あなたの発注コンシェルジュ

7万社以上を徹底比較

コスパが最大化する

カーリース
一括見積もり

クオリティUPでより高いクオリティを、コストダウンで適正な価格で発注

  • 利用実績

    9万社

  • 利用満足度

    98%

ところで

カーリースの法人探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 電話が鳴り止まない

    一括見積もりサイトだと電話が…

    一括見積もりをすると多数の会社から
    営業電話が鳴り続けて業務に支障をきたしそう

  • 見積もりを取っても不安

    業界事情や相場を知らない…

    適正な価格がわからないから
    見積もりを取っても不安

  • 情報だけを信じるのは不安

    どの企業が優れているのか…

    ホームページには良いことが書かれて
    いるけれども、実際の評判はどうなの?

そのお悩みをアイミツが解決
発注先選定を無料でお手伝い!

  • point.1

    相場情報をご提供!

    9万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内
    見積もりのポイントも教えます。

  • point.2

    コンシェルジュ

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート!

    御社の要望をコンシェルジュが
    ヒアリング、全国7万社以上の業者比較
    ・調査から
    要望に適した会社をご紹介。

  • point.3

    評判の良い会社に厳選!

    100万以上のクチコミから
    評判の良い業者
    に絞ってご紹介
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない3ステップ

  • 確認

    確認のイメージ

    希望条件、ご要望を
    お聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • 提案

    確認のイメージ

    業者選びのコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • 見積もり

    確認のイメージ

    直接商談も可能!スピーディ
    に見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

相談してみてわかる!アイミツが選ばれる理由とは?

大手から中小企業まで、話題の企業が続々利用中!

規模を問わず、数多くの有名企業様に
ご利用いただいているのには理由があります!

  • 利用料
    0

    ご相談は無料ですイメージ

    ご相談は無料です

    業者比較・紹介のための総合サイトとして広告収益を中心に運営。完全無料でのサービス提供を実現しました。

  • 満足度
    98%

    安心の満足度98%イメージ

    安心の満足度98%

    最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

  • 調査社数
    7万社

    プロによる徹底調査イメージ

    プロによる徹底調査

    最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

  • 会員登録
    不要

    スピード即日対応イメージ

    スピード即日対応

    原則、電話もしくはメールにて、即日対応いたします。手厚いサポートで発注の不安を解消します。

カーリース法人を探す

全国516社から、あなたにピッタリのカーリース法人が見つかります。

業者選びのポイントをカンタンにご紹介

業者選びの具体的な進め方は、アイミツが誇る業界のプロにご相談ください

カーリースの選び方ガイド

カーリースの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。


カーリースの選定ポイント

point.12パターンの導入方法

導入方法は大きく分けて2つ、最適な方法の選択を!

カーリース(自動車リース)の導入方法としては、現在利用している社用車はそのまま利用を続け、買い替えや増車を行うタイミングでリース社に切り替える順次入れ替え方式と、現在利用している社用車をすべてカーリース会社に売却し、そのままリース車として利用するリースバック方式があります。すでに社用車がある場合は、社用車をリース車とすることで固定費から流動費へと計上項目を変えることができる場合があるため、経費削減につながるメリットがあります。

 

point.2自動車の種類

ニーズに合わせた種類の選択を!

一口にカーリース(自動車リース)業者といっても乗用車のみを扱う業者から電気自動車、トラック・バス、福祉車両、フォークリフト、バイク・二輪車など様々な種類の自動車を扱う業者まで様々です。まずは自社が希望する自動車を取り扱っているリース業車をいくつか絞り込むと良いでしょう。また、中古車の場合はリース料が安くなるため、価格を抑えたい場合は中古車を取り扱っている業者を選択するのもおすすめです。尚、中古車といっても新古車といって試乗車などで利用されていた比較的新しい車が利用されていることが多いため、何年も経過した古い車ではないことが多いようです。

 

point.3車検・メンテンナンス・保険

コストに関わる重要なこと、しっかりと理解しておくこと。

カーリース(自動車リース)の場合、車検やメンテナンスの料金、自動車税などがリース料に含まれている事が多く、突然の大きな出費が必要になることがありません。しかし、プランによっては月々の支払を安くする代わりに諸経費を自己負担するというタイプもあるので注意が必要です。また、自賠責保険はリース料に含まれているのが一般的です。任意保険についてはリース会社で入る場合(月額リース料に含まれる)と借主が入る場合があります。業者によってことなるため、事前に確認するようにしましょう。

 

point.4事故、故障時のサポートは十分か

万が一の事故の際などの対応は非常に重要。

電話やメールによるサポート、万が一事故を起こした場合の対応などが充実しているかどうかも重要なポイントです。特にその分料金は高くなりますが、24時間365日のロードサービスを導入している業者や、事故を起こした場合の保険会社との打ち合わせや保険金請求の手続き、修理先の手配、代車の手配を行ってくれる業者を選ぶと安心して自動車を利用することができます。

 

point.5契約期間終了時、中途解約時の処理

やむを得ない途中解約などで不必要な損をしないためにも!

カーリース(自動車リース)の契約期間終了時の返却方法にはオープンエンドとクローズドエンドの2通りあります。これらは予定残存価格(残価)と査定価格の差額処理方式のことで、オープンエンドの場合は契約満了時に予定残存価格と査定価格との差額を生産し、査定価格が残存価格を上回った場合はリース会社が顧客に、下回った場合は顧客がリース会社にそれぞれの差額を支払います。クローズドエンドは差額を精算しない方式のことで、法人契約の場合は一般的にこの方式を取ります。また、カーリースは原則として中途解約はできません。やむを得ず中途解約が発生した場合は車両を返却するとともに、規定損害金を支払う必要があります。盗難・全損の場合は規定損害金の他に車両の残存価格及び自動車リサイクル預託金相当額を併せて支払う必要があるため注意が必要です。

 

point.6ニーズに合ったリース期間で契約できるか

短期間でのリース契約など、必要に合わせた選び方も!

短期でカーリースを行いたい場合もあるかと思います。一般的なリース契約は3年、5年、7年が多いですが、1日や1ヶ月といった短期契約で利用できるリースサービスを提供している業者もあります。用途に応じて活用してみると良いでしょう。

 


カーリースの費用・料金相場情報

アイミツでは独自調査やお客様の声からカーリース(自動車リース)における料金相場情報を集めています。車種やグレードなどの違いなどによっても大きく料金体系も変わる中で、何が必要なのか、どのようなサービス形態なのかを考慮し、自社に合った業者を見極めることが大切になります。

コンシェルジュ

カーリース(自動車リース)の相場

期間や車種、グレードによってコストは大きく変わる!

レンタルする期間、車種、グレード、オプションサービスによってリース料金が大きく異なりますが、例えば、

フィット ハイブリット:3年契約で月額30,000円~45,000円程度
マーチ 3年契約で月額20,000円~30,000円程度

などとなっています。これに加えて任意保険費や駐車場費、ガソリン代などが必要になります。ちなみにレンタルできる期間は車検に合わせて3年・5年・7年となっている場合が多いです。

 


カーリースのよくある質問

カーリースについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

コンシェルジュ

Qレンタカーとカーリースの違いを教えてください。

Aレンタカー会社が用意した車なのか、それとも購入した車かどうかが大きな違い。

レンタカー会社の用意した自動車の中から選んだ自動車を借りるレンタカーに対し、利用者が好みに合わせて選んだ自動車をリース会社が購入し、決められた期間自動車を借りられるサービスがカーリースとなります。
カーリースは数年単位の契約となり、レンタカーに比べて期間が長いことも特徴です。
自動車の購入に比べ、管理や経理面でのメリットがあるため、多くの企業で利用されています。

Qリースする自動車は自由に選べますか?

A車種だけでなく、ボディカラーや各種オプションなどの選択も可能。

車種はもちろん、ボディーカラーやカーナビなどのオプション機器も自由に選ぶことができます。
利用する企業ロゴのステッカーなどを貼ることも可能です。
また、フォークリフト・冷凍車などの特殊な自動車や、中古車も選ぶことができます。
なお、契約期間中にオプション機器を追加する場合は、リース契約に含められないので、契約前にオプションを充分に吟味しましょう。

Qカーリースの場合でも車庫証明は必要ですか?

Aカーリース会社の購入になる為、お客さん側が用意する必要はなし。

自動車の購入はカーリース会社がおこないますが、車両登録時には保管場所が必要になりますので、利用者側で適切な車庫証明を取得してください。
カーリース会社によっては、別途料金にて車庫証明申請手続きの代行をおこなっているところもありますので、必要に応じてご相談ください。

Qリース期間はどれぐらいですか?

A最低契約期間を1年程度に設定しているリース業者が多い。

カーリース会社によってばらつきがありますが、最低契約期間を1年と設定している場合が多いようです。
また、最低契約期間以上であれば、自由に期間を選べる場合と、3年・5年・7年などカーリース会社によって決められた年数から選ぶ場合があります。
利用者の都合にあった期間を選べるカーリース会社をお選びください。

Qリースの契約期間が終わったら自動車は返却するのですか?

Aリース終了後は、返却・再リース・乗換などを自由に選択することが可能。

リース契約が終了した場合、返却・再リース・乗換のいずれかを選択します。
リース契約していた自動車を引き続き利用したい場合は再リース契約をおこなうことができます。
ただし、契約形態によってはリース料金が高くなってしまう場合がありますのでご注意ください。
返却の場合は付属品や車検証などをもれなく用意のうえ、カーリース会社の所定の手順で返却をおこなってください。

Q契約期間の途中で解約はできますか?

A途中解約には、中途解約金、違約金、などが発生することがほとんど。

カーリースをご利用の際は基本的に契約期間内には解約できません。
やむを得ない場合は、中途解約金などを支払うこととなります。
見積もり請求時に解約の場合の条件をご確認ください。
また、リース期間中に、より新しい自動車に乗り換えたい場合などは、使用中の自動車の残債を引き継ぐことになります。

Qカーリース契約の際に審査は必要ですか?

A融資やクレジットなどと同様の審査が必要。

基本的には、融資やクレジットなどと同様の審査が行われます。
法人であれば、会社の謄本、印鑑証明、決算書などを提出し、会社代表が保証人となるケースが多いでしょう。
企業の状況によっては審査が通らずリース契約ができない場合もありますので、審査が比較的通りやすい中古車専門のカーリース会社などにも見積もりを依頼しておくといいでしょう。

Qリース契約車が事故にあった場合はカーリース会社が事故対応してくれますか?

A事故対応はカーリース会社に任せることが出来る。

リース契約に自動車保険が含まれている場合は、事故対応をカーリース会社におまかせすることができます。
カーリース会社によっては、24時間対応のサポートセンターなどのサービスを提供しています。
ただし、カーリース会社ごとに指定されている保険代理店と契約する必要があるなど、各種条件がありますので、見積もり請求時にご確認ください。

Qカーリース代金には何が含まれていますか?

A一般的な内容に加え、任意保険料などを加えることも可能。

車両本体・各種オプション価格のほか、登録手続きにかかる費用、自動車取得税・自動車税・重量税などの税金、自賠責保険を含んだリース料金が設定されている場合が一般的です。
これに、任意保険料を含めることも可能です。
契約内容によっては、車検や修理にかかる費用も利用者側で負担する必要はなくなります。

Qカーリース中の自動車の車検や修理は無料ですか?

A契約内容によっては、無料で車検や修理が可能。

カーリース会社が指定した修理工場に持ち込む必要がありますが、契約内容によっては、無料で車検や修理がうけられます。
また、代車も無料で利用できる場合もあります。
なお、修理や整備の代金をカーリース料金に含めず、月々の支払金額を下げた契約の場合は、車検や修理はその都度利用者側で費用を負担することとなります。


カーリースのアイミツ利用事例「カーリース(自動車リース)」

どのようなカーリース(自動車リース)業者を探していましたか?

オフィスの移転も同時に検討しており、リースでの導入を決意。

当社は愛知県でフリーペーパーを発行しています。昨年より、発行する紙面数が増え、取材記者と営業担当者が大きく増員されました。地方での営業には社用車が欠かせず、これまでは社員の車を活用していたのですが、社用車を1台導入することでより効率よく動ける体制を整えたいと思いました。社用車を購入する方法もあったのですが、オフィスの移転も同時に検討しており、リースにすることで常にメンテナンス・サポートを受けられること、オフィス移転後に解約できることをメリットと感じていました。

アイミツを利用したきっかけ

インターネット検索でアイミツを見つけた。

我が社のある地域において、法人のカーリースは様々なディーラー子会社が対応していることもあり、知り合いを通じてリース業者をご紹介いただいていたのですが、総額見積もりをとってみると、保険やオプションなどは想定よりも高く、契約を躊躇してしまいました。そこで、当社の営業マンがインターネット検索をしていたところ、アイミツをみつけ、一括問い合わせをしたことが利用のきっかけとなりました。

見積もり時に気をつけたこと、反省点

とにかく継続的に必要になるランニングコストを比較した。

リースなので、継続的に必要となるランニングコストを比較するようにしました。メンテナンスを含むリースプランには税金、保険料、メンテナンス料が含まれますが、車検費用は別途になっているものもあり、それぞれの業者ごとに含まれている費用が変わっていることに気づきました。総額比較しやすいように見積もり条件を2つ作り、各リース会社に見積もりを依頼することで、社内検討がしやすくなりました。

実際に発注してみた感想や気づき

発注前に決算や経理精算時の書類も確認しておくとスムーズ。

カーリースは節税という意味でも、費用管理の意味においても、車両購入よりも簡単であることは今回初めて知ることができました。特に発注した業者が手続きに必要な書類をあらかじめ整えてくれているのが大きいです。カーリース業者によっては、発注側が依頼しないと書類を整えてくれない業者もあるそうですので、発注前に決算や経理精算時の書類も確認しておくといいと思います。車両購入よりもコストメリットが高い場合も多くあるとのことです。


カーリースの用語・基礎知識

カーリース(自動車リース) 基礎知識・基礎用語

カーリース(自動車リース)とはレンタカーのように自動車を不特定多数の人に貸し出すわけではなく、長期契約により一定の期間貸し出すことを指します。企業がリースで自動車を導入すると、基本的にリース料が賃貸料に計上されるため流動費扱いとなり、固定資産の圧縮を行うことができる(※1)ほか、メンテナンスや事故対応をリース会社に任せることができるなどのメリットがあります。2012年のリース業界の売上シェアは1位オリックス、2位三井住友ファイナンス&リース、3位三菱UFJリースとなっています。

※1〈リース会計について〉

平成20年4月に適用された「新リース会計基準」によると、すべてのリース取引のうち、中途解約不能(解約が可能であっても損害金が発生するなど)で、リース料総額の現在価値が見積もり金額購入価格の概ね90%以上となる取引、または解約不能リース期間が経済的耐用年数の概ね75%以上となる取引の場合はファイナンス・リース取引に分類され、借手側は自己所有固定資産と同様の減価償却をしなければなりません。ファイナンス・リース取引以外のリース取引はすべてオペレーティング・リース取引に分類され、この場合借手側は賃貸借処理を行うことができます。ただし、ファイナンス・リース取引の場合でも、リース期間が1年以内のリース取引や1契約のリース料総額(維持管理費用を除く)が300万円以下のリース取引など個々のリース資産に重要性が乏しいと認められる場合はオペレーティング・リース取引と同様の扱いになります。

カーリース(自動車リース)の場合は、中途解約は不能ですが、中古車市場が発達していることから、リース満了時にその時点に近い残価を設定しているため、ノンフルペイアウトとなり、オペレーティング・リース取引になりやすいと考えられます。かつ1契約あたりの維持管理費用を除いたリース料が300万円以下になりやすいことからも、カーリース料は賃貸借処理が行われる場合が多いと言うことができます。