業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

格安の優良業者

通訳

おすすめ業者を一覧比較

数多く存在する通訳会社から適した会社を選ぶには、まず、求めるレベルの通訳者が所属しているかどうかが重要です。専門知識が必要な同時通訳を依頼したいのに、逐次通訳ができる程度の通訳者しかいないのでは話になりません。自社と似た分野・規模での通訳実績があるかなどを確認し、通訳会社のレベルを見極めるようにしましょう。外部に委託せず、直接サービスを提供するフリーランスの通訳者ですと、通訳料金が格安になる場合があるようですが、処理能力が限られてきてしまいます。格安というポイントだけで決めず、必ず能力面や対応面にも目を向けるようにしましょう。また、同時通訳を行う場合は、通訳ブース、マイクロフォンなどの機材が必要になります。これらを別会社に手配するのは大変な手間になりますので、同時通訳を依頼する場合は、必要な機材を揃えている会社を利用することをおすすめします。

初めての方はこちら!

完全無料

業者を一覧で比較する

格安の優良業者 通訳業者一覧

11件中110件の業者を比較中

会社サイト
http://www.brainwoods.com/
会社所在地
東京都渋谷区神宮前4-17-15
会社電話番号
03-3405-7853
  • 多言語の実務・技術、通訳、映像の翻訳、ネイティブチェック(英文校正)のサービスも行います
  • 法人向け外国語研修、バイリンガルスタッフ・翻訳者・通訳者・語学講師等の外国語人材派遣も行います
  • 外国語に関するサービスを多面展開し、お客様にワンストップでご利用いただき、目標達成をさサポートします

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

人気のキーワード

関連するカテゴリ

格安の通訳会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 専門分野や実績が依頼内容に適しているか

    依頼内容にマッチした通訳サービス会社を選定する!
    通訳サービス会社にも得意分野があります。個人向けにサービスを紹介するホームページやエンタメ分野の通訳など柔らかい内容のものを得意とする会社や、契約書や講演会の通訳などのビジネス関連を得意と… 続きを見る

  • POINT 2 通訳者の人数は充分揃っているか

    通訳者の人数は、クオリティー確保に繋がる!
    通訳会社といっても、多くの通訳者が常に社内に待機しているわけではありません。通訳者は、仕事が発生した際にのみ通訳をおこなう、パートのような存在です。専門性が高くなってくるほど、対応できる通… 続きを見る

  • POINT 3 同時通訳や海外出張などに対応できるか

    同時通訳が必要かどうか見極めた上で、対応確認を行う。
    通訳には「逐次通訳」と「同時通訳」、そして「ウィスパリング通訳」があります。「逐次(ちくじ)通訳」は、発言が一区切りしたところまでを訳して伝える通訳の基礎です。「同時通訳」は、発言を聞きな… 続きを見る

  • POINT 4 必要な機材が揃っているか

    同時通訳には機材が必要、トラブル回避のため事前に確認。
    同時通訳を行う場合は、通訳ブース、マイクロフォン、ヘッドフォン、受信機などの機材が必要になります。これらを別会社に手配するのは大変な手間になりますし、トラブルが生じる要因にもなってしまいま… 続きを見る

  • POINT 5 担当者の対応は明確で信頼できるか

    通訳のクオリティーは担当者次第、信頼できる担当者を探す。
    通訳会社の担当者は、通訳者の特性を理解して、依頼のあった通訳にマッチした人をコーディネートし、ニーズに合ったクオリティの高い通訳をしていくことが仕事です。そのため、担当者すなわちコーディネ… 続きを見る

  • POINT 6 機密保持対策は十分か

    機密保持対策を事前に確認、必要に応じて機密保持関連契約を!
    通訳の場合は会議に参加してもらったり、商談に同行してもらうこともあるでしょう。これらの内容が漏洩してしまうと重大な問題となってしまいます。そのため、通訳を依頼した場合や、外注には至らなくて… 続きを見る

格安の通訳会社への発注にあたっての基礎用語

  • 通訳の種類

    •  逐次通訳

    話者の話を数十秒~数分ごとに区切って、順次通訳していく方式であり、一般に通訳技術の基礎とされています。 話者が話している途中、通訳者は通常記憶を保持するためにノートを取り、話が完了してから通訳を始めます。 そのため、同時通訳と比べてほぼ2倍の時間がかかってしまいますが、訳の正確性が高まるため需要は多いと言えるでしょう。

    •  同時通訳

    話者の話を聞くとほぼ同時に訳出を行う形態であり、通訳の中でもいわゆる花形的な形式です。異言語を即座に自家国言語に訳す能力が必要とされるほか、相手の発言内容をある程度予測する必要もあります。通訳者は、ブースと呼ばれる会場の一角に設置された小部屋に入り、その中で作業を行います。 通訳者の音声はブース内のマイクを通して聴衆のイヤフォンに届けられます。

    •  ウィスパリング通訳

    方式的には同時通訳と同じですが、通訳者はブース内ではなく、通訳を必要とする人間の近くに位置して聞き手にささやく程度の声で通訳をしていきます。高価な通訳設備の用意が必要ないため、企業内の会議等で向いています。

  • 通訳ガイド

    外国語を用いて訪日外国人に観光案内を行う仕事のことを指します。「通訳案内士」の有資格者のみが通訳ガイドとして働くことができます。