナブルな料金設定が特長で、設問10・サンプル100のwebアンケートが9万円で利用可能。オーダーメイドの調査画面作成やローデータ・単純集計表の納品が料金に含まれています。実査のみの場合は調査票の納品から最短2〜3営業日でローデータの納品まで完了するスピード感も魅力です。
また、基本属性だけでなくライフスタイルや購買行動にもとづいて20のカテゴリーに分類されたアクティブパネルを保有しているので、出現率の低いモニターの抽出はもちろん、さまざまな規模のオンライン調査が可能です。

こんな人におすすめ
・オンライン調査対応のリサーチ会社をお探しの方
・スピーディーにオンライン調査を実施したい方
・さまざまな規模のオンライン調査を実施したい方

予算感
オンライン調査料金例:9万円(設問10・100サンプル)
設立年
2003年
従業員数
1000人以上
会社所在地
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
電話番号
0120-198-022

オンライン調査をリーズナブルに提供しているリサーチ会社を紹介しました。

オーダーメイド型のオンライン調査を依頼する場合は、設問5・100サンプルで4万円から5万円ほどが相場のようです。ただし、各社のもつモニターパネルの基本属性によっては、希望通りのモニターの抽出が困難なケースもあります。

リサーチ会社を選定する際は調査の費用だけでなく、保有しているモニターパネルの属性や希少モニターの抽出可否などを確認することで、より精度の高い調査が実現するでしょう。

2.オンライン調査の実績が豊富なリサーチ会社4選

続いて、オンライン調査の豊富な実績をもつリサーチ会社を紹介します。

2- 1. 株式会社日経リサーチ

株式会社日経リサーチ
出典:株式会社日経リサーチ https://www.nikkei-r.co.jp/

日経リサーチは、東京都千代田区に本社を置く総合マーケティングリサーチ会社です。オンライン調査のほか、グループインタビューや取材調査、電話調査、会場テスト、ホームユーステストといったオフライン調査も提供しています。
1970年の設立以来、50年にわたって質の高い調査を実施してきた豊富な経験・実績が最大の特長です。オンライン調査サービスでは約16万人の自社モニターパネルにくわえ、国内650万、海外1,000万の提携パネルを保有。出現率の低いモニターの抽出はもちろん、外国語による調査に対応しているのも嬉しいポイントといえます。
そのほか、過去の結果を含む複数の調査結果が一限管理できる「お客様ポータル」、データを簡単に集計できる「Cross-Lab」などのツールが充実しているのも魅力です。

こんな人におすすめ
・オンライン調査対応のリサーチ会社をお探しの方
・豊富な実績をもつ会社にオンライン調査を依頼したい方
・海外を対象としたオンライン調査を実施したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
1970年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都千代田区内神田2-2-1 鎌倉河岸ビル
電話番号
03-5296-5111

2- 2. 株式会社マクロミル

株式会社マクロミル
出典:株式会社マクロミル http://www.macromill.com/index.html

マクロミルは東京都港区に本社を置き、大阪と名古屋、仙台に営業拠点を持つ会社です。オンライン調査にくわえて、会場調査やグループインタビュー、データ分析・解析などのサービスを展開しています。
年間3万5,000件以上の豊富な実績を誇り、国内No.1を自負する幅広いネットリサーチサービスを提供しているのが特長です。スタンダードな「QuickMill」やフルオーダーメイドの「OderMill」、学生・研究者向けの「学術調査」では、調査画面の作成完了から24時間以内にローデータ・単純集計表を納品というスピーディーな対応が可能。専任のスタッフによる各工程のサポートにも定評があります。
そのほかお客様が保有するリストを対象としたオンライン調査「OpenMill」「OpenMill MYリスト」といったサービスも提供しているので、ニーズに応じて選択が可能です。

こんな人におすすめ
・オンライン調査対応のリサーチ会社をお探しの方
・国内No.1規模の実績をもつ会社にオンライン調査を依頼したい方
・自社の顧客を対象としたオンライン調査を実施したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
2000年
従業員数
500-999人
会社所在地
東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 11F
電話番号
03-6716-0700

2- 3. 株式会社インテージ

株式会社インテージ
出典:株式会社インテージ http://www.intage.co.jp/net/

インテージは東京都千代田区に本社を置き、西東京市や東久留米市、大阪市、札幌市に拠点をもつ会社です。ネットリサーチ・スマホリサーチといったオンライン調査にくわえて、グループインタビューや会場テスト、ミステリーショッピングなどのオフライン調査サービスを提供しています。
1960年の創業以来、マーケティングリサーチのパイオニアとして約60年にわたって事業を手がけており、これまでの取引社数は5,000以上にのぼります。1,250万名と国内最大規模のモニター数を誇る「マイティモニター」を活用したオンライン調査では、調査の開始から最短48時間以内というスピード納品に対応。調査画面作成から本調査、ローデータ・クロス集計表の納品がサービスに含まれているほか、無償の集計・分析ツール「Lyche-Epoch」によるレポート作成のサポートを行なっているのも魅力です。

こんな人におすすめ
・オンライン調査対応のリサーチ会社をお探しの方
・豊富な実績をもつ会社にオンライン調査を依頼したい方
・スピード納品対応のオンライン調査を利用したい方

予算感
オンライン調査基本料金:8万4,000円(設問5・100サンプル)
設立年
1972年
従業員数
500-999人
会社所在地
東京都千代田区神田練塀町3 インテージ秋葉原ビル
電話番号
03-5294-0111

2- 4. 株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント

株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント
出典:株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント https://www.rad.co.jp/

リサーチ・アンド・ディベロプメントは、東京都新宿区に本社を置く会社です。ネットリサーチ(オンライン調査)にくわえて、グループインタビューや会場調査、ホームビジットといったオフライン調査、データ解析などのサービスを提供しています。
1968年創業という長い歴史をもち、30年以上の実績を誇る生活者総合ライフスタイル調査システム「CORE」を保有しているのが特長です。リサーチャーによるトータルサポートも強みで、お客様ごとの課題にあわせた調査を企画・提案。オンライン調査においても課題のヒアリングから調査の実施、レポート作成までに対応しています。
また、オンライン調査だけでなく、定性調査やホームビジットなど、さまざまな調査手法を組み合わせ複雑な調査設計にも柔軟に対応が可能です。

こんな人におすすめ
・豊富な実績をもつ会社にオンライン調査を依頼したい方
・オンライン調査をフルサポートして欲しい方
・課題解決にあわせたオンライン調査の提案を受けたい方

予算感
要問い合わせ
設立年
1968年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
電話番号
03-6859-2280

オンライン調査の実績が豊富なリサーチ会社を紹介しました。

初めてオンライン調査を発注する方は、実績が豊富なリサーチ会社に依頼すると良いでしょう。

オンライン調査のノウハウが蓄積されているため、どのように調査を行うべきか迷っている場合でも、適切なアドバイスや提案を受けられます。

発注先を選ぶ際には、複数の会社を比較することが大切です。海外での調査に対応可能な会社や既存顧客への調査を得意としている会社など、リサーチ会社ごとの違いを確認しておきましょう。

自社だけで複数社比較するのは難しい、という方はぜひアイミツお問い合わせください。経験豊富なコンシェルジュがぴったりの会社を紹介します。

アイミツ
ネットリサーチ会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)

3.企業リサーチが得意なリサーチ会社

企業サーチが得意なリサーチ会社をご紹介します。

3- 1. 株式会社帝国データバンク

株式会社帝国データバンク
出典:株式会社帝国データバンク https://www.tdb.co.jp/index.html

帝国データバンクは東京都にあるリサーチ会社です。企業信用調査やデータベースサービス、マーケティングサービスなどを展開しています。新規顧客開拓のための業界・市場調査サービスを提供。一般的なリサーチ会社では取り扱っていないニッチな業界の調査にも対応しています。アンケート調査やヒアリング調査、インターネット調査など、幅広い調査手法に対応しており、複数の手法を組み合わせることも可能です。調査をもとに見込み客のリストを作成し、ターゲットとなる企業の情報も提供します。期待度の高い見込み客だけを抽出できるため、営業活動を効率化できるでしょう。加えて、ターゲット企業の意向や事業規模を把握できるので、見込み客に合わせた提案が可能に。新規顧客の開拓に力を入れたい方におすすめです。

こんな人におすすめ
・複数の調査手法を組み合わせたい方
・見込み客として期待度の高い企業を抽出したい方
・効率的に新規顧客を開拓したい方

予算感
要問い合わせ
会社所在地
東京都港区南青山2-5-20
電話番号
03-5775-3000

4.ネットリサーチとは?

インターネットリサーチとはどのような調査なのか解説します。

4-1.セルフ型とオーダーメイド型に分けられる


ネットリサーチは文字通りネット上で行う市場調査です。セルフ型とオーダーメイド型の2種類に分けられます。

セルフ型とは、調査票の作成や調査対象の抽出、データの集計といった一連の作業を自身で行うセルフサービスの調査です。 どこまで自身で行うかはリサーチ会社によって異なります。

一方、オーダーメイド型では、アンケートの作成から集計・分析までリサーチ会社が行います。会社によっては、分析などの作業がオプションになっている場合もあるので、しっかり確認しておきましょう。

4-2.ネットリサーチのメリット・デメリット


ネットリサーチのメリットは、短期間で大量のデータを集められる点です。ネットを利用するため多くの回答者を集められ、集計に掛かる時間も短縮できます。

デメリットは、高齢者などのネットをあまり利用しない世代を対象とした調査には不向きな点です。また、ネットの匿名性から虚偽の回答を行う人もいるため、他の調査手法と比較して調査結果の信憑性は低いとされています。

5.ネットリサーチの手法

ネットリサーチの定量調査と定性調査について解説します。

5-1.定量調査


定量調査とは、調査結果を数値化できる調査方法。

定量調査は、集計後に統計学的な分析を行うことが前提になっています。顧客の評価や市場の動向などを数値で確認するための調査方法で、選択式の設問で構成されるアンケートなどが定量調査に該当します。

アンケートの設問に記載した内容以外の情報は得られないため、定量調査だけでは回答に至った背景までは分かりません。調査の質を高めるために、定性調査と組み合わせて実施されることもあります。

5-2.定性調査


定性調査は、見込み客の意見などの数値化できないデータを得るための調査方法です。

定量調査だけでは分からない商品を購入するに至った経緯や感想といった見込み客の生の声を集められます。見込み客の潜在ニーズを発見するヒントになる場合も。

ただし、定量調査と比較して収集できるサンプルの数が少なくなるため、統計的な信頼性は低いです。インタビュー形式で定性調査を行った場合、対象者の本音を引き出せず、調査が難航する恐れもあります。

6.オンライン調査で失敗しないためのポイント

最後に、オンライン調査で失敗しないための3つのポイントを解説していきます。

6-1.調査企画・設計を念入りに行う


オンライン調査に限らず、マーケティングリサーチを実施する際には事前準備がなによりも重要です。「どのような目的でリサーチを行いたいのか」「自社のマーケティング課題はなにか」「調査を通じてどのような要素を明らかにしたいのか」といった要素を洗い出した上で調査の企画・設計を入念に行う必要があります。

また、仮説を設定するのも大切な作業のひとつ。たとえば、競合と同等のクオリティの商品の売り上げが思わしくない場合は「パッケージデザインが原因だと考えられる」といった予測をたてることで、調査を通じて明確にすべき要素がみえてくるでしょう。

6-2.調査対象となるターゲットを設定する


オンライン調査を行う際の重要な要素のひとつが「ターゲット設定」です。調査データの信頼性を高めるためには、「どのようなユーザー層を対象とするのか」とあわせて「どの程度のサンプルが必要か」を検討することが大切だといえます。

オンライン調査は低価格・短期間で手軽に利用できるのがメリットである一方、謝礼目的のモニターも少なくないため、データの信頼性が乏しいというデメリットがあげられます。そうした要素も考慮した上で、自社の課題解決に役立つデータを得るために適切な規模の調査することで、より大きな効果が期待できるでしょう。

6-3.回答しやすい調査票の設計


オンライン調査では、モニターがどのような状況でアンケートに回答するかのコントロールが不可能です。そのため、回答者のモチベーションや集中力を妨げないよう、モニターの立場に立った回答しやすい調査票を設計する必要があります。回答途中で苦痛に感じる要素があると脱落してしまうモニターも存在するため、調査の制度を高めるためにも調査票の設計は重要です。

「時系列に沿った設問構成にする」「大枠から細部に落とし込む」「回答しやすい順番に設問を並べる」「重複する設問は避ける」といった点を工夫することで、モニターが回答しやすいオンライン調査の実現が近づくといえます。

【まとめ】リサーチ会社選びで迷ったらアイミツ


短期間・低価格でさまざまな規模の調査が可能なオンライン調査は、マーケティングリサーチの主流になりつつある調査方法です。従来はシニア層の声が集めにくいという意見もありましたが、近年ではそれも解消の傾向にあり、オンライン調査の重要性は今後も高まると考えられます。

その一方で、オンライン調査には回答者の代表性や虚偽回答による信頼性の問題があることも事実です。精度の高いマーケティングリサーチを実現するには、オンライン調査の特性を知り尽くした、経験とノウハウを持つリサーチ会社との協働が欠かせないのではないでしょうか。

さまざまな強み・特徴をもつリサーチ会社のなかから、自社に最適な1社を選定するのは容易ではありません。選定に迷ってしまうことがあるでしょう。

そんなときは、「アイミツ」までお気軽にご相談ください経験豊富なコンシェルジュが、あなたの予算や要望をうかがった上でニーズに合ったリサーチ会社を複数ピックアップし、最適な会社選びをお手伝いします。

ネットリサーチ会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

オンライン調査対応のネットリサーチ会社のページを見た人はこんなランキングも見ています

オンライン調査対応でネットリサーチ会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

ネットリサーチ(アンケート・モニター調査)を行うメリットは、従来の郵送で行う調査や電話・対面調査に比べ、全国を対象に短期間で、大量のアンケート結果を得て、分析できることです。「調査規模や内容が、料金に見合っているか」「自社の目的に合った調査ができるか」「調査設計や専門的な分析など、サポートが充実しているか」「データや個人情報の扱いは適切か」などの観点から、自社に合っているリサーチ会社を選びましょう。調査にかかる費用は、調査内容や規模によってことなりますが、最低でも30万円以上、大掛かりで、調査企画から専門的な分析まで依頼すれば100万円を越えることもあります。また、モニター会員によって、アンケートの結果が変わりますので、どのような属性の会員がいるか、モニター会員をどのように管理していているか、なども忘れずに確認しましょう。また、リサーチ会社のプライバシーマーク取得の有無、システムのセキュリティー体制も、重要なポイントとなります。

ネットリサーチ会社が
最短翌日までにそろう