業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

中国語対応の優良業者

中国語対応の翻訳会社・サービス

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

多くの翻訳会社の中から翻訳を依頼する会社を選ぶ際に最も重要なことは、翻訳の特性に合致したカテゴリーを得意とし、実績のある翻訳会社から選ぶことです。翻訳会社はどんな内容のものでも高いクオリティで翻訳できるわけではなく、得意不得意があります。これを見極めることが最も重要です。中国語は地域によって字体や訳語が異なります。中国語対応の会社であっても、更に簡体字・繁体字の変換や台湾語での対応も可能であれば、なおいいでしょう。特性が合致する翻訳・通訳会社を選び出し、その中から少しでも高いクオリティを確保でき、かつ信頼性や費用効率が高い翻訳・通訳会社を見極めていくことが、求める理想的な翻訳、通訳に繋がっていくでしょう。

人イメージ

中国語対応の翻訳会社・サービスの発注や業者探しの際、こんなお悩みありませんか?


  • 予算

    予算を抑えたいけれど
    どこに相談すればよい?

  • 評判

    いろんな会社が検索でヒット!
    本当に評判がよいのはどこ?

  • 相場

    相場が分からないけれど
    いくら位が妥当な金額?

  • 営業

    一括見積もりに依頼すると
    営業電話が多そうで不安・・・

人イメージ

そのお悩みをアイミツが解決します

発注先選定を無料でお手伝い!

  • POINT1

    相場情報をご提供!

    2万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内!
    見積もりのポイントも教えます。

  • POINT2

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート

    専任のコンシェルジュが、
    ご要望を丁寧にヒアリングいたします。
    5万社の調査から最適な会社をご紹介。

  • POINT3

    評判の良い会社に厳選

    100万以上のクチコミから
    評判の良い会社に絞ってご紹介!
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない

3
STEP

  1. 確認

    希望条件、ご要望をお聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、
    業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 提案

    専門知識のあるコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介いたします!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、
    どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積り

    直接商談も可能!即、見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、
    スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

REVIEWS

20,000件の相談実績

2014年から既に2万件を超える相談をいただいたおり、
利用されたお客様からもご好評いただいております

イメージ

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

中国語対応の翻訳会社・サービスの

選び方ガイド

中国語対応の翻訳会社・サービスの選び方ガイド

中国語対応の翻訳会社・サービスの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

中国語対応の翻訳会社・サービスの選定ポイント

POINT
01

対応できる分野の幅広さではなく、頼みたい分野の翻訳に実績があるかをチェックする

コンテンツの多言語展開を考えているなら、翻訳会社の得意分野に注目

ひとくちに中国語翻訳サービスと言っても、翻訳会社によってその専門分野は様々です。

  • 医薬、薬学、東洋医学、漢方、気功などの【ライフサイエンス分野】
  • インターネット、iPhoneAndroidアプリ翻訳などの【IT・情報通信分野】
  • 中国語スピーチ、報告書、国際会議資料などの【国際ビジネス分野】
  • 中国赴任者向け申請書類、現地契約書などの【法務・契約書関連分野】
  • 自動車部品、土木工学、建築機器などの【テクノロジー分野】
  • 石油化学精製、原子力・水力・火力発電、鉄鋼などの【エネルギー分野】
  • 中国語プレゼン資料、ビジネスレター、パンフレットなどの【ビジネス・広報関連分野】
  • 中国法人IR資料、会社概要、業績発表・決算関連資料 などの【経済・金融分野】
  • 中国語講演会テープ起こし、映画字幕翻訳などの【社会・文化関連分野】

など…。

アウトソーシングする際は、こうした分野すべてに実績を持つ翻訳会社を選ぶ必要はまったくなく、自分のニーズに合う翻訳会社を選ぶのがベストです。翻訳会社の実力は幅の広さではなく、依頼したい分野の実績(翻訳経験数)と評判であることに注意しましょう。

POINT
02

簡体字と繁体字の二種類の文字に対応しているかチェックする

使われる文字によって翻訳内容も変わってきます

中国語の話し言葉は「北京語」「上海語」「福建語」「広東語」「客家語」「潮州語」など中国人同士でもコミュニケーションが難しいケースがあるほどです。一方、書き言葉は、中国本土やシンガポールで使われている「簡体字」と香港・マカオ・台湾で使われている「繁体字」のみですので、この二種類の文字だけを押さえれば中国語の翻訳作業は基本的には可能です。しかし、納品してもらいたい文字がどちらなのかははっきりさせておきましょう。中国語翻訳に対応していても、自社でやってもらいたい文字での実績が少ない業者は避けたほうが無難です。

POINT
03

音声原稿対応で中国語翻訳業者の実力差が出ることに注意する

音声データの翻訳では中国語の俗用にも対応できるかが課題になります

簡体字と繁体字の二種類の文字を押さえれば基本的に中国語翻訳は可能なのですが、テープ起こしなどの音声データを渡して文字にしてもらう作業には当然スキルの差がでます。「北京語」「上海語」「福建語」「広東語」「客家語」「潮州語」の音声認識にスペシャリストがいたとしても、その中で使われる外来語や、スラングのような話し言葉を正確に認識して誤訳を限りなくゼロにできるかどうかについては、過去の実績や最新の評判などからきちんと判断したいところです。

POINT
04

ネイティブチェックに対応しているかどうか確認しておく

ネイティブチェックは中国語翻訳でも重要なポイント

英語翻訳などでもネイティブチェッカーの役割は大きいですが、翻訳言語が中国語でもネイティブチェックは高品質な文書に仕上げる上で非常に重要です。まずは「簡体字」と「繁体字」それぞれが違和感のない自然な文章表現になっているかのチェックが大切です。また、③に書いたような音声データの場合には、ネイティブチェックによる作業の重要性は更に高まります。

POINT
05

翻訳会社の再委託については英語翻訳の場合よりも注意する

発注先業者が正しく下請けを使っているかを把握しておきましょう

②③④に書いたように、中国語翻訳においては英語/イギリス英語翻訳などに比べ、翻訳以外の作業工数が多くなる傾向にあります。そのため、自社の乏しいリソースを補うために、人件費の安い中国現地などの海外の翻訳会社と提携することや、現地在住の翻訳者に翻訳を最終的に丸投げしてしまうケースなどもあります。下請け、孫請けについては翻訳業界では珍しくないのですが、発注先業者が自社できちんとチェックできる施策をとっているのか、委託先をきちんと管理出来ているのかなどは事前に確認しておきましょう。なかなか表に出てこない情報ですが、こうしたところをきちんとチェックしておくことが中国語翻訳においては大切です。

中国語対応の翻訳会社・サービスのよくある質問

人イメージ

中国語対応の翻訳会社・サービスについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。