電話で相談する

フリーダイヤル

0120-917-819

営業時間 平日10~19時

公開日: 更新日:

電気工事の外注先の選び方・ポイント【2022最新版】

電気は仕事や生活に大きな影響を与えることに加え、電気工事では漏電や感電などの危険性もあるため、外注先選びは慎重に行う必要があります。

本記事では、電気工事の外注先を選ぶ際のポイントについて紹介します。

目次

電気工事の外注選びで失敗しないための準備

電気工事の外注先を決めるポイントはいくつかありますが、その中でも特に押さえておいてほしいことを3つ紹介します。

有資格者が在籍しているか

電気工事は危険を伴う工事のため、軽微な作業の電気工事を除き、「電気工事士」の国家資格を持つ人が作業する必要があります。電気工事を請け負っている会社であれば基本は電気工事士の資格取得者が在籍していると考えられますが、安全のためにも事前に確認しておくとよいでしょう。

また、電気工事士が在籍していても、工事に参加しないという場合も少なからずあるようです。主要な工事箇所は電気工事士が作業する必要があるため、電気工事士が工事に参加するかどうかも確認しておくとよいでしょう。

損害保険に加入しているか

電気工事は壁や天井を取り壊して実施することもあります。それらの作業をする中で、予想外の箇所にヒビが入ったり、設備が壊れたりするなど、建物や器物の損傷が生じる場合があります。
外注業者が適切な損害保険に加入していれば保険で対応できますが、中には損害保険に加入していない電気工事会社もあるようです。作業を行う上で損傷が生じる可能性がある箇所に対する適切な損害賠償保険に加入しているかどうかは事前に確認しておくとよいでしょう。

アフターフォローや保証があるか

電気工事会社の信頼性を図る基準の1つがアフターフォローや保証の有無です。
アフターフォローや保証に対応していない場合、最低限の作業だけを完了させ、その後の対応には責任を持たないような悪質な業者の可能性があります。業者選びをする際には、サービス内容や価格だけでなく、事後対応にも適切に対応してくれる会社かどうかを確認するとよいでしょう。

電気工事の外注選びの7つのポイント

上記で紹介した失敗しないための準備は押さえた上で、自社にぴったり合った電気工事を選定する必要があります。電気工事は需要の高い工事のため多くの工事関連会社がサービスを提供しており、会社選定がなかなかできずに困っている方も多いと思います。電気工事会社を選ぶ上でのポイント7選を紹介します。

①豊富な実績がある

電気工事は信頼・安心できる会社を選ぶことが重要です。そのため、多くの電気工事を請け負ってきた経験のある実績豊富な会社を選ぶとよいでしょう。実績豊富な会社であれば、対応できる電気工事の内容をしっかりと把握しているため、企業の要望に対して対応可能かをしっかりと判断してくれます。

また、顧客との豊富なやりとりによる充実した顧客対応や要望に合わせたスピーディな対応も期待できます。電気工事会社を選ぶ際には、電気工事事業の継続年数や、会社の操業年数などについても確認するとよいでしょう。

②口コミや評価がよい

電気工事の外注先を選ぶ際には、口コミや評価を参考にするのもおすすめです。質の高い仕事を実施してくれる電気工事会社にはよい口コミが集まります。実際に依頼をした企業がどのように評価したかという点に注目することで、質の高いサービスを提供してくれる電気工事会社を見つけられるでしょう。

③多様な選択肢が選択可能

電気の問題に関する解決策は様々です。しかしながら、中には少数のソリューションしか持ち合わせておらず、その中からしかソリューションを提供できない電気工事会社もあります。
会社の要望にぴったり合った電気工事を実施するには、豊富な種類の電気工事が可能な会社必要がおすすめです。多様な選択肢から対応してもらえる会社や、過去に様々な方法で電気工事を成功させてきた会社であれば、企業の悩みにぴったり合った電気工事を実施してくれるでしょう。

④見積価格が安い

規模によるものの、電気工事では大きな費用が必要になるため、できる限り安い価格で実施してくれる電気工事会社を選ぶのもコストカットには重要になります。同じ内容であっても電気工事会社によって見積金額が全く異なるというのもよくあります。

ただし電気工事の見積もりは、下見をしないと適切に行えないという特徴があります。複数の電気工事会社に一括で見積もりを依頼したい場合は、アイミツが提供しているサービスがおすすめ。自社にぴったり合った電気工事会社を複数選定し、見積もりの算出までの時間を大幅に短縮できるでしょう。

⑤スピーディな対応が受けられる

電気は業務に大きな影響を与える要因であるため、スピーディな対応が期待できる外注先を見つけるのも重要です。
特に緊急の電気工事が必要な際には、工期のスケジュールが非常に重要です。工期のスケジュールは各電気工事会社に問い合わせする必要があるため、早め早めの会社選定と問い合わせ・下見等を行うとよいでしょう。
もしくは複数の会社に問い合わせを行い、希望するスケジュールでの電気工事が可能かどうかを確認するのもおすすめです。

⑥スタッフの対応が優れている

電気工事は場合によっては数週間から数ヶ月かかることがあるため、外注先のリーダーや作業員との関係性は重要です。電気工事では作業をする中で生じた問題について新たに検討したり、作業の進捗状況について電話やメールで何度も連絡を取り合ったりすることもあります。
電気工事の工程をスムーズに、かつストレスを感じることなく進めるためには、スタッフの対応が優れていたり、自社の課題を真剣に考えてくれたりする会社を選ぶとよいでしょう。

⑦アフターフォローや保障が充実している

電気設備は時間とともに劣化していくため、工事後のアフターフォローやメンテナンスが重要です。アフターフォローやメンテナンスの対応は各社が異なる条件を提示しているため、しっかりと比較した上で外注先を決めるとよいでしょう。
アフターフォローの料金は工事費用に含まれていることもあれば、別途必要なこともあります。アフターフォローの頻度や料金、補償内容などについても事前に確認し、長期にわたって安心して依頼できる会社を選ぶようにしてください。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数ある電気工事会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

電気工事会社を比較する方法

電気工事会社を選ぶ上でのポイントについて紹介しました。複数の候補が見つかった場合、その中からさらに外注する電気工事会社を選ぶ必要があります。電気工事会社の比較方法についても紹介します。

複数の電気工事会社に見積もりを依頼してみる

電気工事会社を比較する際に効果的なのが、複数の会社に見積もりを依頼してみることです。電気工事は下見を実施しないと適切な見積もりは出せないという特徴がありますが、事前見積もりを依頼することで少なくとも会社の対応力や工事の実施有無などは確認できます。見積もり依頼の返信内容や対応力によって電気工事会社を比較するのがよいでしょう。

対応しているサービス内容を確認する

電気工事会社を比較する場合、対応しているサービス内容から実施する方法もあります。{link:幅広い電気工事に対応している会社は、豊富な種類の電気工事に対応している可能性が高いでしょう。逆に小数の電気工事のみに対応している会社であればその分野に精通している電気工事会社と判断ができます。 title:}
対応しているサービス内容を確認することで電気工事会社の特徴や強みを比較することができるため、外注先選定に役立つでしょう。

過去の実績を確認する

安心して仕事を依頼できる電気工事会社を探すには、過去の実績面から比較することもおすすめです。
電気工事は専門性の高い仕事が必要になることから、より多くの仕事を請け負ってきた電気工事会社の方が一般的には技術力や対応力が高いと判断できます。操業年数や事業年数、実績数などを総合的に比較し、安心して依頼できる電気工事会社を選定するとよいでしょう。

電気工事を外注するときの成功のコツ・失敗例

電気工事を外注するときの成功のコツ・失敗例を知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

電気工事の相場・費用

電気工事の相場・費用を知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数ある電気工事会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

まとめ

電気工事会社を選定する際には、まずは有資格者の在籍や損害保険の有無などを確認した上で、各社の特徴を比較し、自社にぴったり合った会社を選ぶ必要があります。しかしながら電気工事会社は非常に多くあるため、自社の要望に適した会社選定が見つけられずお悩みの方も多いと思います。

アイミツでは、あなたの要望を丁寧にヒアリングした上で、最適の会社を複数選定しお伝えいたします。会社選びの手間が省けるため、その他業務により集中できます。もし電気工事の外注先選びにお困りでしたらアイミツまでお気軽にお問い合わせください。

アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。