無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

マーケティングリサーチ会社の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年8月5日

調査票とは?作成方法や調査精度を上げるポイントも解説【2022年最新版】

調査票による対象者へのアンケートは、必要なデータを効率的に収集できる手段です。取得したデータは、マーケティング活動で幅広く利用できます。そこで本記事では、さまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、調査票の作成方法をご紹介!調査票の概要から調査の精度を上げるコツまで詳しく解説していきます。

【関連ページ】
マーケティングリサーチにかかる費用・相場感や、あなたの目的別にマーケティングリサーチ会社をお探しいただけます。  

マーケティングリサーチ会社一覧
マーケティングリサーチ・Web調査にかかる費用

調査票とは

調査票とは、設問や選択肢、自由記述欄が用意された質問用紙を指します。調査対象者の意見や情報を収集するために利用するもので、役割は一般的なアンケート用紙と同様です。WordやExcelで作成するケースが多く、紙媒体だけでなく電子媒体も普及しています。電子媒体の場合、パソコンやスマートホン、タブレットから回答が可能です。

集めた回答を分析することで、課題解決に必要な意見や実態の把握など、マーケティング活動に必要なデータが選定できます。ただし、調査の精度は調査票のクオリティに比例するため、正しい作成方法への理解が必要です。

調査票の作成方法

調査票の作成には、複数のステップやポイント、注意点があります。こちらで順に見ていきましょう。

ステップ1:目的の明確化

まず必要なのが調査目的の明確化です。目的を明確にしないまま調査票を作成すると、設問に一貫性がなくなり効果的なデータ収集が行えない可能性があります。さらに、集めた回答を分析しても得られる情報が限られる可能性があるでしょう。

調査票の作成は「何のために」「どのようなデータを」「どのくらいの量」収集するのかを最初に定めることが重要です。集めた回答から「何を分析したいのか」「どんな施策につなげたいのか」などの着地点を意識した上で、調査の目的を具体的に決定しましょう。

ステップ2:調査手法・対象者を決める

調査手法には、大きく分けてオンラインとオフラインの2種類があります。オンラインはパソコンやスマホなどを利用し、インターネットで調査を実施する手法です。一方オフラインでは、紙媒体を使用した郵便調査や街頭調査、会場調査などを行います。

調査方法を決める際は、同時に対象者を定めましょう。理由は、対象者の年代や特性の違いで適した調査手法が変わるためです。収集できるデータ量や回答結果にも関わるため、対象者に沿った調査手法を選ぶ必要があります。

ステップ3:設問内容・回答方式を決める

設問内容を決める際は、求めるデータが得られるかを意識しましょう。回答しにくい設問は十分な回答量を得られないケースがあり、回答内容の信ぴょう性に欠ける可能性もあるため注意が必要です。選択肢にはすべての回答者が答えられる項目を用意します。たとえば「どちらとも言えない」などの選択肢により、回答者が答えに困る事態を防ぎましょう。

また、回答方式の選択も重要です。主な回答方式は以下の3種類。

・設問ごとに設定された選択肢から選ぶ
・複数項目に対する回答を同じ選択肢の中から選ぶ(マトリクス形式)
・自由に記述する


調査手法や目的に合った方式を利用しましょう。

ステップ4:設問の文言を確認する

曖昧な言い回しや複雑な表現の設問は、回答者が内容を誤って解釈してしまう可能性があります。そうなれば、正確なデータが収集できず調査票の効果が十分に得られません。そのため、設問の文言は分かりやすさを意識しましょう。

ポイントは、主語を明確にする・専門用語を避ける・難しい漢字はひらがなで表記するなどです。加えて、1つの設問内に入れる質問は1つにする・簡潔に質問するなどの配慮を施し、すべての回答者が設問の内容を正確に理解できる文言を作成しましょう。

ステップ5:設問の順番を確認・調整する

調査票は、回答者が先入観を持つことで正確な回答が得られにくくなる場合があります。そのため、設問の順番を配慮することも重要です。

設問には、画像や選択肢を設けない純粋想起と、画像や選択肢などのヒントを与えた上で回答を促す助成想起があります。それぞれの設問を1つの調査票に混在させる場合、順番は「1.純粋想起」「2.助成想起」が基本。また、簡単に回答できる単純な内容のものから複雑な設問へと変化させたり、過去から現在、未来へと、時系列を意識したりすることも大切です。

ステップ6:回答テストを実施する

最終ステップとして、実際に回答テストを実施します。テストでは、回答者の立場に立ったチェックを行いましょう。チェック項目には以下のようなものが挙げられます。

・回答できない設問はないか(選択肢の内容は十分か)
・設問は分かりやすいか
・回答者が負担を感じないか
・バイアス(先入観)を与えていないか


社員や家族など周囲の人にも協力を促し、念入りに確認します。正確なデータを収集するためには、最終チェックを怠らず調査票のクオリティを高めることが重要です。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるマーケティングリサーチ会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

調査の精度を上げるためのポイント

調査の精度を上げるためのポイントとして、特に押さえておきたい項目を3つに分けてご紹介します。

常に目的や用途を意識する

調査票を作成する際は、どのような課題を解決したいのか・何を知りたいのか・収集したデータをどのように活用するのかなど、目的と用途を常に意識することが大切です。なぜなら、調査票の内容が調査目的と合っていなければ、求めているデータが得られにくいためです。

調査の制度を上げるには、調査票の作成ステップ1で明確化した「何のために」「どのようなデータを」「どのくらいの量」収集したいのかを常に念頭に置いて調査票を作成しましょう。

回答者の負担を抑える工夫をする

さまざまなデータを収集したいと考え、調査票に多くの設問を設定してしまうケースもありますが、これはおすすめできません。設問数の多い調査票は、回答者に与える負担が大きいです。回答者が調査に負担を感じてしまうと、設問をしっかりと読まなくなったり回答が雑になったりと精度低下の恐れが出ます。

一般的に、設問が20問を超えると負担を感じやすいと言われているため、設問のボリュームを意識し、回答しやすい調査票の設計に注力しましょう。

マーケティングリサーチ会社に依頼する

調査票には自社が聞きたい項目を羅列するため、簡単に作成できるように見えるかもしれません。しかし調査票作成は、目的の明確化や選択肢の設定、回答者への配慮などが必要であり、知識や経験が求められる作業です。

そのため、経験と知識のあるマーケティングリサーチ会社への依頼も精度を上げる手段の1つ。幅広い知識とノウハウを持つマーケティングリサーチ会社に依頼すれば、より確実に精度の高い調査が実現できるでしょう。

【まとめ】マーケティングリサーチを成功させるには?

本記事では、調査票の概要や作成方法、調査の精度を上げるポイントを解説しました。調査票はマーケティング活動に必要なデータの収集ができますが、作成には複数のステップや注意点があり、知識やノウハウを持つ専門家への依頼が効果的です。

アイミツでは、丁寧なヒアリングを行った上で条件に合うマーケティングリサーチ会社を複数ご紹介しています。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
マーケティングリサーチ会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
マーケティングリサーチ・Web調査にかかる費用

マーケティングリサーチ会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!