あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

イベント企画・制作の費用と料金相場

大手イベント企画・制作会社から小規模の格安イベント企画・制作会社まで”一括見積もり”

安くて実力のある

イベント企画・制作会社が見つかる!

1. 価格帯の分布

アイミツでは毎月3,000枚以上の見積書の確認・分析を行っております。毎月集まる見積書を参考にイベント企画・運営の料金相場を算出しております。

イベントの種類と一般的な費用

  • 講演会・セミナー
    講演会・セミナー

    40万~120万円

  • 展示会のブース出展
    展示会の
    ブース出展

    80万~150万円

  • 企業の周年イベント・パーティ
    企業の周年
    イベント・パーティ

    150万~250万円

  • 物産展
    物産展

    200万~300万円

  • 商品やサービスのPRイベント
    商品やサービスの
    PRイベント

    200万~500万円

2. 実際の発注と見積書

アイミツが収集している“実際に行われている”発注の相談と、その見積書を開示しております。アイミツではコンシェルジュが発注の相談に対してアドバイスを行い、適正な見積もりの取得、失敗しない発注を実現しています。

無料

実際の費用はいくら?

イベント企画・制作の料金を一括見積もりで調べる

平均相場

  • 講演会・セミナー
    80万円
  • 展示会のブース出展
    120万円
  • 企業の周年イベント・パーティー
    200万円
  • 物産展
    250万円
  • 商品やサービスのPR
    350万円

3. アイミツのコンシェルジュが教える費用の仕組み

人イメージ

「アイミツ」コンシェルジュは、見積もりを毎月3,000枚以上取り寄せている実績を持つ、一括見積もり・相見積もりのプロフェッショナルです。
イベント企画・制作の会社・業者をお探しの担当者さまは、ぜひともこの機会に「アイミツ」コンシェルジュまでお気軽にお問い合わせください。

企業の周年記念パーティーやセミナー、キックオフミーティングといったイベントは、ノウハウさえ持っていれば自社のスタッフだけで準備・運営することも不可能ではありません。

ただ、会場の予約から印刷物の手配、当日の案内・誘導まで業務は多岐にわたり、忙しさのあまり本来の仕事がおろそかになってしまうケースも少なくないようです。

さらに新商品やサービスのPRイベントになると、多くの場合、会場で流す映像やプロモーション用のwebサイトを作る必要があり、企画や進捗管理を含め、すべて自社スタッフだけで取り仕切るのは非常に難しくなります。

そこで頼りになるのがプロのイベント会社。
イベントの企画・制作・運営を外注したい方に向けて、一般的な料金とその内訳、発注する際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

イベント企画・制作・運営代行費用の算出方法

小規模なビジネスセミナーから数千人の来場者を集める新商品の展示会まで、イベントの種類や規模はさまざまですが、いずれの場合も欠かせないのは「場所」「人」「モノ」の3つ。

具体的には、イベント会場となるセミナールームや展示場、企画・制作進行管理から当日の運営までを担当するスタッフ、パンフレットなどの配布物や当日使う設備・機材(プロジェクターなど)です。

これらにかかる「会場費」「人件費」「企画・コーディネート費」「制作費」「機材費」がイベントの企画や運営を外注する場合の費用になります。

主な費用項目と相場

■主な項目と一般的な費用 ※参加者100名規模のセミナーの場合
項目 一般的な価格帯 備考
会場費 15万円~30万円 収容人数や付帯設備によって
料金が変動
人件費 15万円~25万円 イベントの規模によって
料金が変動
企画・
コーディネート費
5万円~15万円
制作費 20万円~35万円 イベントの規模によって
料金が変動
機材費 5万円~10万円

【会場費】

セミナールームやレンタルスペース、展示場などの利用料金です。

立地条件や収容人数、設備(舞台、プロジェクター、音響装置など)の有無によって金額が変わり、たとえば都内の場合、収容人数100名規模のセミナールームで1日30万円(半日15万円)前後が相場です。
一方で東京ビッグサイトをはじめとする大規模な展示場を貸し切ると、1日あたり100万円を超えることも。

ちなみに会場選びについては、施設のホームページなどを通じて発注者側であらかじめ予約しておくことも、イベント会社にすべて任せることもできます。

一般的な傾向として、毎年定期的に開催する社内イベント(キックオフミーティング、表彰式、納会など)は前者、その都度参加人数が変わる商品のプロモーションキャンペーンやセミナー・勉強会は後者の形をとることが多いようです。

【人件費】

イベントの企画や当日の運営全体を取り仕切るディレクターやチーフディレクターの場合、1日あたり3万円~4万円ほど。
それに対して、来場者の案内・誘導を担当する運営スタッフは1日あたり1万5,000円~2万円が平均的な相場です。

当然、イベントの規模が大きくなるほど必要な人数が増えるため人件費も高くなり、大規模なプロモーションイベントなどでは、これらに加えて舞台装置や映像・音響機材のオペレーションを担当する技術スタッフ(1日あたり2万円~3万円)、MC・司会(1日あたり2万5,000円~4万円)、イベントコンパニオン(1日あたり2万円~3万5,000円)などの人件費が加わります。

【企画・コーディネート費】

イベント全体の企画や台本・進行表の作成、配布物の制作を請け負う印刷会社などとの調整・業務連絡にかかる料金です。
ディレクターを中心に行われる業務ですが、全体のプランニング費用・手数料として当日の人件費とは別に計上されます。
前述の規模のセミナー・講演会の場合、平均的な相場は5万円~15万円ほど。

【制作費】

イベント会場に設置する看板や案内サイン(4万円~6万円)、案内状・返信はがき(12万円~15万円)、イベントで流す映像(5万円~10万円)などの制作・印刷費用です。

イベントの種類や内容次第で省くことができるものもありますが、前述した参加者100名規模のセミナーの場合、案内サインの制作と配布物の印刷、簡易的な映像制作をあわせて、トータル20万円~35万円が相場です。
案内状(DM)については、こちらの記事でもご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

また、展示会へブースを出展する際に必要な企業ロゴ入りのタペストリーやテーブルクロス、スタンドバナーの制作費(10万円~15万円)や、商品・サービスのデモ映像の制作費(5万円~10万円)、ブースの骨組みとなる資材の代金+設営費(40万円~80万円。※大規模なブースの場合)もここに含まれます。

さらに、商品のプロモーションイベントなどでwebサイトやソーシャルメディアを使った告知・参加者募集を行う場合は、その分の制作費(40万円~100万円)がかかります。

【機材費】

スライド資料を表示するプロジェクター、ステージの照明・音響装置、スタッフ間の業務連絡に使うトラシーバーなどの費用です。
セミナーの場合、平均すると5万円~10万円。
会場にあらかじめ用意されている設備も多く、それらを利用すればコストを抑えることもできます。

見落としがちな費用にも注意

新商品のプロモーションイベントで複数の地方都市を回る場合などは、イベント会社のスタッフの移動・滞在にともなう出張料金(多くの場合は交通費と宿泊費の実費)がかかるので、あらかじめ念頭に置いておきましょう。

また、看板や案内ボードを立てかけるイーゼル(画架)や、会場の導線を確保するために使うロープのレンタル費用が発生することも。

ただ、あるイベント会社の方にお話を伺ったところ、こうした備品は会場側から無料で借りられることも多く、たとえ費用がかかったとしても全体に占める割合は小さいとのこと。
実際の見積書を見ても、細かい備品のレンタル料は計上されていないか、もしくは見積もり額の数パーセント未満に過ぎません。

基本的には上記5つの費用+出張料金の実費という認識を持っていれば、想定外の料金が請求されるというケースはほとんどないようです。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • イベント費用の内訳は「会場費」「人件費」「企画・コーディネート費」
    「制作費」「機材費」の5つ
  • 会場費は立地条件や収容人数によって変動
    都内のセミナールームの場合、1日30万円ほど
  • 全体を取り仕切るディレクターの人件費は3万円~4万円
    運営スタッフは1.5万円~2万円前後
  • 制作費の相場は20万円~35万円前後
    webサイトなどを制作する場合は相応の追加料金が発生
  • 出張をともなう場合、交通費と宿泊費の実費がかかる

4. 種類別の費用相場

■イベントの種類と一般的な費用
種類 価格帯 平均的な料金(相場)
講演会・セミナー 40万円~120万円 80万円
展示会のブース出展 80万円~150万円 120万円
企業の周年イベント、パーティー 150万円~250万円 200万円
物産展 200万円~300万円 250万円
商品やサービスのPRイベント 200万円~500万円 350万円

次にイベントの種類別の相場についてご紹介します。

【講演会・セミナー】

セミナールームやイベントスペース、公共施設の多目的室などを借りて行うのが一般的。
法人向け・個人向け問わず非常に多くのニーズがあり、依頼される案件の半数以上が講演会やセミナーというイベント会社も多いようです。

参加者100名程度の規模で、平均的な相場は80万円前後。

過去に同じ内容のセミナー・講演会を開催していてパンフレットなどの配布物が残っている場合は、それらを活用して制作費を抑えることも可能です。
また、自社ホームページでの告知などを除いて、本格的なwebサイトやSNSページの制作が必要になるケースはほとんどありません。

【展示会のブース出展】

できるだけ費用を抑えて自社の新商品やサービスをアピールしたい場合に有効な方法の一つ。

平均的な相場は120万円前後。

人件費や企画費の内訳はセミナー・講演会とそれほど変わりませんが、2日間~3日間にわたって出展することが多く、ブースの規模によっては資材費・設営費が加わるので、その分トータルの費用は高くなります。

出展料(展示会の主催者に支払うブース料金)については、小規模なイベントで1コマ(一般的に3m×3mのスペース)あたり1日10万円前後、数万人の来場者を集める大規模な展示会で1日30万円前後に設定されていることが多いようです。

【企業の周年イベント、パーティー】

ホテルの宴会場やイベントスペースを貸し切って開催することが多く、参加者200名~300名の規模で200万円前後が相場です。

内訳として、人件費・企画費のほか、会場費(搬入・撤収含めた3時間の利用で25万円~40万円)、ケータリングなどの飲食費(5,000円~8,000円×参加人数)、ステージの装飾費(10万円~15万円)、オープニングムービーの制作費(20万円~30万円)などが含まれます。

都内のシティホテルなどでは飲食代込みの廉価な利用プランを用意しているところもあるので、予算を抑えたい場合は、そうしたプランの利用を含めてイベント会社に相談してみるのもいいかもしれません。

【物産展】

イベントスペースや空きのある貸し店舗を使い、イベント会社が企画や会場の装飾、当日の運営を請け負います。
都内・3日~4日の開催で250万円前後が一般的な相場。
商品の仕入れ・手配までイベント会社側で代行することが多く、販売する品数によって費用が大きく変わってきます。

【商品やサービスのPRイベント】

イベントスペースのほか、大規模な展示場やスポーツ施設を借りて行うことが多く、キャンペーン期間中に複数の地方都市を回ることも。

平均的な相場は350万円前後。

企画・コーディネート費は他のイベントとそれほど大きく変わりませんが、スタッフに加えてイベントコンパニオンの人件費(1日あたり2万円~3万5,000円)やロゴを入れた衣装制作費(15万円~25万円)がかかるうえ、多くの場合、プロモーション用のwebサイトやSNSアカウントの制作・運用(40万円~100万円)を伴います。
加えて現場スタッフの数も増えるため、人件費の割合も高くなります。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • 講演会やセミナーの相場は80万円前後
    手持ちの配布物などを利用すれば制作費を抑えられる
  • 展示会のブース出展の相場は120万円前後
    2~3日間にわたって出展するのが一般的
  • 周年イベントやパーティーの相場は200万円前後
    会場によっては飲食代込みの廉価なプランも
  • 物産展の相場は250万円前後
    販売する品数によって料金が大きく変わる
  • PRイベントの相場は350万円前後
    地方での開催やweb制作を伴うケースが多く、費用は高くなる

5. なぜ価格が違う?価格差の出る理由

イベント会社の一般的な費用はここまでご紹介した通りですが、有名な演出家が在籍しているイベント会社や、プロジェクションマッピング(建築物の外壁や空間上に映像を投影させるイベントの表現手法)を得意とする会社は、料金がやや高くなる傾向があるようです。

一方、派遣スタッフが中心で、イベント当日の案内・誘導のみを請け負う会社や、事務局運営(問い合わせ対応、案内状の送付など)に特化した会社の料金は総じて低め。
イベント企画や運営にある程度ノウハウがあり、予算が限られる場合はそうした会社を中心に検討するのもいいかもしれません。

たとえば、「株式会社イベント・レンジャーズ」(東京都港区)の場合、月額制の廉価プランを用意。
イベントに対するメールでの問い合わせ対応を月額9万8,000円で代行しています。

できるだけ費用を抑えたい場合は…

ビジネスセミナーや講演会の場合、全体に占める会場費の割合が大きくなります。
できるだけ費用を抑えたいのなら、自治体が運営するイベントスペースや、市民ホールなどの多目的室を利用しましょう。

たとえば、都内のセミナールームの料金が総じて1日あたり30万円前後であるのに対して、こうした施設は1日4万円程度でレンタル可能。
立地条件や設備の点で見劣りする部分はあるものの、少人数での開催なら十分カバーできるのではないでしょうか。

公共施設でのイベント開催にノウハウを持っている会社もあるので、ホームページの情報を参考に会場選びの段階から相談してみるのも一つです。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • 有名な演出家がいる会社やプロジェクションマッピングを得意とする会社は
    料金が高くなる傾向あり
  • 派遣スタッフがメインで、当日の運営のみを請け負う会社は料金が安い
  • 自社にある程度ノウハウがある場合、
    事務局代行サービスを利用するのもおすすめ
  • 費用を抑えたい場合、
    自治体が運営するイベントスペースや多目的室を利用するのが効果的

6. 実際にイベント企画・運営代行の料金表を調べてみた

ご参考までに2つのイベント会社の料金表(事例)をご紹介します。

有限会社エー企画(神奈川県川崎市)の料金表(事例)

セミナー・講演 概算見積例
出典有限会社エー企画

セミナー・講演 セミナー100人規模の場合の概算見積例 103万円

セレモニー・パーティ 概算見積例
出典有限会社エー企画

セレモニー・パーティ パーティ200人規模の場合の概算見積例 235万円

スポーツイベント 概算見積例
出典有限会社エー企画

スポーツイベント 運動会300人規模の場合の概算見積例 204万円

フェスティバル・祭り 概算見積例
出典有限会社エー企画

フェスティバル・祭り 納涼祭300人規模の場合の概算見積例 178万円

株式会社サンケイ会館(東京都千代田区)の料金表(事例)

研修・セミナー運営 用途別見積例
出典株式会社サンケイ会館

研修・セミナー運営 参加者20名の場合の見積例 61,600円

企業周年イベント運営 用途別見積例
出典株式会社サンケイ会館

企業周年イベント運営 参加者200名の場合の見積例 1,656,600円

7. 失敗しないイベント会社 選びのためには…

まず、何より大切なのはコミュニケーション面。

イベント会社とは当日まで何度も打ち合わせ(制作物の進捗状況や、参加申し込み状況の共有など)を重ねることになるので、顔をあわせてみてストレスを感じることなくやりとりできる会社や、イベント開催の背景までじっくり話を聞いてくれる会社を選びましょう。

そういった点で、ヒアリングにあまり時間をかけず、たくさんのオプションを提案してくる会社は注意した方がいいかもしれません。
過度な会場装飾によってイベント当日の誘導・案内に悪影響が出たり、座席数(イベントの種類によっては=売り上げ)が減ってしまったりするケースもあるようです。

加えてイベント会社の得意分野を見極めるのも大切なポイント。
セミナー運営に強い会社、パーティーや周年イベントにノウハウを持つ会社などさまざまなので、ホームページに掲載されている実績を参考にしながら依頼先を絞り込んでいきましょう。

今回ご紹介した内容をぜひみなさんの業者選びに役立ててみてください。

利用料0円

簡単!3ステップ

優良会社の”価格”も比べられる!

  1. step1

    コンシェルジュに
    無料相談

  2. step2

    あなたにピッタリの
    会社を提案

  3. step3

    手間なく見積りが
    集まります