電話で相談する

フリーダイヤル

0120-917-819

営業時間 平日10~19時

公開日: 更新日:

人材紹介会社のメリット・デメリット【2022年最新版】

人材を採用するにあたり、自社で採用活動を行うか、人材紹介会社に外注するか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。本記事では、人材紹介の外注のメリット・デメリットと共に、自社で人材募集を行う際のメリット・デメリットも解説。人材紹介にまつわる関連記事もあわせてご紹介しますので、人材紹介会社の利用を検討している方はぜひ参考にしてください。

目次

自社で人材募集する場合と外注する場合の違い

企業が人材を採用する場合、自社で採用活動を行う・人材紹介会社に外注する、という2つの方法が挙げられます。自社で採用活動を行う際の手段は、ハローワークや求人媒体への広告掲載、自社の求人サイトへの掲載、自社社員に人材紹介をしてもらうリファラル採用などがあります。どういった手段を利用する場合でも、自社での人材募集は応募者との連絡や面接の日程調整、選考結果の連絡など、採用に関わるすべての業務を企業が手掛ける必要があり、採用担当者の負担が大きくなる点が特徴と言えます。
人材紹介会社に外注する場合は、採用に関わる作業の多くを人材紹介会社がサポートしてくれるため、業務負担の軽減が期待できるでしょう。希望する人材のスキル・実務年数・所有資格といった条件を伝えることで、顧客企業に適した人材の選定が可能。面接の日程調整や採用連絡なども、トータルでサポートしてもらえます。
また、転職を希望していない層にアプローチできる点も、人材紹介会社の強み。人材紹介会社によっては、ネットワークを駆使したヘッドハンティングも可能です。この手法をサーチ型と言い、人材紹介会社ならではの手段と言えるでしょう。

自社対応した場合のメリット・デメリット

こちらでは、採用活動を自社対応した場合のメリットとデメリットを解説します。自社での募集はさまざまな手段から選択できる一方、結果的に多くの費用が必要になるケースもあります。そのため、自社での人材募集を検討している方は、メリットだけでなくデメリットも把握しておきましょう。

メリット:幅広い手段から選べる

企業が自社で人材募集しようと考えた場合、複数の手段を選択することが可能です。紙媒体には求人情報誌や新聞の求人広告欄、折込チラシが挙げられます。また、ハローワークや求人サイトへの掲載といった方法に加え、自社の求人サイト掲載や自社社員からの紹介までさまざまです。さらに近年では、Facebook や Twitter、Instagramなど、ソーシャルネットワークを活用して人材募集を行う企業も増えました。
多くの求職者に自社の存在をアピールしたい場合は、有名な大手求人サイトの利用がおすすめです。利用者の多い求人サイトに情報を掲載することで、多くの求職者の目に留まり応募人数を増やせる可能性が高まります。

デメリット:手間と時間がかかる

自社対応を行う場合の大きなデメリットとして、手間と時間を要する点が挙げられます。ハローワークや求人サイト、自社の採用サイトを利用する場合、掲載内容の執筆や掲載内容の更新などに、多くの手間がかかるでしょう。また、応募者との連絡をすべて自社で手掛けるため、多くの応募が集まるほど採用担当者の業務負担が増加します。もちろん手間と時間をかけても、採用に繋がるとは言い切れません。人材が見つからず、採用活動に長い期間を費やすリスクも考えられるでしょう。

デメリット:採用コストが高額になるケースも

募集方法によっては、採用コストが高額になってしまうケースもあるでしょう。例えば、企業の魅力を伝える上で有効な手段と言える自社の採用サイトは、一般的に数十万円~数百万円の制作費が発生し、運営を外注する場合はメンテナンス費用も必要です。さらに求人広告も定期的にうつとなれば、多くの費用がかかります。また多くの掲載費用を投じても、採用につながらない恐れがある点もデメリットです。
もちろん、ハローワークを利用する・無料で掲載できる求人サイトを利用するといった方法で格安の採用活動を実現することもできますが、効果が出なければ意味がありません。自社の求める人物像が明確な場合やスムーズな採用を目指すのであれば、それなりの予算を組むことも重要。自社で人材採用をする際は、コストと予測できる成果のバランスを見ながら戦略を立てることが大切です。

人材紹介会社に外注した場合のメリット・デメリット

ここからは、人材紹介の外注のメリットとデメリットを解説します。人材紹介会社の利用はメリットも豊富ですが、デメリットとあわせて把握することが大切です。

メリット:採用活動を効率化できる

人材紹介の外注のメリットとして、採用活動の効率化が挙げられます。求人情報の作成から面接の日程調整、給与に関する条件の交渉、選考結果の連絡といった多岐にわたる候補者とのやり取りをまとめて任せることができます。企業は条件に沿って人材紹介会社が選んだ人材を面接で選考するだけ。そのため、採用活動や採用担当者の業務負担は大幅に軽減できます。
また、自社での採用活動に比べ短期間で募集が行える点もメリット。求人サイトなどを利用する場合、募集要項の執筆や原稿の確認など、掲載までには時間を要します。しかし人材紹介会社であれば、ヒアリングなど簡単な手順を踏むだけで募集が開始できるため、新しい人材を急募したい方にもおすすめです。

メリット:採用のミスマッチを減らせる

紹介された人材とのミスマッチが少ない点も魅力の1つです。人材紹介会社には、人材紹介のエキスパートが揃っているため、顧客企業の希望条件に沿った人材紹介が可能。若年層から実務年数の長いベテランまで、幅広い人材から選出してくれるでしょう。さらに、総合型の人材紹介会社と特化型の人材紹介会社を使い分ける方法もあります。幅広い人材を採用したい場合は総合型、業種や職種に特化した人材を採用したい場合は特化型というように、自社の希望に合わせて利用する人材紹介会社を選択することで、ミスマッチをさらに軽減することが可能です。

メリット:ハイクラスな人材にも出会える

自社では難しいアプローチ手段が可能という点も人材紹介会社を利用する大きなメリットの一つです。人材紹介会社には「サーチ型」という手法の採用活動があります。サーチ型とは、現状転職を希望していない層にまでターゲットを広げ、人材を探す手法。経営層やエグゼクティブ層、高いスキルを要する専門職を手掛ける人材確保に適しており、自社では難しい人材の採用も期待できます。

デメリット:費用は比較的高め

人材紹介会社は成功報酬を採用しているケースが多く、求人サイトや紙媒体のような広告費が発生しないため、コストを抑えて人材募集が可能です。採用が決定するまで費用負担の必要がなく、初期費用が抑えられる点が外注のメリットと言えるでしょう。しかし、採用が決まった場合のコストは高額な場合がほとんど。人材紹介会社を利用し人材を採用すると、対象者の見込み年収の30~35%の紹介手数料が発生します。さらに、専門的なスキルを要する人材やエグゼクティブ層である場合、手数料の割合はそれ以上になるケースも。採用した人数分の手数料が発生するため、大量の人材採用を検討している場合、採用コストには注意が必要です。

人材紹介の外注先の選び方・ポイント

人材紹介会社を初めて利用する場合、外注先の選び方が分からず悩む方も多いでしょう。ご自身での外注先選びは難しい点も多いため、別の記事で外注先選びのポイントをまとめました。詳しくはリンク先をご参照ください。

人材紹介を外注するときの成功のコツ・失敗例

人材紹介会社の利用で失敗したくない・トラブルを回避したいと考える方もいるでしょう。アイミツでは人材紹介を外注する際の成功のコツとして、発生頻度の高いトラブルの事例と対応策を解説しているため、詳しくはリンク先をご参照ください。

まとめ

本記事では、人材募集を自社対応した場合と、人材紹介会社に外注した場合のメリット・デメリットを解説しました。人材紹介会社への外注は、企業の負担を軽減しミスマッチの低い人材紹介が期待できる手段です。しかし、さまざまなサービスを展開する人材紹介会社の中から、自社に適した依頼先を探すのは大変な作業でしょう。アイミツでは、人材紹介会社の情報を多数保有しています。経験豊富なコンシェルジュが条件に合う人材紹介会社を無料でご紹介しているため、人材紹介会社の利用を検討している方はぜひお問い合わせください。

アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。