電話で相談する

フリーダイヤル

0120-917-819

営業時間 平日10~19時

公開日: 更新日:

交通広告の自社対応や外注のメリット・デメリット【2022最新版】

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、交通広告を依頼したいとお考えの方に向けて、外注のメリット・デメリットを紹介します。

また、アイミツでは交通広告会社についての詳細や、お客様の疑問が解決するよう細かなヒアリングも実施していますので、ぜひお気軽にご相談ください。

目次

交通広告を自社対応する場合と外注する場合の違い

先に結論から述べると、一般的な企業が交通広告に関わるすべての工程を完全自社対応でまかなうのは非常に難しいのが現実ですなぜなら交通広告では、製作以外にも掲載にあたって広告主(鉄道会社やバス会社)との渉外業務が発生するからです。

渉外業務とは、広告枠の空き状況確認から広告枠の仕入れ、掲載可否の審査、スケジュール調整など、広告主との直接的なやりとりのことで、これらを対応するには専門的なノウハウが必要なだけでなく、相応の運用性が求められることになります。
したがって、交通広告を利用する際には、最低でもこの渉外業務を担当してもらうために交通広告会社を利用するのが一般的です。

また、渉外業務以外にも、企画・媒体選定・デザイン制作・広告物制作など、交通広告を利用する上ではいくつもクリアすべき工程があります。どの工程を自社で担当し、外注に依頼するかによって、コスト・手間はもちろん、最終的な広告効果まで左右されることになるでしょう。
そもそも「印刷環境が自社にない」「デザイン制作できるスタッフがいない」など、自社で対応が不可能な場合は外注する必要があります。必要な工程を把握するとともに自社環境を踏まえて、うまく外注を活用するのがおすすめでしょう。

自社対応した場合のメリット・デメリット

交通広告関連の手続きや工程を自社対応した場合のメリット・デメリット両方を紹介します。

自社対応した場合のメリット

交通広告に関わる手続きや工程を自社対応した場合の代表的なメリットは以下のとおりです。

・コストを抑えられる
・進捗状況を把握しやすい
・自社の意図をダイレクトに反映しやすい


企画、制作など、工程の内容に関わらず、外注する場合にはその内容に応じて当然コストがかかります。ですが自社対応する場合は、人件費・材料費などはかかるものの、別途サービス料や手数料などが発生することはないため、外注するよりコストを抑えやすいでしょう。

また、社内対応であれば報告・連絡などがスムーズに行えるのはもちろん、目の届く環境下で進捗状況をリアルタイムで把握できるのもメリットのひとつです。タスクの割り振りや進捗管理の体制さえ整えておけば、作業の進み具合や担当者をいつでも確認できるため、スケジュールに沿ってプロジェクトを進めやすくなります。

さらに自社対応の場合、対応するのは自社の特徴や強み、課題などを理解しているスタッフですから、広告掲出に関わる自社の意図をダイレクトに反映しやすいでしょう。外注など第三者を間に挟んだ場合、意思疎通や伝達ミスなどにより、自社の意図とは違う形でプロジェクトが進むことも予想されますが、自社対応であればこれらの懸念をカバーしながら、イメージどおりの形で進めやすくなります。

自社対応した場合のデメリット

交通広告に関わる手続きや工程を自社対応した場合の代表的なデメリットを紹介します。

・自社スタッフの負担が大きくなる
・各工程の対応に時間がかかる
・誤った対応を選択するリスクが高まる
・最新のノウハウやデータの活用が難しい
・工数がかかり過ぎると逆にコストがかさむこともある


自社対応の場合、もちろん外注した際と比べて自社でまかなう工数が増えるため、比例して自社スタッフの負担は大きくなります。交通広告会社の場合は、各工程をスムーズかつ的確に進めるためのノウハウや環境が整っていますが、そうでない自社対応で同等のクオリティを実現しようとするなら各工程に相当の時間と人員を割く覚悟をしておかなければいけないでしょう。

そもそも専門的な知識が十分でない状態で自社対応を進めると、方向性を誤った企画、ターゲットを間違えた媒体選定など、誤った対応を取ってしまうリスクも高まってしまいます。もちろん工数に時間がかかったり、誤った対応により修正が必要になったりすると、その分人件費をはじめとしたコストがかかってしまうため、結果的に外注よりコストがかさんでしまう可能性も考えられます。

交通広告会社に外注した場合のメリット・デメリット

交通広告関連の手続きや工程を外注した場合のメリット・デメリット両方を紹介します。

外注した場合のメリット

交通広告に関わる手続きや工程を外注した場合の代表的なメリットを紹介します。

・交通広告に関わるあらゆる工程・手続きをサポートしてもらえる
・自社の狙いに適した媒体・プランを提案してもらえる
・自社にノウハウがなくても広告を掲出できる
・スケジュール管理の心配が少ない
・一括依頼によりトータルコストを抑えられる
・最新情報をベースにした運用が可能
・トラブル発生時でも安心して任せられる


まず、交通広告は、電車・バス・駅周辺施設など掲載先が多いだけでなく、期間やエリアなど、選択肢が非常に豊富な点が大きな特徴です。加えて、交通機関やエリア・ルートごとに利用者の年齢層や生活圏、利用目的などは大きく異なるため、どこにどのような形で掲出するかによって広告効果が左右される性質を持っています。

もちろん選択肢が豊富であるということは、それだけ多種多様な戦略に対応できるため魅力的ではありますが、豊富な選択肢の中からベストな選択をするには十分なノウハウ・データが求められることを同時に意味しています。

これらの点を踏まえると、交通広告に関わる手続きや工程を外注した場合には何と言っても、自社の狙いや目的とマッチした媒体・プランを提案してもらえるのが大きなメリットでしょう。
特に最近の交通広告会社は、企画から制作・掲出に至るまで、あらゆる工程をワンストップで対応できるところも多いため、自社に交通広告のノウハウがなくても安心して任せられます。
また、広告という分野では、新たな手法や競合の動きなど、最新情報を参考にすることでより効果の高い広告展開が可能ですから、交通広告の分野に精通している会社に外注することで、最新情報をベースにした運用を実現できるでしょう。

また、交通広告会社は、各工程に対応するスタッフ・体制を整えた上でサービスを提供しており、どの工程にどれだけの時間がかかるかも把握しているため、スケジュールの心配が少ない点も見逃せません。仮に何らかのトラブルや不測の事態が発生した場合でも、経験豊富な交通広告会社であれば、状況に合わせて臨機応変に専門的な目線から対応してくれるため安心です。
交通広告会社の中には、あらゆる工程を完全自社対応でまかない、外注コストをカットすることで、トータルコストを抑えるメリットを提供しているところもありますから、自社対応した場合のコストが不透明な場合は、交通広告会社に一括して任せるのもひとつの手です。

外注した場合のデメリット

交通広告に関わる手続きや工程を外注した場合の代表的なデメリットを紹介します。

・依頼内容に応じてコストがかかる
・自社の意図をうまく反映できない可能性がある
・対応に時間がかかる可能性がある
・自社にノウハウが蓄積されない


例えば「コストがかかる」という点についてですが、広告は費用に応じた成果が出てこそ価値を生み出すものであるため、コストを抑えて自社対応でまかなっても、ノウハウや経験不足で思うような成果が出なければ本末転倒です。
また、第三者を挟むことによる「意図をうまく反映できない」「対応に時間がかかる」といったデメリットは、会社選びの段階で外注先の運用体制や担当者との相性を確認しておくことで、リスクを回避が可能になるでしょう。

ノウハウに関しても、すべてを丸投げせず、外注先と密にコミュニケーションを取りながら企画内容や提案内容を社内で整理・共有することで、ある程度交通広告に関するノウハウの蓄積は可能なため、それほど大きなデメリットがないとも言えます。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数ある交通広告会社から貴社の要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

交通広告の外注先の選び方・ポイント

交通広告を外注するときの外注先の選び方や、ポイントを知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください!

交通広告を外注するときの成功のコツ・失敗例

交通広告を外注するときの成功のコツや、失敗例を知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください!

まとめ

各工程で専門的なノウハウや経験が求められる交通広告は、すべて自社対応でまかなうのが難しいため、うまく外注を活用するのが費用対効果の高い広告展開を実現するカギとなります。

ですが、異なる特色を持つさまざまな交通広告会社の中から、自社にマッチした会社を自力で見つけ出すには相当の時間と労力が必要でしょう。アイミツでは、会社選びに役立つ一括資料請求や一括見積もりを随時受け付けていますので、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。