電話で相談する

フリーダイヤル

0120-917-819

営業時間 平日10~19時

公開日: 更新日:

電気工事の流れ・手順をわかりやすく解説【2022最新版】

電気工事は国家資格である「電子工事士」しか対応できないため、外注依頼をするのが一般的です。しかしながら、電気工事には大きな費用がかかるため、電気工事の流れや手順をしっかりと理解した上で外注したいところ。本記事では、電気工事の流れや手順について詳しく説明します。

目次

電気工事とは

電気工事とは、送電設備や配電設備を設置、修理したり、住宅やオフィスに電線から電力を供給するための整備をしたりするなど、電気に関係する設備を設置および変更・除去する工事全般のことを指します。
電気工事は危険度が高い作業であることから、工事を実施する際には「電気工事士」の国家資格が必要です。照明やコンセント、漏電・分電盤、太陽光発電、防犯・火災報知設備と種類は多岐にわたります。

電気工事は電気に関わる設備を取り扱うため、場合によっては大きな事故につながる可能性があり、基本的には自社内での対応は不可です。そのため、外注業者に依頼することになります。

すべての電気工事に資格が必要というわけではありませんが、専門的な知識が必要なく、危険が少ない「軽微な工事」であれば実施可能です。しかし、電気工事に該当するか否か、もしくは資格が必要な電気工事であるかどうかは素人ではなかなか判断できないため、専門家に相談するか、もしくは外注業者に依頼することをおすすめします。

電気工事の大まかな流れ・手順

ここからは、電気工事を外注先に依頼した場合の一般的な流れ・手順についてご説明します。項目をしっかりと確認し、余裕をもって依頼できるようにしましょう。

①依頼する内容の整理

まずは外注先に依頼したい内容を整理します。電気工事に詳しくない会社であれば、具体的な工事の内容ではなく、何を実現したいのか、どのような課題を抱えているのかを整理し、外注業者に適切に説明ができるように準備しておきます。もし漏電など緊急性が高い案件の場合は急いで外注先の選定に移る必要があります。

②外注先の選定

複数ある電気工事会社の中から依頼先を選定します。サービス内容や料金、得意とする工事の種類など、それぞれの会社が特徴をもっているため、自社の工事内容に合った外注先を選ぶことが重要です。また、依頼する電気工事が資格の必要な電気工事に分類される場合は、対応できる資格取得者がいるかどうかも確認しておくとよいでしょう。

③外注先との打ち合わせ・下見・見積もり

選定した外注先と打ち合わせを実施します。電気工事は工事現場の下見が重要であることから、打ち合わせや下見、見積もりを同時に実施することがほとんどです。下見終了後に、工事の詳細と見積もりを出してもらえるため、会社内で検討してください。工事に関して細かい要望がある場合には、下見の際にしっかりと伝えておくことも忘れないようにしてください。

④発注・スケジュール調節

見積金額や工事内容、スケジュール等に問題がなければ、外注工事を依頼します。工事内容の工程については依頼する電気工事の内容や種類によって様々です。しかしながら、予定されている電気工事の内容が適切かどうかは、発注前に必ず確認するようにしてください。例えば、必要のない壁を一度壊して導線の工事をする場合、その工事箇所が本当に適切であるのかどうか、他により効率的な方法はないかなど、外注業者としっかりと話し合うとよいでしょう。

⑤電気工事の実施

外注業者が電気工事を開始します。専門性を要する作業が多いことから基本は任せることになります。ただし、作業工程を共有してもらうことで、現在どの程度まで進んでいるのか、スケジュールに遅れはないかなどを確認できます。また、工事の様子を定期的に確認することで、工事の手順に不備はないか、安全対策をとりながら電気工事を実施しているかなどをチェックできます。さらに電気工事中にも積極的に外注先と連絡を取り合う機会を設けることで、電気工事をスムーズかつ安全に実施できるでしょう。

⑥確認・支払い(完了)

工事が完了したら、工事現場や変更された機材・装置などの確認を外注業者とともに行います。何らかの操作が必要な場合には、使い方や管理方法についての説明も受けます。工事や装置に問題がなければ支払いを済ませて電気工事が完了となります。支払いのタイミングは外注先によって異なり、工事終了時の場合もあれば、工事実施前の場合もあります。支払いのタイミングについては事前に確認しておくとよいでしょう。

⑦事後確認や保守・メンテナンス

工事が完了した箇所に関しては、工事終了後も重点的に確認を行うことが重要です。何か問題が発生している場合は、すぐに依頼した外注先に連絡しましょう。また、工事内容によっては保守・メンテナンスが必要になる場合もありますので、継続したサポートが受けられるかどうかも確認しておくとよいでしょう。

電気工事を自社対応する場合と外注する場合のメリット・デメリット

電気工事を外注するときのメリット・デメリットを知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

電気工事の外注先の選び方・ポイント

電気工事における外注先の選び方・ポイントを知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

電気工事の相場・費用

電気工事の相場・費用を知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回は、電気工事を依頼した際の具体的な流れや手順の解説しました。

全体の流れを理解したうえで「電気工事を自社で行うには意外にやることが多くて大変そうだ」「自社ではそこまで細かくできない」という場合は、電気工事会社会社に外注をするのも一手です。お悩みの場合には、ぜひ電気工事会社会社への依頼を検討してみましょう。

アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。