無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2021年12月10日
更新日:2021年12月10日

交通広告にかかる期間・スケジュール【2022年最新版】

本記事では交通広告の申し込みから掲出にかかる期間・スケジュールについて解説します。具体的に必要な手続きや工程を紹介するとともに、スケジュールを組む際のポイント、外注先の選び方などをまとめました。

交通広告依頼するのに必要な期間とは

交通広告で依頼から掲載までにかかる時間は、掲載媒体の種類や必要な工程数によって左右されますが、平均的には申し込みから掲載までにおよそ2週間~1カ月程度の時間がかかります。

交通広告依頼時にある程度の時間がかかる理由

交通広告の依頼時に2週間~1ヵ月程度の時間がかかる主な理由を以下にまとめました。

・掲載自体の可否、および掲載物のデザインに関する審査が必要
・媒体によっては、掲載物の納品から掲載開始まで一定の期間を設けていることがある
・掲載媒体やプラン、期間の選択肢が多いため、絞り込みに時間がかかる


交通広告は公共性の高いメディアであるため、他の広告に比べて審査が厳しい傾向にあります。誇大広告や過度な肌の露出、恐怖心・不安感をあおる表現などが代表的な例ですが、そういった不適切な広告を掲載しないよう、掲載物自体の審査が行われるだけでなく、掲載企業が問題ない企業であるかどうかの審査も行われるため、審査関連に一定の時間を割くことになります。

また、例えばバス車外広告(車体広告)は掲出開始の約2ヵ月前までに申し込み・デザインの提出が必要となるなど、媒体によってはかなり早いタイミングで手続きを始める必要があり、結果的に申し込みから掲載まである程度の時間を要すことになります。

交通広告依頼のスケジュール

交通広告会社へ依頼した場合の具体的なスケジュールを紹介します。実際の進め方は依頼する交通広告会社によって多少変動しますが、ここでは交通広告依頼時に必要な7つの工程を選出し、それぞれの工程で何が行われるか順を追って解説します。

1.問い合わせ
2.企画の提案
3.媒体の選定
4.申し込み・契約
5.制作
6.審査
7.納品・掲載開始

各工程の概要だけでなく、注意点・ポイントなども併せて解説しますので、スケジュールを組む際の参考にしてみてください。

①問い合わせ

交通広告会社に問い合わせし、広告に関する自社のニーズや予算を伝えながら打ち合わせを行います。
この時点で依頼する交通広告会社が決まっていない場合は、問い合わせの中で提供サービスや手続きの流れ、おおよその費用などを確認した上で複数社を比較して検討するのも良いでしょう。掲載媒体や対応可能エリアは交通広告会社によって異なりますので、問い合わせ段階で確認しておくことをおすすめします。

②企画の提案

顧客の目的・希望・課題などをもとに、交通広告会社が適したメニュー・プラン、料金、掲載期間などを提案します。交通広告は媒体の種類や掲載期間が豊富であるため、ほとんどの交通広告会社で予算に合わせた提案をしてくれるでしょう。
また、交通広告と他の広告を組み合わせたメディアミックスに対応可能な交通広告会社もありますので、複数の広告会社から企画が提案された後に自社の目的達成と最も相性の良い会社を絞り込むのもひとつの手です。

③媒体の選定

交通広告の大きな特徴は、電車・バス・タクシーなど多種多様な交通機関の媒体が用意されているだけでなく、広告の種類(ポスター・ステッカー・動画広告など)も非常に豊富な点です。
したがって、膨大な交通広告の中から企画に沿って最適な媒体選びを行う必要があり、この段階で媒体選択に加え、路線・エリア、広告の種類、掲載期間といった部分まで詰めていくのが一般的です。媒体選定の際には、広告会社に各媒体の特性やメリット、期待できる費用対効果などを確認した上で、相性の良いものを選びましょう。

④申し込み・契約

掲出媒体やプランが固まった段階で、掲載を希望する時期の交通広告会社が空き状況などを確認します。利用の確認が取れた場合はそのまま該当媒体を確保されますので、交通広告会社に申し込みし、契約を結びます。
この際、注意したいのは媒体によって申し込み受付期間が異なる点です。「駅張りポスターの場合は申し込みから掲出まで最低2週間必要」「バス車体広告の場合は掲出開始からさかのぼって2ヵ月前までに申し込みおよびデザインの提出が必要」といった具合に、申し込み期限が設けられている場合がありますので事前に確認しておきましょう。

⑤制作

掲載媒体の仕様・企画に合わせてデザインを制作します。デザインについては「依頼元がデザインを制作して入稿するパターン」と「交通広告会社にデザインを制作してもらうパターン」の2種類がありますが、デザイン制作が可能かどうかは交通広告会社によって異なりますので申し込み前の段階で確認しておきましょう。
ただし、デザインについては掲載前に広告主(鉄道会社など)の審査が入るため、各広告主のデザインに関するガイドラインを踏まえた上で制作することが大切です。

⑥審査・掲載物制作

制作したデザインを広告主が審査します。電車・バスなどの公共交通機関の場合、以下のような点が審査のガイドラインとして設けられています。

・公共交通機関としての適切性:特定の政治宣伝や宗教宣伝が主目的ではないか、など
・消費保護の観点:消費者の不利益となるような内容でないか、など
・児童および青少年保護の観点:卑猥な表現、暴力的な表現はないか、など
・各種法律との適合性:医療法、薬事法に違反にしていないか、など

審査で指摘された箇所は修正が必要となりますが、無事に審査を通過した場合は、掲載媒体の仕様・サイズなどに合わせて掲載物の制作に進みます。

⑦納品・掲載開始

完成した掲載物を納品しますが、納品時に必要な工程は掲載物の種類によって異なります。動画広告であれば、仕様に沿ってデータ編集したものを入稿するだけで完了ですが、ポスター・ステッカー・看板などアナログ媒体の場合は別途掲載物の制作や印刷が必要となります。掲載物の制作や印刷を自社でまかない、完成品を交通広告会社に依頼する方法もありますが、手間を抑えてスムーズかつ確実に広告掲出まで進めたいのであれば、交通広告会社に掲載物の制作や印刷も任せておいたほうが安心でしょう。
掲載物の納品が終われば、あとは申し込んだタイミングで掲載が開始されるのを待つだけです。

交通広告のスケジュールを組むときのポイント

交通広告は、掲載に至るまで複数の工程をクリアする必要があるため、申し込みから掲載開始まで2週間~1ヵ月程度の時間がかかるケースが多く、希望するタイミングで広告展開するにはスケジュールの組み方が重要なポイントとなります。
そこでここからは、交通広告のスケジュールを組む際に特に気を付けたいポイントを2つ紹介します。

申し込み期限は早めに確認しておく

媒体によっては「この媒体は、掲載開始の2ヵ月前までに申し込み」といった形で、そもそも申し込み期限が設けられている場合があるため注意が必要です。交通広告を検討している場合は、なるべく早い段階で媒体ごとの申し込み期限を確認しておき、必要な工数を加味した上で掲載希望機関から逆算して依頼のタイミングを決めると良いでしょう。

外注をうまく活用して工数調整する

交通広告を掲出するには、企画、デザイン制作、掲出物制作など、いくつもの工程をクリアする必要があります。いずれかの工程を自社対応でまかなうのもひとつの手ではありますが、交通広告では掲出期間が決まっているため、期限内にすべての工程を終わらせなければいけません。そのため、自社対応で工数が読めない部分に関しては外注先に任せるのが安心でしょう。


「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数ある交通広告会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

交通広告を外注するときの成功のコツ・失敗例

交通広告を外注するときの成功のコツ・失敗例を知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください!

交通広告の外注先の選び方・ポイント

交通広告を外注するときの選び方・ポイントを知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください!

まとめ

交通広告は申し込みから掲出開始まで2週間~1ヵ月程度かかるものが多く、必要な手続きも複数存在するため、外注を活用して工数・スケジュールをうまく調整することが大切です。そのため、パートナーとなる交通広告会社選びが成功のカギを握ると言っても過言ではありません。

自社にノウハウがなくとも、交通広告会社であれば、安心して依頼できるでしょう。アイミツではご要望を伺った上で、条件に合う交通広告会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

交通広告会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!