あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

コンテンツマーケティングの平均費用と料金相場【2020年完全版】

コンテンツマーケティング

読者の役に立つ良質な記事を配信することで検索上位獲得を目指すコンテンツマーケティング

月間1,500万以上のPVを誇る人気ネットショップ「北欧、暮らしの道具店」をはじめ、コンテンツマーケティングの成功事例は少なくありません。最近では人材サービスの「ビズリーチ」が記事配信を通じて自社サイトへの訪問者数を4倍以上に伸ばしました。

ただ、日ごろの業務と並行して質の高い記事を配信し続けていくのはなかなか大変なこと。「記事を書く時間がない」、「メディアを立ち上げたけど更新が滞り気味」と悩むことも多く、外注を検討する方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、コンテンツマーケティングを外部に委託する際の費用について解説します。あわせて契約先を選ぶ際のポイントなどもご紹介していくので、コンテンツマーケティングを始めたい方はぜひ参考にしてみてください。

目次

1.コンテンツマーケティングにかかる費用の算出方法

まず、コンテンツマーケティングの費用の仕組みを整理しておきましょう。

SEO対策やリスティング広告の運用と同様、費用のメインとなるのは制作・運用を担当するスタッフの人件費です。記事の制作・配信をともなうコンテンツマーケティングは、webデザイナーやライターなど関わる人数が多いため、従来のSEO対策などと比べると費用は高めになります。

webマーケティング会社やネット広告代理店の料金体系としては、初期費用+月額料金の形が主流。クライアントから依頼を受けてから、メディア全体のコンセプトやターゲットを固め、月額料金のなかで毎月一定数のコンテンツを配信するという流れです。

費目別に見るコンテンツマーケティング費用の相場

費目 相場
初期費用 10万円から30万円
月額料金 月額8万円から50万円(平均15万円から30万円)
記事の制作費
(※スポット依頼の場合)
1本あたり2万円から8万円

次に費目別の相場について解説します。

初期費用

クライアントの要望や事業内容に沿って、メディアのコンセプトや記事の方向性、全体のUI・デザインを決める際にかかる費用です。webマーケティングツールのアカウント発行手数料、初期設定費用が含まれることもあります。

一般的な相場としては10万円から30万円前後。詳しくは後述しますが、メディアをゼロから立ち上げる際、対策の初期費用とは別にwebサイトの構築費用がかかります。数十万円はサイト構築にかかると予想し、余裕を持って予算を確保しておきましょう。

月額料金

対策キーワードの設定、取材・撮影、記事の制作、コーディング、アクセス解析などにかかる費用です。それぞれを担当するスタッフ(ディレクター、デザイナー、ライターなど)の人件費が主な内訳となります。

実際にいくつかのwebマーケティング会社を調査したところ、コンテンツマーケティングの月額料金は平均15万円から30万円前後。10万円未満の場合は毎月2本から4本程度までの記事のライティングのみ請け負うケースが多いようです。

一方、月額30万円を超えるプランのほとんどには、対策にあたっての戦略立案やコンサルティング、アクセス解析が含まれていました。

記事の制作費(※スポット依頼の場合)

コンテンツマーケティングを請け負う会社の多くが月額料金制での運用に加え、単発の記事制作を請け負っています。

費用の相場は、1,500文字程度までのブログ記事の場合1本2万円から4万円前後電話取材などをともなうインタビュー記事やコラムの執筆の場合、1本5万円から8万円前後です。

記事制作は外部に委託されることも多く、著名なライターを起用すれば単価は上がるでしょう。

見落としがちな費用にも注意

上記のほか、依頼内容によっては以下の費用がかかるので注意しましょう。

webサイトの構築費

コンテンツマーケティングを始めるにあたってゼロからwebサイト(オウンドメディアなど)を立ち上げる場合は構築費用が必要となります。費用の相場はWordPressなどを用いたオウンドメディアで平均40万円から80万円前後です。

SNSの運用代行料

webサイトの構築・運営に加えて、SNSの投稿やアカウント管理まで委託する場合も追加費用が発生します。金額は投稿の頻度・内容によって変わってきますが、おおむね月額5万円から20万円前後です。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • 初期費用の相場は10万円から30万円前後
  • 月額料金の相場は月額平均15万円から30万円前後
  • 単発の記事制作費用は1本あたり2万円から8万円前後
  • その他、webサイトの構築費、SNSの運用代行料がかかることも

2.ケース別に見るコンテンツマーケティングの費用の相場

ケース 相場
既存メディア/月4本から6本程度の記事配信を依頼 月額10万円から15万円
新規メディア/立ち上げと運営を
トータルに依頼
構築費用:60万円前後
運営費用:月額30万円から50万円

続いてはより具体的に、ケース別の費用を見ていきましょう。

既存のwebメディアで月4本から6本程度の記事制作を依頼する場合

既存のwebメディアで記事の制作のみ依頼する場合は、構築費用がかからないためトータルコストも抑えられます。

仮に、1,500文字~2,000文字前後の記事の制作を月4本から6本程度依頼すると、費用の相場は月額10万円から15万円前後が相場でしょう(初月のみ別途初期費用)。

しかしこの価格帯だと、記事の企画や校正・編集、配信といった業務はクライアント側での対応になることが多くなります。トラブルを避けるためにも、お互いの対応範囲はきっちり詰めておくべきです。

新規メディアの立ち上げと運営をトータルに依頼する場合

一方、ゼロからメディアを立ち上げ、全体の戦略立案や記事の配信、アクセス解析、改善施策までトータルに委託すると、費用の相場はメディア構築費用が平均60万円前後、運営費用が毎月30万円から50万円前後

初期費用もランニングコストもかさむため、コンテンツマーケティングに取り組む目的をきちんと整理し、委託先についても慎重に検討することが大切です。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • 既存メディアで月4本から6本の記事制作を依頼する場合、
    費用は月額10万円から15万円前後
  • メディア構築と運営を委託する場合、構築費が60万円前後、
    運営費が月30万円から50万円前後

3.なぜ価格が違う?価格差の出る理由

コンテンツマーケティングの費用の違いは主に対策内容の違いです。ここまで見てきた通り、記事の制作に加えて、配信業務やアクセス解析、コンサルティングまで依頼すると支払額は高くなります。

コンテンツマーケティングに対する考え方や料金体系も請け負う会社によってさまざまなので、発注の際は複数社から見積もりを取り、内容を見比べながら検討するべきです。

もちろん費用が安く収まるに越したことはありませんが、上記の相場を大幅に下回る料金で請け負う会社の場合、効果測定などを任せられないこともあるので注意した方がいいでしょう。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • コンテンツマーケティングの費用の違いは対策内容の違い
  • 発注の際は複数の会社から見積もりをとり、内容を見比べたうえで
    依頼先を決めること
  • 極端に料金が安い場合、依頼者側の負担が増すこともあるので注意

4.実際にコンテンツマーケティングの料金を調べてみた

この記事を制作する際にチェックしたwebマーケティング会社の料金を、いくつかご紹介します。

株式会社A
費目 料金
メディア構築費用 60万円から
メディア設計・企画費用 25万円から
コラム制作・運用費用 月額50万円から(※月20本制作)
株式会社B
費目 料金
初期費用 15万円から
月額料金 月額16万円から ※いずれも既存メディアの場合

5.コンテンツマーケティングで失敗しないためには

最後はコンテンツマーケティングに取り組むうえで注意したいポイントをご紹介します。

目的を明確に定める

何より大切なのは、検索上位獲得の先にある目的を見定めること。

Googleの検索上位に表示されただけでは、コンテンツマーケティングの費用は回収できません。記事を読んだユーザーに具体的にどうしてほしいのか、目指すべきは会社の認知度拡大なのか売上なのか、最終的なゴールを明確にするのが第一です

どんな目的を定めるかによって記事のテーマはもちろん、メディア全体のデザインや構成も変わってくるでしょう。

目的にマッチする依頼先を選ぶ

目的が定まったら、次はいよいよ依頼先選び。

たとえば売上を伸ばしたい場合には、ECサイトの運用支援実績がある会社、企業のイメージ改善が目的ならデザイン力に長けた会社などが有力候補になるはずです。コンテンツマーケティングを請け負う会社には過去のweb制作実績を公開しているところも多いので、それらも参考にしつつ目的にマッチする依頼先を選びましょう

成果を急ぎ過ぎない

自社メディアを検索上位に定着させるためには、数・質ともに相応のコンテンツが不可欠です。

また、検索順位は競合の状況やGoogleのアルゴリズム変更(検索順位を決める仕組みのアップデート)の影響も受け、キーワードや業種によっては成果が見えるまで3ヵ月以上要することも珍しくありません。

コンテンツマーケティングにおいては、運用の初期段階でわかった課題がのちのち改善のヒントになることも。短期間で検索順位が上がらないからといって、契約を打ち切らない方がいいでしょう。

6.コンテンツマーケティングでお困りならアイミツへ

今回はコンテンツマーケティングにかかる費用について解説しました。

メディアをゼロから立ち上げるとなると費用が予想以上にかかるため、失敗しないためにも発注先選びは慎重に行いましょう。

もしも発注先にお悩みなら、ぜひアイミツのコンシェルジュにご相談くださいあなたの要望をヒアリングした上で、おすすめのwebマーケティング会社をご提案し、一括で見積もりを取得いたします。

SEO対策会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

アイミツに貴社を掲載しませんか
SEO対策会社が
最短翌日までにそろう