【ECサイト構築】主要ネットショップASPを徹底比較!

ASPを利用してECサイトを構築する

更新日:2017年10月18日 | 公開日:2017年10月18日

「ネットショップを作りたいけど、決済や発送、在庫や顧客管理などの機能が必要だから、普通のホームページよりおカネがかかるんだろうな」
こんなふうに思っている人も少なくないと思います。

ECサイトの構築にはいくつかの方法があり、確かにデザインや機能が完全オリジナルの大規模なものであれば、数千万円からそれ以上かかることもあります。

しかし、最近注目されているASP(Application Service Provider)という方法では、最低であれば初期費用も月額料金も無料で作ることができるのです。

ASPとは、インターネットを通じて業務に必要なシステム機能を提供するサービスのことです。
このため、パソコンに特別なソフトを購入したりインストールしたりする必要がなく、ブラウザ上でシステムの構築から運用、管理まで行うことができます。
ECサイト向けであれば、少なくとも買い物かごや決済、配送などの機能が備わっており、SEO対策などまで組み込まれているものもあります。

価格や機能性、集客サポートなど提供するサービスの内容仕様はそれぞれ異なるため、ECサイトを構築する目的に応じて最適なASPを選択する必要があります。

この記事では、主要ASPの特徴をはじめ、価格や機能性の比較を解説します。

1. ECサイト向けASP11選

ASPの詳しい説明は「2. ASPの特徴」で行います。
まずは、主なECサイト向けASPを、月額利用料の観点で2段階に分類して紹介しましょう。
なお、分類は最低料金プランではなく、通常のECサイト運営が問題なくできる機能などを備えたプランを基準にしています。

1-1. 月額1万円以下のASP

BASE(株式会社BASE)

「BASE」のスクリーンショット
出典BASE

BASEは初期費用・月額費用とも0円でECサイト構築から運営まで行えるASPです。
また、購入者が安心して取引ができるように「BASEかんたん決済」というエスクロー決済を導入しているのも特徴です。
これは購入者が支払った代金を一度BASEが預かり、商品の発送完了時にショップに振り込むという仕組みです。
メールアドレス、パスワード、ショップのURLを入力するだけでネットショップを開くことができるので、30秒で誰でも簡単に開業できるとも言われています。
あらかじめ用意されたデザインから大きく変えることは難しいですが、商品情報や画像を登録するだけで簡単に運営を行えるため、初心者にも扱いやすいASPと言えます。

STORES.jp(株式会社ブラケット)

「STORES.jp」のスクリーンショット
出典STORES.jp

STORE.jpは「最短2分で、驚くほど簡単にオンラインストアがつくれる!」をコンセプトにしており、実際さまざまなECサイト構築に利用されています。
無料のフリープランもありますが出品数の上限が5品のため、商用サイトとして運営するならば出品数の制限がない月額980円のプレミアムプランが現実的な選択肢となります。
プロのカメラマンが商品写真の撮影を行ったり、プロの編集者が商品タイトルや説明文などを編集してくれたりするといった、独自の多彩な無料サービスも魅力的です。

おちゃのこネット(おちゃのこネット株式会社)

おちゃのこネットにはテンプレートが約400種類あり、シンプルなものからかわいいものやおしゃれなものまで揃っているので、イメージに合わせたネットショップを作ることができます。
共用ドメインであれば月額540円という格安でネットショップを開業できますが、企業としてECサイトを構築するのであれば月額2,160円の独自ドメインコースの利用をおすすめします。

イージーマイショップ(株式会社システムリサーチ)

イージーマイショップでは、高解像度の商品画像が登録できる上、オートZOOM機能を使えば、迫力と臨場感のある商品ディテールを表現した魅力的な商品ページが作成できます。
商品一覧ページは大小のメリハリある写真を並べられ、まるでファッション誌を見ているように感じるほどおしゃれに作り上げることができます。

カラーミーショップ(株式会社GMOペパボ)

カラーミーショップでは、使い勝手の良さが魅力で、管理画面が分かりやすく、充実したマニュアルが用意されているので設定も簡単に行えます。
利用者は、「カラメル」というモール型ショッピングサイトに無料で商品を掲載でき、集客の強化を図ることができます。
中小企業や個人が運営するECサイトでの利用が多いASPです。

1-2. 月額1万円以上のASP

MakeShop(GMOメイクショップ株式会社)

「MakeShop」のスクリーンショット
出典MakeShop

簡単にネットショップを作成できる「ショップ制作ナビゲーション」や、集客に大きく影響するSEOを手軽に設定できる「自動SEO設定機能」など、機能の豊富さがMakeShopの特徴です。
大手インターネットグループが運営しているためセキュリティ対策なども万全で、ノウハウの提供などサポート体制も充実しています。

TEMPOSTAR(NHN SAVAWAY株式会社)

「TEMPOSTAR」のスクリーンショット
出典TEMPOSTAR

TEMPOSTARでは、月額費用は基本料金1万円に加え、登録商品数「商品課金」と月額受注件数「受注課金」の合計で決まります。
多店舗展開における受注や在庫などを一元管理できる機能を搭載していることが特徴です。
複数のECサイトを運営する場合に一つの店舗に商品を登録すれば、他の店舗に一斉に出品したり在庫同期ができたりするため、作業時間を大きく削減することができます。

CARTSTAR(NHN SAVAWAY株式会社)

「CARTSTAR」のスクリーンショット
出典CARTSTAR

CARTSTARは、ユーザー属性に合わせたデザインや表示するコンテンツを自動で変更できたり、購買システムのECコンシェルジュ機能にはAIも活用されていたりするなど、手厚い接客に注力しています。
イベントやキャンペーンの設定なども繰り返し設定や自動化ができるので、効率よく運営を続けられます。
TEMPOSTARと同じNHN SAVAWAY株式会社が提供するASPで、初期費用が0円になるセットプランも用意されています。

ショップサーブ(株式会社Eストアー)

ショップサーブでは、これまでに蓄積したデータに基づき、売れるネットショップに必要な機能や購入フローを計算して設計するなど、年商数百万円から数億円規模の幅広いニーズに対応しています。
ECコンサルタントによる無料セミナーも頻繁に開催され、売り上げアップや集客に関する相談窓口も設置されています。

Live Commerce(株式会社デジタルスタジオ)

Live Commerceは、海外でのマーケティング支援ツールや多言語対応で、日本の商材を海外へ販売する越境ECに特化したASPです。
海外向けのASPサービスのなかでも、数多くの国の言語に対応しており、海外向けや国内に在住している外国人向けをターゲットとしたビジネスに挑戦する方の多くが利用しています。
元々は、オープンソースのソフトウェアでしたが、現在はASPのみでの提供となっています。

aishipR(株式会社ロックウェーブ)

「aishipR」のスクリーンショット
出典aishipR

aishipRは、スマホで売れることを追求した「スマホファースト設計」「レスポンシブ特化」のクラウド型ASPです。
すべての機能をスマホ中心に考え、マルチスクリーン対応もしているため、どのデバイスでもユーザビリティの高いページを作ることができます。
ASPながら柔軟に機能カスタマイズに対応しているほか、月1回の無償機能バージョンアップなども行っています。
日本語だけでなく、英語、中国語(繁体字・簡体字)にも対応しており、海外のお客様にも自社の商品を販売できます。


以上がECサイト向けASPの紹介となります。
費用などの主要項目を分かりやすくまとめた表を作成しましたのでご覧ください。

月額1万円以下のASP
初期費用 月額費用 多言語対応 無料お試し期間
BASE 0円 0円 英語のみ対応
STORES.jp プレミアムプラン 0円 980円 英語のみ対応 初月無料
おちゃのこネット 独自ドメインコース 0円 2,160円 英語のみ対応 21日から翌月20日まで無料
イージーマイショップ スタンダード 2,980円 2,730円 未対応 60日間
カラーミーショップ レギュラープラン 3,240円 3,240円 未対応 30日間
月額1万円以上のASP
初期費用 月額費用 多言語対応 無料お試し期間
MakeShop プレミアムショッププラン 10,000円 10,000円 未対応 15日間
TEMPOSTAR 0円 10,000円〜 未対応 30日間
CARTSTAR 20,000円〜 10,000円〜 未対応 30日間
ショップサーブ スタンダードモバとくパック 10,000円 11,200円 未対応 2週間
Live Commerce プレミアム 34,769円 28,381円 英語・中国語他6言語対応 30日間
aishipR ライトプラン 50,000円(年次契約は無料) 29,800円 英語・中国語対応 2週間

2. ASPの特徴

ECサイトを構築できるという根本の部分はどのASPも同じですが、費用や機能性といった特徴はそれぞれ違いがあります。
ASPの特徴を大きく書き出してみると、次の3つが考えられます。

2-1. 初期費用を抑えられる

あらかじめECサイトの基本的な機能を備えているため、独自でショッピングカート機能などを開発する必要がなく、初期費用は最低0円から高いものでも数万円ほどに抑えられます。
月額費用が発生するASPもありますが、多くの中小企業や個人事業主にとって実際にECサイトが稼働する前の初期投資を抑えられる点は大きな魅力と言えるでしょう。

2-2. 手間をかけずにすぐ導入できる

あらかじめECサイトの基本的な機能を備えているメリットは、初期費用が抑えられることだけではありません。
サーバーを用意したり、インストールする必要もなく、ブラウザ上でECサイトを簡単に構築できるので、すぐに導入できます。
構築に手間がかからない分を販売企画や運営ノウハウの習得にあてることができますし、何より開業までの時間を短縮できます。

2-3. 自由度が低い

ASPはインターネットを通じて最大公約数的に備えたECサイトに必要な機能を提供するという性格上、オリジナルのデザインや機能を追加するといったカスタマイズについては基本的に制約があります。
例えば、決済や配送の方法が決まっていたり、社内の既存のシステムと連携を行うことができないといった場合があります。
このため、「簡単に作れるから」と料金や機能の豊富さに飛びつくのではなく、構築したいECサイトの方向性や既存システムとの連携の必要性などを十分に検討した上で、どのASPを選ぶかは慎重に決めなくてはなりません。

【まとめ】

最適なECサイト向けASPを選択する

いかがでしたでしょうか?
今回紹介したとおり、ASPはさまざまな会社が提供しており、価格や機能性、もっと言えばECサイトに対する考え方もそれぞれ違います。

各ASPは利用されるシーンを想定したり、ECサイトの規模や売り上げなどを見据えて開発されています。
そのため必ずしも安いものは機能が少ない、高いものは高性能というわけではありません。
他のECサイト構築方法と比べると、価格も比較的安いため気軽に導入ができるASPですが、それぞれの特徴をしっかりと把握して自社にとって最適なものを選択しましょう。

「ASPについてもっと詳しく知りたい」「費用はあまりかけたくないが、自社商品の魅力が存分に伝わるECサイトを構築したい」といったことをお考えの方はぜひ「アイミツ」までご相談ください。

弊社「アイミツ」では、経験豊富なコンシェルジュがご要望に合わせて最適な制作会社やサービスを紹介いたします。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ