あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

【2019年最新版】フリーランスのサポートに強い税理士事務所|フリーランスの方におすすめの税理士事務所6選

書き物をする人

更新日:2019年06月07日 | 公開日:2014年11月08日

フリーランスで事業を運営していくうえではさまざまな悩みごとがあるものです。しかし、本業以外で頭を悩ませる原因となるのが、毎年春にやってくる確定申告です。
年間の売り上げや経費などを事細かに算出しなければならず、膨大な処理に頭を抱えるフリーランスも少なくありません。特にはじめて確定申告をおこなうフリーランスにとって、確定申告は自分ひとりの力では解決できないほどの労力に感じることもあるでしょう。そこでおすすめしたいのが、税理士に確定申告を依頼することです。

そんな確定申告のプロである税理士を選ぶ際は、どのようなポイントに注意すべきなのでしょうか。今回はフリーランスが税理士に依頼することのメリットやデメリットも交えながら、どのように税理士を選ぶといいのかを実際にいくつかの税理士事務所をピックアップしてご紹介していきます。
ぜひ最後まで読んでいただき、自身に合った税理士事務所選びの参考にしてみてください。

フリーランスにとって税理士のメリット

フリーランスのなかには、わざわざ税理士に依頼しなくても確定申告は自分でおこなうという方も多いのではないでしょうか。しかし、なかには税理士と契約して確定申告を依頼しているフリーランスもいます。
フリーランスが税理士に依頼することによって、どのようなメリットがあるのでしょうか。今回は3つのポイントに絞ってご紹介します。

確定申告を気にせず業務に集中できる

まずは膨大な確定申告に関する業務から解放されることが大きなメリットとしてあげられます。
毎月の売り上げや経費、領収証の整理、そして記帳などを普段からこまめにおこなっている方であれば問題ないですが、多くのフリーランスは自身の事業に手いっぱいで、毎月適切な管理ができていないケースが多いものです。
そのため確定申告の時期が近づいてくると、慌てて作業に取りかかり、本業に支障をきたす方も少なくありません。

このようなことからも、税理士に依頼することによって、その手間を大幅に減らすことができるのは心強いといえます。依頼できる内容もさまざまで、毎月の記帳のみお願いする方や、確定申告書類の作成・提出まですべて依頼する方もいます。

プロに頼む安心感

確定申告の際に多くの方を悩ませるのが経費の内訳です。経費として認められるのかどうかを判断するのは決して簡単なことではなく、曖昧な基準のまま処理をしてしまうと税務調査の対象となってしまうケースも考えられます。
また、確定申告自体がはじめての場合は必要以上に時間を要してしまい、想定しているよりも時間をかけてしまうことがあります。自分で確定申告の準備や手続きをおこなうのが不安な方は、税務のプロである税理士に依頼することで確定申告に頭を悩ませる必要もなく、安心して業務にとりかかることができます。

ほかにも確定申告の時のみならず、普段の財務上の悩みも合わせて相談できるのも強みのひとつです。実際に企業の財務としての役割を税理士資格を持った人材が役割を担うケースも多く、ビジネスを展開するうえで税理士がいかに強い資格であるかがわかります。

節税対策が期待できる可能性がある

確定申告書類には正しい情報を記載し、不正をおこなわないことが大前提ではありますが、節税対策も重要です。税金として納付するよりも従業員の給与や賞与、役員報酬に回したり、企業の設備投資などに回したほうが経営上のメリットは大きいことは明白です。

ほかにも節税対策と称してあまりにも悪質な方法をとると、税務調査の対象となる危険性もありますが、まったく節税対策をおこなわないことも経営上いい方法とはいえません。
フリーランスの場合は企業と違い、従業員の報酬などに反映することはできませんが、どの程度までのものであれば、経費として認められるかなどは税理士に相談してみると節税対策として効果的です。

税理士のなかには節税対策に積極的に取り組んでくれる方も多くいます。ぜひ節税対策の経験豊富な税理士を探してみましょう。

フリーランスにとって税理士のデメリット

フリーランスが税理士と契約することのメリットをご紹介してきましたが、反対にデメリットとして考えられることはないでしょうか。
こちらも3つのポイントに絞って解説していきましょう。

費用がかかる

まず、フリーランスが税理士と顧問契約することの最大のデメリットは税理士費用がかかるという点です。
顧問税理士としての費用は年間の売上高によっても異なりますが、安くても月間数万円以上の顧問料がかかるものです。特にフリーランスとして駆け出しの創業時には痛い出費であることはたしかであり、事業が安定しないうちは顧問契約を結ぶことなく、確定申告書類の作成のみ依頼するフリーランスも多いようです。

特に売り上げ規模が大きくなってくると、税務処理の中身も細かくみられる機会が増えます。多少費用がかかってしまっても、万が一税務調査の対象となったときにそなえるために税理士との顧問契約を検討するのもよいでしょう。

相性の合う税理士を探すのは難しい

フリーランスや起業家にとって税理士はビジネスパートナーでもあります。
そのため、税理士を選ぶ際、相性もとても重要な要素になってきます。自分の考え方や価値観、事業のビジョンを正しく理解できる方でないと、税理士としては優秀であっても、よきビジネスパートナーとは言い難い存在になってしまいます。
それほど税理士とフリーランスとの相性は重要であり、同時に相性の合う税理士を探し出すことは簡単なことではありません。

ひとつの方法としては、自分のビジネスの分野に明るい税理士を探してみるのがおすすめです。たとえばIT関係の事業をしている方であれば、まわりの方がどのような税理士に依頼しているのか知ることができます。
もしその税理士との契約ができなかったとしても、いろんな税理士と話すことによって、自分にどのような税理士が合うかわかったり、税理士仲間を紹介してもらえることがあるかもしれません。

的確なアドバイスをしてくれる税理士ばかりではない

税理士は国家資格を持つ人でしか税理士と名乗ることはできません。税務に関する知識は一定のスキルを持っているものの、考え方は税理士によって異なります。
節税対策ひとつをとっても、積極的に節税対策をおこなってくれる税理士もいれば、慎重な税理士も存在します。さらに税理士のなかには依頼されたことだけを淡々とこなすだけの人も多く、経営上のアドバイスはおこなわないケースもあります。

フリーランスは自身の事業に関わるスキルはあっても、税務や財務的なスキルは持ち合わせていないケースがほとんどです。自分自身で事業を始めることがはじめてのケースもめずらしくないため、そのような状況を顧みて的確なアドバイスをおこなってくれる税理士が理想的といえます。

フリーランスの方におすすめの税理士事務所6選

ここまでフリーランスの方にとって税理士に依頼をするメリット・デメリットや、実際にどのように税理士を選ぶといいかをご紹介しました。これからは実際にいくつかの税理士事務所をピックアップしてご紹介していきます。
ぜひ最後まで読んでいただき、自身に合った税理士事務所選びの参考にしてみてください。

山田一成税理士事務所

山田一成税理士事務所は東京都足立区に事業所を構えており、土日祝日と年末年始以外は9時から17時30分まで営業しています。年商約1,200万円、3ヶ月に1回程度の打ち合わせ、従業員1名の場合を想定すると、月額の顧問料は1万円という格安でサービスを提供しており、フリーランスにとって依頼しやすい費用となっています。
フリーランス向けの初回相談を無料でおこなっており、見積もりに関しても、2日以内に提供しているなど、親身でスピーディな対応に定評があるのも強みのひとつとしてあげられます。また、税理士事務所代表は元々大手ソフトウェア開発企業での勤務経験があり、IT関係の事業に精通していた経歴を持っています。
このような点からも、IT関連の事業を展開するフリーランスにとって話が通じやすく、安心して依頼しやすい税理士事務所のひとつといえるでしょう。

モロトメジョー税理士事務所

モロトメジョー税理士事務所は、横浜市戸塚区に事務所を構える個人税理士事務所です。
料金は面談の頻度によって分かれており、3ヶ月に一度の場合は月額3万円、2ヶ月に一度の場合は月額4万円となっております。面談自体は1回あたり60〜90分程度で、経理上の相談などにも乗ってくれます。
ほかの税理士事務所にはなかなかみられない特長として、クラウド会計ソフトの導入支援をおこなっている点があげられます。クラウド会計ソフトを導入したくても、ハードルが高く感じられてしまい、結局税理士に依頼してしまう方も多いです。そんな方のために、モロトメジョー税理士事務所はクラウド会計の導入におけるアドバイスを積極的におこなっています。
ホームページの更新頻度も高く、SNSなども積極的に活用していることから、情報発信に積極的な税理士事務所であるといえるでしょう。

匠税理士事務所

匠税理士事務所は東京都目黒区自由が丘に事務所を構える税理士事務所です。平日9時から17時まで営業しており、税理士2名を含む9名のスタッフが常駐しています。
弁護士・司法書士・行政書士事務所とのネットワークを持っているため、必要な時に紹介してもらうことが可能です。フリーランスの場合は仕訳数によって料金が決まっており、50仕訳未満の場合は月額1万8,333円、100仕訳未満の場合は2万3,333円となります。
これに加えて、確定申告時には所得税申告料として別途8万円が加算となる仕組みです。これらの料金は年商3,000万円未満が対象となりますが、それ以上の年商の場合は料金プランも変わってきます。節税対策はもちろん、フリーランスから法人への起業支援サービスもおこなっており、経験豊富な税理士による万全のサポート体制が構築されています。

前川秀和税理士事務所

前川秀和税理士事務所は東京都中野区に事務所を構える個人税理士事務所です。中野のシンボルである中野サンプラザの9階にあるため、中野駅から迷うことなく到着でき、アクセスも抜群です。
フリーランス向けの顧問料としては、年商1,000万円未満かつ年3回の定期打ち合わせの場合で月額1万4,000円となっており、決算時には10万5,000円が加算されます。さらにこちらの税理士事務所では起業1年目の法人の場合顧問料が40%割引となるため、今後法人化を目指しているフリーランスにとってもおすすめです。
対応可能地域は東京都全域、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県と幅広く、SkypeやGoogleハングアウトなどにも対応しているため、遠隔地であっても依頼は可能です。

山川喜彰税理士事務所

山川喜彰税理士事務所は東京都港区南青山の一等地に事務所を構える個人税理士事務所です。税理士としての業務はもちろん、ブログでの情報発信などもすべて一人で一貫しておこなっています。
顧問料は年商1,000万円未満の場合、年2回の打ち合わせで月額8,250円となっており、決算時には8万7,000円が加算されます。打ち合わせの頻度が少ないとはいえ、税理士の顧問料としては非常に良心的な価格設定となっているのが一番の特長といえるでしょう。
これからはじめて税理士に依頼をする方や、月額顧問料をとにかく抑えたいという方に特におすすめの税理士事務所です。代表の山川さんは30代の若手税理士であり、ブログやSNSでも積極的に情報発信をおこなっているため、親しみやすい印象を受けます。

税理士法人シン総合会計

横浜市西区に事務所を構える税理士法人シン総合会計には、40年以上のキャリアを誇る代表と6名のメンバーが在籍しています。
基本プランには毎月の訪問と会計仕訳の確認がすでにふくまれています。毎月細かな経費の支払いがあり、できるだけシンプルなプランにしたい方にとって最適ではないでしょうか。ホームページには料金表が記載されていないため、顧問料などの費用に関しては個別に見積もりの依頼をする必要があります。
毎月の訪問となるため、やはり他の税理士事務所に比べると少し高額になる可能性はあるかもしれませんが、キャリアの長い税理士が在籍しているため、税理士としての実績やスキルを重視する方には特におすすめの税理士事務所といえるでしょう。

税理士法人インテグリティ東京事務所

税理士法人インテグリティ東京事務所は東京都港区南青山に事務所を構える税理士事務所です。
公認会計士と税理士の資格を持つ代表が経営しており、東京のほかに新潟にも事務所を構えています。年商1,000万円未満のフリーランスの場合、隔月の面談で顧問料は月額1万6,200円。決算時には9万7,200円が加算されます。
こちらの税理士事務所の強みとしてあげられるのが、割引制度です。拠点が東京都港区または渋谷区、新宿区にあるフリーランスの場合、年間の費用から1万800円が割引となります。また、事業を立ち上げてから1年以内のフリーランスの場合も1万800円の割引が適用されます。税理士の顧問料に割引制度を設けている事務所は非常にめずらしいことだといえます。
港区、渋谷区、新宿区のフリーランスの方におすすめの税理士事務所です。

まとめ

フリーランスが確定申告を税理士に依頼することで、本業に集中できる点や、節税効果が期待できる点などのメリットがあります。
一方で、費用がかかることや、相性の合う税理士を探すのに苦労するというデメリットがあることもたしかです。しかし、トータルで考えたときにフリーランスが税理士と契約することはメリットのほうが大きいといえるのではないでしょうか。

今回ご紹介した7つの税理士事務所は、いずれもフリーランスや個人事業主の税務業務に強いところばかりです。税理士1人だけで経営している個人税理士事務所も多いため、フリーランスの気持ちを理解してくれる可能性が高いといえるでしょう。

日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』では、税理士事務所に関する専門知識を持った弊社コンシェルジュがあなたの要望にぴったりの税理士事務所を完全無料でご紹介することができます。

フリーランスの方で税理士事務所を選ぶのにお困りの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください

“税理士”のことなら
コンシェルジュに無料で相談!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono

このテーマに関連する優良会社