業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

福岡県の
店舗内装・施工

おすすめ業者20選

初めての方はこちら!

完全無料

業者を一覧で比較する

福岡県で店舗内装・工事・解体会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

店舗内装・工事・解体業者とは、オフィスや個人店舗の設計、リフォーム、各種機材の設営、撤去時の解体などを手がける会社です。店舗によっては、専門的な器具をそろえたり利用客の導線を考えた店舗設計を行ったりする必要があり、デザイン面でも同業者内でのトレンドがありますので、自社と同じ業種を得意(専門)としている業者を選ぶようにしましょう。また、店舗内装と、店舗解体を両方対応できる業者もありますが、どちらか一方を専門に行っている業者もいます。見積もりや工程表は、後々トラブルにならないよう、細分化したものを求めると共に、納得がいくまで説明してもらうようにしましょう。解体を依頼するときは、解体工事業の届け出や産廃物処理の認可を忘れずにチェックします。また、近隣からのクレームにつながらないよう、施工中の配慮が行き届いた会社を選ぶと、安心して任せることができるでしょう。

福岡県のおすすめ店舗内装・施工業者20選

アイミツの保有する非公開情報や発注ユーザーの口コミなどから、福岡県で店舗内装・施工を依頼する際におすすめの20社を紹介します

福岡県の店舗内装・施工の業者:主な対応地域

福岡市、北九州市、久留米市、行橋市、太宰府市、大牟田市、直方市、飯塚市、田川市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、豊前市、中間市、小郡市、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、古賀市、福津市、うきは市、宮若市、嘉麻市、朝倉市、みやま市、糸島市、筑紫郡那珂川町、糟屋郡宇美町、糟屋郡篠栗町、糟屋郡志免町、糟屋郡須惠町、糟屋郡新宮町、糟屋郡久山町、糟屋郡粕屋町、遠賀郡芦屋町、遠賀郡水巻町、遠賀郡岡垣町、遠賀郡遠賀町、鞍手郡小竹町、鞍手郡鞍手町、嘉穂郡桂川町、朝倉郡筑前町、朝倉郡東峰村、三井郡大刀洗町、三潴郡大木町、八女郡広川町、田川郡香春町、田川郡添田町、田川郡糸田町、田川郡川崎町、田川郡大任町、田川郡赤村、田川郡福智町、京都郡苅田町、京都郡みやこ町、築上郡吉富町、築上郡上毛町、築上郡築上町

掲載中の企業所在地マップ

アイミツのコンシェルジュサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック

福岡県の店舗内装・工事・解体会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 得意分野や過去実績の豊富さで選ぶ

    デザインだけでなく使いやすさなどの機能面も考えた選び方を!
    店舗に求められる要素は、必ずしもデザインだけではありません。店舗内装・外装設計、どれをとっても大事ですが、「従業員や来店するお客様がいかに使いやすいか」考えられた『機能』も、非常に重要なポ… 続きを見る

  • POINT 2 見積もりや工事手順を丁寧に説明してくれるか

    現場を視察してから見積もりを作成する会社を選ぶように!
    初めての店作り、リフォームでは工事予算・費用が予想のつかない項目になりがちですし、店舗内装の工事耐用年数により減価償却資産は左右されますから経営面を考えてもとても大切です。店舗内装・解体業… 続きを見る

  • POINT 3 契約を急がせるトークに乗らない

    営業トークに迷わされないよう、慎重な業者選びを。
    見積もりは必ず複数の会社から取り寄せ、比較し、納得してから発注するようにしましょう。「今決めてもらえれば、10パーセント割引します」といった営業トークには注意が必要です。他社との比較を阻もう… 続きを見る

  • POINT 4 アフターケアや施工後の対応も行ってくれるか

    店舗オープン後もしっかりとフォローしてくれるかどうかは重要。
    内装工事の手抜き・欠陥は論外ですが、消耗品のメンテナンスや故障した部品の交換など、店舗オープン後の相談、依頼に乗ってくれるかどうかも、会社を選定する上での大きなポイントです。パーツ類の耐用… 続きを見る

  • POINT 5 解体工事業などの登録をしているか

    念の為にも資格や認可などの有無を確認しておくことは大切。
    解体工事を行う会社は、元請か下請かにかかわらず、都道府県知事の登録を受けている必要があります。 また、トラックなどには「産業廃棄物収集運搬車」である明確な表示が義務づけられており、産廃物を直… 続きを見る

  • POINT 6 破棄する書面や、電子データなどの処理が万全か

    契約書などの重要な書類の破棄やデータの消去には細心の注意を!
    契約書などの重要な書類は、面倒でも、自分でシュレッダーにかけるようにしましょう。大量にある場合は、解体業者に「溶解扱い」してもらうことも可能です。OA機器のデータ消去には、記録メディアを物理… 続きを見る

  • POINT 7 周辺への気配りができているか

    クレームに繋がらないよう、周囲への配慮も重要!
    吹きつけによる塗装工事では、ペンキや具材が飛散することが考えられます。解体工事の場合でも、騒音はもちろん、チリやゴミの拡散は避けて通れない問題です。近隣住民への告知や交通整理など、クレーム… 続きを見る

福岡県の店舗内装・工事・解体会社への発注にあたっての基礎用語

  • 店舗内装・工事・解体基礎知識・基礎用語

    店舗の業態・用途を変更する場合、事前に建築確認申請を行わなければいけない場合があります。映画館、物品販売店、飲食店などの「特殊建築物」に指定されている業種で、床面積が100平方メートルを超えるようなケースが該当します。

    また、消防法に基づく届け出や検査も必要です。内装で壁紙を張り替えるだけでも、その種類によっては法律に違反することがあるので、事前に店舗内装・工事・解体業者と相談するようにしましょう。