あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

京都府で実力のある翻訳会社7選

本当におすすめできる7社をピックアップ
京都府の翻訳会社をアイミツが徹底調査

あなたの発注をサポートするアイミツコンシェルジュの翻訳チームが、京都府で実力のある翻訳会社を、「実績」・「価格(コストパフォーマンス)」・「提案力」・「アンケート・口コミ」などの観点で徹底調査し、本当におすすめ出来る7社をピックアップしました。

京都府の翻訳会社の紹介だけではなく、「どんな人におすすめか」「失敗しないために、どういう点に注意すべきか」などのポイントもご紹介していきます!

コンシェルジュ

しつこい電話などは一切なし!

アイミツを利用して優良業者を探す

9万社
が利用

無料で依頼する
目次

京都府で翻訳会社をお探しの担当者・経営者必見!
翻訳の会社選びで失敗しないために

翻訳会社を紹介する前に、会社選びで失敗しないためのポイントをご紹介します。

翻訳会社は数多く存在していますが、BtoCの商品・サービスを紹介するwebサイトやエンターテインメント分野といった比較的やわらかい内容から、契約書やビジネス文書など専門知識を必要とする内容まで、対応している分野はさまざまです。翻訳会社に依頼をする際には、依頼したい内容とその会社の得意分野・実績が適しているかをきちんと確認することが重要です。

日本語の英訳200文字、英語の日本語訳100単語ほどであれば無料でトライアルを行っている翻訳会社も多いので、依頼前にトライアルを利用してクオリティーを確かめてみてもよいでしょう。

また、ビジネス翻訳を依頼する場合は、社外秘や関係社外秘の資料を使用することも多くあります。情報漏えいは企業にとって大きな問題になりえるため、依頼をする前にしっかりと確認し、必要に応じて機密保持契約を締結させましょう。

アイミツでは、経験豊富な『コンシェルジュ』がお客様のご要望を伺った上で、ニーズに最適な翻訳会社をご紹介していますので、お気軽にご相談ください

1. 格安で依頼できる京都府の翻訳会社3選

1-1. 株式会社京あはせ

株式会社京あはせ
出典:株式会社京あはせ https://www.kyo-awase.co.jp/

京あはせは、京都府京都市に拠点を置く翻訳会社です。主に、技術翻訳(日本語・英語)、文書作成、ネイティブチェック対応、翻訳支援ツール(TRADOS)対応などを行っており、要望にあわせてマニュアルチェックやスピード翻訳、会議通訳なども承っています。
大きな魅力は、リーズナブルな予算で最大の投資効果を生み出せることです。日本語から英語は400文字2,800円、英語から日本語は180ワード2,000円の低価格でサービスを提供しています。
また、翻訳技術の高さにも定評があり、原文の理解、正しい文法、正しい用語を大切な要素と捉え、これまでの経験を活かして最適な翻訳品質を提供。クライアントに言われたことだけをやるのではなく、気の利くソリューション提案が自慢の翻訳会社です。

こんな人におすすめ
・できるだけ翻訳費用を抑えたい京都府の方
・翻訳会社のサポート体制を重視する方
・業者とのコミュニケーションを重視する方

予算感
翻訳:「英語から日本語」180ワード2,000円
会社所在地
京都府京都市山科区椥辻草海道町38-40 山科IMビル1F
電話番号
075-634-8693

1-2. 有限会社医学英語総合サービス

有限会社医学英語総合サービス
出典:有限会社医学英語総合サービス https://www.med-english.com/

医学英語総合サービスは、京都府京都市に拠点を置く翻訳会社です。業務内容は、英文校正、翻訳(和訳・英訳)、テープ起こしとなっており、特に研究者の成果発表をサポートすることを得意としています。
翻訳料金は、英文和訳で日本語400文字につき、2,100円から3,000円で対応。急ぎの案件でも、追加料金は必要ありません。また、和文英訳は日本語400文字で5,000円となっていますが、ネイティブのグラマーチェックが含まれています。英語だけでなく、ドイツ語・フランス語・ロシア語にも対応可能な点も魅力です。
在籍している翻訳士は、退官した教授、博士号取得者、製薬会社で報告書の翻訳業務に携わっていた人など、専門性の高い翻訳士が多数在籍。これまでの経験をもとに、様々な分野の翻訳依頼に対応可能です。

こんな人におすすめ
・できるだけ翻訳費用を抑えたい京都府の方
・専門性の高い翻訳士を探している方
・初めて翻訳会社に業務を依頼する方

予算感
翻訳:「英文和訳」400文字2,100円から
設立年
1984年
会社所在地
京都府京都市左京区吉田橘町27
電話番号
075-771-4180

1-3. 株式会社MCL

株式会社MCL
出典:株式会社MCL http://www.mcl-corp.jp/

MCLは、京都府京都市を拠点に活動する翻訳会社です。医薬分野の翻訳をメインとし、「原文に忠実かつ正確な翻訳であると同時に、ターゲット読者に違和感のない翻訳」をすることを最優先事項として事業展開しています。
翻訳料金は、原稿の種類、原文のワード数、内容の専門性に基づいて算出。目安としては、英文和訳で200ワード5,200円から、和文英訳で400文字6,000円からとなっています。
また、自社開発の翻訳支援ソフトを活用することでスピードと品質の両面を徹底追求する姿勢を貫いています。薬事申請からガイドラインの翻訳、書籍・webサイト翻訳まで手がけており、ワンストップの言語コミュニケーションを求めるクライアントから厚い信頼を獲得。経験豊富な翻訳者とITツールの最適な組み合わせによる高品質なサービスは、初めて翻訳会社を利用する方にも安心です。

こんな人におすすめ
・できるだけ翻訳費用を抑えたい京都府の方
・なるべく早く翻訳業務を行ってほしい方
・品質の高い翻訳を求めている京都府の方

予算感
翻訳:「英文和訳」200ワード5,200円から
設立年
2002年
会社所在地
京都府京都市下京区五条高倉角堺町21番地 Jimukino-Ueda bldg. 602
電話番号
075-744-1596

格安で依頼できる京都府の翻訳会社を紹介しました。

翻訳の費用は、英訳で1文字10~20円前後、中国語・韓国語の場合1文字15~20円前後が一般的な価格設定と言われています。
また、「翻訳のみ」「翻訳+クロスチェック」「翻訳+クロスチェック+ネイティブチェック」といった工程量や、翻訳のボリューム、緊急度によっても費用が変動するので、事前に確認しましょう。

続いて、実績が豊富な京都府の翻訳会社を紹介します。

コンシェルジュ

しつこい電話などは一切なし!

アイミツを利用して優良業者を探す

9万社
が利用

無料で依頼する

2. 実績豊富な京都府の翻訳会社2選

2-1. 株式会社ゼニス

株式会社ゼニス
出典:株式会社ゼニス https://www.zenis.co.jp/

ゼニスは、京都府京都市を拠点に活動する翻訳会社です。手がける事業は多様で、英語論文の添削、翻訳・ライティング、広報サポート、さらにシステムソリューションや産学連携の分野までカバーできます。なかでも英語論文の添削には定評があり、高度な専門分野を持つトップクラスのネイティブスタッフを擁する盤石な体制を敷いています。
過去には、ノーベル賞・ラスカー賞・ガードナー国際賞といった世界的な表彰を受けた研究グループの論文翻訳も担当するなど、豊富な実績を持っています。
広報コンテンツの翻訳では、顧客や学生などターゲットになる人に向けた魅力的な英文を作成。学務関係の各種資料においても、指定用語への対応も含め、正確な文章へとバイリンガルスタッフが仕上げていきます。

こんな人におすすめ
・実績豊富な京都府の翻訳会社に依頼したい方
・論文の翻訳を依頼したい京都府の方
・初めて翻訳会社に業務を依頼する方

予算感
要問い合わせ
設立年
1998年
会社所在地
京都府京都市南区唐橋赤金町67番地10
電話番号
075-671-7100

2-2. 株式会社島津インターナショナル

株式会社島津インターナショナル
出典:株式会社島津インターナショナル https://www.shimadzu-inter.co.jp/

島津インターナショナルは、京都府京都市に拠点を置く翻訳会社です。豊富な貿易実務のノウハウを活かして、貿易関連の輸出入業務やコンサルティング、翻訳事業を行っています。また、医療分野に関する高い専門性も備えており、高品質な翻訳サービスを提供し続けています。
高い専門性を求められる分析機器や試験計測機器などの分野において、論文・試験結果報告書・マニュアル、さらに製品カタログ、製品紹介webページ、プレスリリースやプレゼン資料に至るまで、豊富な翻訳経験を保有。経験豊富な日本人チェッカーが厳しい目で確認した上で、納品を行っています。
また、翻訳支援ツール(CAT)を活用し、品質管理を行うとともに、スピードアップも実現。用語の指定、関連文書の参照など、細かい要望にも対応可能です。

こんな人におすすめ
・実績豊富な京都府の翻訳会社に依頼したい方
・翻訳会社のサポート体制を重視する方
・なるべく早く翻訳業務を行ってほしい方

予算感
要問い合わせ
設立年
1997年
会社所在地
京都府京都市中京区西ノ京徳大寺町1
電話番号
075-823-2871

ここまで、実績豊富な京都府の翻訳会社を紹介しました。

実績が豊富な翻訳会社に依頼すれば、翻訳者の言語レベルや専門知識への理解度なども期待できるでしょう。

ただ実績豊富な翻訳会社であっても、対応言語が限られていたり、得意な分野は様々あるので、実績の数だけに着目せず、慎重に業者を選ぶことはおすすめします。

それでは最後に、サポートが充実している京都府の翻訳会社を紹介します。

コンシェルジュ

しつこい電話などは一切なし!

アイミツを利用して優良業者を探す

9万社
が利用

無料で依頼する

3. サポートが充実している京都府の翻訳会社2選

3-1. 株式会社アイビーインターナショナル

株式会社アイビーインターナショナル
出典:株式会社アイビーインターナショナル http://ivyintl.com/

アイビーインターナショナルは、京都府京都市を拠点に活動する翻訳会社です。翻訳・通訳サービスをはじめ、人材派遣、会議・イベント運営などを行っており、語学教育として外国語アカデミーや予備校の運営も手がけています。
翻訳では、クライアントの要望に応えるために、ニーズにあった翻訳者の選定、原稿に必要な様々なチェック工程の提案まで、ベストクオリティを実現するために柔軟な対応を行っています。オプションで、字幕やナレーションなどの映像翻訳、MSOfficeレイアウト編集や印刷TDPなどの編集サービス、サマリー作成や取材撮影などの会議サービスも提供可能です。
なお、最も取り扱いが多い分野は、IT・通信業界の翻訳となっています。ソフトウェア、ネットワーク関連の専門性が求められる用語の翻訳も、正確に対応しています。

こんな人におすすめ
・翻訳会社のサポート体制を重視する方
・実績豊富な京都府の翻訳会社に依頼したい方
・IT/通信業界で翻訳サービスを依頼したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
1984年
会社所在地
京都府京都市中京区六角通烏丸東入堂ノ前町245番地
電話番号
075-255-1500

3-2. 株式会社GLOBALNETWORK

株式会社GLOBALNETWORK
出典:株式会社GLOBALNETWORK https://gncjp.com/

GLOBAL NETWORKは、京都府京都市に拠点を置く翻訳会社です。事業内容は、翻訳、通訳、外国語ホームページ制作、宿泊施設向け外国人集客サポート、ITシステム開発、宿泊施設経営と幅広い事業を展開しています。
翻訳分野では、幅広い対応言語と分野の翻訳、言語のコンサルティングなどを行っています。法律、契約書、論文、カタログ、ITなどの専門分野から、各種証明書、預金通帳翻訳、メール、webテキストなど、様々翻訳サポートが可能です。
翻訳者は、英語、中国語、韓国語をはじめ、様々な言語の高い知識を持つネイティブスタッフが在籍。単に外国語の直訳を行うのではなく、それぞれの国籍の方へ適切にアピールできるよう、心に響くネイティブな言葉に翻訳を行っています。

こんな人におすすめ
・翻訳会社のサポート体制を重視する方
・品質の高い翻訳を求めている京都府の方
・初めて翻訳会社に業務を依頼する方

予算感
要問い合わせ
設立年
2006年
会社所在地
京都府京都市中京区小川通六角下る元本能寺町382番地M/Bビル2F
電話番号
075-708-7433

サポートが充実している京都府の翻訳会社を紹介しました。

ただ翻訳を行ってくれるだけでなく、自社にとってプラスになるサポートを行ってくれるかどうかを確かめることは大切です。
翻訳した書類や資料、契約書によって、自社のビジネスを大きく左右する可能性もあるので、翻訳会社のサポート体制は重要と言えるでしょう。

アイミツでは、あなたのご要望に合わせて最適な翻訳サービスが提供できる会社を紹介しています。
今回紹介しきれなかった翻訳会社に関する情報も、数多く保有しているので、業者選定でお悩みの方はお気軽にご相談ください

利用料0円

簡単 !3ステップ

優良会社の”価格”も比べられる!

  1. step1

    コンシェルジュに
    無料相談

  2. step2

    あなたにピッタリの
    会社を提案

  3. step3

    手間なく見積もりが
    集まります

京都府の翻訳に関連するカテゴリ別の名鑑

京都府で翻訳会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

京都は海外からの旅行者が多く、宿泊施設や飲食店、さらには公共施設などの翻訳ニーズが数多くあります。また日本文化を象徴する地域として国際会議や学会も頻繁に開催されており、京都の翻訳会社の多くは多言語対応や各種専門分野への対応など、幅広いサービスを取り扱っています。医学をはじめ専門分野のノウハウ・実績が豊富な翻訳会社も少なくなく、選択肢に困ることはないでしょう。豊富な選択肢のなかから依頼先を見つけるためには、ホームページ上の実績を参考にするのが近道。これまで翻訳を手がけてきたメディアや、案件のボリュームに目を向けながら候補を絞り込んでいきましょう。