無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

カーリース会社の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2021年12月27日

カーリースの外注にかかる期間・スケジュール【2022最新版】

「新車に乗りたいけれど、初期費用の負担が重い」こんなお悩みを持つ方におすすめなのが、カーリース。頭金などの初期費用を一切かけずに新車に乗ることが可能になります。
ただし、はじめてカーリースを利用する方の多くは、カーリースにはどういった手続きが必要で、どのようなスケジュールを組めばいいかわからないのではないでしょうか。

そこで、本記事ではカーリースを依頼するときにかかる期間やスケジュールを解説します。

カーリース依頼するのに必要な期間とは

カーリースとは、車を購入するのではなく、車をリース(借りる)できるサービスです。そのため、レンタカーのように、申し込みさえすればすぐに利用できると思う方も多いのではないでしょうか。レンタカーは、その車が空いてさえいれば、申し込んだらすぐに利用できます。しかし、カーリースはそういったサービスではありません。カーリースの申し込みから納車までの期間は、申し込みから納車まで、1カ月から数カ月ほどかかるのが一般的です。

カーリースサービスの多くは、車種だけではなく、グレードやカラー、オプションなどが選べます。契約者にとっては非常にメリットが大きいことですが、グレードやカラー、オプションなどを選んだ後での発注となるため、1カ月から数カ月ほどの時間がかかってしまいます。また、カーリースではローンで購入するときと同様に、審査が行われます。このこともカーリースの納車までに時間がかかってしまうことの理由の一つです。

カーリース依頼のスケジュール

次に、カーリースの申し込みから納車までのスケジュールを見ていきましょう。カーリース会社はさまざまありますが、基本的なスケジュールはどこの会社でも大差はありません。

①カーリース会社を決める

まずは、カーリース会社を選定しましょう。カーリース会社と一口に言っても、会社によって用意している車種はもちろん、料金プランやサービス内容も大きく異なります。国産車であれば全メーカー、全車種に対応する会社もあれば、特定のメーカーの車種だけしか取り扱っていない会社も少なくありません。
とくに、乗りたい車種が決まっている方は、その車種を取り扱っている会社なのかどうかを必ず確認しましょう。また、同じ車をリースしたときの料金プランを、複数社で確認しておくことをおすすめします。

②リースする車を決める

カーリース会社が決まったら、次に、リースする車種を決めます。多くのカーリース会社では、ホームページ上から簡単に車種を決定することが可能です。とはいえ、自分のライフスタイルや車の使い方にどのような車種が合っているかわからないという方もいるでしょう。
そういった方は、店舗を持つタイプのカーリース会社で専門知識を持ったスタッフに相談しながらリースする会社を決めることをおすすめします。なお、店舗を持たないタイプのカーリース会社でも、メールや電話、チャットなどで相談できるサービスを提供している会社もあります。

見積もりを取る

車種が決まったら、カーリース会社から見積もりが提出されます。カーリースでは、カーリース会社側がリース期間を決定するのが一般的です。契約期間に関しては、契約者が選ぶことはできないため、注意が必要です。また、選べる項目としては車種とカラー、カーナビなどのオプションやメンテナンスサービスの有無などとなります。
なお、オンライン上に料金シミュレーションサービスを用意している会社もあります。料金シミュレーションは、基本的に24時間365日いつでも行えますので、日中なかなか時間が取れないような忙しい方におすすめです。

審査を申し込む

車種やカラー、オプションなどを決め、料金プランにも納得したら、カーリース会社に審査を申し込みます。審査と聞くと、自分が通るのか不安という方もいるでしょう。確かに、すべての人が審査に通るわけではありませんが、一般的なマイカーローンよりは審査が緩い傾向にあると言われています。
カーリース会社の中には、審査に通るかどうか気軽に試せるサービスを用意している会社もあります。自分が審査に通るか不安という方は、まずはそういったサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

契約内容を確認

無事に審査に通ったら、カーリース会社から契約内容の説明を受けます。車種やグレード、オプション、料金プランなどに間違いがないか確認してください。なお、契約内容を変更できる最後のタイミングとなりますので、契約内容についてわからない点などがあればこのタイミングにすべて解決できるように準備しましょう。また、契約後に不利な状況に陥ってしまわないように、契約内容を隅々まで確認し、納得したうえで契約手続きに進んでください。

契約書に必要事項を記入し返送する

契約内容の確認が完了次第、カーリース会社から契約書などの必要書類一式が送られてきます。契約書に必要事項を記載のうえ、カーリース会社に返送しましょう。
契約には、契約書のほかに契約者の免許証や住民票の写し、車庫証明などが必要です。それに加えて、住民票の写しや車庫証明も事前に用意しておく必要があるため、事前に確認しておきましょう。とくに車庫証明は申請から発行まで数日かかりますので、早めに準備しておくことをおすすめします。なお、免許証や住民票の写し、車庫証明は審査のタイミングで提出しなければならない会社もあるため、注意が必要です。

契約書に必要事項を記入し返送する

契約書がカーリース側に届き、不備などなければ契約手続きは完了です。契約手続きが完了次第、車の受注生産に入ります。無事に契約締結したこととの連絡とともに、希望の納車日を聞かれますので納車日を指定してください。また勤務先以外の場所に納車してほしい方は、事前にカーリース会社に対応可能かどうか確認しておきましょう。納車までの期間は、メーカーや車種、オプションによって異なりますが、1カ月から数カ月かかるのが一般的です。

カーリースのスケジュールを組むときのポイント

ここでは、カーリースのスケジュールを組むときのポイントをお伝えします。ポイントを踏まえないと、必要な日に車が届いていなかったり、無駄な時間がかかってしまったりといったことも考えられるでしょう。

車が必要な日から逆算してスケジュールを組む

最も重要なのは、車が必要な日から逆算してスケジュールを組むことです。例えば、仕事で1ヶ月後に車を使うとなれば、その前に納車が必須となります。
このときに注意しなければならないのが、納車のスケジュールが短いほど可能な車種は限られてしまうという点です。そのため、車種にこだわりがある場合は選び直さなければならない可能性もあるため、余裕をもってスケジュールを組むようにしましょう。

車種やオプションを明確にする

車種やオプションをあらかじめ明確にしておかないと、それだけで無駄に時間がかかってしまいます。できるだけ早く納車してほしいという希望がある方は、事前に車種や必要なオプションは想定しておきましょう。また、予算の上限を決めておくと、スムーズに車種選びやオプション選びができるようになります。

必要書類は事前に用意しておく

カーリース会社と契約するには、契約書のほかに免許証や住民票の写し、車庫証明が必要です。このうち、特に注意しなければならないのは車庫証明です。車庫証明は申請すればすぐに交付されるものではなく、申請から交付までに数日から10日ほどかかることもあるため、注意しましょう。
必要書類は、カーリース会社選びや車種選びなどの初期のタイミングで用意しておくことをおすすめします。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるカーリース会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

カーリースの外注先の選び方・ポイント

カーリースにおける外注先の選び方・ポイントを知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

まとめ

カーリース会社への申し込みから納車までは数ヶ月かかります。スムーズにカーリース会社と契約し、できるだけ早く納車してもらうには、早めに準備を進めていくことが重要です。特に必要書類は、あらかじめ用意しておきましょう。

ただ、「そもそも、どこの会社に依頼すればいいかわからない」という方も多いと思います。そんな方は、ぜひアイミツにご相談ください。10万件以上の利用実績を持つアイミツが、予算や目的に最適なカーリース会社を複数紹介させていただきます。

カーリース会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!