無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

交通広告会社の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年11月2日

交通広告の外注先の選び方・ポイント【2022最新版】

さまざまな広告媒体が存在するなかで、特に視認性が高く、狙ったエリアの顧客に効果的にアプローチができる「交通広告」。本記事では、交通広告の依頼を検討中の方に向け、交通広告の外注先の選び方・選定のポイントを解説していきます。発注後のお客様へのヒアリングを行っているアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。ぜひ発注先選びの参考にしください。

交通広告の外注先選びで失敗しないための準備

交通広告に限らず、広告は実施すれば必ず成果があがるというものではありません。適切なターゲットに、適切な形で、適切な予算で広告展開を行ってこそ、コストに見合った成果が得られます。ここからは、交通広告で外注する前に押さえておきたい準備のポイントというものも存在します。

自社サービス・商品の強みを理解する

競合に打ち勝ち、自社のサービス・商品をユーザーに選んでもらうには、自社の強みや特徴を的確にアピールし、ユーザーの興味を引き出すことが大切です。交通広告の外注先を選ぶ際には、価格・質・機能性・デザイン・プランなど、さまざまな要素の中から「自社の強みが何なのか?」を理解し、まずは企画を進める「柱」を立てるようにしましょう。

市場調査を実施する

ユーザーの求めているものを理解することは効果的な広告展開に欠かせません。ユーザーニーズの調査・分析は交通広告の準備段階で手を打っておいたほうが良いでしょう。また、競合他社の広告をリサーチすることで、広告展開の手法やテクニックなど参考にできるだけでなく、競合他社に不足している点も知ることができるため、ヒントをもとにした、より効果的な広告展開に役立てられます。

交通広告の外注選びの7つのポイント

交通広告会社は数多く存在しますが、取り扱い媒体や提供サービスの内容、経験・実績などは千差万別です。そのため、自社と相性の良いパートナーになってくれる交通広告会社を選ぶには、あらかじめいくつかのチェックポイントを設けた上で、より多くのニーズを満たしてくれる会社を選ぶのがベストです。ここでは、交通広告の外注選びの際に心がけたいポイントを7つピックアップし、それぞれの重要性を分かりやすく解説します。

対応エリアを確認する

交通広告会社の中には、「〇〇県に特化している」「〇〇鉄道のみの取り扱い」などといった形で対応エリアを限定していることが多々あります。もちろん、地域や路線が限定されれば、広告展開できるエリアも限られることになるため、自社の広告戦略をカバーできるエリア展開を行っている交通広告会社を選ばなければいけません。
また、すでに広告展開したいエリアが決まっている場合は、該当のエリアで実績豊富な交通広告会社を選択することで、地域性を踏まえた効果的な手法やノウハウに期待できるでしょう。

取り扱い媒体を確認する

掲出先・広告の種類が豊富な点は交通広告の代表的な特徴です。

・掲出先:電車・バス・タクシーなどの車両、駅や空港などの関連施設
・広告の種類:車体広告、ステッカー、ポスター、デジタルサイネージ


ざっと挙げただけでも交通広告にはこれだけ多くの選択肢が用意されていますが、どの媒体を扱っているかは交通広告によってさまざまです。依頼前に掲出先・広告の種類が決定しているなら交通広告会社を絞り込みやすいでしょうが、そうでない場合は、多種多様な掲出先・広告の種類を取り扱う会社を選ぶことで、柔軟な戦略に対して臨機応変に対応できます。

提供サービスの範囲を確認する

交通広告掲出に至るまでには、企画・媒体選定・デザイン制作・審査など、いくつものプロセスをクリアしなければなりませんが、すべての交通広告会社がこれら全部のプロセスを請け負ってくれるとは限らないため、事前に提供サービスの範囲を確しておくことが大切です。
また直接的なプロセスとは別に、準備段階で重要なエリアマーケティング、実施後の分析に重要な効果測定といった部分への対応の可否まで確認しておけば、より万全な態勢で臨めるでしょう。

手数料・サービス料を確認する

交通広告の出稿料自体は広告主(鉄道会社など)が設定しているため一律ですが、交通広告会社を利用する際には別途「手数料・サービス料」などが発生します。手数料・サービス料は広告出稿料の20%程度に定めているところが多いとはいえ、会社によっては「広告費に関わらず一定の固定報酬」「成果に合わせて変動する成果報酬制」など、異なる形を取っているケースも珍しくありません。交通広告会社選びの際は、これら手数料・サービス料と提供サービスのバランスを考慮し、比較・検討すると良いでしょう。

自社の業界・サービスとの相性を確認する

交通広告は、業界・取り扱いサービスに合わせて掲出先や掲出方法を変えることで、最終的な成果が大きく左右される特性を持ちます。例えば、実店舗を持つ会社の場合は、周辺地域へのアピールが大切であるため、特定ルートの電車・バスに掲出する、といった具合です。
こうした適切な広告戦略を打ち出すには、業界やサービスの特性を理解し、それなりの経験を積んでいることが大切ですから、交通広告会社の実績や強みから自社との相性の良し悪しを吟味すると良いでしょう。

交通広告以外の対応領域を確認する

交通広告は各種交通機関の利用者に対して、車両や駅などの現場で直接訴求する手法ですが、複数の媒体を組み合わせて相乗効果を生み出すクロスメディア(メディアミックス)広告と相性が良い特徴を備えています。
例えば、ステッカーにQRコードを設置し、Webサイトへ誘導することでさらにアプローチする、といった形で広告効果を倍増させられるわけです。ですが、すべての交通広告会社がクロスメディアに対応できるわけではありませんので、広告会社選びの段階で交通広告以外の対応領域まで確認しておくことが大切です。

運用体制を確認する

ほとんどの交通広告会社の運用体制は「専任性」と「分業制」の2パターンに分かれています。専任性では、専任担当者が顧客を最初から最後まで担当するのに対し、分業制では、営業・プランナーなど、担当が細かく分かれているのが大きな特徴です。一概にどちらが好ましいとはいえませんが、「密なコミュニケーションを取りたいから専任性を選ぶ」といった形で、自社の希望に合致する運用体制を敷いている会社を選ぶのが、スムーズに運用を進めていくポイントです。また、運用体制に加えて、担当者との相性や訪問の有無、レスポンスの速さなども合わせて確認しておくとより安心でしょう。

交通広告会社を比較する方法

交通広告会社の選び方として7つのポイントを前述しましたが、ここでは複数の会社を比較検討する際の具体的な方法を紹介します。

取り扱い媒体で比較

交通機関の種類(電車・バス・タクシーなど)、エリア・路線によって、利用者の層や生活圏は大きく異なるため、交通広告では交通機関・エリア選びが広告効果を大きく左右する性質を持っています。
そのため交通広告会社選びでは、取り扱い媒体を比較し、自社が訴求したいターゲットが利用する交通機関・エリアをカバーできる媒体を取り扱っている会社を選びましょう。広域展開をお考えの場合は、より多くの交通機関・エリアを取り扱っている交通広告会社を選んでおけば、多種多様な戦略に柔軟に対応できます。

提供サービスと費用のバランスを比較

交通広告会社には、広告主と顧客の橋渡しとなる役割だけでなく、必要に応じて制作や企画提案を行うことで顧客を多角的にサポートする役割も求められます。ですが、「何を・どこまで対応するか」は交通広告会社によってさまざまなだけでなく、制作料・手数料なども千差万別。そのため、提供サービスと費用の両方を確認した上で、条件に合致する会社を比較してコストパフォーマンスに優れた会社を選ぶと良いでしょう。

交通広告を外注するときの成功のコツ・失敗例

交通広告を外注するときの成功のコツ・失敗例を知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください!

実際に会社選びをしてみる

これまでは会社の選び方やポイントについて解説してきました。

ここからは、会社選びを実践してみましょう。

おすすめ企業から比較・選択する

アイミツではコンシェルジュが、あなたにあった企業を選定しご提案します。

一社一社自分で探している時間がない、どのように比較すればいいのかわからないという方はぜひアイミツにお問い合わせください。

企業一覧から比較・選択する

会社選びのポイントを参考に数ある企業の中から企業を選んでみてはどうでしょうか。業種・地域・特徴などから絞り込みも可能です。

交通広告の相場・費用

交通広告を外注するときの相場・費用を知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください!

【まとめ】交通広告に迷ったらアイミツへ相談しよう

交通広告は、媒体が豊富であり、期間や予算を調整しやすい自由度の高さが特徴的ですが、自由度が高いだけに、効果的な広告展開を行うには自社と相性の良い交通広告会社選びが非常に大切な意味を持ちます。
ですがさまざまな特徴を持つ交通広告会社の中から、自社にベストなパートナーを選ぶのは簡単ではありません。アイミツでは、お客様の要望やお悩みに合わせて相性の良さそうな交通広告会社を紹介していますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

交通広告会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!