あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

カンボジア語・クメール語に定評のある通訳会社9選

カンボジア語対応の通訳会社

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、「実績」や「得意とする分野」等を基準にカンボジア語/クメール語に定評のある通訳会社を厳選!

・カンボジア語に特化した通訳会社
・カンボジア語を含む多言語対応の通訳会社
・独自の特徴を持つカンボジア語対応通訳会社

の3つに分けて9社紹介します。
通訳会社選びで失敗しないためのポイントも解説。会社選びでお悩みの方はぜひ参考にしてください!

アイミツ
通訳会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)
目次
このページについて

1.カンボジア語に特化した通訳会社2選

まずは、カンボジア語に特化した通訳会社をご紹介します。

1- 1. カンボジアインフォメーションサービス合資会社

カンボジアインフォメーションサービス合資会社
出典:カンボジアインフォメーションサービス合資会社 http://nyonyum.net/

カンボジアインフォメーションサービスは、神奈川県藤沢市および、カンボジアのプノンペンにオフィスを持ち、カンボジア語・日本語・英語間の通訳・翻訳サービスのほか、現地でのメディアコーディネート、コンサルティングなどのサービスを提供する通訳会社です。カンボジア語に特化した通訳・翻訳サービスは、観光やアテンドはもちろん、国際会議や国際ビジネスにも対応。カンボジア・日本両国でサービスを提供しています。
ニーズに応じて逐次通訳、同時通訳に幅広く対応する通訳サービスは、金融、医療、政治・経済、特許から文化・芸術まで、あらゆる分野に対応可能。コーディネーターが実力・適性を判断し、ニーズにあわせた最適な通訳者を選定してくれます。現地での会社設立や市場調査、取材サポートでは、通訳者の手配はもちろん、ホテル・アポイント取得などを含むワンストップサービスも提供可能です。

こんな人におすすめ
・カンボジア・日本両国での通訳サービスを利用したい方
・専門性の高いカンボジア語/クメール語通訳者を派遣してほしい方
・カンボジア進出や市場調査のサポートをしてほしい企業の方

予算感
要問い合わせ
会社所在地
神奈川県藤沢市葛原1927-38

1- 2. B-WAY Group Co.,Ltd.

B-WAY Group Co.,Ltd.
出典:B-WAY Group Co.,Ltd. https://chang-business.com/

B-WAYGroupはカンボジアにある通訳会社で、埼玉県にもオフィスがあります。 通訳・コンサルや国際協力事業などを手掛けている会社です。
カンボジア人と現地に詳しい日本人スタッフの両方が在籍しています。カンボジア人スタッフは、日本語学校の教師や日本語ガイドを経験しているので日本語のスキルは高いです。貿易や不動産業など、専門的な知識が必要な分野の通訳にも対応しています。依頼の受付は全て日本人スタッフが担当。カンボジアに滞在する場合は、日本スタッフと現地スタッフ、クライアントでいつでも連絡を取れるようにLINEグループを作成するので、通訳会社を初めて利用する方でも安心でしょう。通訳の費用は4時間で200ドルから。専門性の高い分野の通訳や同時通訳を依頼する場合は、別途料金が必要になることもあります。

こんな人におすすめ
・日本人スタッフが在籍している通訳会社を探している方
・専門分野のカンボジア語通訳を依頼したい方
・現地での連絡手段を確保しておきたい方

会社所在地
埼玉県川口市芝新町9-3-2F

人口約1,600万人といわれるカンボジアは人口こそ日本の約1/7程度ですが、国民の平均年齢は24歳程度と働き盛りの若者が多いエネルギッシュな国でもあります。

比較的親日な国だともいわれており、カンボジア実習生を支援するローンが数多く発行されるなど、技能実習制度を利用して来日する若者が増えているのも特徴。一方、日本側の受け入れ態勢に課題も多く、さまざまな問題を抱えてしまうカンボジア実習生が多いのも事実です。カンボジアと日本の架け橋となる通訳会社が存在するのは、こうした課題を解決する助けになります。

もちろん、経済発展の余地のあるカンボジアへの進出を検討する企業にとっては、両国の文化・習慣を知り尽くした通訳会社は大いに利用したいところです。

2.カンボジア語を含む多言語対応の通訳会社5選

つづいては、カンボジア語を含む多言語対応の通訳会社をご紹介します。

2- 1. 株式会社ティックス

株式会社ティックス
出典:株式会社ティックス http://www.tics-jp.com/

ティックスは、東京都新宿区に本社を構え、カンボジア語を含む30か国語以上の言語に対応する通訳・翻訳サービスのほか、人材派遣・人材紹介サービスを提供する通訳会社です。1987年の設立以来、国際協力の実施機関を中心に実績と経験を積み重ねてきており、気配りのある的確な通訳はもちろん、会議通訳・技術通訳から要人の随行通訳まで幅広く対応可能。語学力に優れた即戦力スタッフの派遣・紹介でも高い評価を得ています。
国際協力・交流のほか、環境・金融・技術・医療・文化など幅広い分野に対応する通訳サービスは、稀少言語であるカンボジア語にも対応。取材・アテンド通訳はもちろん、随行通訳、逐次通訳、ウィスパリング通訳、同時通訳、テレビ・電話会議通訳にも対応できます。観光ガイドと通訳を兼ねた業務が可能な通訳案内士の資格保持者も在籍。通訳者の海外現地派遣に対応するほか、現地通訳者の手配も可能です。

こんな人におすすめ
・カンボジア語/クメール語を含む多言語対応の通訳会社をご希望の方
・幅広い分野に対応するカンボジア語通訳サービスを利用したい方
・カンボジア現地での通訳サービスを依頼したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
1987年
会社所在地
東京都新宿区四谷2-14-4 ミツヤ四谷ビル7F
電話番号
03-6457-7600

2- 2. 株式会社ユニカルインターナショナル

株式会社ユニカルインターナショナル
出典:株式会社ユニカルインターナショナル http://www.unicul.com/

ユニカルインターナショナルは、東京都港区に本社を構え、カンボジア語を含む世界70言語に対応する通訳・翻訳サービスを中心に、バイリンガル人材派遣・紹介、メディアトレーニング、制作、イベント企画・運営などのサービスを提供する多言語対応通訳会社です。経験豊かな通訳者・翻訳者を約2,500名揃えたグローバルネットワークを誇り、適時・適材・適所のベストチームを結成。ニーズに応えるプランを提案しています。
専門性の高いスタッフがさまざまなビジネスシーンに対応するカンボジア語通訳サービスは、逐次通訳、ウィスパリング通訳、同時通訳はもちろん、随行通訳も依頼可能。ナレーション、バイリンガル司会など、通訳以外にも対応可能なため、国際会議、商談、取材、イベント、制作などに幅広く活用できます。トレーニングから依頼できる記者会見や販促イベントの企画・運営など、総合的なサポートが可能な会社です。

こんな人におすすめ
・柔軟に対応できるカンボジア語通訳サービスを利用したい方
・記者会見や販促イベントの企画からサポートしてほしい企業の方
・カンボジア語/クメール語を含む多言語対応の通訳会社をご希望の方

予算感
要問い合わせ
設立年
1987年
会社所在地
東京都港区南青山2-4-16
電話番号
03-5775-7788

2- 3. ヒューマングローバルコミュニケーションズ株式会社 アイミツパートナー

ヒューマングローバルコミュニケーションズ株式会社
出典:ヒューマングローバルコミュニケーションズ株式会社 https://human-gc.jp/

アラシアスは、大阪府大阪市に拠点を構え、カンボジア語を含む30か国語に対応する通訳・翻訳サービスを中心に、DTP・テープ起こし・ナレーション・web制作・文章構成などの多言語サービスを提供する通訳会社です。東京都中央区に本社を構え、教育事業・グローバルビジネスサポート事業を展開する、ヒューマングローバルコミュニケーションズの一部門として2019年に体制が一新されており、同社の大阪支社としての機能も併せ持っています。
ネイティブスピーカーおよび、日本人バイリンガルが在籍するカンボジア語通訳サービスは、観光・アテンドから会議・商談まで幅広く対応可能。逐次通訳・同時通訳のニーズにあわせて最適な通訳者を派遣してくれます。会議・商談の逐次通訳が1時間1万7,000円からと時間単位で依頼できるのもポイント。通訳時間や継続利用に応じたディスカウントも用意されています。

こんな人におすすめ
・ニーズに応じてネイティブ、日本人バイリンガルを選びたい方
・アテンドから商談通訳まで対応する通訳サービスを利用したい方
・時間単位でカンボジア語/クメール語の通訳者を派遣してほしい企業の方

予算感
会議・商談逐次通訳 1時間1万7,000円〜(税抜)
会社所在地
東京都中央区新川2-16-10 プライムアーバン新川2階
電話番号
03-3553-5935

2- 4. 株式会社ビーコス

株式会社ビーコス
出典:株式会社ビーコス https://www.b-cause.co.jp/01language/02interepreter

ビーコスは、東京都港区の本社のほか、韓国・フィリピン・バングラデシュ・中国の海外支社を持ち、169か国言語に対応する通訳・翻訳サービスを主軸に、海外リサーチ・コンサルティング、外国人材の派遣・紹介、多言語DTPなどのサービスを提供する通訳会社です。稀少言語であるカンボジア語にも対応しており、約6,000名のグローバルな通訳者ネットワークを活用した海外通訳業務にも対応可能。連絡代行、信用調査、発注代行などの海外ビジネスサポートも提供しています。
ビジネス・技術・学会関連・国際会議・法律などに幅広く対応するカンボジア語通訳サービスは、逐次通訳はもちろん、ウィスパリング通訳・同時通訳にも対応可能。時間単位で通訳サービスを依頼できるのもポイント。22名のカンボジア語ネイティブスタッフ、1名のバイリンガル日本人スタッフから、専門性に応じた最適な通訳者を派遣してくれます。

こんな人におすすめ
・グローバルネットワークを活かした現地通訳を依頼したい方
・時間単位のカンボジア語/クメール語通訳サービスを依頼したい方
・カンボジアとの海外ビジネスをサポートしてほしい企業の方

予算感
ビジネス逐次通訳 最初の1時間1万6,000円〜、以後1時間5,000円〜
※価格は全て税抜表示です
設立年
2001年
会社所在地
東京都港区浜松町2-1-3 第二森ビル4階
電話番号
03-5733-4264

2- 5. 株式会社アミット

株式会社アミット
出典:株式会社アミット https://amitt.co.jp

アミットは、東京都中央区に本社を構え、カンボジア語を含む約60言語に対応する通訳・翻訳サービスを中心に、テープ起こし・ナレーション・DTPなどの多言語サービス、海外調査サービスを提供する通訳会社です。世界各国在住の約6,000名におよぶ通訳者ネットワークを持ち、海外での現地通訳者アサインも可能。稀少言語であるカンボジア語の通訳者も国内外に約60名が在籍し、幅広いニーズに対応可能です。
クライアントのニーズや目的に沿った、最適な通訳者をアサインできるカンボジア語通訳サービスは、観光・アテンドから重要な商談・国際会議まで幅広く対応可能。一般ビジネスでの逐次通訳が1日4万円から依頼できるほか、高度ビジネスに対応するウィスパリング通訳・同時通訳も1日9万円から対応しています。カンボジアへの進出を検討する企業に向けては、ヒアリング調査などのサービスも用意しています。

こんな人におすすめ
・ニーズに応じた適切なカンボジア語/クメール語の通訳者をアサインしてほしい方
・カンボジア進出に備えた調査サービスを依頼したい企業の方
・観光から高度ビジネスまで多言語で対応可能な通訳会社に依頼したい方

予算感
一般ビジネス逐次通訳 1日4万円〜
設立年
2006年
従業員数
30-99人
会社所在地
東京都中央区日本橋兜町13-1 兜町偕成ビル別館9F
電話番号
03-6661-0015

世界人口に対し日本語を母国語にする人の割合は、わずか1.2%に過ぎません。これがカンボジア語になると0.2%とさらに低くなり、両国の文化・習慣を含めてコミュニケートできる通訳者は、非常に希少であることがわかります。

比較的大手の通訳会社であっても、カンボジア語に対応する会社がそれほど多くないのはこのためです。現地通訳者とのネットワークを持っていても、日本国内での通訳に対応していないケースもあります。

特に多言語に対応する通訳会社の場合、稀少言語であるカンボジア語の対応状況が曖昧な場合もあるため注意が必要です。判断にまよったら、経験豊富なアイミツのコンシェルジュにぜひご相談ください

アイミツ
通訳会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)

3.独自の特徴を持つカンボジア語対応通訳会社2選

つづいては、独自の特徴を持つカンボジア語対応の通訳会社をご紹介します。

3- 1. TLS出版社/タイ・ランゲージ・ステーション

TLS出版社/タイ・ランゲージ・ステーション
出典:TLS出版社/タイ・ランゲージ・ステーション http://www.tls-group.com/

タイ・ランゲージ・ステーション・TLS出版社は、大阪府大阪市の本社のほか、秋葉原・新宿・バンコクに拠点を持ち、それぞれでの語学学校運営、通訳・翻訳サービス、留学サポート、語学教科書の編集・出版などの多言語事業を展開する企業です。英語・タイ語を中心にした多言語レッスンを展開しており、カンボジア語専門のサービスサイトも運営。通訳・翻訳、出張レッスン、法人向け語学研修サービスも提供しています。
TBSやブリヂストンなどの大手企業の実績も誇るカンボジア語通訳サービスは、日本全国への通訳者派遣に対応。半日3万5,000円からの専門通訳サービスでは、カンボジア実習生に向けた座学、オペレーション指導から警察・検察での取り調べ、商談・会議まで幅広く対応できます。もちろん、一般通訳や同時通訳、ナレーター通訳なども依頼可能。48時間スピード仕上げが選べる翻訳サービスも好評です。

こんな人におすすめ
・大手企業の実績が豊富なカンボジア語通訳サービスを利用したい方
・豊富に用意された通訳メニューをニーズに応じて選びたい方
・カンボジア実習生の受入れをサポートしてほしい企業の方

予算感
カンボジア語ビジネス通訳 半日3万5,000円〜(税抜)
会社所在地
大阪府大阪市北区兎我野町 9-23聚楽ビル 5F
電話番号
06-6311-0241

3- 2. Green Sun Japan株式会社

Green Sun Japan株式会社
出典:Green Sun Japan株式会社 https://greensun.com.vn/ja

Green Sun Japanは、東京都港区に拠点を構え、カンボジア語を含む東南アジア言語を中心にした通訳者派遣、翻訳・ローカライズのほか、DTP・web・映像翻訳などの多言語サービスを提供する通訳会社です。ソフトウェア開発事業を展開する、ベトナムのGreen Sun Corporation JSCを本社に持つ日本現地法人でもあり、ソフトウェア開発を活かしたIT関連の通訳・翻訳にも強いのが特徴。ソニー・キヤノンを含む500社以上の顧客から利用されています。
72名のカンボジア語通訳者を含む、東南アジア対応のスタッフが864名在籍する通訳サービスは、日本国内はもちろん現地通訳者の手配も可能。会議・講演の逐次通訳なら1日4万5,000円で依頼できるほか、日本国内なら高度な同時通訳にも対応できます。日本の商習慣にも対応できる、経験5年以上の通訳者がビジネスをサポートしています。

こんな人におすすめ
・IT関連にも強いカンボジア語/クメール語通訳サービスを利用したい方
・大手企業の利用実績が豊富な通訳会社に依頼したい方
・日本の商習慣を理解した通訳者を派遣してほしい企業の方

予算感
カンボジア語逐次通訳 1日4万5,000円〜
会社所在地
東京都港区北青山2-7-26 Landwork青山ビル 2階
電話番号
03-6890-6907

4.カンボジア語通訳の料金

カンボジア語通訳の料金は、通訳者のスキルによって異なります。

観光などで日常会話レベルの通訳を依頼する場合、1日あたり2万〜5万円前後必要です。商談の通訳では3万〜6万円程、高度な専門知識が必要なケースでは8万円以上掛かります。通訳の経験年数で料金が変化することもあるので、しっかり確認しておきましょう。

依頼内容によっては、人件費以外の費用が必要になる場合も。シンポジウムなどで同時通訳を依頼し、送信機・受信機をレンタルする場合は別途機材費が必要です。また、移動時間などの拘束時間に対して費用が掛かることもあります。通訳会社によって料金は異なるので比較する際には、トータルの金額を確認しましょう。

5.通訳会社選びで失敗しないためのポイント

最後に、通訳会社選びで失敗しないためのポイントを簡単に解説していきます。

5-1.通訳者の質と量を確認する


どのような通訳手法を依頼するかに関わらず、リアルタイム性の重視される通訳業務のクオリティは通訳者のスキル・経験に左右されます。どのようなスキル・経験を持つ通訳者がどの程度在籍しているのか、通訳会社を選ぶ際には確認しておきたいポイントです。

特に稀少言語であるカンボジア語の場合、通訳会社に登録している通訳者の数自体が少ないというケースも珍しくありません。少数精鋭を実現する会社もあるかもしれませんが、通訳者の数が少なければ、それだけスキルを持つ人材も多くないことが予想されます。通訳会社の管理力を見極めるためにも、事前に確認しておくのが重要です。

5-2.通訳サービスの対応領域・分野を確認する


通訳サービスの利用を検討するビジネスシーンはさまざまであり、クライアント企業の業界や業種もまたさまざまです。通訳会社がどこまでのサービス領域に対応しているのか、どのような産業分野に対応できるのかを事前に確認しておく必要があります。

たとえば、日本国内・カンボジア国内の双方で通訳サービスを提供していても、同時通訳に対応できるのは日本国内のみというケースもあります。産業分野の対応状況はもちろん、法廷通訳や医療通訳などの通訳種類への対応も確認しておくべきでしょう。

5-3.通訳と併用できるサービスを確認する


通訳が必要なビジネスシーンが多様化するのにともない、通訳に絡めて必要とされるサービスも多様化しています。通訳会社が通訳に付帯するどのようなサービスを提供できるのか、業務領域を確認しておくといいでしょう。

細かい点でいえば通訳機材の手配なども付帯サービスに含まれますが、現地法人設立や調査などの海外進出案件では、現地での宿泊や移動の手配、関連会社とのアポイント獲得など、いわゆる随行通訳に近い業務も必要とされます。窓口を一本化できれば、手間が省けるだけでなく、認識のズレの少ない綿密なコミュニケーションも期待できます。

【まとめ】通訳会社選びで迷ったらアイミツ


経済成長の余地が大きい魅力的な市場としての側面のほかに、カンボジアには、技能実習制度を利用した若年層労働力の流入という側面もあります。英語やスペイン語などのようなメジャーな言語と違う意味で、カンボジア語の通訳ニーズは高まっているといえるでしょう。

しかし、稀少言語であるカンボジア語の通訳サービスの選定は、メジャー言語と異なる難しさがあるのも事実であり、自社に最適なサービスを提供してくれる一社を見極めるのは容易ではありません。候補先を絞り込むのすら迷ってしまうこともあるでしょう。

そんなときは、優良な通訳会社が多数登録する「アイミツ」までご相談ください経験豊富なコンシェルジュが、あなたの要望を丁寧にヒアリングしながら、おすすめできる数社をピックアップして紹介させていただきます。

通訳会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

通訳 カンボジア語の通訳会社のページを見た人はこんなランキングも見ています

通訳 カンボジア語で通訳会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

数多く存在する通訳会社から適した会社を選ぶには、まず、求めるレベルの通訳者が所属しているかどうかが重要です。専門知識が必要な同時通訳を依頼したいのに、逐次通訳ができる程度の通訳者しかいないのでは話になりません。自社と似た分野・規模での通訳実績があるかなどを確認し、通訳会社のレベルを見極めるようにしましょう。その他、担当コーディネーターの経験や実力は十分か、機密保持性に問題はないかなどをチェックすると良いでしょう。また、同時通訳を行う場合は、通訳ブース、マイクロフォンなどの機材が必要になります。これらを別会社に手配するのは大変な手間になりますので、同時通訳を依頼する場合は、必要な機材を揃えている会社を利用することをおすすめします。ネイティブレベルの英語を話せる人は世の中沢山いますが、英語を話せるだけが通訳者の仕事ではありません。第三者の発言を抜け漏れなく聞き取り、他の言葉に置き換えて再表現するとても難しい仕事になりますので、安易に素人に発注するなどはオススメできませんのでご注意ください。

通訳会社が
最短翌日までにそろう