あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

韓国語対応
定評のある通訳会社10選

利用料0円

簡単 !3ステップ

優良会社の”価格”も比べられる!

  1. step1

    コンシェルジュに
    無料相談

  2. step2

    あなたにピッタリの
    会社を提案

  3. step3

    手間なく見積もりが
    集まります

通訳の専門コンシェルジュが選ぶ
韓国語対応で実力のある通訳会社10選

1. ブレインウッズ株式会社

ブレインウッズ株式会社
  • 多言語の実務・技術、通訳、映像の翻訳、ネイティブチェック(英文校正)のサービスも行います
  • 法人向け外国語研修、バイリンガルスタッフ・翻訳者・通訳者・語学講師等の外国語人材派遣も行います
  • 外国語に関するサービスを多面展開し、お客様にワンストップでご利用いただき、目標達成をさサポートします
電話番号
03-3405-7877
会社サイト
https://www.brainwoods.com/

4. 株式会社イー・シー・プロ

株式会社イー・シー・プロ
  • 同時通訳や翻訳のノウハウが豊富。MICE関連サービスやインバウンド事業などに広く携わっている。
  • 国内・海外の一流通訳者と独自のネットワークを構築しており、あらゆる言語で同時通訳者を手配できる。
  • 職業通訳者養成スクール「北海道通訳アカデミー」を運営し、豊富な人材を確保している。
電話番号
011-299-5910
会社サイト
https://www.ec-pro.co.jp/

アイミツを疑問や不安の解消にお役立てください

  • 相談だけでもOK

    いくらかかるの?ちょっと質問が・・・

    ご利用者の約50%はご相談です。どんな小さなご質問でも、お気軽にお問い合わせください。

  • 優良会社のご紹介も

    優良会社

    選び抜かれた優良会社を、アイミツで探される方が増えています。

全て無料でご利用いただけます

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00〜19:00 土・日・祝

コンシェルジュ

6. 常陸興業株式会社

常陸興業株式会社
  • 日本人通訳者の安心感、信頼感により、公的機関・上場企業をはじめ120社以上の受注実績があります。
  • 韓国人通訳を使って起きた問題が、当社の日本人通訳によって改善されたというケースが多くあります。
  • 優秀な日本人通訳者を多数確保していますので、通訳者の変更によるサービスの低下がありません。
対応言語
韓国語
実績数
100~500
電話番号
029-867-4218
会社サイト
http://korea-b2b.com/index.html

7. 株式会社アーキ・ヴォイス

株式会社アーキ・ヴォイス
  • 100言語通訳、海外現地通訳手配、多言語人材派遣・紹介など、高い言語スキルを活かしたサービスを用意。
  • 大阪をはじめ東京と京都の国内事務所、上海・ドイツ・タイの海外事務所を持ち、グローバルに事業展開する。
  • 官公庁や公的機関、教育機関、国内外各分野の大手・中堅企業など、豊富な取引実績がある。
電話番号
03-3409-0004
会社サイト
http://www.archi-voice.jp/

10. 非公開企業

非公開

この企業について詳しく知りたい方はこちら

最後に、通訳で”失敗しない”ために

「アイミツ」コンシェルジュが選んだ韓国語対応で実力がある通訳会社はいかがでしたでしょうか?

「自分で選ぶだけでは不安を感じる」「予算内の会社が見つからない」「費用を知りたい」などお悩みもあると思います。
実際に毎月300件以上の見積もり取得や、会社選びを代行しているコンシェルジュだからこそ通訳会社の本当の実態がわかり、良い会社がわかります。

自分で“納得のいく”会社を見つけ出すまでに、平均4時間以上の時間をかけているという調査結果もあります。
アイミツではコンシェルジュがあなたに代わって“1/10の手間”で、あなたに本当に合った良い会社を見つけさせていただきます。
無料でご利用いただけますので、是非お気軽にアイミツにお問い合わせください

優良企業5,000社以上!

”1/10”の手間で優良会社が見つかります

あなたに合った会社をお探しします!

0120-917-819

利用料0円

韓国語対応で通訳会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

数多く存在する通訳会社から適した会社を選ぶには、まず、求めるレベルの通訳者が所属しているかどうかが重要です。専門知識が必要な同時通訳を依頼したいのに、逐次通訳ができる程度の通訳者しかいないのでは話になりません。自社と似た分野・規模での通訳実績があるかなどを確認し、通訳会社のレベルを見極めるようにしましょう。その他、担当コーディネーターの経験や実力は十分か、機密保持性に問題はないかなどをチェックすると良いでしょう。また、同時通訳を行う場合は、通訳ブース、マイクロフォンなどの機材が必要になります。これらを別会社に手配するのは大変な手間になりますので、同時通訳を依頼する場合は、必要な機材を揃えている会社を利用することをおすすめします。ネイティブレベルの英語を話せる人は世の中沢山いますが、英語を話せるだけが通訳者の仕事ではありません。第三者の発言を抜け漏れなく聞き取り、他の言葉に置き換えて再表現するとても難しい仕事になりますので、安易に素人に発注するなどはオススメできませんのでご注意ください。