あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

グループインタビューに強いリサーチ会社9選

グループインタビューの会場

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、「実績」「独自の強み」を基準にグループインタビューに強いリサーチ会社を厳選!

・グループインタビューの実績が豊富なリサーチ会社
・グループインタビューに独自の強みを持つリサーチ会社

の2つに分けて9社ご紹介します。
リサーチ会社選びで失敗しないためのポイントも解説。グループインタビューの運用にお悩みの方はぜひ参考にしてください!

アイミツ
ネットリサーチ会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)
目次
このページについて

1.グループインタビューの実績が豊富なリサーチ会社6選

はじめに、グループインタビューの実績が豊富なリサーチ会社をご紹介します。

1- 1. 株式会社インテージ

株式会社インテージ
出典:株式会社インテージ http://www.intage.co.jp/net/

インテージは、東京都千代田区の本社のほか、西東京市・東久留米市・大阪市・札幌市に拠点を持ち、グループインタビュー・デプスインタビューなどの定性調査、ネットリサーチ・スマホリサーチなどのオンライン調査、会場テスト・ミステリーショッピングなどのオフライン調査サービスを提供するマーケティングリサーチ会社です。
1960年の創業以来、65以上におよぶ業界の、5,000社以上との取引実績を誇っており、国内1位のポジションを自負。ネスレ、カプコンなど大手企業のクライアントを多数抱えています。
東京・大阪のオフィスに計5タイプのインタビュールームを備え、幅広いニーズに柔軟に対応。モニターの表情を捉えるカメラが用意されているのはもちろん、大阪会場ではミラールームも完備し、クライアントのオフィスへのインタビュー中継にも対応しています。

こんな人におすすめ
・国内No.1を自負するリサーチ会社に依頼したい方
・グループインタビューを自社オフィスに中継してほしい方
・歴史あるマーケティングリサーチ会社をお探しの方

予算感
要問い合わせ
設立年
1972年
従業員数
500-999人
会社所在地
東京都千代田区神田練塀町3 インテージ秋葉原ビル
電話番号
03-5294-0111

1- 2. 株式会社日経リサーチ

株式会社日経リサーチ
出典:株式会社日経リサーチ https://www.nikkei-r.co.jp/

日経リサーチは、東京都千代田区に本社を構え、グループインタビュー・デプスインタビュー・取材調査のほか、ネットリサーチや郵送調査、電話調査や会場テスト、ホームユーステスト、ミステリーショッパーなどのサービスを提供するマーケティングリサーチ会社です。
日本経済新聞社のグループ企業として、1970年に設立された長い歴史と信頼を誇っており、一般企業・官公庁・学術研究をはじめ、さまざまな分野での豊富な実績・ノウハウを所有。65か国以上にわたる海外調査実績も大きな特徴です。
出現度の低いサンプルや、難易度の高いモニターの抽出にも対応でき、同時通訳のブースも用意。調査設計から活用しやすいレポート提出やインタビュー後の振り返りまでをワンストップで対応し、定量調査との組み合わせなど、総合リサーチ会社の強みを活かした実践的な提案が可能です。

こんな人におすすめ
・実績と信頼のある大手グループに依頼したい方
・グループインタビューをトータルサポートしてほしい方
・インタビューの内容を同時通訳してほしい企業の方

予算感
要問い合わせ
設立年
1970年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都千代田区内神田2-2-1 鎌倉河岸ビル
電話番号
03-5296-5111

1- 3. 株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント

株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント
出典:株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント https://www.rad.co.jp/

リサーチ・アンド・ディベロプメントは、東京都新宿区と中央区にオフィスを持ち、グループインタビュー・デプスインタビュー・エスノグラフィなどの定性調査、ネットリサーチ・会場調査などの定量調査、エリアマーケティング・クラスター分析などのデータ解析のほか、BtoB、海外調査にも対応する総合マーケティングリサーチ会社です。
1968年の創業以来、生活者の動向に注目し、理解と研究開発に取り組んできた歴史と豊富な実績を持ち、リサーチャーによるワンストップオペレーション、フルレンジサービスの提供を特徴としています。
グループインタビューでは、調査課題にあわせ手法を自在にカスタマイズ。経験豊富なモデレーターが多数在籍し、質の高いインタビューを提供するだけでなく、事前タスク、事後ワークショップなど、内容の理解をより深めるためのステップも提案します。

こんな人におすすめ
・歴史と実績を兼ね備えたリサーチ会社に依頼したい方
・グループインタビューの理解を深める提案をしてほしい方
・経験豊富なモデレーターにオペレートしてほしい方

予算感
要問い合わせ
設立年
1968年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
電話番号
03-6859-2280

1- 4. 株式会社ジャパン・マーケティング・エージェンシー

株式会社ジャパン・マーケティング・エージェンシー
出典:株式会社ジャパン・マーケティング・エージェンシー http://www.jma-net.com/

ジャパン・マーケティング・エージェンシーは、東京都渋谷区に本社を、大阪市に事務所を持ち、グループインタビュー・MROCなどの定性調査、ネットリサーチ・会場テストなどの定量調査、福祉サービス第三者評価などを提供するマーケティングリサーチ会社です。
1968年の創業時から定性調査に取り組むリーディングカンパニーであり、50年を超える歴史に最新の手法を組み合わせたマーケティングリサーチを提供しています。
年間200プロジェクト以上の実績を持つグループインタビューは、ほぼ100%のリピート率を誇るなど各方面から高い評価を獲得。あらゆるターゲット・調査課題に的確に対応できる専属モデレーターが在籍し、企画から分析・レポートまでを一貫して担当しています。企画時、レポート作成時にブレインストーミングを行い、仮説の構築・検証に力を注いでいるのもポイント。

こんな人におすすめ
・定性調査に定評のあるリサーチ会社に依頼したい方
・企画からレポートまで専任のモデレーターに対応してほしい方
・グループインタビューの高リピート率を重視したい方

予算感
要問い合わせ
会社所在地
東京都渋谷区宇田川町13-11KN渋谷1ビル6階
電話番号
03-3496-0131

1- 5. 株式会社日本リサーチセンター

株式会社日本リサーチセンター
出典:株式会社日本リサーチセンター https://www.nrc.co.jp/index.html

日本リサーチセンターは、東京都墨田区に本社を、名古屋市・大阪市に事務所を持ち、グループインタビュー・デプスインタビュー・MROC・エスノグラフィなどの定性調査、インターネット調査や訪問調査、郵送調査や海外調査などを提供するマーケティングリサーチ会社です。
1960年設立という長い歴史を誇り、ノウハウを活かした幅広い調査手法と高品質な分析力が特徴。年間のNOS調査500件以上、海外調査300件以上の実績を誇るとともに、100万人を超えるインターネットパネルを保有しています。
さらに、定性調査に豊富なラインナップを持つのがポイント。ミラールーム、同時翻訳機を完備したインタビュールームも保有し、ライブ中継にも対応。専任モデレーターがモニター同士の影響も含め幅広い情報を引き出します。また、さまざまな提携ネットワークを活用したリクルーティングも行います。

こんな人におすすめ
・実績とノウハウを持つリサーチ会社に依頼したい方
・グループインタビューから幅広い情報を引き出してほしい方
・提携ネットワークを活用したリクルーティングをしてほしい方

予算感
要問い合わせ
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都墨田区江東橋4-26-5 東京トラフィック錦糸町ビル
電話番号
03-6894-6400

1- 6. 株式会社クロス・マーケティング

株式会社クロス・マーケティング
出典:株式会社クロス・マーケティング http://www.cross-m.co.jp/

クロス・マーケティングは、東京都新宿区に本社を、大阪市・名古屋市に営業所を持ち、グループインタビュー・デプスインタビュー・ホームビジットなどのオフライン調査とオンライン調査、グローバル調査やデータ分析、リクルーティングなどのサービスを提供するマーケティングリサーチ会社です。
データとコンサルティングを組み合わせ、クライアントのビジネスを成功に導く支援に注力しているのが特徴。年間1,300グループへのインタビュー、360本の会場調査を実施するなど、定性調査に豊富な実績を持っています。
経験豊富なリサーチャー・モデレーターが、調査設計から担当するグループインタビューは、提携する外部モデレーターの存在も含めてあらゆるテーマに対応可能。特殊なテーマでもモニターを選定できるリクルーティング力に秀でており、発言録やレポート作成も対応します。

こんな人におすすめ
・グループインタビューの豊富な実績を重視する方
・設計からレポートまでワンストップで対応してほしい方
・リサーチデータを活かした提案のできる会社に依頼したい方

予算感
グループインタビュー:60万円〜
設立年
2003年
従業員数
1000人以上
会社所在地
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
電話番号
0120-198-022

グループインタビューとは、6名前後のモニターを一室に集め、司会役となるモデレーターを中心に、座談会形式で調査テーマについて自由に発言してもらう調査方法です。
狙っているマーケットに対して生活者・消費者がどのように感じているのか、主に仮説を導き出す目的で活用されます。

一見、簡単そうに思えるグループインタビューですが、モニターの個性によって発言の活発度が異なり、ほかのモニターの意見に左右されてしまうケースも少なくありません。モニターのインサイトを読み取るためには、モデレーターのスキル・ノウハウも重要な要素です。

2.グループインタビューに独自の強みを持つリサーチ会社3選

次に、グループインタビューに独自の強みを持つリサーチ会社をご紹介します。

2- 1. 株式会社レアソン

株式会社レアソン
出典:株式会社レアソン http://www.re-a-son.com/

レアソンは、東京都品川区に本社を構え、グループインタビュー・デプスインタビューのほか、エスノグラフィやネットリサーチ、モバイルリサーチ、会場調査や企業ベンチマーク、webリーザビリティ調査やUXリサーチワークなどのサービスを提供するマーケティングリサーチ会社です。
調査目的・課題の整理から対象者の抽出、モデレーターの選出や会場設計、分析・レポート作成まで、トータルにサポートできるグループインタビューは、海外にも対応しているのが最大の特徴。海外グループインタビューを国内で発注する感覚で依頼できます。
また、1971年にソニーの100%子会社として設立され、若者の嗜好やライフスタイルの把握など若者市場への事業展開支援、AV機器のリサーチ事業展開の経緯を持ち、現在では生活者のインサイトを商品・サービス開発・改善に活かす定性調査にも注力しています。

こんな人におすすめ
・海外でのグループインタビュー実施を検討している方
・仮説を裏付ける定量調査を同時に実施したい方
・定性調査に注力するリサーチ会社に依頼したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
1971年
従業員数
10-29人
会社所在地
東京都品川区北品川5-11-3
電話番号
050-3807-2168

2- 2. 株式会社ネオマーケティング

株式会社ネオマーケティング
出典:株式会社ネオマーケティング http://www.i-research.jp/

ネオマーケティングは、東京都渋谷区の本社、大阪市・仙台市の営業所のほか、沖縄2か所のマーケティングラボを持ち、グループインタビュー・デプスインタビューなどの定性調査、ネットリサーチ・会場調査などの定量調査、アイトラッキング、LINEリサーチ、スタートアップリサーチなどのサービスを提供するマーケティングリサーチ会社です。
調査設計から発言録作成までトータルにサポートするグループインタビューは、圧倒的な情報量を得ることを目的に、リクルーティング、会場設備、モデレーター手配の3点を重視。さまざまな得意分野を持つ経験豊富なモデレーターから、調査内容・目的に応じた最適な人材をアサインします。
マーケティングリサーチの価値を最大化するパートナーを目指し、アイデア創出からコンセプト立案、プロトタイプ作成まで、商品企画・サービス開発を共創する提案を行っています。

こんな人におすすめ
・グループインタビューから最大限の情報を収集したい方
・グループインタビューに複数の調査方法を組み合わせたい方
・企画・開発に有益な提案のできるリサーチ会社に依頼したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
2000年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都渋谷区南平台町16-25 養命酒ビル
電話番号
03-6328-2881

2- 3. 有限会社RINGO

有限会社RINGO
出典:有限会社RINGO http://www.e-ringo.co.jp

RINGOは、東京都杉並区に本社を構え、グループインタビュー・デプスインタビューのモデレーター、ホームビジットなどのインタビューサービス、定性調査の企画・設計・分析サービス、コンサルティングサービスなどを提供する定性調査のプロフェッショナルカンパニーです。
深い人間洞察にもとづいた、触発的インタビューを実現できるグループインタビューは、調査の企画立案はもちろん、事後ミーティング、シンプルに論理的に整理されたレポート作成までをトータルサポート。
インタビューの最中でも、会話の進行に応じて仮説を組み立て直し、整理したうえで進行できる優秀なモデレーターによって、グループインタビューから最大の情報を引き出せます。
グループインタビュー・デプスインタビューのエキスパートとして調査設計・モデレーター派遣・分析・レポート作成に特化しています。

こんな人におすすめ
・優秀なモデレーターのみを探している企業の方
・グループインタビューの効果的な実施手法を相談したい方
・グループインタビューを臨機応変に進行させたい方

予算感
要問い合わせ
会社所在地
東京都杉並区和泉4-44-1
電話番号
03-4296-8677

3.グループインタビューで失敗しないためのポイント

グループインタビューを依頼する際、気を付けておくべきポイントを解説します。

グループインタビューが調査課題に適しているのか検討


座談会形式でモニターが自由に発言できるグループインタビューは、調査課題や目的によって適している・いないがハッキリ分かれてしまう性質があることも事実です。
まずは明らかにしたい課題が、グループインタビューという調査手法に適しているかを検討する必要があるでしょう。
たとえば、自由に会話してもらうことで、自社でも気付かなかった新たなアイディアを発見するのに役立ちます。一方、ターゲット層を代表するにはモニター数が少な過ぎるため、全体傾向の測定や複数案からの絞り込みには、適していないといえるでしょう。

課題の目的を明確にして仮説を立てる


グループインタビューは課題を解決するヒントを導き出すのに有効な調査手法ですが、自社の考えと比較検討・検証するためにも、あらかじめ仮説があったほうがいいのは当然です。
どんなに優秀なモデレーターがコントロールしていても、グループインタビューではモニターのインサイトを深掘りするのは困難です。モニター同士が触発され、思いもよらない発見が得られることがメリットであり、自由な会話を広げることに狙いがあります。
事前に設定した仮説を軸に、広がりのある意見を募ることで、課題解決に向けた大きなヒントも得られるでしょう。

分析・レポートの手法を検討する


定量的な調査と異なり、言葉の言い回しやニュアンスで微妙に意味合いが異なってしまう定性調査では、分析・レポーティングが非常に重要です。
特にグループインタビューでは、膨大な情報をどのように分析するのか、どのようにレポートにまとめて次に活かしていくのか、検討しておく必要があるでしょう。
モデレーターがコントロールしているとはいえ、グループインタビューでは話題が前後するのは当たり前であり、テーマの前提や仮説が変動していくことも珍しくありません。そのため、ミラールームなどで参加者の表情や仕草を見守るなど、発言以外の要素も重要です。

【まとめ】リサーチ会社選びで迷ったらアイミツ


商品開発のコンセプトを固めたい、改善のアイデアを得たいなどのケースで、非常に大きな効果が期待できる調査手法がグループインタビューです。ただし、すべての課題に対して有効な調査手法ではないのも事実です。課題が適しているのかを見極めると同時に、ほかの調査手法を組み合わせていく必要もあるでしょう。

そのためには、マーケティングリサーチ会社の豊富なノウハウが必要です。しかし、さまざまな特徴を持つリサーチ会社の中から、最適な1社を選定するのは簡単ではありません。

そんなときは、優良なリサーチ会社が多数登録する「アイミツ」までご相談ください。経験豊富なコンシェルジュが、あなたの要望を丁寧にヒアリングしながら、最適な1社を選定するお手伝いをさせていただきます。

ネットリサーチ会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

グループインタビュー対応のネットリサーチ会社のページを見た人はこんなランキングも見ています

グループインタビュー対応でネットリサーチ会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

ネットリサーチ(アンケート・モニター調査)を行うメリットは、従来の郵送で行う調査や電話・対面調査に比べ、全国を対象に短期間で、大量のアンケート結果を得て、分析できることです。「調査規模や内容が、料金に見合っているか」「自社の目的に合った調査ができるか」「調査設計や専門的な分析など、サポートが充実しているか」「データや個人情報の扱いは適切か」などの観点から、自社に合っているリサーチ会社を選びましょう。調査にかかる費用は、調査内容や規模によってことなりますが、最低でも30万円以上、大掛かりで、調査企画から専門的な分析まで依頼すれば100万円を越えることもあります。また、モニター会員によって、アンケートの結果が変わりますので、どのような属性の会員がいるか、モニター会員をどのように管理していているか、なども忘れずに確認しましょう。また、リサーチ会社のプライバシーマーク取得の有無、システムのセキュリティー体制も、重要なポイントとなります。

ネットリサーチ会社が
最短翌日までにそろう