無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2021年12月17日
更新日:2021年12月17日

電気工事の自社対応、外注のメリット・デメリット【2022最新版】

電気工事は専門性を要する工事のため、基本的には自社対応はできず、「電気工事士」の資格を有した人材を雇用する、もしくは対応できる会社に外注する必要があります。

本記事では、電気工事を外注した場合のメリットとデメリットについて紹介します。

電気工事を自社対応する場合と外注する場合の違い

電気工事は電気に関する各種工事の総称です。電気工事では電流が流れる回線や機器を取り扱うため、大きな危険が伴います。そのため、一般的には「電気工事士」の国家資格を取得した人でなければ対応できません。
電気工事のうち「軽微な作業」であれば資格がなくても対応可能ですが、それ以外の電気工事では資格が必要になるため、自社に電気工事士の資格を持つ人材がいない場合は外注する必要があります。


また、電気工事に関する大がかりな作業が必要になる場合や、長期間にわたり継続して電気工事が必要になる場合には、電気工事士の資格を持つ人材を雇用するという手があります。電気工事士の作業補助であれば電気工事士の資格がなくても対応できるため、自社内でなんとか体制を組むことも可能です。
しかしながら、緊急性のある電気工事や専門性の高い電気工事の場合は外注したほうが、安全かつスムーズに実施できるでしょう。

電気工事会社に外注した場合のメリット

電気工事のうち、「軽微な作業」に分類される内容であれば各企業で対応できる一方で、専門性が必要とされる電気工事は外注に依頼するか、もしくは自社で「電気工事士」の国家資格を持つ人材を雇用する必要があります。例外はあるものの、基本的には電気工事は外注するのが基本です。電気工事を外注した場合のメリットについて紹介します。

専門性の高い工事を安全に実施してくれる

電気工事は電気に関する幅広い工事を行うため、場合によっては漏電による感電や、電力が原因による火事などが起こりえます。電気工事に精通し、かつ工事実績が豊富な外注業者であれば、危険が伴う電気工事を安全かつスムーズに実施してくれます。

自社で電気工事士を雇ったとしても、電気工事の仕事が少なければ知識・技術面が劣化し、作業手順を間違えることにより危険に直面する可能性もあります。
安全・安心に配慮した電気工事を行うには電気工事会社に外注するのがよいでしょう。

自社で専門家を雇用するのはコストがかかる

電気工事士は国家資格であるため、自社で雇用する場合、それに見合った金額を提示する必要があります。しかし、高い金額を支払って雇用したにも関わらず電気工事を行う機会が少ないのでは、給料に見合った貢献を期待できません。外注は必要なときに、必要な人数の作業員を作業要員として準備してくれるため、総合的に考えた場合安くなることもあります。

また、電気工事を行う際には、作業服に加えヘルメットや絶縁用の手袋、靴などを利用します。自社でこれらの装備を購入したとしても他に使う機会がなく、劣化してしまうことがほとんどです。劣化した装備は再度買い揃える必要があるため、費用と時間のコスト面を考えた際にも外注がおすすめといえます。

電気工事をスピーディに実施してくれる

電気は私生活や仕事面に大きな影響を与えるため、電気工事はできる限りスピーディに行う必要があります。外注した場合、その工事に最適な人数の人員を派遣してくれるため、短い時間で作業が完了します。

また、電気工事をやり慣れている外注先であれば、従業員同士の連携もよく、スピーディさに加え質の高い仕事が期待できます。企業の仕事をできる限り妨げずに工事を実施するためには電気工事会社への外注がおすすめです。

電気に関する総合的なアドバイスをもらえる

電気工事会社に外注した場合、依頼内容に関する解決策を提案してくれるのはもちろんのこと、電気に関する幅広いサポートを受けられることがあります。

例えば電力消費の多い企業の場合、蛍光灯を省エネのLEDライトに変更することで年間の電力消費が大幅に削減でき、数年間で工事費以上のメリットを受けられた事例もあります。電気工事会社は電気に関するあらゆるノウハウを所有しているため、企業の電気に関する悩みを適切に解決してくれるでしょう。

工事後の安心サポートが受けられる

電気は使用頻度も高いため、問題が生じやすい箇所です。電気工事を行っても、数ヶ月、数年経った際に、何らかの問題が生じる場合があります。電気工事を中心に行う会社に外注した場合、工事施工後の定期的な確認やメンテナンス、悩み相談などが可能です。

安心して依頼できる電気工事関連の外注先を選定しておくことで、緊急の問題が生じた際にもすぐにヘルプを依頼できます。特に電気関連設備が老朽化している企業の場合は、メンテナンスや保守点検などのサポートが充実している外注先を優先して選ぶとよいでしょう。

現地調査や見積もりは無料の場合が多い

電気工事会社によるものの、現地調査や見積もりに関しては無料で実施している会社が多くあります。
自社で対応しようとすればそれだけでも従業員の時間がとられますが、無料の現地調査や見積もりを利用することで早期の原因究明が可能なことに加え、従業員の負担を減らせます。

まずは現地調査や見積もりを依頼し、確認に来た作業員の対応力や雰囲気に合わせて外注先を選ぶのもよいでしょう。

太陽光発電で大きなメリットを得られることも

電気工事は太陽光発電にも対応しており、政府の補助金を活用することで電気工事の費用を抑えるとともに、太陽光電力による大幅な電気代カットに成功した企業もあります。

電気工事会社では電気に関する最新の施策やテクノロジーに精通しているため、企業の悩みを相談することで効果的な施策を提案してくれる場合もあるでしょう。

電気工事会社に外注した場合のデメリット

電気工事は専門的な知識が必要になるため、基本的には電気工事会社に外注するのが基本です。しかしながら、自社で電気工事士の資格を持つ人材を雇い、電気工事チームを構成し作業に当たることももちろん可能です。そのため、電気工事会社に外注した際のデメリットについても理解し、必要に応じて選択するとよいでしょう。

工事が大規模・長期間の場合は多額の費用がかかる

電気工事が大規模のもので、かつ長期間に及ぶもしくは年間に複数回工事が必要な場合、電気工事を外注した際には大きな費用がかかります。その場合、自社で電気工事士の資格を持つ人材と作業チームを構成した方が総合的な費用が安くなる場合もあります。ただし、自社での電気工事チームの構成は長期的な見通しが必要になるため、計画的に実施する必要があります。

外注先のスケジュールに左右される

外注先の業務スケジュールに余裕がない場合、依頼した仕事にすぐに取りかかってもらえない場合もあります。私生活や業務に大きく影響する問題の場合、修理が完了するまでに数日間待たなければならない場合もあり、その間の作業が止まってしまいます。

必要以上の工事を要求される場合がある

悪徳な業者を選んでしまった場合、必要以上の工事を実施され、その結果高額の費用を要求される場合もあります。電気工事は専門性が高い分野のため、一般人では理解できない作業工程も多くあります。例えば配電線の経路を変えるために大がかりな取り壊し工事を要求されたが、実際にはそこまで大がかりな工事は必要なかったという例も散見されます。外注業者を選ぶ際には信頼できる会社を選ぶことが非常に重要です。

工事終了後もメンテナンスなどで定期的にコストがかかる

電気関連の設備は時間とともに老朽化するため、工事終了後にも定期的なチェックやメンテナンスが必要です。しかしながら、簡単な確認であっても大きな料金を請求される場合もあるため、事後対応はどれぐらいの費用になるのか事前に確認しておくことも重要です。

電気工事の外注先の選び方・ポイント

電気工事における外注先の選び方・ポイントを知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

電気工事を外注するときの成功のコツ・失敗例

電気工事を外注するときの成功のコツ・失敗例を知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

まとめ

電気工事は、一般人でも実施できる軽微な作業にあたる工事以外に関しては、国家資格である電気工事士の資格を持つ人材が必要です。もし電気工事士を自社で雇用できない場合は、電気工事会社に外注する必要があります。

電気工事会社には様々な特徴があり、自社にぴったり合ったサービス内容を提供する会社を見つけるのには時間がかかります。スピーディかつ適切に会社選びをしたいとお考えでしたら、アイミツまでご連絡ください。アイミツではあなたにぴったり合った電気工事会社を複数選定し、お伝えいたします。お気軽にお問い合わせください。

電気工事会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!