あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

メンタルヘルス研修とは|内容や費用、開催している会社まとめ

近年、精神障害による労災請求・支給決定数が急上昇しています。このため、メンタルヘルス不調を予防する第一段階として2015年12月からストレスチェック制度の実施が義務化されました。

仕事における過度なストレスは従業員の健康や生活を脅かします。メンタルの不調が重大な病へと姿を変えてしまう前にケアをし、企業側が積極的に予防策を講じる必要があります。
対策の1つとして挙げられるのは、メンタルヘルスケア研修の受講・開講です。従業員のメンタルと会社の環境を整える効果が見込めます。

しかし、メンタルヘルス研修という言葉が耳慣れない方も多いでしょう。今回は、メンタルヘルス研修の具体的内容や方法、実施のメリットや費用を解説します。さらにおすすめの研修会社も紹介するので、社内環境の改善に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

目次

そもそもメンタルヘルスとは

メンタルヘルスとは、心・精神の健康のことです。言葉自体にネガティブな要素はありませんが、精神的に不安定になると鬱病やパニック障害、PTSD、自傷行為などの精神障害に発展してしまう可能性があるため、メンタルヘルスケア、メンタルヘルス対策など精神障害の予防と回復を目的とする場面で多く使われます。

また、厚生労働省の定義によれば、メンタルヘルスの不調は精神障害だけでなく、ストレスや強い悩み、不安などを含む幅広いものとされています。なぜなら、ストレス、強い悩みや不安は、上述した精神障害に発展する要因になるからです。つまり、すべてが急激に変化する現代のストレス社会では、私たち全員がメンタルヘルス不調を抱える可能性があるといえるでしょう。

なかでも、職場で強いストレスを感じメンタルヘルスに不調を起こす人が急増しています。人間関係の悩みであったり、責任を感じすぎてしまったり、職場にはストレスの要因が多く存在します。

なぜメンタルヘルス研修が必要なのか?受講するメリット

従業員のメンタルヘルス不調をいち早く察知し、深刻化する前に予防・対策するのに有効なのがメンタルヘルス研修です。メンタルヘルス不調を抱える従業員だけでなく、その予備軍ともいえる、全従業員の心の健康を確保するのにもメンタルヘルス研修は役立ちます。ここでは、メンタルヘルス研修にはどんなメリットがあるのかを具体的に解説します。

まず、メンタルヘルス研修には、職場の生産性低下を防止する効果があります。メンタルヘルス不調を抱える従業員は、出退勤・パフォーマンス・行動の変化が現れがちです。これは、従業員の持つ本来の業務遂行能力が著しく低下することを意味し、職場の生産性が低下するのはもちろん、離職につながる可能性もあります。

研修によって、メンタルヘルス不調の早期発見・対処ができれば、こうした事態を予防・防止できる可能性が高まります。自覚症状のない従業員が、メンタルヘルスを維持するノウハウを習得するなども期待でき、社内のモチベーション向上にも役立つでしょう。

もうひとつ、メンタルヘルス研修を実施することで、企業のリスクマネジメントも実現できます。仕事の失敗・ミスなどで契約を取り逃がすなどの機会損失はもちろん、安全確保が絶対の現場では、メンタルヘルス不調が即事故につながる可能性があります。従業員のメンタルヘルス不調を放置することで労災請求・民事訴訟に発展することも考えられるでしょう。メンタルヘルス研修によって、こうしたリスクを最小限に抑えられます。

メンタルヘルス研修で学べること

それでは、メンタルヘルス研修を実施することで、具体的にどんなことを学べるのでしょうか。メンタルヘルス研修には、大きく分けて従業員全員を対象にメンタルのセルフケアを学べる研修、管理職やリーダーを対象に部下のメンタルヘルスをどう確保するかを学べるライン研修の、2つがあります。

どちらの研修も軸になるのは「悩み・不安の要因となるストレスに気付くこと、対処する方法を習得すること」です。ストレスを抱えていても、自身で気が付いていない人が大多数だといわれています。まずはストレスを抱えていることを自覚し、対処法を学ぶことでストレスの上手なコントロールを実現します。

一般的なメンタルヘルス研修は以下の内容に沿って進行します。

・メンタルヘルスの現状
・実例をもとにしたメンタルヘルスケアの重要性
・ストレスの要因と反応の関係
・メンタルヘルスを確保するためのセルフケア
・問題解決に向けたコミュニケーションスキルの学習
・問題解決のための要素の学習と実践
・実際の職場で実践するための最初の一歩を設定


さらに、管理職やリーダーは部下のメンタルヘルスを確保する責任も負わなければなりません。このため、管理職やリーダー向けのライン研修は、上記に加えて以下の内容もふまえて研修が進みます。

・ハラスメントの自覚やメンタルヘルス不調察知方法
・部下とのコミュニケーション方法
・メンタルヘルス管理における管理職の役割
・メンタルヘルス不調で休業した従業員のサポート
・ケースディスカッション

メンタルヘルス研修にかかる費用・料金相場

メンタルヘルス研修は、他の社員研修と同様に公開型講座と講師派遣型講座の2つのパターンがあります。

まず、公開型講座の研修時間は3〜4時間程度が一般的であり、参加費用の相場は約1万5,000円から3万円前後です。研修を実施する会社によっては、チケット制を用意しており、都合のいい日程・場所を任意に選択できる場合もあります。

講師派遣型講座も、公開型講座と同じく3〜4時間程度の研修時間が一般的ですが、1回の研修で約10万円前後の派遣費用が必要です。会場や内容によっては複数回実施しなければならないこともあるでしょう。

ここではあくまで一般的な例を挙げましたが、参加人数や研修の時間によって料金は前後します。研修時間が8時間以上におよぶ場合や、3日間程度に分けて実施される場合もあり、内容によっても費用は変化すると考えておいた方が無難です。また、どの研修会社でも、研修前に2時間程度の打ち合わせが必要であり、これが研修料金に含まれているのが一般的です。

メンタルヘルス研修の受講方法

メンタルヘルス研修の受講・開催方法は、公開型講座や講師派遣型講座が一般的ですが、それ以外にも受講する方法があります。受講方法を紹介するとともに、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

公開型講座

決められた日程・会場で実施される形式の研修が公開型講座です。対象者が絞られた、メンタルヘルス研修だとライン研修の方が公開型講座で開催されることが多いといわれています。

公開型講座のメリットは、対象となる参加者を絞り込めるほかに比較的費用が抑えられることが挙げられます。包括的に一般的なメンタルヘルスケアについて学べる点も特徴です。

一方、研修の内容は一般的なものになりがちであり、個別の企業事情を反映した学びという点では、充分なノウハウ習得が期待できないというデメリットがあります。参加者の業務スケジュールに柔軟に対応できないという点も、デメリットになるかもしれません。

講師派遣型講座

社内でスケジュール・会場を押さえ、外部の講師を招いて全社員を対象にメンタルヘルス研修が実施されるケースも多く見受けられます。大人数で行う研修、メンタルヘルスでいえば全従業員対象のセルフケア研修ではこの形式が多いようです。

この形式のメリットは、比較的自由にスケジュール調整ができる、個別の企業事情を反映した研修が実施しやすい、1人あたりの研修費用を比較的安く抑えられるなどが挙げられます。ストレスチェックの結果を反映した内容にするなど、効果的な研修が期待できるといえるでしょう。

一方、研修内容によっては従業員を長時間拘束されることで機会損失が生じる、会場の規模・従業員数によっては複数回研修を実施しなければならない、社内ノウハウを蓄積しにくいなどのデメリット面も考えられます。年に複数回、研修を実施しなければならない状況であれば、企業・従業員それぞれにある程度の負荷をかけるのは事実です。

社内で講座を開く

よりきめ細かく従業員のメンタルヘルスケアを考える場合は、社内に専任の担当者を据えて独自に対応していくという方法も考えられます。

この研修受講方法のメリットは、必ずしも大人数が参加するメンタルヘルス研修を実施する必要がない、それぞれの状況に応じたメンタルヘルスケアが可能などが挙げられます。なによりも、メンタルヘルス不調の兆候にすぐ対処できることが特徴です。

しかし、メンタルヘルスケアを社内で行うには、メンタルヘルスカウンセラー、メンタルヘルスケア講師を養成しなければなりません。この研修を行うためには、カウンセラー・講師の養成を含め、体制づくりに人的リソースや費用を投入しなければなりません。会社規模や体制にもよりますが、カウンセラー・講師を他業務と兼任するのは困難なのも課題の1つです。

eラーニングを利用する

メンタルヘルス研修の受講方法にeラーニングを提供している会社もあります。eラーニング利用する研修受講方法のメリットは、研修の費用を抑えられる、従業員が空いた時間を利用し、好きなタイミングで研修を受講できるなどが挙げられます。

その一方で、いつでも受講できるという安心感から研修をついつい後回しにしてしまったり、参加者同士の共感・コミュニケーションが得られないなどのデメリットが生じます。特に、実例や他者の共感が重要な意味を持つメンタルヘルス研修では、eラーニングだけに頼るのではなく、その後のケアも重要だといえるでしょう。

メンタルヘルス研修の選び方のポイント

メンタルヘルス研修の実施方法について解説しましたが、その数は年々増えてきています。数多く実施される研修のなかから、最適な研修を選ぶにもポイントがあります。

まずは、自社の課題と研修内容がマッチしているかどうかです。メンタルヘルスは一般論だけでは理解や問題解決が難しく、社風や業務内容によって改善方法が変わります。そのため、自社に合った研修でないと受講する意味がありません。特に講師派遣型の場合は、事前の打ち合わせやヒアリングでどれ程親身になって自社の問題と向き合ってくれるかが大きなポイントです。

もう1つは、研修実施後へ向けたアドバイスや提案などを行っているかどうかです。研修の良し悪しは受講後いかに効果が見られるで決まります。今後へのアドバイスや学習したことを風化させない課題などを出す研修であれば、本当の意味で企業と向き合っている良い研修だといえるでしょう。

メンタルヘルス研修を行っている会社3選

ここからは上述した研修会社選択のポイントを踏まえたうえで、メンタルヘルス研修を安心して依頼できる、おすすめの研修会社を厳選して紹介します。

株式会社インソース

株式会社インソースは、東京都千代田区に本社を構え、全国規模でコミュニケーション・チームビルディングなどの講師派遣型研修、公開講座事業を手がける企業です。
メンタルヘルス研修に関しては、1名から申し込み可能な公開講座、講師派遣型研修はもちろん、e-ラーニング教材の提供、研修と組み合わせたパッケージの提供など、幅広いプログラムを用意しています。
職場づくりを意識した、現場で取り組み可能な具体策にフォーカスした内容が特徴であり、個別企業の方針や状況にあわせ、柔軟なカスタマイズを施したプログラムを提供するのも可能です。幅広いビジネス研修を実施する実績を活かし、管理職・リーダーに向けたライン研修を派遣型で実施するのも可能。

こんな人におすすめ
  • メンタルヘルスに関して具体的対策を知りたい方
  • 職場環境ごと見直したい方
  • 幅広い研修を行う研修をお探しの方
詳細情報
  • 費用目安:【公開講座】ストレスマネジメント(セルフケア)-ストレスをパワーに変える!-
    1日間 4万3,200円 など
  • 従業員数:非公開
  • 設立年:2002年
  • 会社サイト:https://www.insource.co.jp/index.html
  • 会社電話番号:03-5259-0070
  • 会社所在地:東京都千代田区神田錦町1-19-1 神田橋パークビル 5階

株式会社スマイル・アンド・エール

株式会社スマイル・アンド・エールは、大阪府大阪市に本社を構え、メンタルヘルス研修はもちろん、パーソナルコーチング、コールセンター支援など、法人・団体向けの教育研修事業を手がける企業です。
ライン研修・セルフケア研修はもちろん、パワーハラスメント研修、シニア社員に向けたキャリア研修などの実績もあり、主に講師派遣型のメンタルヘルス研修に強みをもちます。20名までの企業向けメンタルヘルス研修では、3時間10万円、6時間18万円の基本コースを用意、入念な事前打ち合わせによって最適な研修を提供します。
また、企業向けメンタルヘルス研修にカウンセリングをプラスしたコースも用意。さまざまな企業ニーズに応えられるのはもちろん、人数や時間、内容などのカスタマイズも可能です。

こんな人におすすめ
  • 集中的にメンタルヘルス研修を行いたい方
  • カウンセリングを導入したい方
  • 自社の問題に適した研修を希望の方
詳細情報
  • 費用目安:メンタルヘルス研修・半日 
    約3時間 10万円 など
  • 従業員数:非公開
  • 設立年:非公開
  • 会社サイト:https://sandy-coaching.com/
  • 会社電話番号:090-8145-4395
  • 会社所在地:大阪府大阪市北区梅田2丁目5-13 桜橋第一ビル304号

株式会社ブルーコンシャス

「株式会社ブルーコンシャス」は、神奈川県横浜市に本社を構え、主に関東圏の企業を対象にしたメンタルヘルス研修の提供、およびアスリートに特化したメンタルヘルス研修・サポートの提供を事業の柱とする企業です。
企業向けのメンタルヘルス研修には、ライン研修、セルフケア研修のほか、ストレスチェックを受ける心構えと意味を伝えるストレスチェック前研修などを実施しています。さらにメンタルヘルスを確保してやる気を促すモチベーション研修、メンタルトレーニング、個別メンタルトレーニングセッションなど、メンタル強化するにはうってつけの研修が豊富にそろっています。
基本研修は3時間以上、1時間あたり3万5,000円からが基本で、講演会開催、エグゼクティブ・メンタルトレーニングにも対応可能です。

こんな人におすすめ
  • 従業員のモチベーションを向上させたい方
  • 豊富な研修を実施する会社をお探しの方
  • メンタルヘルスに特化した会社に依頼したい方
詳細情報
  • 費用目安:1時間あたり3万5,000円~
  • 従業員数:非公開
  • 設立年:非公開
  • 会社サイト:https://blueconscious.com/
  • 会社電話番号:045-515-3113
  • 会社所在地:横浜市中区太田町2-23 横浜メディアビジネスセンター6階 F-SUSよこはま内

【まとめ】

管理職やリーダーが部下のメンタルヘルス不調を察知するノウハウを身に付け、従業員が個々にストレスに対応するノウハウを身に付ければ、職場の健康が保たれ、企業全体で高いモチベーションと生産性を発揮できるでしょう。それを実現する手段が、従業員のメンタルヘルス不調をいち早く察知・対処するストレスチェックであり、メンタルヘルス研修です。

メンタルヘルス研修を実施する場合は、さまざまな研修会社が登録されている「アイミツ」までお問い合わせください経験豊富な『コンシェルジュ』が、あなたの要望をヒアリングしながら、最適な企業を選定するお手伝いをします。

社員研修会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

社員研修会社が
最短翌日までにそろう