あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

SEO対策には効果があるのか?実践する上での所要時間やリスクまで詳しく解説|おすすめの業者も併せて紹介!

SEOと書かれた木のブロック

更新日:2019年07月02日 | 公開日:2019年07月02日

webサイト運営をしている方にとって、自分のサイトが検索結果の何位にいるかは興味のあるところではないでしょうか?

webサイトへの流入は様々な経路がありますが、多くの人は検索行動によって訪問するので、出来るだけ多くの人にサイトを見てもらいたい!と思ったら、検索順位を1つでも上げることが必要です。

今回お伝えする「SEO対策」は、検索順位を上げるための施策であり、成功すればwebサイトをより多く露出することができます。多くの人にサイトを見てもらえば、それだけCV(コンバージョン/成果)に結びつく可能性が高くなるので、自社の利益を上げることも夢ではありません。

このように、SEO対策はwebマーケティングを行う上では欠かせない要素ですが、本当に効果があるのかどうか分からない、結果が出る方法が分からない。と悩んでいる方も多いと思います。

そこで、今回はSEO対策の効果について詳しく解説することはもちろん、効果が出るまでの時間やリスクについても併せて紹介します。

1.SEO(Search Engine Optimization)とは

SEO対策とは、Search Engine Optimization(検索エンジンの最適化)の頭文字の略語です。

具体的には自社のウェブサイトを上位表示させるために行う対策のことで、次のような対策内容があります。

SEO対策の施策内容
  • ユーザーに有益な情報・コンテンツを提供する
  • 訪問者が利用しやすいページ設計にする
  • 優良な被リンクを集める

SEO対策でやるべきことは日々変わっており、ひと昔前に通用していたことが今では通じないこともあります。検索エンジンのアップデートやアルゴリズム変更後は順位が大きく変動することもあり、ただ同じ施策を繰り返していても、成果が出ない場合もあるでしょう。

また、キーワードによっては難易度が高く、十分なSEO対策をしても上位表示できないこともあります。しかし、SEO対策自体は現在も有効とされており、上位表示のためのあらゆる工夫はした方が良いでしょう。

1-1.SEOの仕組み

自社サイトを検索エンジンで上位表示させるには、SEOの仕組みを理解する必要があります。

現在、さまざまな検索エンジンがありますが「Google」と「Yahoo」で全体の9割シェアを占めています。ただしYahooはGoogleの検索エンジンを使っているので、SEOの仕組み=Google検索エンジンの最適化の仕組みと理解するのが正解です。

ここでは、Google検索エンジンの最適化の仕組みを詳しくお伝えします。

クローラーによる情報収集

webサイトは制作してすぐに検索エンジンに反映される訳ではありません。コンテンツがアップロードされたのちに、Googleのクローラーが情報収集を行い、検索エンジンにインデックスさせます。

Googleのアルゴリズムは200以上の要素があると言われており、コンテンツから収集した様々な情報を基に検索順位を決定します。

上位表示させるには?

Googleの検索順位はさまざまな要素によって決定され、アルゴリズムも日々アップデートされるので、SEO対策をするにしても「○○をすれば絶対に順位が上がる!」と言い切れるものはなく、推測の域をでない面があることは事実です。

しかし、Googleは公式見解で「ユーザーに役立つ良質なコンテンツ」は高く評価すると述べており、ユーザーの問題解決に役立つコンテンツを提供することが上位表示への近道です。

また、良質な外部リンクを受けているサイトも高い評価を受けます。最近は外部リンクの重要性が下がっているとも言われていますが、それでも信頼性の高いサイトやキーワードに関連するサイトからのリンクは依然重要とされています。

1-2.具体的なSEO対策

Googleは「ユーザーにとって価値あるコンテンツ」を検索上位にすべく、日々アルゴリズムをアップデートしていますが、SEO対策をするとしたら具体的に何をすべきなのでしょうか?

Googleの検索順位はさまざまな要素で決められますが、具体的には次の4つの施策に取り組むべきとされています。

キーワード選定

キーワード選定はSEO対策の要とも言える作業です。Googleキーワードプランナーなどのツールを使い狙ったキーワードの競合の強さ、検索回数、ターゲットニーズなどを慎重に見極めます。

コンテンツ改善

コンテンツは一度作ったら終わりではなく、随時見直すことが必要です。ユーザー満足度が高く、専門性、独自性、網羅性の高い記事はGoogleからも高く評価されます。また継続的にアップデートされるサイトも高評価となるので、常に内容をブラッシュアップすることも重要なSEO対策です。

タイトル/ディスクリプションの変更

SEO対策をする上ではタイトル/ディスクリプション(検索結果に反映されるページ内容を簡単に説明したもの)の変更も視野に入れます。タイトルもディスクリプションも検索結果に反映され、その内容如何でクリック率が変わるため相当の工夫が求められます。

内部リンク&外部リンク対策

SEO対策では内部リンクと外部リンク対策も不可欠です。Googleも被リンク(外部リンク)はSEOの重要な要素としており、良質な被リンクを多く獲得しているとそれだけサイトの評価も高くなります。また、内部ページ同士を適切にリンクするとGoogleのクローラーが巡回しやすくなり、インデックスを早めるのでそれだけ上位表示しやすくなります。

2.SEO対策で期待できること

SEO対策を実施しても、必ず上位表示できるという保証はありませんが、検索上位のページほど適切なSEO対策を施しています。

SEO対策は様々な要素があり、その1つ1つをクリアしていく必要があります。費用こそかかりませんが、それなりに時間と労力がかかります。それゆえ、SEO対策をして自社のwebページを上位表示させたら、どんなメリットがあるのか?という点は気になるところです。

具体的にSEO対策をすると、次の3つのことが期待されます。

SEO対策で期待できること
  • 自然流入が増える
  • 上位表示による信用性の向上
  • 高い費用対効果が得られる

それぞれ詳しく説明します。

2-1.自然流入が増える

SEO対により上位表示ができれば、webサイトへの自然流入が増加します。

webサイトは上位にランクインするほどクリック率が高まり、それだけ多くの人の流入が期待できます。実際に次のGoogle検索順位クリック率(2017年)を見れば一目瞭然です。

Google検索順位クリック率(2017年のデータ)
  • 1位 :21.12%
  • 2位 :10.65%
  • 3位 : 7.57%
  • 4位 : 4.66%
  • 5位 : 3.42%

このデータを見る限り、1位になれば検索者のおよそ5人に1人の割合でクリックしてもらえますが、5位になると検索者100人中およそ3人しかクリックしてもらえません。

検索1ページ目にランクインしても、下位の場合はほとんど流入が見込めないので、自然流入を増やすには1ページ目の上位表示が絶対条件であり、SEO対策をすることで、その可能性を高めることができます。

流入数が増えれば確実にCVに繋がるとは言い切れませんが、人の目に触れなければCVに至る機会がなくなるので、やはりwebマーケティングで利益拡大を狙う場合はSEO対策が必要です。

2-2.上位表示による信用性の向上

SEO対策の結果、webサイトが上位表示できれば信用を得られます。

自分が何か検索をしたときに、最初にどこをクリックするか?と聞かれたら「検索1位のページ」と答える人は多いと思います。それは先ほど示した検索順位別クリック率でも証明されています。実際に検索1位のページは情報の質、量ともに秀逸なものが多く、Googleの検索エンジンもユーザーニーズの高いページを上位表示するようになっています。

数年前に比べてもその精度は格段に上がっており、単に上位だからクリックされているのではなく、ユーザーが満足できるページが検索上位になった結果、上位のクリック率が高くなっていると言えます。上位表示されている=Googleからのお墨付きを得ているサイトであり、それだけ多くの人から信用を得られると言えるでしょう。

ちなみに、検索の一番上にあるリスティング広告は意外とクリック率が低く、多くの人は広告でないオーガニック検索(自然検索)の方を先にクリックします。人は無意識のうちに広告を避ける傾向があるので、単に一番上に表示されることが重要なのではなく、SEO対策でオーガニック検索の1位をとることが重要です。

2-3.高い費用対効果が得られる

SEO対策の結果、上位表示に成功すれば高い費用対効果を見込めます。SEO対策は手間暇かかりますが無料でできるので、お金をかけずにCVを上げるには格好の手段です。

少ない資本で大きな利益を上げたい方にとって、余分な費用がかからないというのは大きなメリットで、SEO対策がもたらすビジネスチャンスは実に魅力的です。

ただし、SEO対策には時間と労力がかかるので、CVが伸びなかった場合は徒労に終わることもあります。その意味では100%の投資対効果を保証できるものではありませんが、上位表示されている多くの際とはSEO対策をしっかりしており、やるとやらないとでは大違い、結果にも大きな差が出ることが多いのでSEO対策の可能性にかける価値は十分あるでしょう。

3.SEO対策を行う際の注意点

SEO対策を実行したら、できるだけ早く結果が出てほしいと思うでしょう。しかし、すぐに結果が出るわけではありません。SEO対策の効果が出るまでには一定の時間を要します。

また、SEO対策をしたら必ず成果があがるのか?と聞かれたら、絶対とは言い切れない部分があります。なぜならSEO対策もその1つ1つを実行すれば、Googleから良い評価を得られるのではないか?という推測に過ぎないからです。また、検索エンジンは進化し続けているので、効果的なSEO対策も時間とともに変化します。以前効果があるとされたSEO対策が今では役立たないということもあります。

よってSEO対策をする際には、SEOの効果が出るまでの時間や、実行におけるリスクについても熟知しておく必要があります。

3-1.所要時間

SEO対策に取り組む際は「いつ効果がでるのか?」というのは一番気になるポイントではないでしょうか。

SEO対策の効果がいつ出るのかは、キーワードや競合によってさまざまです。月間検索数1,000以下のスモールキーワードであれば、SEO対策をすればすぐに上位表示することも可能ですが、月間検索数5万以上のビッグワードでは強力な競合がひしめいているので、上位表示にかなりの時間を要します。

よって、SEO対策の効果が出るまでの時間を一概に述べることはできませんが、おおよその目安として最短で1〜2ヵ月、難易度が高いワードは1年近くかかると考えておきましょう。また、ビッグワードについては競合が強すぎて1年経っても効果が出ないこともあります。その場合はキーワード自体を見直しテールワードで攻める等、次善の策を考えましょう。本来であれば高評価をもらえるはずのコンテンツでも、悪質なリンクがついていたり、重複コンテンツがある場合は評価が低くなるので、SEO対策の阻害要因がないかもこまめにチェックすることをおすすめします。

3-2.リスク

SEO対策を行う場合は、そのリスクについても十分知っておく必要があります。先ほども述べた通り、SEO対策は上位表示させるために行うものですが、実行したからと言って100%効果が期待できるものではありません。

もちろん、やらないよりはやった方が上位表示の可能性は高まりますし、大きな成果を出しているwebサイトは大抵SEO対策をしっかりやっています。また、SEOはやっても効果がないと感じている方の中には、正しい方法でSEO対策をしていないことも多く、誤った方法のままSEO=ムダと結論付けていることもあります。

更に、SEO対策で上位表示を実現できても、そのままCVにつながるかと言えばその限りではありません。検索1位になればコンテンツが多くの人の目に触れますが、最終的に利益につながらなければ意味はありません。しかし人目に触れなければ、そもそもCVを上げることはできないのも事実です。

よって、CVにつなげるには検索上位にするための努力=SEO対策は必須ですが、確実に成果が出るかどうかは未知数というのが正直なところです。SEO対策に取り組む前には、そうした根本的なリスクについてもよく知っておく必要があるでしょう。

4.SEO対策で結果を出すには

SEO対策で上位表示に成功すれば、多くの人にwebサイトを訪問してもらえます。しかし、SEO対策はやみくもに行っても結果はついてきません。十分な結果を出すためには、次の3つの点に気を付ける必要があります。

SEO対策で結果を出すために気をつけるべきこと
  • 十分な事前準備
  • 状況に応じた施策
  • SEO対策会社やツールを利用する

それぞれの内容について詳しく解説していきます。

4-1.十分な事前準備

SEO対策をするときは、十分な事前準備をすることをおすすめします。SEO対策をする上で、何となくで見切り発車をしてしまうと、努力の方向性が見当違いになり十分な成果を出せません。SEO対策は時間も労力もかかるので、事前準備をしっかりして、最短距離で成果を出せる方法を考えるのがベストです。

事前準備でやっておきたいのは、「競合分析」と「ユーザーニーズの把握」です。

webサイトを検索上位にランクインさせるには、競合相手の強さを知ることは不可欠です。勝負したいキーワードがあっても、競合が余りにも強ければSEO対策が徒労に終わる可能性もあるので、競合を調べることでSEO対策の方針を定めることができます。また、あるキーワードで上位表示できても、ユーザーニーズがなければ意味はないので、ニーズの有無についても事前にチェックすべきです。

事前準備はツールを駆使して行いますが、Googleが無料で提供している次の3つのツールはおすすめです。

事前準備で活用すべきツール
  • Google Analytics
  • Google Search Console
  • Google キーワードプランナー

この3つのツールはSEO対策には欠かせないものばかりで、キーワード選定からユーザーニーズまでさまざまな分析が行えます。これからSEO対策をする方はぜひ活用してください。

4-2.状況に応じた施策

SEO対策はワンパターンではなく、状況に応じた施策を行うことも重要です。

まず、分析結果を踏まえて、状況に応じたSEO対策を考えます。競合が強い場合はSEO対策も入念に行う必要があり、タイトルやディスクリプション、コンテンツの内容や量、被リンクも適切なものにしなければなりません。

一口にSEO対策と言ってもやるべきことはたくさんあり、ページ単位で打つべき施策は変わるので、実行段階では臨機応変に対処することが肝心です。また、効果的なSEO対策は時代とともに変わるので、以前通用した方法が今では使えないということも珍しくありません。Googleのアルゴリズムは常に変わり続けているので、最新の情報に接して、時代に即したSEO対策に変えていく柔軟さも必要です。

このように、SEO対策で結果を出すには、ケースバイケースの対応ができるかどうかは重要なポイントで、最適解を導き出すにはある程度の経験も必要です。

4-3.SEO対策会社やツールを利用する

SEO対策は無料で行えますが「これが絶対正解」という方法がないため、トライ&エラーの繰り返しでベストの方法を導き出すことになります。そのため、常に最短距離で成果を出すのは難しく、時に無駄足を踏むこともあるでしょう。

よって、経験や人員が足りない場合は自力で行う余裕がない場合は、もっと分かりやすく成果が出るものにエネルギーを使いたいと考えるのも無理もありません。

しかし、自社サイトを検索上位に表示させることのメリットは無限大で、ビジネスチャンスを広げる絶好のチャンスとなります。SEO対策は絶対ではなくても、やればやっただけの効果があるのもまた事実で、多くの会社が適切なSEO対策で上位表示を実現して利益を上げています。

そこで、SEO対策をしてみたいけど、時間も人手もかけられない。といった方には専門の会社にSEO対策を外注することをおすすめします。現在、SEO対策を専門とした会社は多数あり、契約をすれば効果的なSEO対策を実施してもらうことができます。

5.SEO対策におすすめの会社3選

それではここから、SEO対策の依頼先としておすすめの3社を紹介します。今回紹介するのは次の3社です。

SEO対策のおすすめ会社
  • 株式会社オプト
  • 株式会社アイレップ
  • 株式会社プリンシプル

上記3社は実績が豊富で、SEO対策に初めて取り組む方、コンサルティングを受けたい方には断然おすすめです。いずれもSEOに関するあらゆる疑問にお答えし、実効性のある施策を提言・実行しています。

それぞれの会社の特色について詳しく解説していきます。

5-1.株式会社オプト

オプトは、東京都千代田区に本社を置く会社です。1993年の創業以来、大阪、沖縄、仙台にも拠点を置き、顧客のマーケティングパートナーとなるべく全国展開している企業です。事業内容は、SEO対策、リスティング&ソーシャルメディア広告、サイト内の課題を抽出するサービスなどを展開しています。オプトのSEO対策に関する特色は次の4点です。

・SEOコンサルティングサービス
オプトでは最も効果的なSEO対策について提案をしていきます。内部&外部施策など現状を分析した上で、最適のSEO対策について提言をしています。

・効果的なコンテンツ制作
オプトではSEOに効果的なコンテンツ制作も行っています。コンテンツ内容の充実はGoogleの評価を受ける上で非常に重要で、かつ効果的とされるSEO対策を施すことが大前提となります。SEOを熟知しているからこその高品質かつユーザー満足度の高いコンテンツを提供しています。また、ユーザーアンケート、インフォグラフィック作成なども請け負っています。

・RPO(Recover Penalty Optimization)
Googleからペナルティを受けた企業があれば、改善のための提言を行い、速やかな復帰のサポートを行います。

・様々な角度からのレポーティング
SEO対策には分析が欠かせません。自然検索流入数、コンテンツ、ユーザー導線について詳しくチェックを行い、様々な角度からレポートを行い、上位表示のための改善をしていきます。

5-2.株式会社アイレップ

アイレップは、東京都渋谷区に本社を置くSEO対策会社です。名古屋、大阪、福岡、高知、新潟といった東京以外にも拠点を置き、SEO対策を始めデジタルマーケティングをワンストップで提供しています。アイレップのSEO対策の特徴は次の4点です。

・コンサルティング型SEO
アイレップではコンサルティング型のSEOを実施。独自の人材開発メソッドにより、デジタルマーケティングのあらゆる分野におけるスペシャリスト集団による分析&提言は最適解のSEO対策を実現します。単にアルゴリズムの分析にとどまらず、ユーザーニーズとマーケティング戦略を含んだ包括的な提言は好評で、多くの顧客の支持を獲得しています。

・ユーザー意図を把握する「インテント・マネジメント」
近年の検索エンジンはユーザーのインテント(意図や目的)パターンを把握しており、その反映ができているサイトほど上位表示されやすくなっています。そうした傾向を踏まえ、インテント・マネジメントをSEO対策の重要な柱の1つとして位置付けています。

・豊富な実績
月間100社以上のコンサルティングを行っており、これまでの実績は申し分ありません。豊富なサポート実績の中で培われた経験値により、成功率が高く実効性あるSEO対策を実現します。

・SEM総合研究所との協業
SEOの第一人者・渡辺隆広氏が率いるSEM総合研究所との協業を行っており、技術力の高さは国内随一、10年以上にわたるパートナーシップの成果を活かして最先端のSEO対策を実施しています。

5-3.株式会社プリンシプル

プリンシプルは、東京都千代田区に本社を置く会社です。SEOを始めとしたデジタルマーケティング戦略に関連する事業を展開しており、北米、アジアを中心として世界進出も支援。これまで住友不動産、アディダス、SBIホールディングス、旭硝子など200社以上の企業をサポートしています。プリンシプルのSEO対策の特徴は次の3点です。

・「テクニカルSEO」を重視
タイトル、コンテンツ、キーワード出現率といった一般的なSEO対策に加え、Googleの評価が高くなるよう、アルゴリズムの先を見据えたハイレベルのSEOを実施します。

・「押し付けではない最適なSEO」を実現
SEOの最適解は必ずしも現行のサイト構造と合致しないこともあります。押し付けでない、現行のサイト構造を活かしつつベストと思われるSEO対策を行っています。

・ROI重視のサービス提供
SEOを行うには費用と時間がかかりますが、それでも改修の価値があれば行う必要があり、費用対効果が見込めない場合は見直しをすることも必要です。SEOの前に検索ニーズのポテンシャルを見極め、サイト改修をするだけの価値があるのかどうかも診断します。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。SEO対策の効果についての解説は以上となります。

SEO対策は、正しい方法で実践をすれば少なからず効果はありますが、成果が上がるまでに時間がかかり、それなりの負担もあることがお分かり頂けたと思います。また、実行すれば必ず効果が上がるといった確たる保証もありません。そのため、SEO対策の優先度がどの程度なのか、他にやるべきことはないのか、自社の状況を冷静に見極めた上で取り組む必要があります。

SEO対策には興味があるけれど、ノウハウがない、人手が足りないという理由で実践できていない場合は、自社で一から手がけるよりもSEO対策会社を利用する方が得策かもしれません。今回紹介した3社はいずれもユーザーから高い評価を得ており実績も十分ですので、SEO対策を外注する際はぜひ参考にして下さい。

“SEO対策”のことなら
コンシェルジュに無料で相談!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono