コピー機会社をお探しですか?アイミツを使って手間なく最良の会社と出会いましょう

無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

更新日:2022年9月30日

大手のコピー機業者を2社ピックアップ【2022年最新版】

  オフィスや事務所に欠かせないコピー機・複合機。ペーパーレス化が進んでいるとはいえ、会議の資料のコピーや社内広報物の印刷など、紙を使う機会はまだまだ少なくありません。

そこで今回はコピー機・複合機を取り扱っている大手5社をピックアップし、それぞれの特徴や販売実績を見ていきたいと思います。あわせて製品や業者を選ぶ際のポイントについてもご紹介するので、コピー機・複合機の導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。  

このページについて

このページについて:当ページに掲載されている内容は記事作成時の情報であり、情報が変更となっている場合があります。またご依頼内容の複雑さや納期等の事情によって依頼内容の難易度が変化するため、当ページで紹介されている業者へご依頼される場合は自己責任にてお願いいたします。

アイミツパートナーとは:アイミツと記事掲載契約を締結している企業です。

大手のコピー機業者2社ピックアップ

  まずはじめに紹介するのは大塚商会。リコー、キヤノン、エプソンなど国内主要メーカーを中心に、デジタル複合機から3Dプリンターまで幅広く取り扱い、ビジネスフォンなどを含めるとトータル100万社以上への販売実績があります。従業員はグループ連結で約8,700名、約7,600億円の売上高を計上する、OA機器販売のリーディングカンパニーです。

近年ではコピー機・複合機とクラウドサービスを組み合わせたソリューションにも力を入れており、あるインターネットプロバイダーの案件では、FAXで送られてきた申込書を複合機で電子化してダイレクトにShare Pointへ保存する仕組みを構築。印刷物の放置や印刷ミスをなくし、クライアントの経費削減に大きく貢献ました。

2つ目に紹介するのはビジョン。グローバルWi-Fiのレンタルやweb制作事業とあわせて、コピー機・複合機の販売・リースサービス「コピー機.com」を運営しています。とりわけキヤノン製品のラインナップが充実しており、オンラインでの販売実績は国内No.1。契約者数はトータル22万社を超え、2016年に東証一部へ上場しました。

受賞歴も多く、2010年~2016年には7年連続で「ベストベンチャー100」に選出、2017年には経済界大賞の「グローバルチャレンジ賞」を獲得しています。

以上がアイミツが選ぶ大手のコピー機販売業者でした。

今すぐコピー機を導入したい」「自社にぴったりの業者を見つけてほしい」とお急ぎの方は、以下の「無料で依頼する」ボタンからアイミツのコンシェルジュにご依頼ください。あなたのニーズにマッチするコピー機業者をご紹介します。  

大手コピー機業者2選 特徴・実績をご紹介

ここからは各会社の特徴や販売実績について、それぞれ詳しくご紹介していきます。

株式会社大塚商会


出典:株式会社大塚商会 https://www.otsuka-shokai.co.jp/

大塚商会は東京都千代田区に本社を置くOA機器販売会社です。
もともとはコピー機の販売店として1961年に創業し、現在はビジネスフォンや複合機、PC端末、サプライ製品の販売・保守から、業務用システム・ソフトウェアの開発、各種アウトソーシングまで幅広い事業を展開しています。クライアントの数はトータル100万社以上に及び、トレンドマイクロ社の「ベストパートナー部門」アワードなど受賞歴も豊富です。
何より大きな強みは、豊富な製品ラインナップと、クライアントの課題を解決する技術力。キヤノン、リコーを中心に国内ほぼすべてのメーカーのコピー機・複合機を取り揃え、通常の販売のほかリース・レンタルにも対応しています。
FAX文書の管理に課題を抱えていたインターネットプロバイダーの案件では、複合機の電子化アプリケーションと専用スキャナーを組み合わせることで、文書をそのままクラウドに保存する仕組みを構築、クライアントの業務効率を大幅にアップさせました。別の不動産会社の案件でも、同様に電子化アプリとスキャナを組み合わせて契約書類を検索できるようにし、クライアントから非常に高い評価を得ています。
加えて、大手ならではの充実したアフターサポートも特徴の1つ。ヘルプデスクには経験豊富なサポートスタッフが24時間365日体制で常駐しており、メンテナンス依頼から消耗品の補充、オフィスのレイアウト改善までトータルに相談することが可能です。サポートの質・スピードともに定評があり、J.Dパワー社による法人向けのテクニカルコールセンター満足度調査では3年連続でNo.1に選ばれました。  

設立年 1961年
従業員数 1000人以上
受賞歴 トレンドマイクロ社「ベストパートナー部門」アワード(2018年まで15期連続受賞)、J.D.パワージャパンによる法人向けテクニカルサポートコールセンター満足度調査 第1位(2018年まで3期連続受賞)ほか多数
取引先情報 川崎重工業、東洋テック、名鉄観光サービス、さくらインターネット、徳洲会
会社所在地 東京都千代田区飯田橋2-18-4
電話番号 03-3264-7111

コピー機.com(株式会社ビジョン)


出典:コピー機.com(株式会社ビジョン) https://www.copyki-pr.com/

ビジョンは2001年に設立された東京都新宿区のIT・通信サービス企業です。
情報通信サービス事業の一環としてOA機器販売サイト「コピー機.com」を運営し、トータル22万社以上への販売実績を誇ります。従業員数は約700名、設立から15年足らずで売上高100億円を突破し、2016年に東証一部へ上場しました。
特徴はキヤノン製品の豊富なラインナップとリーズナブルな料金設定。「imagePRESS C65」などのハイエンドモデルからSOHO・店舗向けの卓上プリンターまでほぼすべての機種を取り揃え、相場を大幅に下回る格安料金でリースしています。機種によっては月額3,000円程度からの費用でコピー機を導入することが可能です。予算が限られる中小企業・ベンチャーには非常に心強いパートナーになるのではないでしょうか。

また、コピー機・複合機の単体のリース+電話回線やビジネスフォン、カード決済端末がセットになったプランも用意しており、上手く利用すれば開業時の費用を大幅に抑えられるでしょう。  

受賞歴 ベンチャー通信「ベストベンチャー100」(2010年~2016年)、東京ニュービジネス協議会「グロバール大賞 イノベーション部門」受賞(2013年)、第42回「経済界大賞 グローバルチャレンジ賞」(2017年)ほか多数
取引先情報 キヤノンマーケティングジャパン、サクサ、オリックス、ソフトバンク、Apple japan
会社所在地 東京都新宿区西新宿六丁目5番1号 新宿アイランドタワー5階
電話番号 03-5325-0200

コピー機の費用相場

コピー機の導入にかかる費用をご紹介します。

コピー機・複合機料金表
費用相場
リース 8,000円~2万円/月
レンタル 5,000円~1万5,000円月
購入   新品50円~150万円中古20円~30万円  
機器本体 40万円~150万円
カウンター保守料金 モノクロ1円~2円/枚
カラー10円~20円/枚

コピー機の導入にかかる費用をご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターのご利用をおすすめします。

コピー機を導入する際のポイント

次にコピー機や複合機を選ぶ際に目を向けるべきポイントについて、4つに分けてご紹介します。

タイプ

  コピー機や複合機は印刷の方式によっていくつかのタイプに分けられます。一般的なオフィスで利用されることが多いのはカラーレーザープリンター。レーザー光線を利用するため印刷のスピードが速く、製品によっては毎分30枚以上の出力も可能です。また、複数人での利用を想定して大容量のトレイが組み合わせられていることが多く、給紙の手間も省けます。

ただし、他のタイプと比べると価格・電気代ともにやや高く、本体自体のサイズも大きいため、設置スペースが限られる場合はあまり向いていません。

一方、小規模な事務所や店舗で用いられることが多いのが、インクジェットプリンターです。ノズルからインクを打ち出して印刷するタイプの製品で、本体のサイズが小さく、卓上に設置することができます。カラーレーザープリンターと比べると価格も安く、製品によっては3万円程度で新品を購入することも可能です。その反面、続けて出力する場合はやや時間がかかり、印刷自体の質もレーザープリンターには及びません。

それぞれのメリット・デメリットをしっかり理解したうえで、予算や使い方に合ったタイプの製品を選びましょう。前述の通り、OA機器販売会社のwebサイトで選び方のコツなどが紹介されていることも多いので、参考にしてみるのもいいのではないでしょうか。  

プラスアルファに機能

  最近のコピー機・複合機は多機能化が進んでおり、上手く使えば業務効率化にも役立ちます。たとえばダイレクト印刷式のプリンターなら、PCを経由せずにスマートフォンやUSBメモリから画像やドキュメントを直接印刷することが可能。ケーブルを必要としない無線LAN対応の製品であれば、スペースを有効活用できるうえ、搬入・設置の費用も抑えられます。

利用シーンやオフィス環境を念頭に置いて、プラスアルファの機能に目を向けてみるのも大切なポイントでしょう。  

アフターサポート

コピー機や複合機は他のOA機器と比べるとトラブル(紙づまり、トナーの故障など)が多く、継続的に使っていくためには定期メンテナンスが欠かせません。

できれば契約する前に販売会社の担当者と直接顔を合わせ、保守にいくらかかるのか、具体的に何をどこまでやってくれるのか、しっかり確認しておきましょう。  

大手ならではのメリット・デメリットとは?

何より大きなメリットは豊富なラインナップ&充実したアフターサポート。

今回取り上げた5社を含め、コピー機・複合機を取り扱う大手販売店の多くは、国内ほぼすべての主要メーカーと長年にわたって取引しており、最新モデルから廉価な型落ち品まで数多くの製品を取り揃えています。また、全国各地に事業者やパートナー会社を持つ業者も多く、トラブルの際も迅速に対応してくれます。

一方のデメリットに目を向けると…正直なところこれと言って大きなデメリットはありません。たとえば価格にしても、大手業者の多くが新品とあわせて中古も取り扱っており、大量に仕入れる分、中小規模の業者と比べて割安料金で購入できることがほとんどです。コピー機・複合機の発注先を選ぶ際は、大手の業者から優先的に検討するのがおすすめです。

【まとめ】コピー機業者選びは慎重に

今回は大手コピー機業者5社をピックアップし、それぞれの特徴や実績をご紹介しました。

「具体的な費用が気になる」「他のコピー機業者も知りたい」という方は、アイミツのコンシェルジュまでお気軽にお問い合わせください。

あなたのニーズに合わせて、大手と同等のサービスが期待できるコピー機業者をご紹介いたします。ご希望に沿って一括見積もりを取ることも、費用の相場をお教えすることも可能です。業界に精通した担当コンシェルジュが、コピー機に関する疑問・質問に完全無料でお答えします。

コピー機会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!