無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2021年12月20日
更新日:2021年12月20日

コンサルティングの流れ・手順を解説【2022年最新版】

企業の経営課題や人事課題など、さまざまな課題の解決に有効なコンサルティング。興味はあるけれど、数多くあるコンサルティング会社の中からどのように選べばいいかわからず困っているという方は多いのではないでしょうか?この記事では、コンサルティングの依頼の流れや手順について詳しくご紹介します。コンサルティングの活用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

コンサルティングとは?

コンサルティングとは、特定の分野に対する経験や情報をもとに、顧客の課題を解決に導く企画立案や施策をサポートするサービスです。ここからは、コンサルティングの主な仕事内容と流れを詳しく解説していきましょう。

経営課題を把握する

コンサルティングの仕事の流れは、対象となる会社の経営課題を明確にすることから始まります。理由として、コンサルティングを依頼する会社は、経営課題を改善することが主な目的だからです。コンサルティング会社は、顧客の経営課題や現状を把握した上で、経営戦略の策定・解決策の提示を行っていきます。また、市場環境や業務状況などの課題解決に必要な情報のリサーチや、まとめた情報を提供することも業務のひとつです。

課題解決を戦略的に実行する

コンサルティングでは、顧客の経営課題に対する解決策を提示するだけではなく、実際に問題の解決や改善までのルートを戦略的立てて実行するのが一般的です。経営管理を効率化するための業務改善から、リスクやコンプライアンス対応まで、幅広い分野で対応してもらうことができます。また、ITに強みを持つコンサルティング会社であれば、経営課題を解決するためのITシステムのアドバイスや開発・導入サポートを依頼することも可能です。

コンサルティングの大まかな流れ・手順

ここでは、コンサルティングの大まかな流れや手順について詳しく紹介します。

手順1:ヒアリング

コンサルティング会社に依頼する場合は、まずお互いの都合の良い日程や場所を定めて、相談内容をヒアリングしてもらいます。ヒアリングでは、コンサルティングの目的や手順、自社の経営課題や目標などを確認します。また場合によっては、現場視察が行われることもあります。ヒアリングは自社の課題を明確化するために重要な作業です。コンサルタントからの質問や現状は正直に答えることを意識しましょう。自社とコンサルタントで解決したい課題や目標の認識に違いがあると高い効果を得られないため注意が必要です。

手順2:資料・市場調査

ヒアリングにより課題と目標を確認したあとは、一般的に経営計画書や財務関連資料などをもとに、資料調査や市場調査が実施されます。ヒアリングや資料調査・市場調査は、初期仮説を構築する上で重要な要素です。資料分析は、一般的にアナリストによって行われ、企業分析から競合分析・業界動向分析までさまざまな角度から行われます。また、最新の業界に関する知識を得るために、社内だけではなく社外の専門家にヒアリングを行う場合もあります。

手順3:企画書作成

ヒアリングや資料分析、市場調査で顧客の課題を洗い出したあとは、課題解決に向けた提案や詳細な企画書を作成してもらいます。企画書の中には、目標・ゴール・顧客課題・解決策・サポート範囲・支援体制・担当コンサルタント・期間・費用などが含まれます。内容に納得できない場合は、企画書の内容の修正を依頼したり、コンサルティング自体をキャンセルしたりすることも可能です。

手順4:施策の実施

コンサルティング会社が用意した企画書の内容に合意し、契約が完了したあとは実際に施策を実施していきます。大規模なプロジェクトとなれば、膨大なヒト・モノ・カネのリソースが必要となります。たとえば、自社の課題の解決策がITシステムの導入である場合、企画内容にある方針に従って、課題解決に向けたシステムの開発や導入を進めます。既存のシステムを導入する場合は、料金プラン・提供形態・機能・サポート・セキュリティ対策などの項目を比較しシステム選定を行います。一から開発する場合は、細かい要件定義や導入規模の決定、開発、リリースまでに更に多くの工数がかかるでしょう。顧客の課題に合わせたシステムの決定・カスタマイズもコンサルティングサービスのひとつです。

手順5:効果測定

施策を実施したら、効果測定を行うのが一般的な流れです。効果測定により、プロジェクトが成功だったのか、失敗だったのかを把握できます。また、効果測定した結果をもとに、プロジェクトが失敗した原因や、成功した要因を分析し、必要に応じてフォローアップを行います。コンサルティング会社から掲示された数値の意味を理解できなければ、本当に正しい分析であったかどうかの判断や今後の対策が難しくなるため、最低限の会計と経営分析の知識を身に付けておくことが大切です。

手順6:運用管理

手順1から手順5までが一般的なコンサルティングの流れですが、この流れを繰り返すことで継続的な効果を期待できます。コンサルティング会社によっては、導入した施策の社内定着や継続的な効果を目指すために、運用管理に関する助言をもらうことも可能です。継続して依頼することで、プロジェクト実施後に社内定着ができているかどうかや、トラブルが生じていないか、新しい課題が生まれていないかなどの調査行ってくれます。その結果から、新たにデータ分析を行い、さらに高い効果が得られるようにフォローする流れが一般的です。

コンサルティングの外注のメリット・デメリット

コンサルティングを外注するときのメリット・デメリットを知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

コンサルティングの外注先の選び方・ポイント

コンサルティングにおける外注先の選び方・ポイントを知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

コンサルティングの相場・費用

コンサルティングの相場・費用を知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回は、コンサルティングを依頼した際の具体的な流れや手順を解説しました。全体の流れを理解したうえで「経営課題の解決方法を見つけられない」「課題に対しどこから手を付けたらよいかわからない」という場合は、コンサルティング会社に外注をするのも一つの手です。お悩みの場合には、ぜひコンサルティング会社への依頼を検討してみましょう。

コンサルティング会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!