人事担当者も大学生も必見!評判の「インターンシップ採用サイト」おすすめ4選をご紹介!

クリアボードに英単語を書く男性

更新日:2017年10月26日 | 公開日:2014年11月09日

インターンシップに関心ある大学生は年々増えていますよね。
ジョブウェブの2014年卒向け調査でも、インターン経験者の内定率73.4%に比べて、インターン非経験者は50.9%と低い数値になっています。
年々取り入れる企業も増えているインターン制度に特化した採用サイトにフォーカスしてみました。

1.JEEK|次世代を担うプロフェッショナルを目指す学生に贈る

東大早慶国立MARCHが8割の優秀層を獲得するならJEEKがオススメです。
掲載料無料で採用時の成約報酬のみになります。

2.インターンシップガイド|日本唯一のインターンシップ総合サイト

やる気に満ち溢れた優秀な大学生を囲い込んでいます。
1、2年生の登録が50%というのが最大の特徴です。
東大早慶上位校が80%と優秀層が多い点も特徴です。

3.PASONAキャリアインターン | 仕事を知り、未来をつくる

2014年秋にリニューアルオープンしたパソナさんのインターンサイト。
1名10万円の成果報酬型サイトとなっています。

4.キャリアバイト|インターンシップサイト日本No.1、有給インターンで成長しよう!

東大早慶が7割という高学歴をターゲティング、「成長」をテーマに優秀層を集客しています。
過去700社以上の企業が利用した実績豊富なサイトです。

(実は弊社でも・・・)

アイミツを運営する株式会社ユニラボでは、長期有給インターンを積極募集しています。
「とにかく成長したい、将来デキるビジネスパーソンになりたい」学生を全力で応援します!

【まとめ】インターンシップを最大限活用するには

いかがでしたでしょうか。
優秀な学生さんを採用する為には、まず自社の採用情報を明確にして公開することが重要です。
各サイトには自社の募集要項を魅力的に伝えるテンプレートが提供されていますので、内容の濃い採用サイトを創って積極的にPRしましょう。
面接などを通じてインターンシップ採用のノウハウを蓄積してください!

昨今、採用の選択肢は増えてきています。
インターンシップはその中でも大きな比重を占めるものの1つです。
貴重な機会を最大限使いたいですよね。

「自社の魅力を最大限伝えるためには」「どのサイトを使うのがいいのだろうか」とお悩みの方は、ぜひ日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」まで、お気軽にご相談ください!
全国の人材業者から、あなたに合った業者を選定し、担当のコンシェルジュがご紹介いたします。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ