あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

沖縄県で実力のある通訳会社7選

利用料0円

簡単 !3ステップ

優良会社の”価格”も比べられる!

  1. step1

    コンシェルジュに
    無料相談

  2. step2

    あなたにピッタリの
    会社を提案

  3. step3

    手間なく見積もりが
    集まります

本当におすすめ出来る7社をピックアップ
沖縄県の通訳会社をアイミツが徹底調査

あなたの発注をサポートするアイミツコンシェルジュの通訳専門チームが、沖縄県で実力のある通訳会社を、「実績」・「価格(コストパフォーマンス)」・「提案力」・「アンケート・口コミ」などの観点で徹底調査し、本当におすすめ出来る7社をピックアップしました。

沖縄県の通訳会社の紹介だけではなく、「どんな人におすすめか」「失敗しないために、どういう点に注意すべきか」などのポイントもご紹介していきます!

沖縄県で通訳会社をお探しの担当者・経営者必見!
通訳の会社選びで失敗しないために

通訳会社をご紹介する前に、会社選びで失敗しないために押さえておきたいポイントを紹介します。

通訳の費用は、主に通訳者のスキルや知識によって決まります。
多くの通訳会社では、通訳者の経験年数や専門性に応じてクラス分けし、相応の料金を設定しています。


なかでも、政府の要人会談、サミット、大規模な国際シンポジウムなど、実績を持つ通訳会社は比較的料金が高い傾向にあります。

また、最新ではクラウドを活用した低価格な通訳サービスもあり、自社にとって最適な業者選びが難しくなってきています。

アイミツでは、経験豊富なコンシェルジュがお客様のご要望をうかがい、最適な通訳会社のご紹介を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

※通訳の細かい費用などに関しては『通訳の費用と料金相場』に詳しくまとめているので、確認してみてください。

1. 沖縄県対応で格安の通訳会社3選

1-1. 株式会社アールアールシー

株式会社アールアールシー

アールアールシーは、沖縄を拠点に通訳と翻訳サービスを提供する会社です。ロシア人の代表によって設立された経緯から、ネイティブスピーカーによる通訳・翻訳をモットーとしています。ロシア語・英語・韓国語・中国語などのほか幅広い言語に対応しており、いずれの翻訳者も沖縄を熟知しているのが特長の一つです。
最大の魅力は、コストパフォーマンスの高さ。観光案内アテンドでは4時間8,000円からの料金で利用可能で、商談や会議の通訳も4時間4万円からといった低価格です。
格安ながらサービスも充実しており、通訳内容によっては事前に打ち合わせを行い、また実際に通訳を行った後も通訳業務に関するフィードバックを受け付けているため、いろいろと相談できる通訳会社をお探しの方にはぴったりの業者でしょう。

こんな人におすすめ
・できるだけ費用を抑えたい方
・ネイティブの通訳者に依頼したい方
・翻訳も依頼したい方

予算感
観光案内アテンド:8,000円(4時間)~
設立年
2008年
会社所在地
那覇市天久 1-7-21 103
電話番号
098-943-8770
会社サイト
http://rrc-okinawa.com/

1-2. NOVAホールディングス株式会社

NOVAホールディングス株式会社

NOVAホールディングスでは、法人向けに語学研修や講師派遣、通訳・翻訳などのサービスを提供しています。
特に通訳部門では、公官庁、企業、大学を中心とした幅広い分野のクライアントを持ち、英語や中国語の他、モンゴル語やインドネシア語といった、他社ではなかなか取り扱いのない言語にも対応できるという強みを発揮しています。
最大の魅力は、こうした高品質のサービスをリーズナブルな価格で提供できることです。例えば国内での通訳は、4時間当たりの料金で、観光・アテンド通訳であれば2万5,000円から、商談通訳であれば4万5,000円からと相場よりも価格が抑えられています。
また、外国語でのナレーションや議事録の作成なども請け負っているため、重要な会議やシンポジウムなどの際は、併せて利用を検討してみてはいかがでしょうか。

こんな人におすすめ
・できるだけ費用を抑えたい方
・これまでの実績を重視する方
・希少言語の通訳を依頼したい方

予算感
観光・アテンド通訳:2万5,000円(4時間)~
設立年
1996年
会社所在地
東京都港区港南1-8-40 A-PLACE品川8階
電話番号
03-5796-2777
会社サイト
http://www.nova.co.jp/biz/tsuhon/

1-3. 株式会社シー・コミュニケーションズ

株式会社シー・コミュニケーションズ

シー・コミュニケーションズは、神奈川県に本社を置き、翻訳や通訳、語学研修を行っている会社です。国際会議での通訳経験が豊富な同時通訳者をはじめ、展示会などで活躍するバイリンガル・トリリンガルスタッフなど、個々のニーズに合わせた通訳者の派遣を行っています。
コストパフォーマンスの高さを強みとしており、商談や研修に対応可能な一般通訳では、4時間2万円からという価格で相談できます。
対応言語は、中国語をはじめとしたアジア諸国の言語と英語、ポルトガル語、スペイン語、フランス語などです。登録している通訳者は、専門知識やスキルに長けていることはもちろん、社会人としてのマナーやコミュニケーション能力を身につけていることを大前提としており、大切なお客様にも失礼のない振る舞いで接遇することができます。

こんな人におすすめ
・できるだけ費用を抑えたい方
・ホスピタリティやマナーなどの立ち振る舞いも重要視する方
・これまでの実績を重視する方

予算感
バイリンガルスタッフ:10,000円(4時間)~
一般通訳:2万円(4時間)~
設立年
2005年
会社所在地
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-35-11-801
電話番号
045-313-1234
会社サイト
http://www.c-communications.com/

沖縄県対応で格安の通訳会社を3社ご紹介しました。

通訳では、対象の人数や使用言語、また通訳を行うシーンや分野によって大きく価格が変動します。単にその企業の最安値で比較するのではなく、「必要とするサービスがいくらで受けられるのか」ということを検討材料にしてみましょう。


続いて、沖縄県対応で実績豊富な通訳会社を2社ご紹介します。

2. 沖縄県対応で実績豊富な通訳会社2選

2-1. 株式会社沖縄コングレ

株式会社沖縄コングレ

沖縄コングレは、沖縄県那覇市に本社を置き、通訳サービスや翻訳サービスのほか、国際会議や展示会の企画運営を行っている会社です。
通訳サービスとしては、会議、セミナー、商談、アテンド、ガイド通訳などのシーンに対応。言語は、英語、フランス語、中国語、スペイン語、韓国語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語のほか、ヨーロッパやアジア、中近東諸国の言語も取り扱っています。
実績は、沖縄国際映画祭や医学会、観光関連の政策フォーラムなど、多岐にわたります。沖縄周辺で希少言語を取り扱っている通訳会社を探している方や、たしかな実績のある通訳者を探している方におすすめです。
また、大小問わずコンベンションの企画運営の実績が豊富なのも特長なので、国際会議や展示会の開催を予定している場合は、併せて相談てみても良いでしょう。

こんな人におすすめ
・希少言語の通訳を依頼したい方
・イベントの企画運営も依頼したい方
・これまでの実績を重視する方

予算感
要問合せ
会社所在地
那覇市久茂地3-1-1 日本生命那覇ビル
電話番号
098-869-4220
会社サイト
http://www.okinawa-congre.co.jp/

2-2. 有限会社オフィスアイシーシー

有限会社オフィスアイシーシー

オフィスアイシーシーは沖縄県那覇市に本社を置き、通訳、翻訳、イベントの企画運営を行うほか、外国語ナレーションを提供している会社です。
通訳サービスとしては、国際会議、学会、シンポジウム、展示会、観光など幅広いシーンに対応し、同時通訳から通訳ガイドまで、クライアントのニーズに応じて最適な通訳者の手配を行っています。
沖縄県内の実績が豊富で、久米島シンポジウム、おきなわシネマ&ミュージックフェスタ、沖縄海洋博覧会などが挙げられます。
また、国際会議の企画運営やWebサイトの制作、広告の依頼などを請け負うことも可能です。通訳者の派遣からWebサイト制作、企画運営まで一貫して任せられるので、国際色豊かなイベントなどを開催する予定がある方には最適な業者であると言えるでしょう。

こんな人におすすめ
・これまでの実績を重視する方
・同時通訳を依頼したい方
・ホームページや広告物などの外国語対応も依頼したい方

予算感
要問合せ
会社所在地
沖縄県那覇市首里儀保町1-21-3
電話番号
098-887-0611
会社サイト
http://www.office-icc.jp/

沖縄県対応で実績豊富な通訳会社を2社ご紹介しました。

実績を確認する際に重要なのは、「いかに大きな案件を請け負ってきたか」ではなく、「自身のニーズと近い案件で実績があるか」です。例えば、大規模な国際会議で実績がある企業でも、あなたの商談で必要とされる専門知識を備えているとは限りません。

業者選びで迷ったら、アイミツのコンシェルジュまでお気軽にお問い合わせください。

最後に、 沖縄県対応で観光に強い通訳会社を2社ご紹介します。

3. 沖縄県対応で観光に強い通訳会社2選

沖縄県対応で観光に強い通訳会社を2社ご紹介しました。

観光業に力を入れている沖縄だからこそ、通訳にも高いスキルを求めたいものです。単に観光に特化しているだけでなく、幅広い知識を持ち、あらゆる場面で顧客のニーズを満たせるような通訳が理想でしょう。


以上、沖縄県対応の通訳会社9選をご紹介してきました。
アイミツでは、今回紹介しきれなかった業者の情報も多数取り扱っております。
専任のコンシェルジュと一緒に、あなたにぴったりの通訳会社を見つけましょう。

3-1. 株式会社IBC

株式会社IBC

IBCは、飲食店やホテルなどに対する通訳・翻訳サービスを提供するほか、米軍基地関連の事業を手がけている会社です。
通訳サービスにおいては、ホテルや観光地へ外国人観光客への接客を行う受付通訳を派遣しています。翻訳サービスについてはレストランやホテルのメニュー表をはじめ、案内板やパンフレットなどの翻訳を行っています。いずれも、観光地にある飲食店やホテルの外国語対応を促進することを目的にサービス展開していて、日本人スタッフと外国人観光客がスムーズにコミュニケーションできる仕組み作りを行っていきたい人には、おすすめの会社です。
また、観光客向けのwebサイトの改善や効果的なマーケティング戦略の提案も行っています。英語対応に向けた抜本的な支援が必要な場合にも相談する価値がありそうです。

こんな人におすすめ
・ホームページや広告物などの外国語対応も依頼したい方
・地域密着型の会社に依頼したい方
・翻訳も依頼したい方

予算感
要問合せ
会社所在地
沖縄県名護市大南1-10-18 比嘉ビル 206
電話番号
0980-43-8088
会社サイト
http://www.ibcidea.com/

3-2. 比較文化研究所 南アカデミー iBS外語学院

比較文化研究所 南アカデミー iBS外語学院

比較文化研究所・iBS外語学院は、鹿児島県を拠点とする、通訳・翻訳サービスを提供している語学学校です。
クルーズ船での通訳ガイドの事例が豊富で、芸術イベントでの通訳、団体や個人ツアーでのガイド通訳なども行っています。団体旅行では、APEC視察団の九州・沖縄視察に随行したり、海外法人の慰安旅行や学会に伴うツアーでの通訳を請け負ったりと、観光分野のみならず幅広い知識が必要とされる場面においても活躍している実績があります。
講演会、セミナー通訳、司会通訳などにも定評があり、会議やシンポジウム、研修などといったシーンにも対応可能です。
一方、翻訳の実績も豊富で、特殊技術文書、論文、公的証明書、国際会議関連の文書、ビジネス関連の文書と幅広く取り扱っています。

こんな人におすすめ
・観光分野に強い業者を探している方
・実績豊富な業者を探している方
・翻訳も任せたい方

予算感
要問合せ
会社所在地
鹿児島市山下町12-12
電話番号
099-225-1311
会社サイト
https://www.ibs-gaigo.com/

利用料0円

簡単 !3ステップ

優良会社の”価格”も比べられる!

  1. step1

    コンシェルジュに
    無料相談

  2. step2

    あなたにピッタリの
    会社を提案

  3. step3

    手間なく見積もりが
    集まります

沖縄県で通訳会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

アジアに近く、米軍関係者も多く駐在している沖縄では、英語や中国語を中心にさまざまな通訳の需要があります。また沖縄で開催される国際ビジネス会議などに関連するニーズも高く、フリーランスから法人まで多くの通訳事業者がイベント企画やMICEの運営サポートを得意としています。もちろん事業者によって得意分野は異なり、対応している言語もさまざまなので、事前にホームページのサービス案内や実績をよく確認するようにしましょう。なお通訳には逐次通訳やウィスパリングなどビジネス向けのものと、相手の言語で観光案内を行う通訳ガイドがあります。両者はまったくサービスなので、依頼する際は気をつけてください。

掲載中の企業所在地マップ

沖縄県の通訳に関連するカテゴリ別の名鑑