業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

RICOH(リコー)の優良業者

コピー機・複合機

おすすめ業者を一覧比較

複合機とはコピー、プリンター、スキャナー、ファックスなどの機能が1つにまとめられている機器を指します。コピー機や複合機を導入するには、新品購入、中古購入、リース、レンタルなどの方法があります。初期費用のみ、月額費用のみで決めるのではなく、保守費用などのランニングコストも含めた総額を確認し、比較するようにしましょう。保守契約にはカウンター方式、キット方式、スポット保守方式の3種類があり、それぞれ適した環境やメリット・デメリットがあるため、自社に合わせて最適な方式を選択しましょう。また、保守サービスも費用のみで決めるのではなく、内容が充実しているかどうかも確認するようにしましょう。RICOH(リコー)製のコピー機、複合機は業界シェア率も高く基本的にオススメできますが、必用な機能・サービスを十分に吟味して選定した上で、、FUJI XEROX(富士ゼロックス)やCanon(キャノン)などの製品も調査し、慎重に比較選択してください。

初めての方はこちら!

完全無料

業者を一覧で比較する

RICOH(リコー)の優良業者 コピー機・複合機業者一覧

20件中110件の業者を比較中

対応しているメーカー
リコー
会社サイト
https://www.41copy.jp/
会社所在地
東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19階
会社電話番号
03-5339-2101
  • 業界安値級の価格でのご提供が可能です!
  • きめ細かい、手厚いサポート体制をご提供しています。
  • 東証一部上場企業という、安心感があります。
対応しているメーカー
リコー
会社サイト
https://www.copybiz.jp/
会社所在地
東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティウェスト14F
会社電話番号
03-5458-2311
対応しているメーカー
リコー
会社サイト
http://www.oaland.jp/
会社所在地
東京都港区赤坂2-5-1 東邦ビルディング6F
会社電話番号
03-3560-9355
対応しているメーカー
リコー
会社サイト
http://www.office-copy.com/
会社所在地
大阪府大阪市中央区城見2丁目1番61号 ツイン21MIDタワー34F
会社電話番号
06-6910-2828

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

人気のキーワード

関連するカテゴリ

RICOH(リコー)のコピー機・複合機会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 最適な導入形態を選択する

    新品購入・中古購入・リース・レンタル、最適な導入形式を選択。
    コピー機・複合機を導入する際は、まず機器を購入するのか、レンタルするか、リースにするのかを決めましょう。  新品購入 初期費用は高くなりますが、メンテナンスが手厚くランニングコ… 続きを見る

  • POINT 2 必要な機能で選ぶ

    FAXやスキャナー、必要な機能だけを選択する。
    カラーかモノクロか、FAX機能やプリンター機能、スキャナー機能は必要か、主に利用する用紙サイズは何か、利用する人数なども事前に検討してから機種を選びましょう。利用する人数が2人以上になると、ネ… 続きを見る

  • POINT 3 保守契約の種類を選択する

    3つの保守契約から最適なものを選択する!
    コピー機・複合機をリース・購入する場合、任意で保守契約を結ぶことができます。代表的な保守契約は以下の3種類です。  カウンター方式 カラー・モノクロにそれぞれ1枚あたりの単価を設… 続きを見る

  • POINT 4 保守内容は充実しているか

    保守内容をチェックする3つのポイント。
    保守内容は業者によって異なり、例えば保守費用が安い業者などはメンテナンスサービスの質が低いことがあります。以下の点を事前に確認し、保守内容に問題がないかチェックするようにしましょう。 … 続きを見る

RICOH(リコー)のコピー機・複合機会社への発注にあたっての基礎用語

  • コピー機・複合機のシェア

    コピー機・複合機の2012年の国内シェアは1位キヤノン28.9%、2位リコー27.0%、3位富士ゼロックス23.3%、4位シャープ8.1%となっています。
     

  • リース

    リースとは「機械や設備を長期間賃貸すること」で、借主を特定の相手に限定する点でレンタルと区別されます。通常2~10年の長期契約で、所有権はリース会社、保守や保全責任はユーザー側にあります。経営面では資金の固定化を免れる、固定資産税が不要といったメリットがありますが、いったん契約してしまうと中途解約はできないので、契約には十分に注意が必要です。契約終了後はリース会社に返却かもしくは再リース契約を結ぶことになります。所有権移転リースの場合はユーザーの資産となりますが、それ以外の場合所有権はリース会社のままなので注意しましょう。
     

  • レンタル

    レンタルとはリースと違い、「機械や設備を短期間賃貸すること」で、借主は不特定多数となります。月・週単位の短期間が一般的で、所有権も保守責任もレンタル会社にあります。月々の費用はリースよりも割高ですが、中途解約が可能なのでリスクが少ないとも言えます。
     

  • カウンター保守契約

    複合機やコピー機の保守契約の1つで、基本料金にプラスしてプリントした枚数に応じたカウンター料金が請求されるというものです。メーカーによってはトナー料金が含まれている場合もあります。
     

  • キットトナー保守契約

    複合機やコピー機の保守契約の1つで、コピーキットと呼ばれるトナーカートリッジを購入することで、トナーが切れるか一定期間が契約するまで保守契約が続くというものです。