無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

交通広告会社の費用相場が
いますぐわかる!

更新日:2021年12月10日

交通広告を外注するときの成功のコツ・失敗例【2022最新版】

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、交通広告を依頼したいとお考えの方に向けて、外注するときの成功のコツや失敗例を紹介します。

また、アイミツでは交通広告会社についての詳細や、お客様の疑問が解決するよう細かなヒアリングも実施していますので、ぜひお気軽にご相談ください。

交通広告依頼を成功させるには

業種・取り扱いサービスを問わず、交通広告依頼を成功させるにはいくつかのポイントを踏まえて運用にあたることが大切です。

自社の狙い・ターゲットを明確にする

媒体が豊富に用意されている交通広告は、特定のターゲットに向けて訴求しやすいメディアです。その反面、自社が広告を展開する狙いやターゲットが明確になっていなければ、効果的な媒体・エリアの選定が難しいとも言えるでしょう。

したがって、交通広告を依頼する際にはまず自社の強みや特徴を把握した上で、「どんな人に何を訴えたいか」を明確化しておくことが、最終的な成功を左右するカギとなります。

費用対効果を重視する

交通広告は掲出料が数万円のものから数百万円のものまで、非常に幅広い価格帯の媒体が用意されています。もちろんコストをなるべく抑えるのは重要なことですが、コストを重視しすぎるあまりに効果が薄くなってしまうのは本末転倒です。

そのため、コストだけで検討するのではなく、「コストに対して期待できる効果」を分析し、費用対効果の高い媒体を選択するよう心がけましょう。

クリエイティブにも力を注ぐ

クリエイティブとは、いわゆる「見せ方・デザイン」のようなもので、交通広告ではクリエイティブの良し悪しが広告効果を大きく左右します。

交通広告は媒体が非常に豊富ですが、例えばバス車体広告のような掲載面の大きなものはインパクト重視、ステッカーのようなサイズが小さいものは簡潔かつ分かりやすさなどといった、具合的に媒体によって適切な見せ方が変わるからです。

また交通広告は、他者の広告と並んで掲出するケースが多い性質を持っています。他社との差別化を図る上でもクリエイティブ面に工夫を凝らすことは重要なポイントでしょう。

業種・目的別に注意すべきポイントを紹介

交通広告は、掲出先・期間・デザインなどを変えることで、さまざまなターゲットや目的に沿った訴求が可能です。
しかし、柔軟性が高いだけに、ターゲットや目的に合わせて押さえるべきポイントを変えながら運用を進める必要があります。交通広告を成功させるコツは、依頼主の業種・目的・提供サービスなどによって異なると言えるでしょう。
ここでは、業種・目的の具体例に合わせて注意すべきポイントをそれぞれ解説します。

飲食店宣伝依頼でのポイント

飲食店の宣伝に交通広告を用いる場合、重要なのは媒体およびエリアの選択です。実店舗に来店してもらう事業スタイルであるため、店舗がある地域の駅構内や周辺施設への掲出がやはり効果的です。

また、飲食店が交通広告を利用するメリットは、認知度向上や新規顧客の呼び込みだけでなく、過去に来店した利用者の記憶を呼び起こす効果にも期待できます。
そのため、テキスト多めのデザインよりも店舗の名物や目玉商品などのイメージを前面に打ち出すデザインにすることで、視覚に直接訴えかけ、ユーザーへ強い印象を与えやすくなるでしょう。

新店オープンの告知依頼でのポイント

新店のオープン告知で交通広告を活用する場合は、短期掲載が可能な媒体を選ぶのがポイントです。新店オープンの告知は、時期が早すぎても効果が薄れてしまうため、短期集中的なプロモーションが費用対効果を高めることが秘訣と言えるでしょう。

また、さまざまな交通広告の中でも電車・バスなどの車両内ポスター、駅貼りポスターなどは1日~1カ月と短期間の掲出が可能。エリアを絞り込んだ訴求もできるため、新店のオープン告知とは相性の良い掲出先になります。

さらに、掲出期間が短いほどコストが抑えられ、複数箇所に掲出することで、より多くのユーザーに訴求するのもひとつの手でしょう。

ブランディング依頼でのポイント

ブランディングは、認知度や好意度アップが目的であるため、短期的な売り上げや顧客獲得を目的とした広告とは差別化した運用が求められます。

交通広告の場合、主要駅構内の広告をはじめとしたより多くのユーザーの目に留まる掲出箇所を選定することが大事なだけでなく、ある程度中長期的な掲出がブランディングとは相性が良いといえるでしょう。

また、競合他社との差別化を図るために、ホーム一帯に同一広告を掲出してジャック感を演出するなど、視覚的にインパクトを高める戦略も効果的です。

医療機関が依頼する際のポイント

交通広告はさまざまな医療機関で用いられており、認知度向上や来院を目的とした形で活用されるケースが一般的です。

ただし、医療機関で交通広告を活用する際には、厚生労働省が定めた「医療機関の広告に対する規制を示したガイドライン」に則って対応する必要があり、他の医療機関との比較や患者のクチコミの記載などはNGとなるため注意が必要です。

また、来院患者の多くは、医療機関がある周辺地域から通うことになるため、エリアを絞り込んだ展開が大切なだけでなく、診療科目や所在地といった医療機関の概要を分かりやすく伝えることもポイントになります。

教育・学校施設が依頼する際のポイント

教育関連の施設では、オープンキャンパスや説明会の告知や学部の紹介など、さまざまな目的で幅広く交通広告が活用されています。

教育・学校施設の場合、前提として施設の存在を認知してもらい、興味を引き出すことが重要であるため、ポイントとなるのはターゲットになり得る学生や保護者が多く利用するエリアや掲出先を選定することです。

また、オープンキャンパスなどの告知に利用する場合は、日程に関する記述を分かりやすく入れ込むだけでなく、ターゲットの興味が強まっているタイミングに合わせて広告掲出することも心がけましょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数ある交通広告会社から貴社の要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

交通広告依頼の失敗例

交通広告を依頼した際の失敗例を紹介しながら、成功のコツに役立つ情報をまとめます。

媒体を自社の独断で選択して失敗

交通広告は、さまざまな媒体の中から特定の媒体を選んで掲出する仕組みとなっていますが、自社の独断で媒体を選んだ結果、「思うような効果が得られない」という失敗に至ったケースがあります。

確かに交通広告は、「バスは地域性を活かした訴求に向いている」「車体広告はインパクトが強い」など、調べればある程度媒体ごとの特性を理解できるとはいえ、実際の効果まで素人が予測するのは至難の業です。

一方で、交通広告会社の中には過去に出稿した広告データが蓄積されているため、これまでの実績から「○○鉄道の○○路線ではこれぐらいの効果が出た」などという、今までのデータをもとにした媒体選定が可能です。

したがって、媒体選択で失敗しないためには、実際に運用した実績を備えている交通広告会社のアドバイスをもとに絞り込みを行うのが安心でしょう。

既存の素材をそのまま活用して失敗

世の中にはさまざまな広告が存在するため、交通広告へ依頼する段階で既存の広告素材を持っている企業も少なくありません。ですが、既存の素材をそのまま交通広告で使ったために失敗してしまうケースもあります。理由は、「訴求するシチュエーションが異なるから」です。

例えば、新聞・雑誌などで用いた文字が中心の広告素材があったとしましょう。この広告素材を駅利用者が行き交う移動ルートの看板広告に設置しても、歩きながら広告を目にするユーザーにすべての内容を読んでもらうのは非常に難しいのがイメージできるかと思います。

このように、交通広告の素材は設置場所のシチュエーションやサイズなどを考慮し、より効果的に訴求できる形にデザインにして掲出しなければ、思うように効果が出ない失敗に陥ってしまう可能性が高くなります。

広告物の制作で失敗

交通広告は、掲載箇所の仕様・サイズに合わせて広告物を制作する必要がありますが、この失敗は制作段階でミスが起こってしまったケースをご紹介します。

交通広告の媒体の中には、円柱に巻き付けるタイプの広告やラッピング広告など、特殊な制作技術が求められるものも多数存在しています。ですが、いざ制作となると、「デザインが崩れてしまった」、「レイアウトがおかしい」など、想定外の事態に陥るケースも珍しくありません。こういった失敗例の多くは、自社対応や自社で個別に制作先を外注してしまった場合などに起こります。

逆に、交通広告会社は制作に関しても、自社で質の高い制作技術を有していたり、信頼できる発注先を確保していたりと、ノウハウが豊富です。このような点から、自社で対応をするよりも交通広告会社に任せるのがおすすめでしょう。

交通広告を外注する際に気をつけること

失敗例を踏まえて、交通広告を外注する際に気をつけたいポイントを紹介します。

ノウハウが不足している部分は外注する

交通広告で失敗してしまうケースの多くは、制作や媒体選びを自社主導で進めてしまうなど、不適切な選択や対応によるものです。

もちろんコストを抑える目的などから「自社でまかなえるところは自分たちでやる」という考えもありますが、広告運用には必ずコストがかかる以上、効果を高めることを最優先に考えなければいけません。

したがって、自社でノウハウが不足している部分は外注を活用して質を担保し、成果につながる広告運用を進めることが大切です。

制作までサポートしてもらう

交通広告の中には、ポスターやステッカーなど比較的制作が容易に行えるものもありますが、効果的に訴求するには交通広告会社のサポートを受けるのがやはり安心です。

単に技術的な問題だけでなく、交通広告会社は顧客の目的や狙い、媒体の特性などを踏まえて効果的な見せ方やデザイン面のサポートが可能になります。
さらに自社で制作が難しく、いずれにしろ外注が必要なのであれば、交通広告会社に制作もまとめて依頼することで、顧客の意図を反映した制作物を作りやすいでしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数ある交通広告会社から貴社の要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

交通広告の外注先の選び方・ポイント

交通広告を外注するときの選び方や、ポイントを知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください!

交通広告の相場・費用

交通広告を外注するときの相場や費用を知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください!

まとめ

交通広告は、業種・目的別に注意すべきポイントが異なるだけでなく、外注をうまく活用することが結果的に費用対効果を高める成功のコツといえます。

とはいえ、数ある交通広告会社の中から自社と最も相性の良い会社を見つけ出すのは簡単ではありません。
アイミツでは、交通広告会社に関する情報を数多く取り揃えており、一括資料請求や一括見積もりを随時受け付けています。外注先をお探しの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

交通広告会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!