あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

東京都で実力のあるカーリース法人10選

利用者数 No.1

厳選した優良会社で一括見積もり

失敗しない業者選びのために、最適な業者をご紹介させて頂きます。

カーリースの専門コンシェルジュが選ぶ
東京都で実力のあるカーリース法人10選

1. 株式会社ディープレスト

株式会社ディープレスト
  • 必要な時期にだけご利用になれるのも、ビジネスレンタカーのメリットです。
  • 安心・安全・快適・便利なビジネスレンタカー
  • 長期利用ならカーリースでお客様の最適なプランをご提案します。
対応エリア
東京 、神奈川 、埼玉 、千葉
対応している車種
軽自動車 、乗用車
実績数
~10
会社所在地
東京都世田谷区奥沢8-5-7
電話番号
03-5760-6360
会社サイト
http://www.dpresto.jp/lease.html

3. オリックス自動車株式会社

オリックス自動車株式会社
  • オリックスの総合力が魅力。管理車両は100万台を超え、リース、レンタカー、カーシェアリングなど多彩。
  • ほぼ全ての国産メーカーの新車と、オリックスが保有する中古車から選定でき、バリエーションが豊富です。
  • 店舗に行かなくてもインターネットを使ってカーリースの契約・審査の申し込みが行える手軽さが魅力です。
対応エリア
東京 、神奈川 、埼玉 、千葉 、栃木
対応している車種
軽自動車 、乗用車 、福祉車両
実績数
3,000~
会社所在地
東京都港区芝3丁目22番8号
電話番号
050-5266-1347
会社サイト
http://www.carlease-online.jp/biz/index.html?...

アイミツを疑問や不安の解消にお役立てください

  • 相談だけでもOK

    いくらかかるの?ちょっと質問が・・・

    ご利用者の約50%はご相談です。どんな小さなご質問でも、お気軽にお問い合わせください。

  • 優良会社のご紹介も

    優良会社

    選び抜かれた優良会社を、アイミツで探される方が増えています。

全て無料でご利用いただけます

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00〜19:00 土・日・祝

コンシェルジュ

7. 住友三井オートサービス株式会社

住友三井オートサービス株式会社
  • 47拠点のオフィスと13箇所のカスタマーサービスで全国対応!業界トップクラスのスケールが売りです。
  • 車両管理業務、メンテナンスサービス、コスト削減を得意とし、リースに関する煩雑な作業を丸投げ可能です。
  • CSC(カスタマーサポートセンター)を13拠点に設置し、地域密着型の安心サポート体制を整えています。
対応エリア
東京
対応している車種
乗用車 、電気自動車 、トラック・バス 、その他
会社所在地
東京都新宿区西新宿3丁目20番2号
電話番号
050-5266-1349
会社サイト
http://www.smauto.co.jp/

最後に、カーリースで”失敗しない”ために

「アイミツ」コンシェルジュが選んだ東京都で実力があるカーリース法人はいかがでしたでしょうか?

「自分で選ぶだけでは不安を感じる」「予算内の会社が見つからない」「費用を知りたい」などお悩みもあると思います。
実際に毎月300件以上の見積もり取得や、法人選びを代行しているコンシェルジュだからこそカーリース法人の本当の実態がわかり、良い法人がわかります。

自分で“納得のいく”法人を見つけ出すまでに、平均4時間以上の時間をかけているという調査結果もあります。
アイミツではコンシェルジュがあなたに代わって“1/10の手間”で、あなたに本当に合った良い会社を見つけさせていただきます。
無料でご利用いただけますので、是非お気軽にアイミツにお問い合わせください

優良企業5,000社以上!

”1/10”の手間で優良会社が見つかります

あなたに合った会社をお探しします!

0120-917-819

利用料0円

東京都でカーリース(自動車リース)会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

カーリース(自動車リース)とは自動車を長期契約により一定の期間貸し出すことで、企業がリースで自動車を導入すると、基本的にリース料が賃貸料に計上されるため流動費扱いとなり、固定資産の圧縮を行うことができるなどのメリットがあります。必要な自動車の種類や導入方法に応じて業者を絞り込み、サポートの充実度や車検、メンテナンス費、保険等の取り扱いがどうなっているのかを事前に必ず確認するようにしましょう。契約期間は車検に合わせて3年・5年・7年などとなっていることが多いです。原則として中途解約はできず、もし中途解約をする場合は損害金を支払う必要がありますので十分に注意しましょう。また、近年は短期リースのニーズも高まり、対応する業者も出てきています。

掲載中の企業所在地マップ