集客率アップ!ポスティングを始める前に確認すべきメリット・デメリットを徹底比較!

封書

更新日:2017年10月26日 | 公開日:2014年11月12日

効果の高い宣伝手段として有効なポスティング。
実施するためにはどのくらいの費用がかかるかご存じですか?

1人の配布スタッフが1日に配ることができる枚数は2000枚~3000枚と言われています。
そして配布スタッフの一日のお給料は、低めに考えても7000円前後が主流でしょう。
その他に印刷費などもかかりますが、郵送のDMに比べるとかなりの経費削減ですよね。

その他にもポスティングにはやり方によって様々なメリットがあります。
ここで、「よし、使ってみよう」と思った貴方。要注意です!
実はポスティングには危険も潜んでいるのです。
ポスティング集客を始めようか悩んだら、まずはこの記事を読んでみてください。
ポスティングのメリットとデメリット知った上で、より効果的なポスティングのやり方を身につけていきましょう。
ダイレクトメール業者に発注(外注委託)する場合は、本当にメリットがあるかどうかを良く検討してから相見積もりを取得しましょう。

ポスティングのメリット

メリット1.詳細なエリアを絞ってアプローチすることができる

直接クライアントのポストに投函していくので、狙いたいエリアを非常に細かく設定することが可能です。
一般住宅・マンション・ビルなど建物単位でジャンル分けすることもできますよね。
またメールと違ってポストは日々必ず確認するので、目につきやすく宣伝効果が高くなります。
最近はクリエイティブ(デザイン)の工夫がされたダイレクトメールを良く見かけます。
見られるための試行錯誤は年々レベルアップしているようです。

メリット2.試供品などのサンプルも提供できる

チラシを入れる際に、小型のサンプルなどを一緒に投函することもできます。
食品関係は衛生上不可能ですが、美容関係などはサンプルを提供して効果があれば集客効果も期待できますよね。
ちょっとした見積もりのシュミレーションサンプルなどを同封しておけば、クライアントも検討しやすくなり、集客率アップも見込めます。

ポスティングのデメリット

デメリット1.クレームになる可能性がある

不特定多数に投函していくので、それによってクレームに発展してしまう可能性があります。
これはポスティング以外の集客方法でも同じ事ですが、同じクライアントに何度も投函しないように、苦情があった場所はリストにまとめておくなどの再発防止対策をする必要があります。
到達履歴を把握するサービスもありますのでクレーム防止の為に活用してみましょう。

デメリット2.天候に左右される

直接ポスティングを行う場合、天候によって効率が著しく左右されてしまうというデメリットがあります。
天気が良くない場合、その都度何かしらの手間を加えなければなりません。
雨などでチラシが濡れないようビニールをかぶせるなど、対策が必要になってきます。
濡れても大丈夫な工夫を一つ入れると、差別化できるチャンスが生まれます。

【まとめ】ポスティングの特性を理解し、最大限活用しましょう!

配布するポスティング用チラシ一つにしても、チラシ1枚1枚に担当者の顔写真が入っていたりすると安心できるかもしれませんね。
天候によってチラシが濡れない対策と同時に、ラミネートで加工するなどの工夫をすれば、より一層クライアントの印象に残りやすくなるかもしれません。
受け手がどう感じるか?を意識したクリエイティブさやキャッチコピーを良く練り込んで、捨てられないダイレクトメール(ポスティング)を制作したいものですね!

「ボスティングをやりたいけど、どの業者がいいだろうか」「価格なども比較しながら比べたい」と思いますよね。
ぜひ、日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」まで、お気軽にご相談ください!
全国のポスティング代行業者から、あなたに合った業者を選定し、担当のコンシェルジュがご紹介いたします。

DM作成からポスティングまでワンストップで行う業者も数多いです。
テスト的に小ロットからでも実施可能な業者もいます。
「アイミツ」まで、相談をお待ちしてます!

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ