無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

コンサルティング会社の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2021年12月20日

コンサルティングの期間・スケジュール【2022最新版】

コンサルティングの外注に興味はあるけれど、依頼するにあたっての妥当な期間やスケジュールがわからないという方も多いのではないでしょうか。この記事では、コンサルティングにかかる期間やスケジュールに関して詳しく解説します。コンサルティング会社への外注を考えている方は、参考にしてみてください。

コンサルティングを依頼するのに必要な期間とは?

コンサルティング会社を利用する上で、どのような期間・スケジュール感で依頼したらよいか気になる方もいるでしょう。ここでは、コンサルティング会社に依頼するのに必要な期間について詳しく紹介します。コンサルティングの契約形態には、複数あるため、理解を深めておくのが大切です。

コンサルティングの主な契約期間

コンサルティングには、主に成果報酬型・顧問契約型・時間契約型・の3つの契約形態があります。契約形態によって、コンサルティングに必要な期間や費用は異なるため注意が必要です。成果報酬型は、成果の判断基準を明確にするのが難しくトラブルが発生しやすいため、近年はあまり採用されていません。顧問契約型のコンサルティングの契約期間は、主に年間契約(1年~)・短期契約(4~6ヵ月)・スポット契約(1ヵ月)の3種類があります。時間契約型は、一時的なコンサルティングにおすすめです。

必要な期間は課題や規模に応じて検討する

コンサルティング会社との契約期間は、自社の経営課題の内容や規模感から決めるのがおすすめです。そのため、まずは自社の課題を明確化することが重要です。また、課題内容に加えて要因や解決後の目標も明確にすると、どのようなコンサルティング会社に依頼すべきかわかりやすくなるでしょう。自社の経営課題を明確にし、コンサルティング会社に依頼すべき内容を定めることで、費用やスケジュールが決めやすくなります。

コンサルティングの依頼スケジュール

コンサルティング会社へ外注する期間を見積もっていく上で、どのような手順やスケジュール感でコンサルティングが進められていくのかを把握するのは重要です。ここでは、よくあるコンサルティングの一連の流れをそれぞれ詳しく紹介していきます。

①問い合わせ

コンサルティングを活用したいと考えている方は、まずはコンサルティング会社のホームページのお問合せフォームを活用したり、電話やメール、チャットを利用しコンサルティング会社に問い合わせを行っていきます。問い合わせを行う前に、できる限り自社の課題を明確化し、相談したい内容をはっきりさせておくと、依頼すべきコンサルティング会社を選定しやすくなり、スムーズに問い合わせを行えるでしょう。問い合わせをしたあとは、コンサルティング会社の担当者から折り返しの連絡があり、面談の日程や場所を決めるのが一般的です。

②面談とヒアリング

コンサルティング会社の担当者と、自社担当者でお互い都合の良い日程や場所が決まったら、当日に面談を行い、相談内容をヒアリングしてもらいます。相談内容だけではなく、現状における課題や会社の基本情報、要望などもヒアリングされるのが一般的です。さらに、面談やヒアリングの内容によっては、現場視察が行われる可能性もあります。これらの収集した情報は、コンサルティング会社が課題を解決するための企画書作成に使用されます。そして、面談のタイミングで、スケジュールを見積もるためにも、コンサルティングを行う目的や手順、目標などを具体的に確認するのが大切です。

③予算を決める

コンサルティング会社との面談やヒアリングを踏まえた上で、課題解決するために割ける予算を決めるのが大切です。しかし、コンサルティングは相場を確認することが難しく、依頼内容によって料金も変化するため、どのように予算を決定すべきか気になる方は少なくないでしょう。一般的に、コンサルティング費用は、依頼内容の難しさに比例すると言われています。言い換えると、社内で対応できない複雑な内容を依頼するほど、費用は高くなると言えるでしょう。もっとも大切なのは、「投資対効果を最大化させる」ことだと理解しておきましょう。

④課題解決の企画立案

コンサルティング会社は、面談やヒアリングの内容、決められた予算などをもとに、課題の解決策を企画することが一般的な流れです。たとえば、コンサルティング会社は、会社の規模・業種によって、研修企画やプロジェクトなど、課題を解決するための具体的な打開策を検討します。コンサルティング会社から提示された企画書をもとに、施策内容やスケジュール感、費用について確認していきましょう。このときに、コンサルティングに関する知識が乏しいと、企画書の情報を鵜呑みにしてしまい、プロジェクトがうまく行かない可能性もあるため注意が必要です。

⑤企画の実行

課題解決のために立案された企画書の内容に合意し、契約を成立できたらコンサルタントとともに実際に施策を実施します。この段階までに、コンサルティング会社からの連絡を定期的に受け取る担当者をあらかじめ設定しておくと、進捗の報告や、施策内容の相談などをスムーズに行うことができます。小規模プロジェクトは短期間で終わりますが、大規模なプロジェクトになると、課題解決までに必要な人材やコストが発生するためコンサルティングの企画実行期間も長くなる傾向にあります。

⑥結果の確認

コンサルティングの企画書をもとに企画が実施されたら、結果を確認していきます。コンサルティングの結果が成功だったのか、失敗だったのか把握するための効果測定を実施するのが一般的です。また、効果測定の結果をもとに、プロジェクトの成功もしくは失敗した要因を検証し、さらに改善できるかどうかフォローアップを行う場合もあります。コンサルティング会社から掲示された数値や資料を理解し、今後の取り組みに活かすことを意識しましょう。

⑦アフターフォロー

施策を実行後、結果を確認し、効果分析を行ったあと、アフターフォローをしてくれるコンサルティング会社もあります。ただし、アフターフォローには、追加コストがかかることもあるため注意が必要です。また、効果分析のあとに改善要求を行わなければ、コンサルティング会社との契約を終わらせることもできます。コンサルティング会社によるアフターフォローの例として、施策実施後の報告会開催、継続的な改善状況のモニタリングや検証などが挙げられます。また、コンサルティング会社によっては、再度改善企画を作成してもらうことも可能です。

コンサルティングのスケジュールを組むときのポイント

ここからは、コンサルティングのスケジュールを組む上で、重要なポイントについて詳しく紹介していきます。

ポイント1:余裕を持ってスケジュールを決める

コンサルティングのスケジュールを組む際には、余裕のある日程を決めることが大切です。コンサルティングの流れを見てわかるように、スケジュールは変動する可能性があります。たとえば、資料調査や市場調査、予算の決定に思っていた以上の時間がかかると、スケジュールは長引く可能性があります。また、施策実施後に改善を依頼すると、最初に定めた期間内にプロジェクトが終わらない可能性もあります。このように、スケジュールは変動する可能性があるため、余裕のあるスケジュールを設定しましょう。

ポイント2:スケジュールは工数ごとに分けて決めておく

コンサルティングのスケジュールを定める上で、工数ごとに期間を細かく設定し、明確にすることで、適切な全体の期間を定めることができます。コンサルティングには流れがあります。たとえば、ヒアリングには〇週間、予算の決定には〇週間、課題解決の立案には〇週間など、細かくスケジュールを設定することで、スケジュールが多少変動したとしても、誤差を小さくすることが可能です。そのため、コンサルティングの流れを把握することが重要と言えます。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるコンサルティング会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

コンサルティングを外注するときの成功のコツ・失敗例

コンサルティングを外注するときの成功のコツ・失敗例を知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

コンサルティングの外注先の選び方・ポイント

コンサルティングにおける外注先の選び方・ポイントを知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

まとめ

ここまでコンサルティングにかかる期間・スケジュールを細かく紹介してきました。コストを削減するため、自社ですべて実施しようと思っていた方もいらっしゃるでしょう。しかし、スムーズな進行には専門的な知識や、取りまとめる担当者などが必要です。そういった時間や労力などを考えると、コンサルティング会社へ外注する方がトータルでのコストを安く抑えることができます。

一方で、コンサルティングの外注において自社にぴったりの会社を選定するのは容易なことではありません。コンサルティング会社の選定に関してお困りでしたら、アイミツまでお気軽に問い合わせください。あなたにおすすめのコンサルティング会社を複数社ご提案させていただきます。

コンサルティング会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!