電話で相談する

フリーダイヤル

0120-917-819

営業時間 平日10~19時

公開日: 更新日:

広告のデジタルサイネージでおすすめの交通広告会社5選

大型のディスプレーなどに広告映像を放映するデジタルサイネージ広告。自社でも導入を検討中だけれど、どこに依頼したらいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。この記事ではデジタルサイネージの概要を解説し、おすすめの交通広告会社を紹介します。

コンシェルジュ 佐藤

アイミツコンシェルジュの佐藤です。
交通広告会社をお探しの方に、私たちコンシェルジュがアドバイスします!会社選びのポイントも解説していますので、ぜひご覧ください。

目次
このページについて
アイミツ
交通広告会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)
1.

デジタルサイネージ広告とは?

ディスプレーなどを使って情報発信をするメディアを総称して、デジタルサイネージと言います。デジタルサイネージ広告は、デジタルサイネージの仕組みを使って広告を放映する手法のことです。

デジタルサイネージ広告は、電車内や駅構内などの交通広告から始まった歴史がありますが、今では、駅や電車以外にも店舗や公共機関、学校などの教育機関、街頭など、あらゆる場所でデジタルサイネージ広告が取り入れられています。

2.

デジタルサイネージの仕組み

デジタルサイネージ広告は、「スタンドアロン型」と「ネットワーク配信型」の2種類に分かれます。デジタルサイネージ広告を導入する際には、両者の特徴や違いを把握したうえで、自社に最適なタイプを導入しましょう。

スタンドアロン型

スタンドアロン型の「スタンドアロン」とは、「系列や傘下に入らずに独立している」という意味を持ちます。つまりスタンドアロン型のデジタルサイネージとは、インターネットに接続しなくてもコンテンツを配信できるタイプのデジタルサイネージです。

インターネット環境がない場所や店舗でも導入でき、インターネットにつながっていないため、情報漏えいのリスクもありません。さらに、初期費用やランニングコストが格安な点もメリットです。

ネットワーク配信型

ネットワーク配信型とは、文字通りインターネットに接続して利用するタイプのデジタルサイネージです。デジタルサイネージの設置場所までデータを運ぶ必要がなく、遠隔地からコンテンツ配信やコンテンツの切り替えが行えます。

また、複数のデジタルサイネージに同時に同じコンテンツを配信することも可能です。コンテンツの切り替えを頻繁にしたい企業や多店舗展開するチェーン点などに向いているタイプです。

3.

デジタルサイネージ画面の種類

デジタルサイネージは、画面のタイプも複数に分かれます。よく導入されるタイプは液晶とLEDの2種類ですが、最近ではタッチパネル式のディスプレーも少なくありません。液晶タイプの最大のメリットは、導入コストやランニングコストが安く済む点でしょう。

一方、LEDタイプは液晶と比べると高輝度で高精細な映像を放映できます。ユーザーが画面をタッチして自由に情報を選択できるタッチパネル式は、顧客満足度を上げられることはもちろん問い合わせが減るため従業員の負担も軽減できます。

4.

デジタルサイネージの活用事例

ここでは、デジタルサイネージの活用事例を紹介します。主な活用方法は、広告としての商用利用と案内板としての利用に分かれます。

広告としての商用利用

広告としての商用利用で特に多いのが、駅構内、電車やタクシー内、店頭、街頭などでの活用事例です。ポスターや看板などの広告媒体と比べると、視認性が高いのが一番のメリットです。たとえば店頭でインパクトのある動画を放映することで、来店促進や購買促進が見込めるでしょう。

またポスターや看板ではセールであればセール、新商品であれば新商品と基本的には1つの情報しかアピールできません。一方、デジタルサイネージの場合は、さまざまな情報を順々に表示させていくことも可能です。1枚目はセールの情報、2枚目は新商品の情報、3枚目はキャンペーン情報といったような広告展開も行えます。

案内版としての利用

デジタルサイネージの活用方法は、広告だけではありません。デジタルサイネージの案内板としての活用方法も最近ではよく見られています。具体的な設置場所としては、学校や企業受付、病院や美容院などの待合室などに多いです。また、金融機関での金利情報や株価情報を表示するデジタルサイネージを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

ポスターや看板では、基本的に1つの情報しか伝えられません。しかしデジタルサイネージの場合、複数の静止画を何枚も表示させることも可能で、映像コンテンツも放映できます。そのため、ポスターや看板より多くの情報をユーザーに伝えられます。さらに情報の切り替えも容易です。

5.

デジタルサイネージ広告を導入する効果やメリットは?

デジタルサイネージにはほかの広告媒体にないメリットが数多くあります。デジタルサイネージのメリットを詳しく見ていきましょう。

視認性が高く人の目に止まりやすい

看板やポスターなどの広告媒体と比べると、デジタルサイネージの視認性は大幅にアップします。看板やポスターの場合、よほど興味のある人ではないと目に入ったとしても内容までは確認しません。

一方、デジタルサイネージは静止画はもちろん、動画やアニメーション、音楽などさまざまなコンテンツを配信できます。そのため、より幅広い表現が可能で、人の目に止まりやすいインパクトのあるコンテンツ配信が可能です。

届けたい情報をタイムリーに届けられる

看板やポスターの場合、情報を切り替えるにはその看板やポスターごと入れ替える必要があります。デジタルサイネージの場合は、データを入れ替えるだけで瞬時に配信する情報を切り替えられます。特定の曜日や時間帯だけにコンテンツを配信することも可能です。

またデジタルサイネージは、24時間365日体制でスケジュールの管理ができます。今日は特売情報、明日はおすすめ商品の情報、明後日はキャンペーン情報といったような広告展開も容易です。

従業員の手間を削減できる

デジタルサイネージは1つのディスプレーに複数の情報を配信できます。たとえば飲食店に設置したデジタルサイネージの場合、時間帯ごとにメニューの切り替えが可能です。

もちろんメニュー表や店内看板でもメニューの張り替えや入れ替えは可能です。しかしその場合、時間ごとにメニューを設置し、撤去する手間や時間がかかってしまいます。デジタルサイネージであれば、設定さえしてしまえば自動的にメニューの入れ替えが可能です。

6.

デジタルサイネージ広告を導入するデメリットや注意点は?

デジタルサイネージはメリットばかりではありません。導入の前に必ず、デメリットや注意点を把握しましょう。

初期費用やランニングコストがかかる

デジタルサイネージは、決して少なくない額の初期費用とランニングコストがかかってしまいます。デジタルサイネージの種類や画面の大きさなどによって変動しますが、初期費用で数十万円ほどかかるのが一般的です。

とはいえ、ポスターや看板でも初期費用やランニングコストは発生します。長期的に見たときにトータルでデジタルサイネージにはどれくらいの費用がかかって、ポスターや看板の場合はどれくらいの費用なのかを割り出した上で、広告媒体を選びましょう。

電子機器であるため、故障のリスクがある

デジタルサイネージを導入する際には、故障のリスクがある点には注意しましょう。故障のリスクを少しでも低減するためには、デジタルサイネージの選び方に工夫が必要です。屋外に設置するのであれば防塵対応されているものや水がかかる可能性のある場所に設置するのであれば防水加工のものなどを選ぶことをおすすめします。

またデジタルサイネージは電子機器であるため、電源のない場所では使用できない点にも注意してください。

アイミツ
交通広告会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)
7.

総合力ならここ!デジタルサイネージ広告でおすすめの交通広告会社3選

ここでは、デジタルサイネージに強く、総合力が高い交通広告会社を紹介します。総合力が高い交通広告会社は、電車内や駅構内だけではなく店舗内や店頭、各種施設内など幅広い場所でのデジタルサイネージの経験が豊富です。

7-1.

株式会社春光社

株式会社春光社
出典:株式会社春光社    https://shunkosha.co.jp/

春光社は、創業90年以上の日本でも屈指の歴史と実績を持つ交通広告会社です。総合力の高さに定評があり、駅構内や電車内広告はもちろん、バス広告、タクシー広告、空港内広告まで、あらゆる種類の交通広告に対応しています。
デジタルサイネージの種類も豊富で、電車内や駅構内のほか、屋外の大型デジタルサイネージや店舗内デジタルサイネージも対応可能。また首都圏主要駅の交通広告に特に強みがある点も特徴です。

こんな人におすすめ
・屋外や店舗内でのデジタルサイネージを依頼したい方
・首都圏の駅でのデジタルサイネージを依頼したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
1967年
会社所在地
東京都中央区京橋3丁目7番5号
電話番号
03-3538-9320
7-2.

表示灯株式会社

表示灯株式会社
出典:表示灯株式会社    https://www.hyojito.co.jp/

表示灯は、電車内や駅構内、市役所などの自治体施設や公共施設の広告に特化した広告会社です。デジタルサイネージも電車内や駅構内、公共施設を中心に実績は豊富。
デジタルサイネージ広告だけではなく、デジタルサイネージを活用した案内板を数多く制作・設置してきた実績がある点も魅力です。これまでにJR各駅や東京メトロ各駅でのデジタルサイネージ広告、自治体の番号案内サービスや観光情報サービスをデジタルサイネージで手掛けています。

こんな人におすすめ
・電車内や駅構内、自治体施設へのデジタルサイネージを依頼したい方
・案内版としてのデジタルサイネージを依頼したい方

予算感
要問い合わせ
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都港区南青山5丁目12-22 ナビタ東灯ビル
電話番号
03-3797-4711
7-3.

協立広告株式会社

協立広告株式会社
出典:協立広告株式会社    https://www.kyoritz-ad.co.jp/

協立広告は、電車内広告や駅構内広告などの交通広告や大型ディスプレーを駆使しての屋外広告のほか、テレビや雑誌、インターネットなどの広告などを手掛ける総合広告会社です。あらゆるメディアを使ってのプロモーションが可能で、雑誌やテレビ、インターネットと交通広告を連動してのクロスメディア展開も行えます。
取り扱うデジタルサイネージの種類も豊富で、電車内や駅構内はもちろん、バス車内、タクシー車内、屋外にも対応しています。

こんな人におすすめ
・電車内や駅構内のほか、バス車内やタクシー車内でもデジタルサイネージを依頼したい方
・複数のメディアを活用したクロスメディア展開を考えている方

予算感
要問い合わせ
設立年
1956年
会社所在地
東京都新宿区荒木町13番地8
電話番号
03-3355-1911
8.

交通広告に強い!デジタルサイネージ広告でおすすめの交通広告会社2選

次に、デジタルサイネージに定評があり、電車内や駅構内などの交通広告の実績が豊富な会社を紹介します。電車内や駅構内でのデジタルサイネージを考えている方はぜひ参考にしてください。

8-1.

株式会社オリコム

株式会社オリコム
出典:株式会社オリコム    https://www.oricom.co.jp/

オリコムは、車両広告や駅広告、駅の屋外広告といった交通広告を得意とする広告会社です。1922年の創業以来、交通広告の分野で特に顕著な実績を積み上げており、過去にはナショナルクライアントのような大企業の交通広告を使っての大規模展開を多数手掛けています。
デジタルサイネージは、電車内に設置されたモニターへのデジタルサイネージ広告をメインに取り扱っており、スポットCM型のほか、番組提供型の広告も対応可能です。

こんな人におすすめ
・実績豊富な会社にデジタルサイネージを依頼したい方
・電車内モニターへのデジタルサイネージを依頼したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
1932年
従業員数
1000人以上
会社所在地
東京都港区新橋1-11-7 新橋センタープレイス
電話番号
03-6733-2000
8-2.

株式会社グローアップ

株式会社グローアップ
出典:株式会社グローアップ    http://www.growup.co.jp/

グローアップは、大阪府大阪市に本社を置く交通広告会社です。JR西日本各駅や関西地域の主要私鉄各駅など、関西地域を中心に広告事業を手掛けていますが、新幹線やJR東日本各駅の交通広告にも対応しています。
デジタルサイネージ広告の実績、対応可能な種類ともに豊富。これまでに駅構内の柱部分へのデジタルサイネージや壁面と利用したデジタルサイネージのほか、液晶4面のマルチ画面を利用した大型デジタルサイネージなども手掛けています。

こんな人におすすめ
・実績豊富な会社にデジタルサイネージを依頼したい方
・関西地域でのデジタルサイネージを依頼したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
1962年
会社所在地
大阪府大阪市中央区瓦町4-4-8 瓦町四丁目ビル5F
電話番号
06-6229-2525
アイミツ
交通広告会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)
9.

デジタルサイネージ広告の導入から運用までの流れ

ここでは、デジタルサイネージの導入から運用までの流れを解説します。スケジュール決定の参考にしてください。

依頼先の選定・導入形態や設置場所等の決定

まずは、デジタルサイネージを依頼する交通広告会社を選定しましょう。会社によって得意分野が異なるので、自社の目的やニーズを洗い出した上で、思い描くデジタルサイネージが実現可能な会社を選定してください。

依頼する会社が決まったら次に、スタンドアロン型なのかネットワーク配信型なのかといった導入形態を選定します。さらに、どの場所に設置したら最も有効なのかを検討し、設置場所を決定します。

コンテンツ選定

次に、デジタルサイネージに配信するコンテンツの選定を行います。どのようなコンテンツを配信するのかは、ヒアリングを受けた上で広告会社から提案されることが一般的です。

ヒアリングの前に、デジタルサイネージの導入目的やどのような成果につなげたいのかを社内で明らかにしておきましょう。目的やゴールが明確でないと、せっかく高いお金を出したのにかかわらず、まったく成果に繋がらなかったということも十分考えられます。

デジタルサイネージの設置・運用開始

コンテンツの制作が完了次第、デジタルサイネージを設置して運用していくフェーズに入ります。設置作業は広告会社が行うか、広告会社の提携会社が行うため、自社で設置作業を行う必要はありません。

設置作業は広告会社に任せることになりますが、設置した後に画面が映らない、インターネット回線が安定しないなどのトラブルが発生する可能性はあります。必ず自社でも設置作業に立ち会い、不具合がないか確認をしましょう。

保守・運用・メンテナンス・データ収集など

デジタルサイネージは、ディスプレーを設置し、コンテンツを配信したらそれで終わりというものではありません。むしろ、コンテンツを配信してからが本番と言っても良いでしょう。

デジタルサイネージで望むような成果を出し続けるためには、データの収集や分析、効果検証を行った上で改善が必要であれば適宜、改善をしていくことが重要です。また、故障のリスクを最小限にするためにも定期的なメンテナンスは欠かせません。

10.

デジタルサイネージ広告の発注先を選ぶポイントとは?

次に、デジタルサイネージ広告の発注先を選ぶポイントをお伝えします。発注先選びに迷った方はぜひ参考にしてください。

自社が依頼したいものに近い実績があるか

デジタルサイネージに強い広告会社と一口に言っても、会社によって得意なことやできることは異なります。そのため、まずは自社でどのようなデジタルサイネージ広告を制作したいかを洗い出した上で、それに近い実績を持つ会社を選びましょう。
さらに内容のほか、どのような種類のデジタルサイネージ広告に対応しているかどうかも確認する必要があります。たとえば、電車内のデジタルサイネージに特化したような会社も少なくありません。

業務委託ができる範囲を確認する

広告会社によって依頼できる業務内容は異なります。そのため、広告会社に依頼できる業務の範囲を必ず確認しましょう。企画からコンテンツの制作、設置、運用までをトータルで依頼できる会社がある一方、運用には対応していないという会社は珍しくありません。

特にデータの収集や分析、効果測定を行った上で改善点を提案してもらいたいといった希望がある方は、その部分まで依頼可能な会社を選定する必要があります。

11.

デジタルサイネージ広告のデザインにこだわりたいなら

デジタルサイネージ広告に配信する画像や映像のデザイン性を重視する方は、デザイン力の高さに定評がある広告会社を選びましょう。広告会社のホームページに掲載されている過去の実績を確認することで、ある程度のデザイン力ははかれます。

そのほかコンテンツ制作の工程だけを広告会社ではなく、デジタルサイネージに強い動画制作会社に依頼することも有効でしょう。

12.

デジタルサイネージ広告の導入で発生する料金は?

デジタルサイネージ広告にかかる費用は、「導入にかかる費用」と「運用にかかる費用」の2種類に分けられます。

導入にかかる費用には、ディスプレー本体の費用やディスプレーにコンテンツを配信するための映像システム(STB)の費用、配信スケジュールを管理するシステム(CMS)の費用、コンテンツ制作費用などがあります。運用にかかる費用は、電気代やコンテンツの更新費用、サーバー代、保守・サポート費用などです。

13.

デジタルサイネージ広告の費用・相場

ディスプレー本体の相場は、屋内用で10万円から20万円ほど。屋外用で20万円から40万円ほどです。STBの相場は1万円から3万円ほど、CMSの相場は月額数千円から1万円ほどになります。

コンテンツの制作費用は静止画か動画かで大きく変動し、静止画の場合は数万円、動画は10万円以上が相場です。このほか運用していくための費用が必要で、月額1万円から数万円ほどの運用費用がかかります。

14.

【まとめ】デジタルサイネージ広告を発注するなら

デジタルサイネージ広告は自社だけで導入することは現実的ではなく、交通広告会社に企画からコンテンツ制作、ディスプレーの設置までを依頼することが一般的です。ただ、どのような会社に依頼すればいいか分からない方も多いのではないでしょうか。

依頼する会社選びに困ってしまった方は、ぜひアイミツにご依頼ください。10万件以上の利用実績を持つアイミツが、ニーズや予算に最適な広告会社を紹介致します。

交通広告会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。