無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

社員研修会社の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年9月21日

経営人材育成のポイントと候補者に必要なスキル【2022年最新版】

経営人材を育成したいが、具体的にどうすべきかわからない……とお悩みの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、そもそも経営人材とは何かを説明するとともに、経営人材に必要とされるスキルや人材育成のポイントなどをご紹介します。経営人材の育成でお悩みの方は、ぜひ参考になさってください。

【関連ページ】
経営人材育成にかかる費用・相場感や、あなたの目的別に社員研修会社をお探しいただけます。
社員研修の平均費用と料金相場|早見表つき
経営者・経営幹部研修に強い社員研修会社一覧

経営人材とは

そもそも経営人材とは、どのような人材なのでしょうか。経営人材とは、その名の通り会社を経営する人材のこと。会社のトップとして経営を担う社長をはじめ、専務や常務など社長以外の経営陣も経営人材に分類されます。
経営人材は、会社を経営する上で必要である事業目標や目的などを設定し、具体的に実行していくための最終的な決定権を持つ存在。「会社経営についての目標設定や決定権を持つ層」と言えるでしょう。

幹部人材とは

経営人材とよく混同されるものに「幹部人材」があげられますが、双方は非常に深く関連しているものの、まったく異なる存在です。
先にも説明した通り、経営人材は会社を経営していく上で必要な目標を設定し実行する決定権を持ちます。会社にどのような課題があり何を目的・目標とするべきか?を問う存在でもあるのです。その経営人材からの問いかけに対応するのが、幹部人材です。幹部人材は、経営人材が掲げた目標を実際のリサーチや戦略立案などを通し実行に移す役割を担っています。

経営人材に必要なスキル

それでは、経営人材にはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

判断力

経営人材に必要なスキルとして、まずはじめにあげられるのが判断力です。経営人材は、会社がどう動いていくべきか方向性を示す存在でもあるため大きな決断を下すシーンにおいても冷静に判断できるスキルがなければなりません。
現状を客観的に観察・把握できるだけでなく、時に思い切った決断であっても下すことのできる大胆さも問われます。冷静でありながら、おごらずに適切な判断を下すスキルが非常に重要でしょう。

ポジティブ思考

経営人材に求められるスキルの2つ目は、ポジティブに考えられる力です。もしも会社のトップにいる人々がネガティブで後ろ向きな意見ばかりあげていたら、その経営陣の元で働く従業員たちの士気や会社全体の雰囲気はどうなるでしょうか。後ろ向きな思考で経営に取り組んでいては、自ずと会社全体に不安が広がってしまうはずです。
経営人材がポジティブに考えられる力を持っていれば、たとえ会社が大きな壁にぶつかっても社全体で前向きに乗り越えられるでしょう。

コミュニケーション能力

経営人材に求められるスキルとして、コミュニケーション能力もあげられます。どれだけ判断力に優れている経営人材でも、コミュニケーション能力が欠けている場合はどうでしょうか。伝えるべき意図が周囲にきちんと伝わらず、会社全体の足並みが揃わないかもしれません。
コミュニケーション能力に長けている経営人材であれば、柔軟なコミュニケーションで従業員との信頼関係を築き、会社全体のモチベーションアップやパフォーマンスアップに繋げられるでしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間を割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数ある社員研修会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

人材育成の課題点

経営人材とはどのような存在で、どのようなスキルを必要とされるのかを解説しましたが、「経営人材を育成したいものの、なかなか人材育成に注力できない……」とお悩みの企業も多いでしょう。例えば、2017年に実施された『「経営人材育成」に関する調査 結果報告書』によれば、経営人材育成が順調であると答えた企業がたったの72%。多くの企業が、経営人材の育成に難航しています。
経営人材の育成がスムーズに進まない背景には、そもそもどの業種・会社であっても慢性的な人手不足に悩まされている・女性候補者がいまだに少なくほとんど見られない・グローバル化が進む昨今でその状況に対応できる人材がなかなかいない、などの課題が見られるようです。

人材育成のポイント

それでは、経営人材の育成を進める上でどのようなポイントに気を付けていくべきでしょうか。
以下では、候補者の明確化・経営層による人材育成・研修の実施といった3つのポイントを通して、経営人材育成におけるポイントを解説していきます。

候補者の明確化

経営人材を育成する上では、候補者の明確化をきちんと行っておくことが非常に重要です。「どのような経営人材を必要としているのか」が曖昧な場合、どのように人材を育成していくのかも曖昧になってしまうため、経営人材の育成はどうしてもスムーズに進みません。
どのような経営人材が必要なのか明確に定義するためにも、経営戦略や事業内容などもふまえながら人物像を具体化しましょう。

経営層による人材育成

経営人材を育成する際、経営人材が自ら人材育成にあたることも非常に効果的です。
実際に会社の経営に携わっている人々が経営人材の候補者たちの育成に前向きに取り組むことによって、自社の経営についてより具体的に学ぶことができるだけでなく、会社全体で経営人材の育成について意識が高まっていきます。経営層が人材育成にも関わることで、会社の古い体質から脱却することもできるでしょう。

研修の実施

経営人材を育成したい場合は、経営についての社員研修に参加させるのも非常に効果的。まだ経営についてあまり知らない層や、経営に携わったことのない層を育成していくには、きちんと経営戦略について学べる機会を提供しなければなりません。
経営人材はどのような役割・業務を担うのか、それに伴う責任とは何かなどを一から学ぶことのできる場を用意しましょう。自社で社員研修を開催することもできるかもしれませんが、人材育成のプロである社員研修会社を利用するのがベストです。

社員研修の費用相場

社員研修の費用は、カリキュラム内容や研修形式、参加人数や時間によって変動します。たとえば、5~10名参加の管理職研修だと、40万~60万円が相場といわれています。会場レンタル費や設備が別途必要な場合もあるので、依頼前に確認しておきましょう。
「発注前に社員研修会社の費用相場についてもっと詳しく知りたい!」方は、以下の記事をチェックしてください。

まとめ

今回は、経営人材の育成について、必要となるスキルや育成する上でのポイントなどを解説しました。経営層が直接人材育成に関わることも非常に重要ですが、よりスムーズに育成効果を得るためには本格的な研修が不可欠です。
人材育成のプロである社員研修会社に依頼し、経営人材の育成における課題を乗り越えていきましょう。どの社員研修会社に依頼するべきなのかお悩みの場合には、ぜひアイミツにお問い合わせください。

【相談前にまずは会社一覧を見たい方はこちら】
経営者・経営幹部研修に強い社員研修会社一覧
【費用感を知りたい方はこちら】
社員研修の平均費用と料金相場|早見表つき

社員研修会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連する社員研修会社一覧