電話で相談する

フリーダイヤル

0120-917-819

営業時間 平日10~19時

公開日: 更新日:

SEO対策には種類がある!メリット・注意点・方法解説【2021年】

検索上位を目指すには必ず必要なseo対策。しかし、いざ実行の段になると「何をすればいいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

seo対策にはいくつかの種類があり、適切な方法を選べば着実に成果を出せます。しかし、ポイントを外してしまうと思ったような効果が得られないため注意が必要です。

今回はこれからseo対策を実施する方に向けて、seo対策の種類、メリット、注意点、方法について解説をします。

目次

SEO対策とは「検索エンジンからの評価を高めること」

インターネットで成果を上げるにはseo対策が重要と耳にしても、実際に何をすべきなのか良く分からないという方は多いのではないでしょうか。

seoとは「Search Engine Optimization」の頭文字をとったもので、日本語では「検索エンジン最適化」を意味します。

検索エンジン最適化=検索エンジンからの評価を高めることに他なりません。

インターネットからホームページへの流入数は検索順位と深い関係があります。米国のInternet Marketing Ninjas社が調査したテータによると、検索順位1位のページは全ユーザーの約21.2%がクリックをしたのに対し、2位のページはクリック率は10.65%に留まりました。5位に至っては僅か3.42%という結果で、クリック率を上げるには検索順位の上位にランクインすることが必須です。

seo対策は検索エンジンからの評価を高めるための施策で、適切な方法で行えば検索順位を上げられるようになるでしょう。

SEO対策の種類・手法

ここからは、seo対策について解説します。最初にseo対策の種類と手法について解説をします。

内部施策

内部施策は検索エンジンにwebページの内容を伝え、正しく判断してもらうための施策です。

内部施策の種類多岐に渡るため、全てを網羅するのが理想的ですが、現実としては実装に工数がかからないものから優先的に行い、時間・労力・費用がかかるものは徐々に対応をしていくようにしてください。内部施策として取り組むべき項目は次の通りです。

・タイトルタグの最適化
・h1タグの最適化
・重複ページの削除
・パンくずリストとの設置
・内部リンクとアンカーテキスト
・canonicalタグの設置
・URL正規化とSSL化
・サイトマップの設置
・ページスピードを速める

以上、内部施策にはさまざまな種類がありますが、特にタイトルタグの最適化、内部リンクとアンカーテキスト、URL正規化とSSL化の3つは内部施策の中でも特に効果が高いとされているため、優先順位に迷ったらまずはこの3つにトライしてください。

コンテンツ施策

seo対策はユーザーの検索ニーズに対して最善のコンテンツを提供することが重要です。よって、コンテンツ施策はseo対策の要と言っても過言ではなく、内容の充実こそがGoogleからの高評価につながります。

コンテンツ施策では、キーワードの選定が重要になります。しかし、コンテンツに単にキーワードを盛り込めば良いのではなく、キーワードを入力したユーザーが記事を読んで問題解決できることが肝心です。

コンテンツは他サイトからのコピーやリライトではなく、オリジナルの情報が盛り込まれていると高評価につながります。また、質は大切ですが量も評価の対象となるので、記事設計の段階である程度のボリューム感を意識するようにしてください。

seo対策はどの種類でも成果がでるには時間がかかります。一定期間を過ぎても成果がでないと焦って諦めてしまうケースも少なくありません。しかし、そこでやめてしまうと努力が水の泡になってしまいます。コンテンツ施策の成果は時間がかかるものと承知をしたうえで、ユーザーに役立つコンテンツを継続的に提供し続けることが大切です。

外部施策

外部施策は他のサイトからの被リンクを受けることで、第三者からの評価の証明になります。また、クロールの促進をすることにもつながります。

以前は被リンク数の量が順位アップにつながる要因となっていましたが、現在では被リンクの質が重視されています。低品質のリンクが貼られていると却って評価は下がるため、小手先の施策はマイナスにしかなりません。一括登録サイトからのリンク、自作自演のリンクなどが見つかるとGoogleからペナルティを受け、webページが圏外に飛ばされる恐れもあるため要注意です。

基本的に外部施策については自分でコントロールすることは難しいため、seo対策は内部施策、コンテンツ施策の2本柱で評価を高めていくのが成果への近道です。

SEO対策を行う3つのメリット

ここからは、seo対策についてのメリットについて解説をします。seo対策を行うとどのような効果があるのでしょうか?

低コストで実施できる

seo対策のメリットは低コストで実施できる点にあります。

seo対策は自然検索での流入を目的としているため、リスティング広告のように費用を払う必要がありません。seo対策を自社で行うリソースがない場合には、施策のために費用が発生することはあるかもしれませんが、少なくともリスティングのように出稿しつづける限り費用が発生するということはありません。

seo対策の中でもコンテンツ施策は検索キーワードを中心に組み立てられているため、検索意図に適った内容を提供できます。検索行動からの集客はCV率が高いため、seo対策で成功をすれば高い成果を上げられるでしょう。

適切な施策により検索上位にランクインすれば中長期に渡って安定したアクセスを見込めるため、費用対効果という点では非常に優れています。

自社の資産の質を高めることができる

seo対策は自社の資産の質を高められます。

seo対策は手間も時間もかかる作業です。seo対策成果がでるまでに時間がかかり、最初は施策ににかかる人件費も持ち出しになるため、メリットを感じにくいかもしれません。しかし、正しい施策を行えばGoogleからの評価を受け、着実に成果につなげられます。seo対策は広告のように一回出すごとに費用がかかることはありません。記事がサイトに残る限りは半永久的に集客をしてもらえるため、seo対策を施した記事は自社の資産と位置付けられます。そこが広告との大きな違いです。自社メディアやページなどを内部から整えることは、それだけで自社の持つコンテンツという資産の質を高めることにつながります。

自社自体やサービスの存在を認知してもらえる

seo対策は自社の存在やサービスを認知してもらうことにも役立ちます。

適切なseo対策をすれば自社ページは検索上位にランクインします。上位になるほど流入数は増えるため、より多くの人に自社サイトを訪問してもらえるでしょう。また、効果的な宣伝をすればブランディングにも役立つため、訪問客が見込み客になる可能性はあります。直ちにCVに繋がらなかったとしても将来的なメリットは計り知れないものがあります。

検索エンジンは24時間365日稼働しているため、常に上位表示されることでユーザーからの認知度がアップすることは請け合いです。

SEO対策を行う際に理解しておきたい3つの注意点

seo対策には多くのメリットがありますが、反面、デメリットも存在します。seo対策を実施する際にはどのような点に注意をすべきなのでしょうか?

時間がかかる

seo対策は成果が出るまでに時間はかかります。

seo対策の効果がでるまでの期間はキーワードやコンテンツ内容によっても異なります。難易度の低いキーワードであれば数日で成果がでることもあれば、難易度の高いキーワードは1年以上も時間を要することもあるため、一概には言えないのが実際のところです。しかし、基本的にseo対策の成果が出るのは数か月先になることが多く、その間は人件費だけが出ていくことになります。

seo対策の一環としてドメインが古いほど良いと言われていましたが、現在Googleはドメインエイジの有利性を否定をしています。ただし、長期運用をされているサイトはそれだけコンテンツのボリュームもあり、被リンクも多く、運用歴の短いサイトよりユーザーの役に立つ情報を多く発信できるため、結果として高い評価を得ているサイトが多いのは事実です。seo対策には時間がかかることの原因は高評価の他サイトの存在があるからです。

キーワードによっては効果が出にくいことがある

正しい方法でseo対策に取り組んでも、キーワードごとに難易度が変わるため、キーワードによっては必ず成果がでるとは限りません。

同一キーワードを狙った競合サイトが多いほど、そのキーワードは難易度が高くなります。特に検索回数の多いキーワードは競合が増えるため、効果が出にくくなる傾向にあります。

しかし、検索数が少なくてもCVにつながるお宝キーワードもあり、成果につながりやすいキーワードは検索数に関係なく難易度は高めです。

キーワードの難易度を調べるにはGoogleのキーワードプランナーで検索数を調べるのがおすすめです。

難易度の高いキーワードほど効果がでるまでに時間がかかるため長期的な視野を持つことが大切です。また競合が余りにも強い場合には効果がでないこともあります。その場合は、特定のキーワードに固執せず、ロングテールキーワードから狙っていくのが得策です。

アップデート・アルゴリズム変更が大きく影響する

Googleの検索順位はアルゴリズムに基づいて決定されるため、アップデート・アルゴリズムに変更があった場合は大きく影響がでることがあります。

アルゴリズムの変更は任意のタイミングで行われるため、上位にランクインしていてもある日突然10位以上検索順位が急落することもあります。

そのため、seo対策をしてもアルゴリズムの変更により検索順位が変わる可能性があり、その結果によって流入数やCVが左右されることも織り込み済みでいなければなりません。

アルゴリズムの内容や変更がどのようなものかは公開されていないため、基本的に自社で予防的な措置はできません。しかし、アルゴリズムの改良はユーザーに必要な情報を届けるために行われるため、ユーザー第一主義でコンテンツ制作を行うことが最大のseo対策と言えるでしょう。

検索エンジンのアップデート・アルゴリズムとは

seo対策の際はアルゴリズムに注意をすべきですが、そもそもアルゴリズムとは何なのでしょうか?

ここでは、seo対策の成否の決め手となる「アップデート・アルゴリズム」について解説をします。

アルゴリズムとは

seo対策で耳にする「アルゴリズム」とは検索エンジンアルゴリズムのことで、Googleが検索順位を決めるためのルールです。このルールはユーザーがより良い検索結果を得ることを目的にしており、Googleにより不定期に実施されます。

Googleのアルゴリズムの内容は公開されておらず、どのように順位を決定づけているのかは外部から知ることはできません。ただし、キーワードによって評価されるアルゴリズム要因が変わるという説はあります。また、検索ボリュームによってもアルゴリズム傾向は変化します。

Googleのアルゴリズムのレベルは向上を重ね、以前は検索キーワードと関係のないサイトが上位にくることも多々ありましたが、現在ではキーワード内容に沿ったサイトが上位にランクインしています。これはアルゴリズム改良の成果です。

アップデートとは

アップデートは直訳で「更新」作業を指します。検索エンジンのアップデート・アルゴリズムはアルゴリズムの更新を意味し、検索品質を改善するために年間500回以上のアップデートを行っているとも言われています。

アップデート・アルゴリズムの中でも特別な名称がついたものがあり、特に有名なGoogleのアップデートとして「パンダアップデート」「ペンギンアップデート」などがあります。

・パンダアップデート

パンダアップデートは別名「ファーマーアップデート」と呼ばれています。

パンダアップデートの特徴はユーザーにとって役に立たない低品質のサイトの順位を下げ、調査・研究結果、詳細レポート、思慮深い分析など独自性を認められるサイトの順位を上げている点にあります。「パンダ」が白黒であることから、白黒はっきりつけるという意味でその名がつけられました。

・ペンギンアップデート

ペンギンアップデートは不正な被リンク対策を実施しているサイトのチェックを行っています。不正と判断されると順位は急降下します。危ない被リンクは相互リンク、ディレクトリ登録型のリンク、ブログのコメントリンク、自動増加リンクプログラムなどです。これらはGoogleが嫌う被リンクですので、seo対策上削除をすることをおすすめします。

SEO対策を行う上で重視すべき検索エンジンは?

インターネットの世界には複数の検索エンジンがありますが、seo対策で重要となるのはGoogleです。

Googleは現在検索エンジンのシェア率トップ、2位のYahooもGoogleの検索アルゴリズムを利用していており、GoogleとYahoo!で全体の9割のシェアを占めています。

ヤフーがGoogleのアルゴリズムを採用している点を考慮すればほぼGoogleの寡占状態と言っても過言ではないでしょう。モバイルに至っては全体の99%がGoogleの検索エンジンで占められています。つまりseo対策=Google対策と言っても差し支えなく、seo対策で成果を上げるにはGoogleの提言するユーザー第一主義を踏襲し、ユーザーに価値のある情報を提供しつつ検索エンジンに内容を正しく伝えていくことが大切です。

PC向け・モバイル向けを意識することも大切

seo対策はPCユーザーはもとより、モバイルユーザーのことも考慮するようにしてください。

近年は特にモバイル端末のユーザーが増加しており、モバイルでの検索行動が主流になりつつあります。

ユーザーファーストの観点から、モバイル向けにレスポンシブ対応をしているサイトはモバイルフレンドリーなサイトとしてGoogleからの評価も高くなります。2018年にはモバイルファーストインデックスになり、スマホサイトの内容が検索順位を決定づけるようになりました。

レスポンシブ対応=seo対策という訳ではありませんが、モバイルでの見やすさを考慮しつつ、モバイルユーザーへの意識を高めることはseo対策の上でも重要な意味を持ちます。

SEO対策の方法

ここからは、seo対策の方法について解説をします。実際にseo対策を行うときは次にあげる方法を試してください。

1.キーワードを選ぶ

seo対策の第一ステップはキーワード選定です。

キーワードを選ぶ際は「集客につながるキーワード」を選ぶようにしてください。いくら検索数の多いキーワードでも集客につながらないキーワードは意味がありません。キーワードを選ぶときは、ユーザーの立場に立って相手が検索しそうなキーワードを選ぶことが肝心です。

キーワード選定で大事なことは上位表示が可能かどうかという点です。検索数が多いキーワードは大手サイトが既に独占しており、後発かつ初心者には勝ち目がありません。seo対策が初めての場合は競合の少ない、勝てそうなキーワードから攻めていくのが成功への近道です。競合が多い人気キーワードでも、複数ワードを組み合わせたロングテールキーワードなら勝ち目はあります。

2.コンテンツ施策を実施

seo対策の第二ステップはコンテンツ施策の実施です。seo対策の中でも最も自身で取り組みやすいのがコンテンツ施策です。

コンテンツ施策はユーザーの役立つ情報を提供することを第一に考えて行います。seo対策はテクニカルな部分もありますが、目的と手段が逆転をするとユーザー満足度は低下するので、Googleから高い評価を得て検索順位を上げるためにも有益なコンテンツの制作を目指してくさい。

コンテンツ施策でやるべきことは複数ありますが、ページタイトル、説明文にキーワードを含めること、キーワードに関連したコンテンツを増やすこと、コンテンツの質を高めること、の3つは押さえておいてください。以下、それぞれの施策について解説をします。

2-1.ページタイトル・説明文にキーワードを含める

コンテンツ施策のその1はページタイトル・説明文(ディスクリプション)にキーワードを含めることです。

seo対策で重要なのは1ぺージ1キーワード(複数語を含む)にすることで、ページに設定するキーワードが決まったら、ぺージタイトルに必ずキーワードを入れます。キーワードは詰め込み過ぎるとNGですので、ページタイトルの中で1回使う程度にしてください。

ページタイトルと説明文にキーワードを含めるには、HTMLで<title>と<description>にキーワードを含んだ文章を設定します。

Googleはクローラーで巡回してサイトの順位を決定します。クローラーが収集をするのはHTMLに記されている情報です。ページタイトルと説明文にキーワードを含めることで、キーワードを含んだコンテンツであることを効率良くクローラーに伝えられるため、Googleより高い評価を得られます。

2-2.キーワードに関連するコンテンツを増やす

コンテンツ施策その2はキーワードに関連するコンテンツを増やすことです。

キーワードの選定ができたら、キーワードに関連するコンテンツをどんどん増やしていきます。キーワードに直接結びつく内容はもちろん、キーワードに関連してユーザーに役立つ情報を発信していくことでもサイトの評価は高まります。

反対にキーワードに全く関係のないページを増やしてもseo対策上の効果はありません。例えばseo対策に関するサイトで、趣味のゴルフの話を書いても評価の対象にはなりません。

必要なコンテンツの分量はキーワードによって異なります。競合が少なければ数ページでも効果はでますが、競合が多ければ数百ページのコンテンツが必要となるのでケースバイケースです。

1つの目安として、検索上位を狙うには既存の上位サイトのコンテンツ量で抜くことは必要です。

2-3.コンテンツの質を高める

コンテンツ施策その3はコンテンツの質を高めることです。 

質の高いコンテンツとは簡単に言えば「ユーザーに読まれる」記事です。アクセスした人が熱心に読みたくなる記事は内容が充実しており、役に立つものであると考えられます。

実際にGoogleはアクセス者の動きを収集しており、ページの滞在時間やスクロール、クリックなどの情報をもとにコンテンツの質を判断していると言われています。

仮にあるユーザーが3秒でサイトを離れたとしたら、そのページは役にたつものではなかった…と判断されても仕方ありません。反対に10分かけて記事を読み、最後に貼ってあるリンクをクリックして別のぺージに移動をしたらそのサイトは有益であると推測されます。

3.内部施策を実施

seo対策の第三ステップは内部施策の実施です。 

内部施策はGoogleの推奨する設定でHPを作成することで、Googleの求める作法に則ってサイトを構築すれば高評価を得られる確率は上がります。

コンテンツを追加する前に内部施策を行い、基準となるページを作っておくことをおすすめします。一定の基準があればその他のページも断然作りやすくなります。

HP制作に詳しくない方が行うのは難しい場合もあるため、プロへの依頼するのが得策です。

SEO対策を行った後に利用したいツール

seo対策を行った後は成果の確認が必要です。最後に、seo対策を行ったあとに結果を確認できるツールをご紹介します。

Google Search Console(サーチコンソール)

Google Search Console(サーチコンソール)は誰でも無料で利用できるツールで、Googleがサイトをどのように評価しているのかチェックするのに役立ちます。また、その結果から自然検索における行動を最適化できます。

具体的にはトラフィックの多いクエリ・ページ、インプレッション数、デバイスごとのパフォーマンス、リッチリザルトなどさまざまな要素を確認できます。トラフィックの動きから、急激に落ち込んだぺージがあればその原因を突き止めることも可能です。seo対策にはなくてはならない便利ツールです。

検索順位チェッカー

seo対策を行った後の分析には検索順位チェッカーも役立ちます。

検索順位チェッカーはいくつかの種類があり、無料で使えるものがインターネット上にあります。ブラウザベースで利用可能で特にログインやインストールなど必要としないため、どなたでも気軽に利用可能です。

いずれの種類もキーワードごと、Google、Yahoo!など複数の検索エンジンの順位がでますので、狙ったキーワードで何位にランクインしているのかを手っ取り早く調べられます。

検索順位チェッカーで検索順位を調べられれば、seo対策上どのような追加措置が必要かも分かるため、seo対策を行ったあとはぜひ積極的に利用してください。

まとめ:種類やメリットを理解して正しいSEO対策を

いかがでしたか。今回のseo対策の種類とseo対策のメリット、注意点、施策の方法に関する特集は以上です。

seo対策の適切な方法により検索上位にランクインできます。検索上位化すれば多くのユーザーの流入が見込めるので業績UPにつながります。seo対策の施策は多岐に渡りますが、常にユーザーファーストの視点を忘れず、有益なコンテンツを提供することが大切です。

ここまで紹介したようにseo対策にはいくつかの種類がありますが、一部初心者では難しい部分もあるため、プロに相談することもおすすめします。seo対策についてお困りのことがあれば、アイミツまでお気軽にお問い合わせください。

アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。