無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

ノベルティ制作会社の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2021年12月15日

ノベルティグッズ製作を外注するときの成功のコツ・失敗例【2022最新版】

ノベルティグッズは企業PR、キャンペーン、顧客獲得などさまざまな目的で活用できる半面、失敗してしまうリスクがあるのも事実です。そこで今回は、ノベルティグッズの製作を外注するときの成功のコツを知る上で役立つ情報をまとめました。具体的な失敗例を交えながら、成功につながるポイント、目的別に注意すべきポイント、外注先の選び方、ノベルティグッズ製作の相場・費用などを徹底解説します。

ノベルティグッズ製作依頼を成功させるには

ノベルティグッズ製作の依頼を成功させる上で特に気を付けたい2つのポイントをご紹介します。

依頼前の準備も大切

ノベルティグッズの製作を外注すると決めている場合、外注先選びに意識が向きがちですが、外注先を選ぶ前の準備段階も非常に重要です。
なぜならノベルティグッズ製作会社は、アイテムの提案やデザイン、製作などは担当してくれるものの、その前提となる「製作の目的」「ターゲットの絞り込み」などは自社で決める必要があるからです。

・ノベルティグッズを用いてどんな成果を得たいか(ブランディングや販売促進など)
・適切なターゲットはどの層か(年齢、性別、趣味嗜好など)


こうした部分を依頼前に固めておくことで、コンセプトにあったノベルティグッズ製作を進めやすくなります。また、ノベルティグッズは基本的に無料で配布するケースが多いため、効果から逆算した予算についても依頼前にある程度固めておくことをおすすめします。

外注先は複数社を比較する

ノベルティグッズは、アイテムや依頼の仕方によって価格が異なるだけでなく、製作会社それぞれで納期・対応可能なアイテムの種類、提供サービスの内容、実績などは千差万別です。
そのため、上記で挙げた違いを踏まえて自社と相性の良いノベルティグッズ製作会社を見つけ出すには、複数の会社を比較しながら「価格と提供サービスの適正なバランス」「製作会社の得意分野・強みの違い」などを把握する必要があります。
比較する際には、価格だけで比較するのではなく、全体的なバランスを踏まえてもっとも自社のニーズとマッチした会社を選ぶよう心がけましょう。

目的別に注意すべきポイントを紹介

ノベルティグッズはアイテムやサイズ、デザインなど、自由度が高く幅広いため、企業のさまざまな狙いや目的に活用可能です。
そこでここからは、ノベルティグッズ製作の目的別に押さえておきたいポイントを順にご紹介します。

ブランディング目的で依頼する際のポイント

ブランディングとは、ブランドを形作るための活動・マーケティングを意味する言葉ですが、「自社製品やサービスを他社と差別化し、違いを認識してもらう」のが主な定義です。
そのため、ブランディング目的でノベルティグッズを製作する際は、自社のブランドイメージをいかに的確かつ効果的に伝えられるかが重要なカギを握ります。自社の特徴や強みを知る必要があるのはもちろん、ノベルティグッズとして配布する以上は「受け取った人の印象」にも注意を払うことが大切です。「実用性がある」「インパクトが強い」など、とにかく好意的な印象をもたらすことを前提に企画を練りましょう。

新規顧客獲得目的で依頼する際のポイント

新規顧客獲得に効果的なのは、自社サービスや商品の特徴をイラストやテキストをうまく組み合わせた「広告面の多い媒体」です。しかしながらコンパクトなものも多いノベルティグッズに多くの情報を詰め込むのは難しいケースも多々あるでしょう。
そこで効果的なのが、QRコードや検索キーワードを掲載することで、ノベルティグッズ経由でWebサイトに誘導する方法です。この方法なら、ノベルティグッズ自体にはそれほど多くの情報量を詰め込む必要がないだけでなく、Webの特性を活かした正確な効果測定が可能なため、効果的な販促活動を実現できます。

企業に配布する目的で依頼する際のポイント

BtoBの分野において、名刺や資料だけで強い関心を引くのに限界を感じることもあるでしょうが、ノベルティグッズは強力な営業ツールとしても活用できます。新規顧客に対してノベルティグッズを配布すれば競合他社との差別化が図れますし、定期的に取引先に配布すれば顧客満足度向上にも貢献してくれるでしょう。
ただし、企業に配布するノベルティグッズは「世代・性別を問わないデザイン」「業務で使える実用性」「会社においても違和感のないアイテム」など、ビジネスシーンを踏まえたポイントを押さえることが大切です。

低予算で依頼する際のポイント

ノベルティグッズは無料で配布するのが一般的であるため、製作しても直接売り上げにつながるようなメリットはありません。したがって、できるだけ少ない予算でノベルティグッズを製作したいと考える方も多いでしょう。
ただし、予算を抑えたい場合でも「とにかく安ければ良い」とは考えず、予算を抑えて最大限の効果を狙うことが重要です。低予算の場合、凝ったデザインや単価が高いアイテムは難しいですが、実用性を追求することは可能。名入れのみのシンプルなものでも、タオルやボールペンなどは低価格でありながら実用性に優れているため、費用対効果を高めやすいでしょう。

特定期間の配布を前提に依頼する際のポイント

ノベルティグッズは、店舗の新規オープンや新商品発表、期間限定キャンペーンの告知など、特定期間の配布を前提として製作することも多いアイテムです。こうした配布時期が限られたノベルティグッズを製作する場合は季節や時期を考慮するのが重要なポイント。例えば夏に配布するノベルティグッズにカイロを選んでしまうと、受け取り手の印象は当然良いはずもありません。
逆に言うと、配布期間が限定されているノベルティグッズは、季節感を出せる、という強みがあるため、うまく取り入れられれば「この会社は気が利いている」と好印象を与えられる可能性も高くなります。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるノベルティグッズ製作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

ノベルティグッズ製作依頼の失敗例

ノベルティグッズ製作依頼で起こった具体的な失敗例を3つご紹介します。どれもありがちなミスから起こる失敗ですから、ノベルティグッズ成功のコツを知るための参考にしてください。

製作目的を明確にしていなかった

企業では、古くからさまざまなノベルティグッズが製作されてきたため「自社でも製作しよう」と考えるのはごくごく自然な発想ですが、効果的にノベルティグッズを運用するにはコンセプトとなる「目的」が明確でなければいけません。
営業ツールに使う目的なら、事務用品などを選ぶのが効果的ですし、消費者に商品をPRしたいのであれば、告知内容を盛り込んだノベルティグッズが効果的です。こうしたコンセプトの軸となるのが「ノベルティグッズを作る目的」であるため、目的の明確化はノベルティグッズ製作における第一ステップだといえるでしょう。目的を明確にしないで製作したノベルティグッズでは、メッセージを伝えられなかったり、日常で利用されず機会を喪失してしまうといったことにも繋がります。

宣伝要素を詰め込み過ぎた

ノベルティグッズは、自社商品やサービスのPRと相性の良いアイテムですから、宣伝要素を盛り込むのは効果的な手法です。ただし、カタログや資料ではなく、あくまで「グッズ」であるため、グッズ本来の利用目的を損なうような手法は好ましくありません。
例えばいかに実用性に優れていようとも、企業名や商品名が目立ちすぎるアイテムは、もらった人にとって逆に使いづらさを生んでしまいます。
このように、「自分がもらった際にどう感じるか」を前提として、グッズ本来の実用性や使いやすさを損なわない配慮も大切にしましょう。

サイズや重さの選定ミス

ノベルティグッズの製作時には、インパクトや置きやすさなどを考えて、大きなサイズ・重いものを選んだほうが好ましいと感じるかもしれません。
ですがノベルティグッズの多くは、街頭やイベント会場などで配布するため、もらった人は持ち帰らなければいけません。当然大きいもの・重いものは持ち運ぶ人にとっての負担になります。良かれと思って大きなサイズ・重いものを選んだのが仇となり、逆にマイナスイメージを与えてしまうリスクがあるでしょう。
また、持ち運びの際だけでなく、オフィスや自宅でも大きなものはスペースを取るため、ものによっては邪魔に感じてしまうこともあります。あくまでノベルティグッズは「おまけ程度」、もらい手にとって負担とならない重さ・サイズであるかを考えてアイテムを選ぶと良いでしょう。

ノベルティグッズ製作を外注する際に気をつけること

前述の失敗例を踏まえて、ノベルティグッズ製作を外注する際に気をつけるべき2つのポイントを解説します。

企画段階からサポートしてもらう

ノベルティグッズ製作では、企画内容に沿って、アイテム選定はもちろん、サイズ、色、数量などを決めるため、企画の良し悪しがノベルティグッズの成功を大きく左右します。したがって、質の高いノベルティグッズを完成させるには良質な企画がベースとなるため、ノベルティグッズ製作のプロである製作会社に企画段階からサポートしてもらうのが安心でしょう。
ノベルティグッズ製作会社は依頼主の目的やニーズを踏まえて、効果的なアイテムやデザインを提案してくれるため、基本的なポイントを外したことで起こる失敗のリスクは大幅に軽減できます。

外注先の実績を参考にする

ノベルティグッズ製作会社の中には、過去のノベルティグッズ製作例だけでなく、ノベルティグッズによる効果・反響まで蓄積しているところもあります。こうした実績からは効果的な活用方法のヒント、業種・目的別のポイントなど、ノベルティグッズ製作に役立つ情報が詰まっているため、自社で製作する際の参考となるでしょう。
また、自社の企画や計画と照らし合わせることで、気付かなかった間違いやより効果的な活用方法も改めて知ることができるでしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるノベルティグッズ製作会社から貴社の要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

ノベルティグッズ製作の外注先の選び方・ポイント

ノベルティグッズ製作における外注先の選び方・ポイントを知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

ノベルティグッズ製作の相場・費用

ノベルティグッズ製作の相場・費用を知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

まとめ

ノベルティグッズは製作前の準備が大切なだけでなく、成功のコツが詰まったノウハウを持つ外注先選びが失敗を避けるための重要なポイントとなります。
とはいえ、特徴・強みの異なるさまざまなノベルティグッズ製作会社から、マッチした会社を見つけるのは大変な作業でしょう。
アイミツでは、お客様の要望やお悩みをお聞きした上で、相性の良さそうな会社をいくつか紹介していますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ノベルティ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!