業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

プロジェクターリース・レンタルの優良業者

プロジェクターリース・レンタルのOA機器

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

OA機器とは、オフィスオートメーションに必要とされる機器の総称で、パソコン、シュレッダー、スキャナー、ファックス、プリンター、コピー機、複合機、ビジネスフォン、オフィス家具の事を指し、それらをリース・レンタルする事をOA機器のリース・レンタルと言います。レンタルは業者から機器を中古品として借りる短期契約のことです。中途解約ができ、レンタルした物品の管理はレンタル会社が負います。リースは業者が代理で新規購入し、それを借りる長期契約のことです。短期間の利用ならレンタルが、長期的に利用する場合はリースの方がお得です。プロジェクターは利用するシーンやスクリーンの大きさなどに応じて必要なスペックが決まってきますので、まずは利用目的や場所を明確にすることが大切です。

人イメージ

プロジェクターリース・レンタルのOA機器の発注や業者探しの際、こんなお悩みありませんか?


  • 予算

    予算を抑えたいけれど
    どこに相談すればよい?

  • 評判

    いろんな会社が検索でヒット!
    本当に評判がよいのはどこ?

  • 相場

    相場が分からないけれど
    いくら位が妥当な金額?

  • 営業

    一括見積もりに依頼すると
    営業電話が多そうで不安・・・

人イメージ

そのお悩みをアイミツが解決します

発注先選定を無料でお手伝い!

  • POINT1

    相場情報をご提供!

    2万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内!
    見積もりのポイントも教えます。

  • POINT2

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート

    専任のコンシェルジュが、
    ご要望を丁寧にヒアリングいたします。
    5万社の調査から最適な会社をご紹介。

  • POINT3

    評判の良い会社に厳選

    100万以上のクチコミから
    評判の良い会社に絞ってご紹介!
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない

3
STEP

  1. 確認

    希望条件、ご要望をお聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、
    業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 提案

    専門知識のあるコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介いたします!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、
    どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積り

    直接商談も可能!即、見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、
    スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

REVIEWS

20,000件の相談実績

2014年から既に2万件を超える相談をいただいたおり、
利用されたお客様からもご好評いただいております

イメージ

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

プロジェクターリース・レンタルのOA機器の

選び方ガイド

プロジェクターリース・レンタルのOA機器の選び方ガイド

プロジェクターリース・レンタルのOA機器の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

プロジェクターリース・レンタルのOA機器の選定ポイント

POINT
01

使いやすいプロジェクターの種類をおさえておく

プロジェクターの種類は3種類!

プロジェクターを選ぶときにはまず機能面に着目し、代表的な種類をおさえましょう。オフィスに導入する前に家電量販店などで実機をチェックするのもいいでしょう。

  • 液晶プロジェクター

液晶パネルが内蔵されており、光を三原色であるR(赤)、G(緑)、B(青)の3色に分解して透過させ、カラー映像を作ります

  • DLPプロジェクター

「DLP」はデジタル・ライト・プロセッシングの略で、鏡を使用して光を反射させ、映像などの表示を行う方式です。映画館向けの大型プロジェクターなどに用いられています

  • 反射型液晶プロジェクター

反射型液晶パネルで各色の映像を作り、プロジェクター内で合成してレンズから投写する方式です

POINT
02

各種プロジェクターのメリット・デメリットをおさえておく

メリット・デメリットを把握して用途ごとに最適なプロジェクターを選ぶ!

  • 液晶プロジェクター(3LCD方式)のメリット・デメリット

液晶プロジェクターは価格が安く各メーカーから様々な機種が発売されていています。従来は視野角に多少の問題があったものの、近年は性能が大幅にアップしています。

注意点としては、黒浮き(映像の黒部分が少しグレーのように見える現象)が起きる傾向があります。

  • DLPプロジェクターのメリット・デメリット

コントラストが大きい映像に適しており、くっきりと鮮明な画像を表現できます。またホコリ等に強く経年劣化が少ないとされていますので、長期リースなどに向いています。

注意点としては、カラーブレーキング現象と言われる虹のような模様がみえる場合があります。

  • 反射型液晶プロジェクターのメリット・デメリット

高解像度でコントラストの大きい画像の表現にも優れており、ホームシアターや医療現場などでの利用に向いています。

注意点は、本体サイズが大きめで価格も高めな点です。

POINT
03

プロジェクターの入力端子をおさえておく

あ、しまった!では遅いので借りるときには要注意!

  • USB端子

RGBケーブルがなくても、USBケーブルを使ってパソコンからプロジェクターに画面だけでなく音声も転送できます

  • LAN端子

無線LAN対応のPCに装着するだけで、パソコン側の無線LANの設定を自動的に検出してワイヤレス接続によるプロジェクターの利用が可能になります

  • 3G-SDI端子

長距離高画質転送が可能で、大規模イベントや展示会に向いています

  • HDBaseT端子

大規模ホールや講堂での使用に適しており、LAN接続によってフルHD映像を最大100m転送できます

  • HDMI端子

パソコン、DVDプレイヤー、ブルーレイディスク、ゲーム機、スマホなどを接続して高品質の映像や音楽を投写することが可能です

  • MHL端子

スマートフォンやタブレットをMHLケーブルのみで接続して画面を投写できます

POINT
04

プロジェクターの設置にあたっての注意点をおさえておく

設置場所の制約などでも最適なディスプレイは変わってきます!

  • スクリーンの設置場所

プロジェクターはスクリーンへの邪魔な光(有害光)をどれだけカットできるかがポイントです。会議室など使用する部屋の出入り口付近、または、出入り口を開閉するたびに大きな光が入ってくる場所への設置はできるだけさけますが、使用環境によってさけられない場合には、コントラストの強い高級機などが必要となる場合があります。

また、遮光カーテンがあるのかないのか、会議やセミナーなどの場合使用中に室内灯は最小限に絞ってもよいのかなども考慮しましょう。

  • 視聴位置とスクリーンとの高低差・左右の角度

傾斜式のフロアを持つ講堂などの環境では高低差によって見え方が変わってきます。また、正面から左右にずれるほど見えにくくなる傾向がありますので、高低差、左右の角度が最大どれくらいになるかを考慮しましょう。

  • 設置方法

◇天吊

プロジェクター用取付金具などで天井からプロジェクターを吊るします

◇ハイマウント

三脚などでスクリーンの中心と同じ高さにプロジェクターを設置します

◇床置き

床面近くに設置し下から投影します

POINT
05

プロジェクターのレンタルとリースそれぞれのメリット・デメリットを知っておく

リース・レンタル、最適な導入形式を選択!

プロジェクターをはじめ法人向けのオフィス事務機器を導入する際は、レンタルとリースそれぞれの特徴を把握しましょう。レンタルは業者から中古品を借りる短期契約です。中途解約が可能で、レンタルした物品の管理はレンタル会社が負います。一方、リースは業者が機器を新規購入し、それを借りる長期契約です。リースは新品を安い月額費用で利用できますが、契約が長期になり、中途解約ができないデメリットもあります。また、機器の管理は自社で行わなければいけません。レンタルかリースかを選択する際は、月額費用のみに注目するのではなく、どのくらいの期間使用するのか、使用できるのか、保守やメンテナンスにどのくらい費用がかかるのか、トータルの費用を考え、レンタル・リース会社のサポート体制やトラブル時の対応が整っているかも考慮しましょう。

プロジェクターリース・レンタルのOA機器のよくある質問

人イメージ

プロジェクターリース・レンタルのOA機器についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。