電話で相談する

フリーダイヤル

0120-917-819

営業時間 平日10~19時

公開日: 更新日:

交通広告の依頼の流れ・手順を解説【2022年最新版】

さまざまな広告媒体が存在するなかで、特に視認性が高く、狙ったエリアの顧客に効果的にアプローチができる「交通広告」。本記事では、交通広告の依頼を検討中の方に向け、交通広告を依頼する際の流れや手順をわかりやすく解説していきます。交通広告の発注を検討中の方はぜひ参考にしてください。

目次

交通広告とは

交通広告とは、電車・バス・タクシーなどの交通機関に掲出する広告の総称です。乗り物自体に掲出するポスターやステッカーをはじめ、駅や空港といった関連施設に掲出される広告も交通広告に含まれます。
ここでは交通広告の特徴と合わせて具体的なメリットを紹介します。

交通広告の特徴

広告には、Web広告・テレビCMなどさまざまなジャンルがありますが、他の媒体と比較した際の交通広告の代表的な特徴には以下のようなものが挙げられます。

・テレビや新聞と同等の高い接触率
・強制視認性が高い
・反復訴求が可能
・広告の種類が多い
・予算に合わせて展開しやすい


交通広告は交通関連の空間に掲出する媒体であるため、生活の軸となる通勤・通学といったプロセスの中に組み込んで反復的に訴求できるのが大きな特徴です。

交通広告の持つ強み

交通広告の大きな強みは、強制視認性に優れている点と言えるでしょう。Web広告や雑誌広告のように「その媒体を選んだ人のみが接触する」ものとは異なり、乗車中・移動中に自然と目に飛び込んでくるという特性があります。
また、交通機関のルートや路線の周辺地域に特化して展開する「地域性を活かした広告展開」と相性が良い点も見逃せません。コストについても、広告の種類(ポスター・ステッカーなど)、エリア・ルートなどを工夫することで、柔軟に調整可能です。

交通広告の発注の大まかな流れ・手順

交通広告を発注するにあたっての大まかな流れ・手順について、自社対応と外注の違いなどを交えながらご紹介します。

交通広告の掲出に至るまでの全体的な流れ

まずは交通広告掲出の大まかな流れを紹介しましょう。
ここで説明する流れは、自社対応・外注を問わず、交通広告掲出に必要な手順をまとめたものであるため、「どのような工程が必要か?」「どこまで自社対応できるか?」を判断する参考にしてみてください。

1.掲出先・掲出期間・掲出エリア・広告の種類を決める
交通広告は電車・バス・駅など、掲出先が複数存在しています。そのため、目的な予算に合わせて掲出先を決定するとともに、掲出期間やエリア(ルート)、広告の種類(ポスター、看板、ステッカーなど)をまずは絞り込みます。

2.広告主の審査
広告主によっては、規制業種や競合の告知NGといった規定を設けている場合があるため、掲出希望先の広告主(各種交通機関の運営会社など)が掲出の可否を審査します。

3.広告の空き状況確認
掲出を希望する広告の空き状況を問い合わせ、申し込みが可能であるか確認します。

4.掲出先への申し込み・枠押さえ
掲出媒体を選び、広告の種類・掲出期間・数量などを定めて広告主へ申し込みます。内容に問題がなければ、広告主が枠を押さえます。

5.掲出物の制作
掲出物のデータが用意されていない場合はデザインデータを制作します。

6.デザイン審査
制作したデザインデータを広告主に提出し、問題がないかの審査が行われます。
誇大表現の有無、青少年育成法への抵触(肌の露出が多い、表現が過激など)といったガイドラインに基づいて広告主が審査を行います。

7.入稿・納品
デザイン審査を無事通過した場合、掲出媒体の仕様に合わせてデータを編集し、入稿します。紙媒体などの場合は、別途印刷物を制作した上での入稿となります。

8.掲出開始
掲出期間に入ると、広告が掲出されます。

以上が交通広告掲出の大まかな流れです。必ずしも上記で示した流れで進むわけではなく、工程が前後したり、外注する場合は工程が追加もしくは省略されたりするため、あくまで全体的な流れのイメージをつかむ上での参考にしてみてください。

交通広告を自社対応する場合と外注する場合の手順の違い

交通広告を掲出するにはいくつもの工数をクリアする必要がありますが、仮にすべてを自社対応でまかなう場合、必要な手順は前述の手順からさらに多くなることがほとんどです。まず大きなハードルとなるのが企画。自社の課題や目標を踏まえた上で、「何を・誰に・どのように」訴求するのかを適切に見出すためには、現状分析や市場調査が必要なだけでなく、交通広告の特性を踏まえた戦略的な考察が求められます。広告は企画の質が最終的な効果を大きく左右するため、必然的に企画立案の段階で多くの工数がかかることが予想されます。また、企画自体をクリアできても、自社対応で交通広告掲出に関わるすべての工数をクリアするには「媒体の空き状況確認や各種審査に伴う広告主とのやりとり」「デザインデータの制作」「掲出物の準備など」さまざまな手間がかかるのが現実です。
いっぽうで外注した場合は、交通広告掲出に関わる以下のようなプロセスを任せることができます。

・企画
・掲出媒体の選出(顧客のニーズに沿って相性の良い候補を提案してくれる)
・広告主とのやりとり
・掲出物のデザインや制作

つまり、外注をうまく利用すれば、交通広告の掲出において手間・工数のかかるほぼすべてのプロセスを任せられるため、自社の手間・工数は格段に少なくなり、掲出までの時間も大幅に短縮できるようになります。外注に関しては、一連の工数をサポートしてもらう方法もあれば、制作・デザインなど一部を依頼する方法もあり、どの程度外注を利用するかで自社が踏むべき手順も変わることを覚えておくと良いでしょう。

交通広告を外注する場合のメリット・デメリット

交通広告を外注するメリット・デメリットを知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください!

交通広告の外注先の選び方・ポイント

交通広告の外注先の選び方・ポイントを知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください!

交通広告の相場・費用

交通広告の相場・費用を知りたい方はこちらの記事をチェックしてみてください!

まとめ

接触率が高く、幅広い層に対して反復訴求が可能な交通広告は、さまざまな目的・戦略で利用できる万能な広告です。ですが自由度が高いだけに、交通広告特有の性質を理解して完全自社対応ですべてをまかなうのは難易度が高いのも事実です。
アイミツでは、交通広告の掲出に役立つ会社の情報を数多く取り揃えていますので、お気軽にお問い合わせください。

アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。